2022/08/06 更新

写真a

ゴトウ テツヤ
後藤 哲哉
GOTO Tetsuya
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1992年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • アルツハイマー病

  • 三叉神経節

  • 歯根膜細胞

  • 口腔インプラント

  • 神経ペプチド

  • 骨代謝

  • Bone Metabolism

  • アルツハイマー病

  • インプラント

  • 三叉神経節

  • 認知症

  • 骨代謝

研究分野

  • ライフサイエンス / 口腔再生医学、歯科医用工学

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

学歴

  • 九州大学

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学大学院   歯学研究科

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学

    - 1992年

  • 九州大学

    - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学   歯学部

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学

    - 1988年

▼全件表示

経歴

  • 鹿児島大学   歯科機能形態学分野   教授

    2014年4月 - 現在

  • 鹿児島大学大学院   医歯学総合研究科 歯科機能形態学分野   教授

    2014年4月 - 現在

  • - Kyushu Dental College, Associate Professor

    2001年

所属学協会

  • 日本認知症学会

    2019年4月 - 現在

  • American Society for Bone and Mineral Research

    2015年10月 - 現在

  • International Association for Dental Research

    2015年10月 - 現在

  • 日本組織細胞化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本口腔組織培養学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本解剖学会

    2015年10月 - 現在

  • 歯科基礎医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本解剖学会

  • 日本認知症学会

  • 日本骨代謝学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本老年歯科医学会

  • American Society for Bone and Mineral Research

  • American Society for Bone and Mineral Research

  • International Association for Dental Research

  • International association of Dental Research

  • Japanese Association for Oral Biology

  • The Japanese Association of Anatomists

  • The Japanese Society for Bone and Mineral Research

  • 日本分子生物学会

  • 日本口腔インプラント学会

  • 日本口腔組織培養学会

  • 日本小児歯科学会

  • 日本組織細胞化学会

▼全件表示

委員歴

  • 日本口腔組織培養学会   理事・編集委員  

    2006年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔組織培養学会

  • 日本組織細胞化学会   評議員・編集委員  

    2003年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本組織細胞化学会

  • 歯科基礎医学会   評議員  

    2001年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    歯科基礎医学会

留学歴

  • 1994年10月 - 1996年3月   トロント大学   ポストドクトラルフェロー

  • 1992年10月 - 1994年9月   ブリティッシュ・コロンビア大学   ポストドクトラルフェロー

取得資格

  • 歯科医師

 

論文

  • Kuramoto E. .  Local Connections of Pyramidal Neurons to Parvalbumin-Producing Interneurons in Motor-Associated Cortical Areas of Mice .  eNeuro9 ( 1 ) ENEURO.0567 - 20.2021   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:eNeuro  

    DOI: 10.1523/eneuro.0567-20.2021

    Scopus

    PubMed

  • Wang R.P.H. .  IL-1 beta and TNF-alpha play an essential role in modulating the risk of both periodontitis and Alzheimer's disease .  Alzheimer's & dementia : the journal of the Alzheimer's Association17   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Alzheimer's & dementia : the journal of the Alzheimer's Association  

    DOI: 10.1002/alz.058464

    Scopus

  • Iwai H. .  Tissue-resident M2 macrophages directly contact primary sensory neurons in the sensory ganglia after nerve injury .  Journal of Neuroinflammation18 ( 1 ) 227   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Neuroinflammation  

    DOI: 10.1186/s12974-021-02283-z

    Scopus

    PubMed

  • Taslima F, Jung CG, Zhou C, Abdelhamid M, Abdullah M, Goto T, Saito T, Saido TC, Michikawa M .  Tooth Loss Induces Memory Impairment and Gliosis in App Knock-In Mouse Models of Alzheimer's Disease. .  Journal of Alzheimer's disease : JAD80 ( 4 ) 1687 - 1704   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.3233/JAD-201055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Dhar Ashis, Kuramoto Eriko, Fukushima Makoto, Iwai Haruki, Yamanaka Atsushi, Goto Tetsuya .  The Periodontium Damage Induces Neuronal Cell Death in the Trigeminal Mesencephalic Nucleus and Neurodegeneration in the Trigeminal Motor Nucleus in C57BL/6J Mice .  Acta Histochemica et Cytochemica54 ( 1 ) 11 - 19   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本組織細胞化学会  

    <p>Proprioception from masticatory apparatus and periodontal ligaments comes through the trigeminal mesencephalic nucleus (Vmes). We evaluated the effects of tooth loss on neurodegeneration of the Vmes and trigeminal motor nucleus (Vmo). Bilateral maxillary molars of 2-month-old C57BL/6J mice were extracted under anesthesia. Neural projections of the Vmes to the periodontium were confirmed by injecting Fluoro-Gold (FG) retrogradely into the extraction sockets, and for the anterograde labeling adeno-associated virus encoding green fluorescent protein (AAV-GFP) was applied. For immunohistochemistry, Piezo2, ATF3, Caspase 3, ChAT and TDP-43 antibodies were used. At 1 month after tooth extraction, the number of Piezo2-immunoreactive (IR) Vmes neurons were decreased significantly. ATF3-IR neurons were detected on day 5 after tooth extraction. Dead cleaved caspase-3-IR neurons were found among Vmes neurons on days 7 and 12. In the Vmo, neuronal cytoplasmic inclusions (NCIs) formation type of TDP-43 increased at 1 and 2 months after extraction. These indicate the existence of neural projections from the Vmes to the periodontium in mice and that tooth loss induces the death of Vmes neurons followed by TDP-43 pathology in the Vmo. Therefore, tooth loss induces Vmes neuronal cell death, causing Vmo neuro­degeneration and presumably affecting masticatory function.</p>

