基本情報

写真a

平木 翼

TSUBASA HIRAKI


職名

特例講師

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 分子細胞病理学,助教,2014年05月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 病理部,特例講師,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会,2008年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床細胞学会,2013年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本皮膚病理組織学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器癌発生学会,2016年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門医

  • 専門医

  • 認定医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,腎細胞癌根治術後20年で甲状腺内孤立性転移を来した1例. ,J.Kyusyu-Okinawa Soc.Clin.Cytol,2017年,宿里亜李沙、田中和彦、窪田恵美、竹下かおり、西田ゆかり、平木翼*、山田壮亮、東美智代、畑中一仁、谷本昭英

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,乳房温存術・放射線療法後に脂肪壊死を起こした1例. ,Jpn J Breast Cancer,2017年,野元優貴、喜島祐子*、平田宗嗣、新田吉陽、有馬豪男、中条哲浩、平木翼、夏越祥次

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Aortic fibromuscular dysplasia complicated dy dissection: a case report and review of literature.,Cardiovasc Pathol,2017年,Tasaki T, Hatanaka K*, Kirishima M, Ohnishi S, Goto Y, Kitazono I, Hiraki T, Yamada S, Higashi M, Tanimoto A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Unusual morphology of a pulmonary blastoma having an epithelial component with focally significant nuclear pleomorphism,Pathol Int,2017年,Hiraki T, Hatanaka K*, Sueyoshi K, Goto Y, Kitazono I, Kirishima M, Yamada S, Higashi M, Tanimoto A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Bilateral lateral ventricular subependymoma with extensive multiplicity presenting with hemorrhage. ,Neuroradiol J ,2017年,Moinuddin FM*, Ikbar Khairunnisa N, Hirano N, Hanada T, Hiraki T, Kirishima M, Kamimura K, Arita K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,胆道系腫瘍における粘液産生の組織学的側面,胆と膵,Vol.34巻 No.5号 (頁 353 ~ 358) ,2013年05月,東美智代, 後藤優子, 平木翼, 横山勢也, 米澤傑

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会九州沖縄支部優秀症例報告賞,2015年05月09日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本病理学会九州沖縄支部,平木 翼

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第33回日本皮膚病理組織学会,国内会議,2017年06月,生下時より存在する前胸部隆起性病変の1例.,口頭(一般)

  • 第105回日本病理学会総会,国内会議,2016年05月,Immunohistochemical Expression of Mucin Antigens in Gallbladder Adenocarcinoma: MUC1-high and MUC2-low Expression in Associated with Vessel Invasion and Shortened Survival.,ポスター(一般)

  • 第103回日本病理学会総会,国内会議,2014年04月,広島,侵襲性肺真菌症を合併した2例の SFTS 剖検例を経験して,その他

  • 第59回日本病理学会秋期特別総会,国内会議,2013年11月,山梨,神経線維腫症1型に合併した内頸静脈静脈瘤,その他

  • 第58回日本病理学会秋期特別総会,国内会議,2012年11月,愛知,Wernicke 脳症を合併した Marchiafava-Bignami disease の一剖検例,その他

全件表示 >>