基本情報

写真a

小林 裕明

Hiroaki Kobayashi


職名

教授

研究分野・キーワード

QOLに配慮した婦人科がん治療、ロボット手術

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~obgy/

プロフィール

子宮頸がん妊孕性温存手術、センチネルリンパ節ナビゲーションサージャリー、子宮がんロボット手術、がん休眠化学療法、卵巣がん腹膜播種に対するカルポニン遺伝子治療

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 生殖病態生理学,准教授,2003年04月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 女性診療センター,副部門科長,2003年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 生殖病態生理学,教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医師会学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ロボット外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本産科婦人科内視鏡学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本産婦人科手術学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍学

  • 婦人科手術療法

  • がん化学療法

  • 婦人科細胞診

  • 分子生物学

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Administration of standard-dose BEP regimen(bleomycin + etoposide + cisplatin) is essential for treatment of ovarian yolk sac tumour.,Eur J Cancer,51巻 3号 (頁 340 ~ 351) ,2015年01月,Satoh T, Aoki Yo, Kasamatsu T, Ochiai K, Takano M, Watanabe Y, Kikkawa F, Takeshima N, Hatae M, Yokota H, Saito T, Yaegashi N, Kobayashi H, Baba T, Kodama S, Saito T, Sakuragi N, Sumi T, Kamura T, Yoshikawa H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Clinical usefulness of Bakri balloon tamponade in the treatment of massive postpartum uterine hemorrhage.,Krume Medical J,in press巻 ,2015年, Nagai S, Kobayashi H, Nagata T, Hiwatashi S, Kawamura T, Yokomine D, Orita Y, Oki T, Yoshinaga M, Douchi T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,妊孕性温存を希望する子宮頸癌患者に対する腹式子宮頸部摘出術の外科的有用性の検討:早期子宮頸がんに対する機能温存低侵襲手術の確立に関する研究(H26-革新的がん-一般-049),厚生労働科学研究委託費 革新的がん医療実用化研究事業平成26年度 総括分担研究報告書 (頁 79 ~ 83) ,2015年,小林裕明

    研究論文(その他学術会議資料等),査読有り,単著

  • 英語,HPMA copolymer-conjugated pirarubicin in multimodal treatment of a patient with stageIV prostate cancer and extensive lung and bone metastases.,Targ Oncol,in press巻 ,2015年,Dozono H, Yanazume S, Nakamura H, Etrych T, Chytil P, Ulbrich K, Fang J, Arimura T, Douchi T, Kobayashi H, Ikoma M, Maeda H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Status of treatment for the overall population of patients with stage IVb endometrial cancer, and evaluation of the role of preoperative chemotherapy: a retrospective multi-institutional study of 426 patients in Japan,Gynecol Oncol,131巻 3号 (頁 574 ~ 580) ,2013年12月,Eto T, Saito T, Shimokawa M, Hatae M, Takeshima N, Kobayashi H, Kasamatsu T, Yoshikawa H, Kamura T, Konishi I

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,A very rare case of endometriosis presenting with massive hemoperitoneum,J Minim Invasive Gyneco,2015年, Togami S, Kobayashi H, Haruyama M, Orita Y, Kamio M, Douchi T

    調査報告書,その他

  • 日本語,卵巣癌腹膜播種に対するTatペプチドをベクターとしたカルポニンh1遺伝子治療,平成24年ー平成26年科学研究費助成事業基盤研究(C)研究成果報告書,2015年,小林裕明

    調査報告書,単著

  • 日本語,早期子宮頸がんに対するセンチネルリンパ節ナビゲーションサージャリーの確立とそれを併用した若年子宮頸がん患者への妊孕性温存手術(腹式広汎子宮頸部摘出術)の開発と普及,一般財団法人 医療・介護・教育研究財団第8回 業績集,2015年,小林裕明

    調査報告書,その他

  • 英語,Potential proton beam therapy for recurrent endometrial cancer in the vagina,J Obstet Gynaecol Res,2015年, Yanazume S, Arimura T, Kobayashi H, Douchi T

    調査報告書,その他

  • 英語,Uterine myxoid leiomyosarcoma with tumor embolism extending into the right atrium,Obstetrics and Gynecology doi,2015年,Imai H, Yagi H, Okugawa K, Kenjo H, Ohgami T, Kawano Y, Kaneki E, Ichinoe A, Asanoma K, Yahata H, Sonoda K, Kobayashi H, Kaku T, Kato K

    調査報告書,その他

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ロボットの登場により大きく変わる婦人科がん手術,鹿児島産科婦人科学会雑誌,23巻 (頁 5 ~ 11) ,2015年03月,小林裕明

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,センチネルリンパ節: 子宮頸がんに対する広汎子宮頸部摘出術とロボテックサージャリーにおけるセンチネルノード・ナビゲーションサージャリーの応用,産婦人科の実際,63巻 8号 (頁 1125 ~ 1134) ,2014年08月,小林裕明

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,あなたにもできる最先端の婦人科手術: 広汎子宮頸部摘出術,臨床婦人科産科,68巻 7号 (頁 672 ~ 679) ,2014年07月, 小林裕明

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,センチネルリンパ節: 子宮頸がんでセンチネルリンパ節理論は成り立つか?,産婦人科の実際,63巻 6号 (頁 861 ~ 868) ,2014年06月,小林裕明

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,センチネルリンパ節: 子宮頸がんにおけるセンチネルリンパ節同定法,産婦人科の実際,63巻 5号 (頁 681 ~ 688) ,2014年05月,小林裕明

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第2回和歌山卵巣がん治療セミナー,国内会議,2015年03月,和歌山,再発卵巣癌化学療法のアップデート(特別講演),その他

  • 平成26年度子宮がん検診均てん化研修会,国内会議,2015年02月,鹿児島,HPVワクチンと頸がん併用検診のアップデート(教育講演),その他

  • e-Seminar on Ovarian Cancer,国内会議,2015年02月,鹿児島,血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の基礎的背景(招請講演),その他

  • 第132回鹿児島産科婦人科学会学術集会・第122回鹿児島県産婦人科医会,国内会議,2015年02月,鹿児島,教育講演:ロボットの登場により婦人科手術はどのように変わるか?,その他

  • Ovarian Cancer Forum in Matsuyama,国内会議,2015年02月,愛媛,血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演),その他

全件表示 >>