    DOI: 10.1267/ahc.20-00036

    PubMed

  • Goto T, Kuramoto E, Dhar A, Wang RP-H, Seki H, Iwai H, Yamanaka A, Matsumoto S, Hara H, Michikawa M, Ohyagi Y, Leung WK, Chang RCC. .  Neurodegeneration of trigeminal mesencephalic neurons by the tooth loss triggers the progression of Alzheimer's disease in 3зTg-AD model mice. .  Journal of Alzheimer's Disease76 ( 4 ) 1443 - 1459   2020年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T. .  Neurodegeneration of Trigeminal Mesencephalic Neurons by the Tooth Loss Triggers the Progression of Alzheimer's Disease in 3×Tg-AD Model Mice .  Journal of Alzheimer's Disease76 ( 4 ) 1443 - 1459   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.3233/JAD-200257

    Scopus

    PubMed

  • 後藤 哲哉, 倉本 恵梨子, Ashis Dhar, 松本 信英, 原 博満, 山中 淳之, 岩井 治樹, 大八木 保政, 道川 誠 .  歯の喪失はpre-dementiaからdementiaへの進行を早める .  Dementia Japan33 ( 4 ) 550 - 550   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

  • Tetsuya Goto, Wai Keung Leung .  Tooth Loss and Alzheimer’s Disease. .  Curr Oral Health Rep6 ( 2 ) 82 - 88   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Current Oral Health Reports  

    DOI: 10.1007/s40496-019-0219-1

    Scopus

  • 後藤 哲哉 .  三叉神経節における神経ー免疫系システム .  別冊Bio Clinicaー   2019年査読

  • Wakoto Matsuda, Takahiro Sonomura, Satoru Honma, Sachi Ohno, Tetsuya Goto, Shuichi Hirai, Masahiro Itoh, Yoshiko Honda, Hiroki Fujieda, Jun Udagawa, Shingo Takano, Fumino Fujiyama, Shuichi Ueda .  Anatomical variations of the torcular Herophili: macroscopic study and clinical aspects .  Anatomical Science International93 ( 4 ) 464 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Tokyo  

    The anatomical variations of the confluence of sinuses were examined, focusing on the continuity of the superior sagittal sinus (SSS) and the transverse sinuses (TSs). In the 142 specimens studied, there were 72 symmetric cases (50.7%) and 70 asymmetric cases (49.3%). The symmetric group (no dominant type) was categorized into 34 cases of bifurcation (23.9%) and 38 cases of confluence (26.8%). The asymmetric group was categorized into 54 cases of the right-dominant type (38.0%) and 16 cases of the left-dominant type (11.3%). The right-dominant type was further categorized into 38 partially-communicating (26.8%) and 16 non-communicating types (11.3%). The left-dominant type was categorized into 11 partially-communicating (7.7%) and 5 non-communicating types (3.5%). In summary, the SSS asymmetrically drained into one TS in about half of the cases studied. The right-dominant type was about three to four times as common as the left-dominant type. The draining pattern shown by the asymmetric group could provoke intracranial hypertension due to unilateral jugular vein obstruction. In order to avoid this risk in cases of neck dissection, jugular vein catheterization, or hypercoagulopathy, preoperative evaluations of the dural sinus variations via MR venography, three-dimensional CT, or plain X-ray of the skull are recommended.

    DOI: 10.1007/s12565-018-0436-z

    Scopus

    PubMed

  • Matsuda W. .  Anatomical variations of the torcular Herophili: macroscopic study and clinical aspects .  Anatomical Science International93 ( 4 ) 464 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anatomical Science International  

    DOI: 10.1007/s12565-018-0436-z

    Scopus

  • 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 関 遥, 齋藤 充, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  アルツハイマー病モデルマウスにおける三叉神経系の神経変性が咀嚼機能に与える影響 .  Journal of Oral Biosciences Supplement2018   392 - 392   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

  • Matsuda W, Sonomura T, Honma S, Ohno S, Goto T, Hirai S, Itoh M, Honda Y, Fujieda H, Udagawa J, Takano S, Fujiyama F, Ueda S .  Anatomical variations of the torcular Herophili: macroscopic study and clinical aspects. .  Anatomical science international93 ( 4 ) 464 - 468   2018年9月

     詳細を見る

  • Matsuda W. .  Anatomical variations of the recurrent artery of Heubner: number, origin, and course .  Anatomical Science International93 ( 3 ) 317 - 322   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anatomical Science International  

