基本情報

写真a

國則 貴玄


職名

助教

プロフィール

顎骨の劣成長に対する外科的矯正治療が睡眠時無呼吸と胃食道逆流に及ぼす効果の解明

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 歯科矯正学分野,助教,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 九州矯正歯科学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口蓋裂学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎変形症学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本矯正歯科学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎関節学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯科矯正学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Development of a novel spike-like auxiliary skeletal anchorage device to enhance miniscrew stability,Am J Orthod Dentofacial Orthop,2015年,Shouichi Miyawaki, Hiroshi Tomonari, Takakazu Yagi, Takaharu Kuninori, Yasuhiko Oga, Masafumi Kikuchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Modulation of the masticatory path at the mandibular first molar throughout the masticatory sequence of a hard gummy jelly in normal occlusion,Cranio,2014年09月,Fumiaki Kitashima, Hiroshi Tomonari, Takaharu Kuninori, Sawako Uehara, Shouichi Miyawaki

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Influence of maximum bite force on jaw movement during gummy jelly mastication,Journal of Oral Rehabilitation,2014年05月,Kuninori T, Tomonari H, Uehara S, Kitashima F, Yagi T, Miyawaki S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Posterior scissors-bite: Masticatory jaw movement and muscle activity,Journal of Oral Rehabilitation,2014年04月,Tomonari H, Kubota T, Yagi T, Kuninori T, Kitashima F, Uehara S, Miyawaki S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Replacement of one first molar and three second molars by the mesial inclination of four impacted third molars in a Class II Division 1 adult patient,Am J Orthod Dentofacial Orthop,2014年,Tomonari H, Yagi T, Kuninori T, Ikemori T, Miyawaki S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会,国内会議,2014年10月,千葉,カスタムメイドリンガルブラケットと歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎臼歯の遠心移動を行った症例,その他

  • 日本矯正歯科学会,国内会議,2013年10月,長野,臼歯部鋏状咬合を伴う成人患者の咀嚼機能,その他

  • 日本顎口腔機能学会,国内会議,2012年10月,福岡,正常咬合者における最大咬合力の強弱がグミゼリー咀嚼時の下顎運動に及ぼす影響の解明,その他

  • 九州矯正歯科学会,国際会議,2012年02月,大分,成人正常咬合者における咀嚼機能と歯列咬合状態との関連性について,その他

  • 日本矯正歯科学会,国内会議,2010年09月,神奈川,垂直性骨欠損に伴う不正咬合患者に歯周組織再生療法と矯正治療を併用した一症例,その他

全件表示 >>