基本情報

写真a

田中 佳代子


職名

講師

プロフィール

虚血性僧帽弁逆流に対する僧帽弁輪形成術後の機能性僧帽弁狭窄

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,助教,2003年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,講師,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,2001年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2004年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本超音波医学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心エコー図学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 肺高血圧

  • 心エコー

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Impairment of iodine-123-metaiodobenzylguanidine (123I-MIBG) uptake in patients with pulmonary artery hypertension. ,Internal Heart J,59巻 1号 (頁 112 ~ 119) ,2018年01月,Higo K, Kubota K, Miyanaga S, Miyata M, Nakajo M, Jinguji M, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Successful Antemortem Diagnosis and Treatment of Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy.,Intern Med ,53巻 (頁 2595 ~ 2599) ,2014年,Higo K, Kubota K, Takeda A, Higashi M, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Functional mitral stenosis after surgical annuloplasty for ischemic mitral regurgitation: importance of subvalvular tethering in the mechanism and dynamic deterioration during exertion., J Thorac Cardiovasc Surg.,140巻 3号 (頁 617 ~ 623) ,2010年01月,Kubota K, Otsuji Y, Ueno T, Koriyama C, Levine RA, Sakata R, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,次世代シーケンサーによる家族性肺高血圧症の遺伝子解析:特発性肺高血圧症の機序解明.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本超音波医学会 第27回 九州地方会,国内会議,2017年12月,鹿児島,肺高血圧症例における右房圧の推定に吸気時下大静脈径および下大静脈 collapsibility indexは有 用である.,口頭(一般)

  • 第3回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会,国内会議,2017年10月,鹿児島,肺動脈性肺高血圧症患者に対する吸気筋トレーニングを含む理学療法の有効性についての検討.,ポスター(一般)

  • 第3回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会,国内会議,2017年10月,鹿児島,肺高血圧症を合併した重症の関節リウマチ患者にリハビリテーションを行った一症例.,口頭(一般)

  • 第65回 日本心臓病学会学術集会,国内会議,2017年09月,大阪,門脈肺高血圧症の治療経過で心房中隔欠損症が判明した1例.,口頭(一般)

  • 第2回 日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,国内会議,2017年06月,札幌,HIV-related PAHに対してcombination therapyを行った一例.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 長岡画像からみる肺高血圧症,2017年12月

    日常臨床に潜む肺高血圧症.

  • 大分県PAH研究会,2017年11月

    PAH診療ネットワークの構築:膠原病の病診連携を含めて.

  • PHセミナーin KANOYA ,2017年11月

    日常臨床に潜むPAHとフォローアップの重要性.

  • PH Seminar in岡山,2017年10月

    重度の視力障害を有するPAH症例.

  • 第2回 熊本肺高血圧症寺子屋セミナー,2017年10月

    肺高血圧診療における地域連携の重要性.

全件表示 >>