    DOI: 10.1007/s12565-017-0415-9

    Scopus

    PubMed

  • Matsuda Wakoto, Sonomura Takahiro, Honma Satoru, Ohno Sachi, Goto Tetsuya, Hirai Shuichi, Itoh Masahiro, Honda Yoshiko, Fujieda Hiroki, Udagawa Jun, Ueda Shuichi .  Heubner反回動脈の解剖学的変異 数、起始および走行について(Anatomical variations of the recurrent artery of Heubner: number, origin, and course) .  Anatomical Science International93 ( 3 ) 317 - 322   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    脳標本357個(半脳714個)に対し、Heubner反回動脈(RAH)(計724)の臨床解剖学的検討を行い、なかでも、RAHの数、起始、走行の変異について調査した。その結果、RAHの数は、半脳の1.26%で0個、96.22%で1個、2.38%で2個、0.14%で3個で、RAH起始部の外径は、0.69±0.25mmで、外径範囲は0.32〜1.11mmであった。なお、RAHの76.2%は前大脳動脈のA1区とA2区間から始まり、16.3%はA2区から、7.5%はA1区から起始し、RAHの走行では、前大脳動脈のA1区に対して30.1%が上方、62.2%が前方、7.7%が後方であった。なお、異常例は3例認められ、1例目はRAHが副中大脳動脈から分枝し、起始部から遠位で2本のRAHに分かれていた。2例目はRAHが眼窩前頭動脈と共通の幹から起始しており、3例目はRAHが眼窩前頭動脈および前頭極動脈と共通の幹から起始していた。

  • Matsuda, Wakoto, Sonomura, Takahiro, Honma, Satoru, Ohno, Sachi, Goto, Tetsuya, Hirai, Shuichi, Itoh, Masahiro, Honda, Yoshiko, Fujieda, Hiroki, Udagawa, Jun, Takano, Shingo, Fujiyama, Fumino, Ueda, Shuichi .  Anatomical variations of the torcular Herophili: macroscopic study and clinical aspects .  Anatomical science international93 ( 4 ) 464 - 468   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER  

    The anatomical variations of the confluence of sinuses were examined, focusing on the continuity of the superior sagittal sinus (SSS) and the transverse sinuses (TSs). In the 142 specimens studied, there were 72 symmetric cases (50.7%) and 70 asymmetric cases (49.3%). The symmetric group (no dominant type) was categorized into 34 cases of bifurcation (23.9%) and 38 cases of confluence (26.8%). The asymmetric group was categorized into 54 cases of the right-dominant type (38.0%) and 16 cases of the left-dominant type (11.3%). The right-dominant type was further categorized into 38 partially-communicating (26.8%) and 16 non-communicating types (11.3%). The left-dominant type was categorized into 11 partially-communicating (7.7%) and 5 non-communicating types (3.5%). In summary, the SSS asymmetrically drained into one TS in about half of the cases studied. The right-dominant type was about three to four times as common as the left-dominant type. The draining pattern shown by the asymmetric group could provoke intracranial hypertension due to unilateral jugular vein obstruction. In order to avoid this risk in cases of neck dissection, jugular vein catheterization, or hypercoagulopathy,

    DOI: 10.1007/s12565-018-0436-z

  • 越生 康寛, 長山 和亮, 後藤 哲哉, 尾関 和秀 .  Si 含有リン酸カルシウム薄膜の作製と細胞接着性評価 .  バイオインテグレーション学会誌8 ( 1 ) 123 - 126   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 バイオインテグレーション学会  

    現在の歯科インプラントは,インプラント周囲炎が,大きな問題となっている.インプラント周囲炎の対策として,アバットメント部と歯肉との接着性の向上を目指し,Si含有リン酸カルシウム薄膜をTi上にコーティングし,作製した薄膜の細胞接着性を評価した.細胞接着数の結果から,各試料の観察面積あたりの細胞核数は,Si含有量の増大とともに,細胞接着数が増大し,SiO2-30で46(個/frame)と最大を示した.さらにSiが増大すると接着数が減少し,SiO2-100で24(個/frame)となった.また,SiO2-50では24(個/frame)となり,SiO2-100と同数の低い接着数となった.今回,Tiに比べ,Si含有リン酸カルシウム薄膜は,細胞接着性が高い傾向が見られた.SiO2系ガラスにCaやPを含有させた結晶化ガラスは,歯肉との接着性が良いことが臨床的に確認されているため,今回のSi含有リン酸カルシウム薄膜においても良好な結果が得られたのだと考えられる.

    DOI: 10.32176/biointeg.8.1_123

  • Kuramoto E. .  Dorsal and ventral parts of thalamic nucleus submedius project to different areas of rat orbitofrontal cortex: A single neuron-tracing study using virus vectors .  Journal of Comparative Neurology525 ( 18 ) 3821 - 3839   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Comparative Neurology  

    DOI: 10.1002/cne.24306

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 尾関 和秀, 後藤 哲哉, 青木 秀希 .  スパッタリング法を用いたPEEK上へのHA薄膜の作製と骨形成 .  Journal of Bio-Integration7 ( 1 ) 81 - 85   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:バイオインテグレーション学会  

