基本情報

写真a

市來 仁志

ICHIKI Hitoshi


職名

助教

プロフィール

不整脈(心房細動のバイオマーカー・心房細動アブレーションにおける無症候性脳梗塞の検討等)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻,特任助教,2003年04月 ~ 2015年04月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座,特任助教,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,助教,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1998年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本不整脈学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2006年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心電学会,2010年09月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器学

  • 不整脈

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Evaluation of safety and efficacy of periprocedural use of rivaroxaban and apixaban in catheter ablation for atrial fibrillation. ,J Cardiol ,69巻 1号 (頁 228 ~ 235) ,2017年01月,Yoshimura A, Iriki Y, Ichiki H, Oketani N, Okui H, Maenosono R, Namino F, Miyata M, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 日本語, The incidence of asymptomatic cerebral microthromboembolism after atrial fibrillation ablation: comparison of warfarin and dabigatran.,Pacing Clin Electrophysiol,36巻 11号 (頁 1328 ~ 1335) ,2013年11月,Ichiki H, Oketani N, Ishida S, Iriki Y, Okui H, Maenosono R, Namino F, Ninomiya Y, Miyata M, Hamasaki S, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Atrial fibrillation-induced endothelial dysfunction improves after restoration of sinus rhythm.,Int J Cardiol.,168巻 2号 (頁 1280 ~ 1285) ,2013年09月,Yoshino S, Yoshikawa A, Hamasaki S, Ishida S, Oketani N, Saihara K, Okui H, Kuwahata S, Fujita S, Ichiki H, Ueya N, Iriki Y, Maenosono R, Miyata M, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Characterization of the effect of serum bilirubin concentrations on coronary endothelial function via measurement of high-sensitivity C-reactive protein and high-density lipoprotein cholesterol.,Heart Vessels.,28巻 2号 (頁 157 ~ 165) ,2013年03月,Yoshino S, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Yoshikawa A, Oketani N, Saihara K, Ichiki H, Kuwahata S, Fujita S, Takumi T, Yoshimoto I, Nakazaki M, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effectiveness of esophagus detection by three-dimensional electroanatomical mapping to avoid esophageal injury during ablation of atrial fibrillation.,J Cardiol.,60巻 2号 (頁 119 ~ 125) ,2012年08月,Maenosono R, Oketani N, Ishida S, Iriki Y, Ichiki H, Okui H, Ninomiya Y, Hamasaki S, Namino F, Matsushita M, Tei C, Hashiguchi T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,循環器疾患最新の治療2016-2017 (永井良三, 伊藤 浩 編) . ,南江堂,2016年,市來仁志, 大石 充.

    単行本(学術書),高血圧治療ガイドライン2014を臨床に活かす.,共著

  • 日本語,高血圧治療ガイドライン2014を臨床に活かす.,南江堂,2016年,市來仁志, 大石 充.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Catheter ablation of persistent atrial fibrillation solely guided by complex fractionated atrial electrograms in a patient with persistent left superior vena cava,Journal of Cardiology Cases,2010年01月,Yasuhisa Iriki, Sanemasa Ishida, Naoya Oketani, Hideki Okui, Hitoshi Ichiki, Yuichi Ninomiya, Tetsuro Kataoka, Shuichi Hamasaki, Chuwa Tei

    調査報告書,単著

  • 日本語,濃厚な突然死の家族歴を有する無症候性Brugada症候群の1例,心臓,2008年01月,佐々木 雄一, 市來 仁志, 石田 実雅, 桶谷 直也, 二宮 雄一, 奥井 英樹, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 松下 毅彦, 濱崎 秀一, 鄭 忠和

    調査報告書,単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Dr.市來の健康よもやま話.,広報まくらざき3月号,2017年03月,市來仁志

    その他記事,単著

  • 日本語,Dr.市來の健康よもやま話.,広報まくらざき2月号,2017年02月,市來仁志.

    その他記事,単著

  • 日本語,Dr.市來の健康よもやま話.,広報まくらざき1月号,2017年01月,市來仁志

    その他記事,単著

  • 日本語,Dr.市來の健康よもやま話,広報まくらざき12月号,2016年12月,市來仁志

    その他記事,単著

  • 日本語,Dr.市來の健康よもやま話.,広報まくらざき 11月号,2016年11月,市來仁志

    その他記事,単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第3回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会,国内会議,2017年10月,鹿児島,不整脈評価におけるトレッドミル負荷心電図検査の活用.,口頭(一般)

  • 第3回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会,国内会議,2017年10月,鹿児島,植込型デバイスを活用した心臓監視.,口頭(一般)

  • Asian Pacific Heart Rhythm Society (APHRS) 2017,国際会議,2017年09月,Yokohama, Japan,The association between the factor of CHADS2 score and left atrial appendage speed in persistent AF patients.,口頭(一般)

  • 第63回 日本不整脈心電学会,国内会議,2016年07月,札幌,心房細動に対するComplex fractionated atrial electrogram アブレーション前後の全心房伝導 時間PA-TDI durationと心房細動再発との関連.,その他

  • 第63回 日本不整脈心電学会,国内会議,2016年07月,札幌,心房細動に対するComplex fractionated atrial electrogram アブレーション前後の全心房伝導時間PA-TDI durationと心房細動再発との関連.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 心房細動トータルケア,2017年12月

    発作性心房細動に対するクライオアブレーション:coolに治すhotな話題.

  • 川内市医師会学術講演会,2017年11月

    発作性心房細動に対するクライオアブレーション:coolに治すhotな話題.

  • 第8回 薬局薬剤師のための薬物療法セミナー,2017年10月

    心房細動に対する抗不整脈薬治療:「がん患者における高血圧治療」を添えて.

  • 第15回 Cityあいらセミナー,2017年10月

    発作性心房細動に対するクライオアブレーションとアブレーション周術期抗凝固療法.

  • 第1回 不整脈Up to date~病診連携を考える会~,2017年05月

    当院における心房細動アブレーションの適応 ~もうあかんメソッド~.