基本情報

写真a

林 岳宏

HAYASHI Takehiro


職名

助教

研究分野・キーワード

精神神経疾患,生物学的精神医学

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~np/

プロフィール

精神神経疾患の分子生物学的研究,臨床精神医学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学部  医学科

    大学,2006年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医歯学総合研究科  健康科学専攻

    博士課程,2012年08月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),精神神経科学,鹿児島大学,課程,2012年08月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻,助教,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 九州精神神経学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島精神神経学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本精神神経学会,2008年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生物学的精神医学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床精神神経薬理学会,2010年05月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子精神医学

  • 臨床精神医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,抗精神病薬持効性注射剤導入の適応を考える-同居家族に精神疾患がある場合-,九州神経精神医学,63巻 3号 (頁 182 ~ 185) ,2017年12月,林 岳宏,吉牟田 直孝,大毛 葉子,塩川 奈理,佐野 輝

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著,精神神経科学

  • 英語,Chorein interacts with α-tubulin and histone deacetylase 6, and overexpression preserves cell viability during nutrient deprivation in human embryonic kidney 293 cells.,FASEB Journal,30巻 11号 (頁 3726 ~ 3732) ,2016年11月,Natsuki Sasaki, Masayuki Nakamura, Akiko Kodama, Yuka Urata, Nari Shiokawa, Takehiro Hayashi, Akira Sano

    DOI:10.1096/fj.201500191RR,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Chorein, the protein responsible for chorea-acanthocytosis, interacts with β-adducin and β-actin,Biochemical and Biophysical Research Communications,441巻 1号 (頁 96 ~ 101) ,2013年11月,Nari Shiokawa, Masayuki Nakamura, Mieko Sameshima, Akiko Deguchi, Takehiro Hayashi, Natsuki Sasaki, Akira Sano

    DOI:10.1016/j.bbrc.2013.10.011,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Subcellular localization and putative role of VPS13A/chorein in dopaminergic cells,Biochemical and Biophysical Research Communications,419巻 3号 (頁 511 ~ 516) ,2012年03月,Takehiro Hayashi, Michiko Kishida, Yoshiaki Nishizawa, Mikio Iijima, Chihaya Koriyama, Masayuki Nakamura, Akira Sano, Shosei Kishida

    DOI:10.1016/j.bbrc.2012.02.047,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Quetiapine-induced frequent ventricular contraction,General Hospital Psychiatry,34巻 2号 (頁 211.e1 ~ 211.e3) ,2012年03月,Akiko Deguchi, Masayuki Nakamura, Takehiro Hayashi, Akira Sano

    DOI:10.1016/j.genhosppsych.2011.11.003,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,強迫症状を認めた velocardiofacial syndrome の1症例,強迫性障害の研究,2009年06月,市場美緒,林岳宏,富安昭之,中村雅之,橋口知,赤崎安昭,佐野輝

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ドパミン調節異常症候群,分子精神医学,13巻 3号 (頁 196 ~ 200) ,2013年07月,林 岳宏,佐野 輝

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会 優秀発表賞,2016年09月16日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会,林 岳宏,前田 冬海,神田 英介,田川 真一朗,肝付 洋,春日井 基文,鮫島 三恵子,鮫島 秀弥,中村 雅之,赤崎 安昭,佐野 輝

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2018年04月 ~ 2022年03月,22q11.2欠失症候群患者における薬剤性パーキンソニズムの発症機序解明,林岳宏

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,薬剤性パーキンソニズムにおけるシナプトタグミンファミリーの関与についての研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会,国内会議,2016年09月,福岡,統合失調症症状を呈した22q11.2欠失症候群の2症例,ポスター(一般)

  • 第28回日本総合病院精神医学会,国内会議,2015年11月,徳島,ステロイド治療中に躁状態を呈したACTH単独欠損症の一例,ポスター(一般)

  • 第67回九州精神神経学会,国内会議,2014年12月,福岡,治療中に躁状態を認めたACTH単独欠損症の一例,口頭(一般)

  • 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会,国内会議,2014年09月 ~ 2014年10月,奈良,緩徐進行性に前頭葉機能低下症状を認めたAlexander病の一例,ポスター(一般)

  • The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry / The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry,国際会議,2012年09月 ~ 2012年10月,兵庫,Chorein is involved in exocytosis of dense-core vesicles in differentiated PC12 cells,ポスター(一般)

全件表示 >>