    スパッタリング法によるTi中間層及びハイドロキシアパタイト(HA)薄膜の作製を試みた。審美性評価の観点から、透過性を確認するため、石英基板への成膜試料も作製した。成膜したHA薄膜は、120℃で24時間水熱処理を行い、結晶化させた。成膜後、膜の表面観察により、膜の剥離状態及び透明性を評価した。骨親和性の評価には、ラット頭頂骨由来初代培養系骨芽細胞を用い、骨形成実験を行った。Tiを中間層とすることで、polyetheretherketone(PEEK)基板上へのHA成膜が可能であることが示唆された。水熱処理の有無に関わらず、Ti中間層50nm以上では金属光沢があり、透明性は認めなかったが、Ti中間層10nm以下では、うっすらと灰色を認め、透明性は確保された。特に、Ti中間層5nmでは、石英板単体と比較しても高い透明性が確保されていた。骨形成面積は、Ti 100nm-HAとTi板HAが最も高くTi 100nm-HAについては、HA膜がPEEK板に付与されることで、従来のTi板HAに匹敵する骨親和性を示した。HAが付与されたTi 5nm-HAは、Ti 100nm-HAと比べて、有意に低値となった。

  • Goto T. .  Neuropeptides and ATP signaling in the trigeminal ganglion .  Japanese Dental Science Review53 ( 4 ) 117 - 124   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Dental Science Review  

    DOI: 10.1016/j.jdsr.2017.01.003

    Scopus

    PubMed

  • Kuramoto E, Iwai H, Yamanaka A, Ohno S, Seki H, Tanaka YR, Furuta T, Hioki H, Goto T .  Dorsal and Ventral Parts of Thalamic Nucleus Submedius Project to Different Areas of Rat Orbitofrontal Cortex: A Single Neuron-Tracing Study Using Virus Vectors. .  The Journal of comparative neurology   2017年8月

     詳細を見る

  • Kuramoto E. .  Individual mediodorsal thalamic neurons project to multiple areas of the rat prefrontal cortex: A single neuron-tracing study using virus vectors .  Journal of Comparative Neurology525 ( 1 ) 166 - 185   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Comparative Neurology  

    DOI: 10.1002/cne.24054

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 尾関 和秀, 後藤 哲哉, 青木 秀希 .  スパッタリング法を用いたPEEK 上へのHA 薄膜の作製と骨形成 .  バイオインテグレーション学会誌7 ( 1 ) 81 - 85   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 バイオインテグレーション学会  

    骨との応力適合性,審美性に優れたpolyetheretherketone(PEEK)材の骨親和性を高めるため,スパッタリング法によるHA 膜の成膜を試みた.HA 膜とPEEK 材の密着性を向上させるため,中間層にTi を用い,中間層の膜厚による透明性,細胞培養による骨親和性を評価した.成膜にはスパッタリング装置を使用し,ターゲットには,TiとHA 用い,Ti の膜厚を5 ~ 100nm,HA の膜厚を1μm とした.成膜後は,120℃で24 時間水熱処理を行い,結晶化した.骨親和性の評価には,ラット頭頂骨由来初代培養系骨芽細胞を用い,石灰化実験を行った. Ti 中間層を持つHA 膜は,PEEK 基板上へのHA 成膜が可能であった.また,Ti 中間層の膜厚が10nm 以下では膜の透明性が確認された.骨芽細胞による骨形成面積では,Ti 中間層100nm のHA 膜が最も高い骨形成面積を示し,Ti 中間層5nm のHA 膜においては,低い骨形成面積に留まった.Ti 中間層5nm のHA 膜の骨形成が不十分だった理由として,培養中にHA 膜にクラックが入ったことが一因として考えられた.

