基本情報

写真a

藤島 慶

K.Fujishima


職名

助教

プロフィール

う蝕原生菌 S. mutans の酸化ストレス耐性機構の解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻,助教,2003年04月 ~ 2019年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター,助教,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔インプラント学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本再生医療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本補綴歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科保存学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 口腔細菌学分野

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Impact of Type Duration of Application of Commercially Available Oral Moisturizers on Their Antifungal Effects.,Journal of prosthodontics,2018年01月,Murakami M, Fujishima K, Nishi Y, Nishimura M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Impact of types of moisturizer and humidity on the residual weight and visosity of liquid and gel oral moisturizers.,journal of prosthodontics,2016年10月,Murakami M, Nishi Y, Fujisima K, Nishimura M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,dpr and sod in Streptococcus mutans Are Involved in Coexistence with S. sanguinis, and PerR Is Associated with Resistance to H2O2,Appl Environ Microbiol.,79巻 (頁 1436 ~ 1443) ,2013年01月, K. Fujishima, M. Kawada-Matsuo, Y. Oogai, M. Tokuda, M. Torii, H. Komatsuzawa*.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,全身疾患をもたらすStreptococcus mutans 新規病原性因子の同定,藤島 慶

    全身疾患をもたらすStreptococcus mutans 新規病原性因子の同定

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本義歯ケア学会,国内会議,2019年02月,義歯装着患者より採取したCandida albicans 臨床分離株の病原性評価について,口頭(一般)