基本情報

写真a

二神 泰基

Taiki FUTAGAMI


職名

准教授

研究分野・キーワード

麹菌、脱ハロゲン呼吸細菌

ホームページ

http://chem.agri.kagoshima-u.ac.jp/Shochu_new/index.html

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 附属焼酎・発酵学教育研究センター 醸造微生物学部門,准教授,2014年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 米国微生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本微生物生態学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 環境バイオテクノロジー学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本醸造学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 酵母遺伝学フォーラム,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用微生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Sirtuin SirD is involved in α-amylase activity and citric acid production in Aspergillus luchuensis mut. kawachii during a solid-state fermentation process,J Biosci Bioeng,129巻 4号 (頁 454 ~ 466) ,2020年04月,Miyamoto A, Kadooka C, Mori K, Tagawa Y, Okutsu K, Yoshizaki Y, Takamine K, Goto M, Tamaki H, Futagami T

    DOI:10.1016/j.jbiosc.2019.11.004,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Manufactural impact of the solid-state saccharification process in rice-flavor baijiu production,J Biosci Bioeng,129巻 3号 (頁 315 ~ 321) ,2020年03月,Yin X, Yoshizaki Y, Ikenaga M, Han XL, Okutsu K, Futagami T, Tamaki H, Takamine K

    DOI:10.1016/j.jbiosc.2019.09.017,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,LaeA Controls Citric Acid Production through Regulation of the Citrate Exporter-Encoding cexA Gene in Aspergillus luchuensis mut. kawachii,Appl Environ Microbiol,86巻 5号 (頁 e01950-19 ~ ) ,2020年02月,Kadooka C, Nakamura E, Mori K, Okutsu K, Yoshizaki Y, Takamine K, Goto M, Tamaki H, Futagami T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Analysis of the fungal population involved in Katsuobushi production,J Gen Appl Microbiol,2020年01月,Kadooka C, Nakamura E, Kubo S, Okutsu K, Yoshizaki Y, Takamine K, Tamaki H, Futagami T

    DOI:10.2323/jgam.2019.09.003,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of pepA deletion and overexpression in Aspergillus luchuensis on sweet potato shochu brewing,J. Biosci. Bioeng,128巻 4号 (頁 456 ~ 462) ,2019年10月,Setoguchi S, Mizutani O, Yamada O, Futagami T, Iwai K, Takase Y, Tamaki H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Genus Desulfitobacterium.,Springer Berlin Heidelberg,2016年09月,Futagami T, Furukawa K

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Cell wall biosynthesis in filamentous fungi., In: Takagi H, Kitagaki H (eds), Stress Biology of Yeasts and Fungi. Springer Japan, pp. 151-168, 2015.,2015年02月,Oka T, Futagami T, Goto M.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Genetic system of organohalide-respiring bacteria.,In: Nojiri H, Tsuda M, Fukuda M, and Kamagata Y (eds), Biodegradative Bacteria. Springer Verlag, Tokyo. pp. 59-81.,2014年,Futagami T, Goto M, Furukawa K.

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,焼酎,朝倉書店,食と微生物の事典 (頁 16 ~ 17) ,2017年01月,二神泰基

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,焼酎製造に用いられる白麹菌のゲノム解析と育種基盤の開発,バイオサイエンスとインダストリー,74巻 (頁 402 ~ 205) ,2016年10月,1) 二神泰基, 後藤正利.

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,本格焼酎と微生物の関わり,生物工学会誌,92巻 12号 (頁 678 ~ ) ,2014年12月,二神泰基

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,焼酎麹菌のIdentityを探る.,日本醸造協会誌,109巻 (頁 219 ~ 227) ,2014年,後藤正利, 二神泰基, 梶原康博, 高下秀春.

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 環境バイオテクノロジー学会.,国内会議,2015年06月,東京大学,Pseudomonas putida KF703のビフェニル、サリチル酸および安息香酸分解経路をコードするゲノミックアイランドの解析.,その他

  • 環境バイオテクノロジー学会,国内会議,2015年06月, 東京大学.,ビフェニル/PCB分解菌 Pseudomonas balearica KF707 株の完全長ゲノムシーケンス解析.,その他

  • 真核微生物交流会,その他,2015年06月,酒類総合研究所,焼酎麹菌のクエン酸高生産機構に関する研究.,その他

  • 日本薬学会第135年会.,国内会議,2015年03月,神戸,漢方生薬「神麹」の標準化のための指標成分の探索. ,その他

  • 第21回日本生物工学会九州支部大会.,国内会議,2014年12月,熊本大学,韓国麹「ヌルク」から単離した酵母の発酵特性.,その他

全件表示 >>