    DOI: 10.32176/biointeg.7.1_81

  • Iwai H, Kuramoto E, Yamanaka A, Sonomura T, Uemura M, Goto T. .  Ascending parabrachio-thalamo-striatal pathways: Potential circuits for integration of gustatory and oral motor functions. .  Neuroscience294   1 - 13   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanaka A, Iwai H, Uemura M, Goto T. .  Patterning of mammalian heterodont dentition within the upper and lower jaws. .  Evol Dev.17 ( 2 ) 127 - 138   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao S, Goto T, Kataoka S, Toyono T, Egusa H, Yatani H, Maki K. .  Expression of neuropeptide receptor mRNA during osteoblastic differentiation of mouse iPS cells. .  Neuropeptides28 ( 6 ) 399 - 406   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ozeki K, Goto T, Aoki F, Masuzawa T. .  Fabrication of hydroxyapatite thin films on zirconia using a sputtering technique. .  Biomed Mater Eng.24 ( 5 ) 1793 - 1802   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ozeki K, Goto T, Aoki H, Masuzawa T. .  Characterization of Sr-substituted hydroxyapatite thin film by sputtering technique from mixture targets of hydroxyapatite and strontium apatite. .  Biomed Mater Eng.24 ( 5 ) 1447 - 1456   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukuda A, Goto T, Kuroishi KN, Gunjigake KK, Kataoka S, Kobayashi S, Yamaguchi K. .  Hemokinin-1 competitively inhibits substance P-induced stimulation of osteoclast formation and function. .  Neuropeptides47 ( 4 ) 1147 - 1156   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurata, S., Goto, T., Gunjigake, K. K., Kataoka, S., Kuroishi, K. N., Ono, K., Toyono, T., Kobayashi, S., Yamaguchi, K. .  Nerve growth factor involves mutual interaction between neurons and satellite glial cells in the rat trigeminal ganglion. .  Acta Histochem Cytochem46   65 - 73   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, Goto T, Miyazaki T, Morita Y, Kobayashi S, Takahashi T. .  Apatite-coated hyaluronan for bone regeneration. .  J Dent Res90 ( 7 ) 906 - 911   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichiki T, Kuroishi KN, Gunjigake KK, Kobayashi S, Goto T. .  Neurokinin B activates the formation and bone resorption activity of rat osteoclasts. .  Neuropeptides45 ( 3 ) 239 - 244   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kodama T, Goto T, Miyazaki T, Takahashi T. .  Bone formation on apatite-coated titanium incorporated with bone morphogenetic protein and heparin. .  Int J Oral Maxillofac Implants23 ( 6 ) 1013 - 1019   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao K, Goto T, Gunjigake KK, Konoo T, Kobayashi S, Yamaguchi K. .  Intermittent force induces high RANKL expression in human periodontal ligament cells. .  J Dent Res86 ( 7 ) 623 - 628   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matayoshi T, Goto T, Fukuhara E, Takano H, Kobayashi S, Takahashi T .  Neuropeptide substance P stimulates the formation of osteoclasts via synovialfibroblastic cells. .  Biochem Biophys Res Commun.327 ( 3 ) 756 - 764   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Kajiwara H, Yoshinari M, Fukuhara E, Kobayashi S, Tanaka T. .  In vitro assay of mineralized-tissue formation on titanium using fluorescent staining with calcein blue. .  Biomaterials24 ( 22 ) 3885 - 3892   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Maeda H, Tanaka T. .  A selective inhibitor of matrix metalloproteinases inhibits the migration of isolated osteoclasts by increasing the life span of podosomes. .  J Bone Miner Metab20 ( 2 ) 98 - 105   2002年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Wong KS, Brunette DM .  Observation of fibronectin distribution on the cell undersurface using immunogold scanning electron microscopy. .  J Histochem Cytochem47 ( 11 ) 1487 - 1494   2001年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura A, Goto M, Goto T, Yoshinari M, Masuko S, Katsuki T, Tanaka T. .  Substrate affects the initial attachment and subsequent behavior of humanosteoblastic cells (Saos-2). .  Biomaterials22 ( 16 ) 2263 - 2271   2001年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamaza T, Goto T, Kamiya T, Kobayashi Y, Sakai H, Tanaka T. .  Study of immunoelectron microscopic localization of cathepsin K in osteoclasts and other bone cells in the mouse femur. .  Bone23 ( 6 ) 449 - 509   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Brunette DM .  Surface topography and serum concentration affect the appearance of tenascin in human gingival fibroblasts in vitro. .  Exp Cell Res224 ( 2 ) 474 - 480   1998年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Yamaza T, Kido MA, Tanaka T .  Light- and electron-microscopic study of the distribution of axons containing substance P and the localization ofneurokinin-1 receptor in bone. .  Cell Tissue Res293 ( 1 ) 87 - 93   1998年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nordstrom T, Shrode LD, Rotstein OD, Romanek R, Goto T, Heersche JN, Manolson MF, Brisseau GF, Grinstein S .  Chronic extracellular acidosis induces plasmalemmal vacuolar type H+ ATPase activity in osteoclasts. .  J Biol Chem272 ( 10 ) 6354 - 6360   1997年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto T, Kiyoshima T, Moroi R, Tsukuba T, Nishimura Y, Himeno M, Yamamoto K,Tanaka T. .  Localization of cathepsins B, D, and L in the rat osteoclast byimmuno-light and -electron microscopy. .  Histochemistry101 ( 1 ) 33 - 40   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsukuba T, Ayasaka N, Yamamoto K, Tanaka T .  Immunocytochemicallocalization of cathepsin D in the rat osteoclast. .  Histochemistry97 ( 1 ) 13 - 18   1992年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1007/BF00271276

  • Goto T, Tsukuba T, Ayasaka N, Yamamoto K, Tanaka T. .  Immunocytochemicallocalization of cathepsin D in the rat osteoclast. .  Histochemistry97 ( 1 ) 13 - 8   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Case of pemphigoid with antibodies to BP180 C-terminal domain and α3 subunit of laminin-332 associated with chronic graft-versus-host disease(和訳中)

    Kawashima Hiromichi, Kageji Riho, Hida Yasutoshi, Goto Tetsuya, Ishii Norito, Hashimoto Takashi

    The Journal of Dermatology   48 ( 9 )   e447 - e448   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 三叉神経節の神経 免疫系システム

    後藤 哲哉, 千堂 良造, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 山中 淳之

    別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   8 ( 1 )   137 - 142   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)北隆館  

    三叉神経節内では、神経細胞体が塊状に集まって体部位局在を示す。神経細胞体は衛星細胞で囲まれ、相互に情報伝達を行なっている。三叉神経が末梢で侵害刺激を受けると神経細胞は周囲のマクロファージ様細胞の増殖と活性化を誘導する。活性化したマクロファージ様細胞は、神経細胞に直接コンタクトする。特にC線維を有する神経細胞が産生するサブスタンスPやCGRPは、逆行性に侵害刺激部位に輸送・放出され、炎症のモジュレーターとして働く。三叉神経節では一次防御機構と呼ぶべき神経-免疫系システムを構築している。(著者抄録)

