基本情報

写真a

南 謙太朗

Kentaro Minami


職名

特任研究員

研究分野・キーワード

抗癌剤、ABCトランスポーター

プロフィール

Gemcitabine耐性機構の解析抗癌剤感受性を左右する分子群の解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻,特任研究員,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本がん分子標的治療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ribonucleotide reductase is an effective target to overcome gemcitabine resistance in gemcitabine-resistant pancreatic cancer cells with dual resistant factors ,Journal of Pharmacological Sciences,127巻 3号 (頁 319 ~ 325) ,2015年03月,Kentaro Minamia, Yoshinari Shinsato, Masatatsu Yamamoto, Homare Takahashi, Shaoxuan Zhang, Yukihiko Nishizawa, Sho Tabata, Ryuji Ikeda, Kohich Kawahara, Kazutake Tsujikawa, Kazuo Chijiiwa, Katsushi Yamada, Shin-ichi Akiyama, Sandra Perez-Torras, Marcal Pastor-Anglada, Tatsuhiko Furukawa, Takeda Yasuo

    DOI:10.1016/j.jphs.2015.01.006.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Expression of ABCB6 Is Related to Resistance to 5-FU, SN-38 and Vincristine. ,Anticancer Ressearch,34巻 9号 (頁 4767 ~ 4773) ,2014年09月,Minami K, Kamijo Y, Nishizawa Y, Tabata S, Horikuchi F, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Tachiwada T, Chen ZS, Tsujikawa K, Nakagawa M, Seki N, Akiyama S, Arima K, Takeda Y, Furukawa T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Regulation of major vault protein expression by upstream stimulating factor 1 in SW620 human colon cancer cells. ,Oncology Report,31巻 1号 (頁 197 ~ 201) ,2014年01月,Ryuji Ikeda, Yukihiko Nishizawa, Yusuke Tajitsu, Kentaro Minami, Hironori Mataki, Shogo Masuda, Tatsuhiko Furukawa, Shin-Ichi Akiyama, Katsushi Yamada, Yasuo Takeda.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Abcb10 role in heme biosynthesis in vivo: Abcb10 knockout in mice causes anemia with protoporphyrin IX and iron accumulation.,Molecular and Cellilar Biology,34巻 6号 (頁 1077 ~ 1084) ,2014年01月,Yamamoto M, Arimura H, Fukushige T, Minami K, Nishizawa Y, Tanimoto A, Kanekura T, Nakagawa M, Akiyama S, Furukawa T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Reductio of MLH1 and PMS2 confers temozolomide resistance is associated with recurrence of glioblastoma.,Oncotarget,4巻 12号 (頁 2261 ~ 2270) ,2013年12月,Yoshinari Shinsato, Tatsuhiko Furukawa, Yunoue, Hajime Yonezawa, Kentaro Minami, Yukihiko Nishizawa, Ryuji Ikeda, Kohichi Kawahara, Masatatsu Yamamoto, Hirofumi Hirano, Hiroshi Tokimura, Kazunori Arita.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第7回 トランスポーター研究会 九州部会,その他,2014年11月,福岡,ABCB6は5-FUやSN -38、Vincristine の耐性に関与する ,その他

  • 第67回 日本薬理学会 西南部会,国内会議,2014年11月,福岡,ABCB6は 5-FU や SN -38 、Vincristine の耐性に関与する,その他

  • 第15回 がん若手研究者ワークショップ,その他,2014年09月,長野,Gene amplification is inhibit by expression of a unique gene,その他