  • 三叉神経節の神経-免疫系システム

    後藤 哲哉

    別冊BIO Clinica   8 ( 1 )   137 - 142   2019年6月

  • 歯の喪失はアルツハイマー病モデルマウスの脳幹におけるM1型ミクログリア分化を促進する

    後藤 哲哉, ダール・アシス, 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 松本 信英, 原 博満

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   398 - 398   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

  • 三叉神経節における神経ペプチド類とATPシグナル伝達(Neuropeptides and ATP signaling in the trigeminal ganglion)

    Goto Tetsuya, Iwai Haruki, Kuramoto Eriko, Yamanaka Atsushi

    The Japanese Dental Science Review   53 ( 3-4 )   117 - 124   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本歯科医学会  

  • 顎骨壊死はなぜ起こる?(2)

    後藤 哲哉

    保団連   ( 1247 )   45 - 48   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:全国保険医団体連合会  

  • アルツハイマー病モデルマウスの抜歯後の行動変化ならびに組織学的解析

    関 遥, Ashis Dhar, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 山中 淳之, 後藤 哲哉, 松本 信英, 原 博満

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2017   394 - 394   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

  • 抜歯はアルツハイマー病モデルマウスの中脳路核神経細胞のタウ・リン酸化を誘導する

    後藤 哲哉, 倉本 恵梨子, Ashis Dhar, 岩井 治樹, 山中 淳之, 松本 信英, 原 博満, 道川 誠

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2017   265 - 265   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

  • 顎骨壊死はなぜ起こる?(1)

    後藤 哲哉

    保団連   ( 1245 )   45 - 48   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:全国保険医団体連合会  

  • 食物の好き嫌いを生み出す脳のメカニズム

    岩井治樹, 倉本恵梨子, 山中淳之, 後藤哲哉

    鹿歯会報 TEETHful   131 ( 710 )   9 - 11   2017年4月

  • 【歯内療法領域の画像診断-歯科用CBCTの適切な運用と解剖学的・病理学的知識を整理する】画像診断における解剖学的根管形態の捉え方

    後藤 哲哉

    日本歯科評論   77 ( 3 )   37 - 47   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 園田 怜美, 倉本 恵梨子, 南 総一郎, 後藤 哲哉, 野口 和行 .  歯の喪失がアルツハイマー病の進行に影響を与えるメカニズムについて .  日本歯周病学会会誌  2022年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 園田 怜美, 倉本 恵梨子, 松本 信英, 原 博満, 大八木 保政, 野口 和行, 後藤 哲哉 .  3xTg-ADマウスにおける神経細胞内アミロイドβの加齢変化について .  Dementia Japan  2020年10月  (一社)日本認知症学会

  • 園田 怜美, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉 .  3xTg-ADマウスを用いた神経細胞におけるアミロイドβの局在と加齢変化について .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Ashis Dhar, 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  C57BL/6Jマウスにおける三叉神経中脳路核の神経変性に対する上顎臼歯抜歯の影響(The effects of maxillary molar extraction on the neurodegeneration of the trigeminal mesencephalic nucleus in C57BL/6J mice) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 後藤 哲哉 .  Neurodegeneration by Tooth Loss Causes Cognitive Impairment .  Kyudai Oral Bioscience 2018  2018年2月 

  • 後藤 哲哉 .  Neurodegeneration by Tooth Loss is a Risk Factor for the Initiation of Alzheimer's Disease .  International Alzheimer's Disease Conference 2018( Hong Kong)  2018年9月 

  • 後藤 哲哉 .  Neurogeneration Induced by Tooth-Loss .  International Association For Dental Research  2019年7月 

  • 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 関 遥, 齋藤 充, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  アルツハイマー病モデルマウスにおける三叉神経系の神経変性が咀嚼機能に与える影響 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 関 遥, Ashis Dhar, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 山中 淳之, 後藤 哲哉, 松本 信英, 原 博満 .  アルツハイマー病モデルマウスの抜歯後の行動変化ならびに組織学的解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 後藤 哲哉 .  アルツハイマー病研究の新展開 三叉神経の神経変性とアルツハイマー病 歯の喪失がアルツハイマー病の進行を早めるメカニズム .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 後藤 哲哉 .  オーラル・バイオロジーの老化研究への新たな挑戦 アルツハイマー病の進行に関わる三叉神経中脳路核の老化について .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, ダール・アシス , 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  マウス三叉神経節のM2型組織常在性マクロファージ様細胞は末梢神経傷害によって増殖・活性化する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 山中 淳之, ダール・アシス , 後藤 哲哉 .  マウス三叉神経節のマクロファージ様細胞は神経傷害によって増殖・活性化する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  マウス大脳皮質の運動野において、錐体ニューロンからパルブアルブミン陽性インターニューロンへの入力を定量的に解析する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 千堂 良造, 杉村 光隆, 糀谷 淳, 眞鍋 庸三, 山形 和彰, 山下 薫, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節における組織透明化の応用と細胞体局在の検討 .  日本顎関節学会雑誌  2018年7月  (一社)日本顎関節学会

  • 千堂 良造, 杉村 光隆, 糀谷 淳, 眞鍋 庸三, 山形 和彰, 山下 薫, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節における組織透明化の応用と細胞体局在の検討 .  日本歯科心身医学会雑誌  2018年12月  (一社)日本歯科心身医学会

  • 桑原 晴樹, 花岡 吉亀, 後藤 哲哉, 本郷 一博 .  三叉神経痛に対する微小血管減圧術後の両側性外転神経麻痺(Bilateral abducens nerve palsy after microvascular decompression for trigeminal neuralgia) .  信州医学雑誌  2018年8月  信州医学会

  • 八木 孝和, 齋藤 充, 後藤 哲哉, 小柳 宏太郎, 菅 真有, 宮脇 正一 .  副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンの脳内投与が顎機能に及ぼす影響 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2018年10月  (公社)日本矯正歯科学会

  • Iwai Haruki, Kuramoto Eriko, Yamanaka Atsushi, Goto Tetsuya .  感覚と中枢性自律神経調節 結合腕傍核を起点とする線条体腹側部の機能形態学 摂食行動と味覚および内臓感覚とを結びつける神経回路(Sensation and central autonomic regulation Functional morphology of the ventral part of the caudate putamen originating from the parabrachial nucleus: Neural circuits connecting between feeding behavior and gustatory and visceral senses) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • Ashis Dhar, 後藤 哲哉 .  抜歯によるPDL損傷に起因したVmes-Vmoの神経変性(Neurodegeneration of Vmes-Vmo due to PDL damage by tooth extraction) .  Dementia Japan  2020年10月  (一社)日本認知症学会

  • 後藤 哲哉, 倉本 恵梨子, Ashis Dhar, 岩井 治樹, 山中 淳之, 松本 信英, 原 博満, 道川 誠 .  抜歯はアルツハイマー病モデルマウスの中脳路核神経細胞のタウ・リン酸化を誘導する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Dhar Ashis, 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  損傷した歯周靱帯はC57BL/6Jマウスにおいて三叉神経中脳路核と運動核の神経変性を誘発する(The damaged periodontal ligament induces trigeminal mesencephalic and motor nuclei neurodegeneration in C57BL/6J mice) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 小柳 宏太郎, 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 宮脇 正一 .  新規骨固定源を用いた持続的な荷重負荷による骨形成促進について .  九州矯正歯科学会雑誌  2018年3月  九州矯正歯科学会

  • 小柳 宏太郎, 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 宮脇 正一 .  新規骨固定源を用いた持続的な荷重負荷による骨形成促進について .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

  • 小柳 宏太郎, 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 宮脇 正一 .  新規骨固定源を用いた持続的な荷重負荷による骨形成促進の新たな試み .  九州矯正歯科学会雑誌  2017年3月  九州矯正歯科学会

  • 後藤 哲哉 .  歯の喪失がアルツハイマー病を発症させるメカニズムの解明 .  日本歯科医学会誌  2019年3月  日本歯科医学会

  • 後藤 哲哉 .  歯の喪失がアルツハイマー病を発症させるメカニズムの解明 .  第34回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」  2018年8月 

  • 後藤 哲哉, 倉本 恵梨子, ダール・アシス , 松本 信英, 原 博満, 山中 淳之, 岩井 治樹, 道川 誠 .  歯の喪失がアルツハイマー病を誘発させるメカニズムについて .  Dementia Japan  2018年9月  (一社)日本認知症学会

  • Taslima Ferdous, Jung Cha-Gyun, Zhou Chunyu, Abdullah Mohammad, Abdelhamid Mona, Dhar Ashis, Goto Tetsuya, Saito Takashi, Saido Takaomi C., Michikawa Makoto .  歯の喪失が記憶障害およびAD病態に及ぼす影響(Effect of tooth loss on memory impairment and AD pathology) .  Dementia Japan  2019年10月  (一社)日本認知症学会

  • 後藤 哲哉, 倉本 恵梨子, Ashis Dhar, 松本 信英, 原 博満, 山中 淳之, 岩井 治樹, 大八木 保政, 道川 誠 .  歯の喪失はpre-dementiaからdementiaへの進行を早める .  Dementia Japan  2019年10月  (一社)日本認知症学会

  • 後藤 哲哉, ダール・アシス , 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 松本 信英, 原 博満 .  歯の喪失はアルツハイマー病モデルマウスの脳幹におけるM1型ミクログリア分化を促進する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 山中 淳之, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, Dhar Ashis, 後藤 哲哉 .  歯胚上皮の陥入および形態形成過程における非筋ミオシンIIの役割 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  歯胚上皮の陥入および形態形成過程初期における非筋ミオシンIIの役割 .  口腔組織培養学会誌  2020年3月  日本口腔組織培養学会

  • 山中 淳之, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, Dhar Ashis, 後藤 哲哉 .  現生トガリネズミ科の臼歯の発生は中生代化石哺乳類の臼歯の進化を再現する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 後藤 哲哉 .  軽度認知症期における歯の喪失は認知症への進行を促進するメカニズムの解明 .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 後藤 哲哉 .  軽度認知症期における歯の喪失は認知症への進行を促進するメカニズムの解明 .  老年歯科医学  2019年9月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 後藤 哲哉 .  顎骨壊死はなぜおこる? .  鹿児島県保険医協会・医科歯科合同研究会  2018年6月 

  • 後藤 哲哉 .  歯の喪失がアルツハイマー病の進行を早めるメカニズムについて .  日本歯科医師会雑誌  2021年7月  (公社)日本歯科医師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 後藤 哲哉 .  歯の喪失は三叉神経中脳路核の神経細胞死を介し三叉神経運動核の神経変性を生じる .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2020年11月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 後藤 哲哉 .  老いの入り"口"から認知症を読み解く 口腔機能と神経細胞変性 加齢、歯の喪失、アルツハイマー病の関係について .  日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集  2021年6月  (一社)日本抗加齢医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 後藤 哲哉 .  歯の喪失は三叉神経中脳路核の神経細胞死を介し三叉神経運動核の神経変性を生じる .  老年歯科医学  2021年3月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 北脇 綾乃, 倉本 恵梨子, 齋藤 充, 河野 博史, 岩井 治樹, 山中 淳之, 後藤 哲哉 .  アルツハイマーモデルマウス3xTG-ADの三叉神経系における病理所見と咀嚼機能についての研究(Pathologies of the trigeminal nervous system, and delayed masticatory rhythm in triple-transgenic mouse model of Alzheimer's disease) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Kitawaki Ayano, Esaki Harukiyo, Oda Hinano, Katsuyama Kouki, Kinoshita Teruki, Susa Megumi, Taniguchi Masayoshi, Kuramoto Eriko, Saito Mitsuru, Kono Hiroshi, Yagi Takakazu, Matsumoto Shinei, Hara Hiromitsu, Iwai Haruki, Yamanaka Atsushi, Goto Tetsuya .  アルツハイマー病モデルマウス3xTg-ADの三叉神経系における病理所見と咀嚼運動についての研究(Pathologies of the trigeminal nervous system, and delayed masticatory rhythm in triple-transgenic mouse model of Alzheimer's disease) .  The Journal of Physiological Sciences  2021年8月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 北脇 綾乃, 倉本 恵梨子, 齋藤 充, 山中 淳之, 岩井 治樹, 後藤 哲哉 .  アルツハイマー病モデルマウスの中脳路核でみられたアミロイドβとリン酸化タウの沈着と、その咀嚼機能への影響(Neuropathology in the mesencephalic trigeminal nucleus of Alzheimer's disease model mice and its effects on masticatory function) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 倉本 恵梨子, 福島 慎, 岩井 治樹, 山中 淳之, 杉村 光隆, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節の三次元的な体部位局在と異所性疼痛の関連性についての研究(A study of the relationship between three-dimensional somatotopy of the rat trigeminal ganglion and ectopic pain) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • ハイデル・エムデイヤシン , 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 中村 典史, 山中 淳之 .  小臼歯と大臼歯の咬頭の相同性に関する発生学的検討(Developmental assessment on the cusp homologies between the premolar and the molar) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Yamanaka Atsushi, Haier Yasin, Taguchi Urara, Kuramoto Eriko, Iwai Haruki, Goto Tetsuya .  現生トガリネズミの大臼歯における咬頭形成の発生学的順番 中生代哺乳類のトリボスフェニック型臼歯の進化への発生学的考察(Developmental sequence of cusp formation in the modern shrew's molar: an implication for the evolution of tribosphenic molar in Mesozoic mammals) .  The Journal of Physiological Sciences  2021年8月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Fukushima Makoto, Kuramoto Eriko, Sendo Ryozo, Iwai Haruki, Yamanaka Atsushi, Sugimura Mitsutaka, Goto Tetsuya .  逆行性トレーサーと組織透明化技術の組み合わせによるラット三叉神経節の三次元体部位局在の解明(Three-Dimensional topography of the rat trigeminal ganglion neurons with combination of retrograde labeling and tissue clearing techniques) .  The Journal of Physiological Sciences  2021年8月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 園田 怜美, 倉本 恵梨子, 松本 信英, 原 博満, 大八木 保政, 野口 和行, 後藤 哲哉 .  三叉神経中脳路核の神経変性によるアミロイドβオリゴマーの拡散について .  Dementia Japan  2021年10月  (一社)日本認知症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 後藤 哲哉 .  アルツハイマー病モデルマウスの三叉神経中脳路核神経細胞におけるアミロイドβの局在と加齢変化について .  老年歯科医学  2021年9月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 「第34回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」優秀発表賞

    2018年8月   日本歯科医学会  

    後藤 哲哉

共同研究・競争的資金等の研究

  • 歯の喪失による神経変性がアルツハイマー病を発症させる分子メカニズムの解明

    2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 三叉神経節の神経-免疫系をターゲットとした顎顔面痛覚異常の病態解明と治療法の開発

    2017年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  挑戦的研究(萌芽) 

    後藤 哲哉

      詳細を見る

  • ATPによる象牙芽細胞からの神経伝達機構の解明

    2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  基盤研究(c)・代表 

    後藤 哲哉

      詳細を見る

  • 表面装飾の異なるチタン(T)植立時歯肉-T接合性と骨-T結合性の相違に関する研究

    日本学術振興会  萌芽的研究・分担 

    田中 輝男

      詳細を見る

 

担当経験のある授業科目

  • 口腔解剖学

    機関名:九州大学歯学部、九州歯科大学、鹿児島大学歯学部

  • 組織学

    機関名:鹿児島大学歯学部

  • 解剖学

    機関名:九州大学歯学部、九州歯科大学、鹿児島大学歯学部