基本情報

写真a

有村 卓朗

ARIMURA Takuro


職名

准教授

研究室住所

〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-24

研究分野・キーワード

難治性循環器疾患(特発性心筋症及び不整脈)、遺伝子変異、心疾患モデル動物

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-8730

研究室FAX

099-285-8730

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  農学部  獣医学科

    大学,1997年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科

    博士課程,2001年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),循環器内科学,東京医科歯科大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 獣医学教育改革室 ,准教授,2016年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科,特任准教授,2013年10月 ~ 2016年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子病態分野,准教授,2012年05月 ~ 2013年03月

  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子病態分野,助教,2007年04月 ~ 2012年04月

  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子病態分野,助手,2005年01月 ~ 2007年03月

  • フランス国立保健医学研究所(INSERM) UR582(横紋筋疾患研究治療分野),研究員,2002年04月 ~ 2004年12月

  • 国立医薬品食品衛生研究所 病理部,研究官,2001年04月 ~ 2002年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • International Society for Heart Research,2015年10月 ~ 継続中,その他

  • 日本人類遺伝学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • World Muscle Society,2015年10月 ~ 継続中,その他

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

  • 人類遺伝学

  • ゲノム医科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 難治性循環器疾患の病因・病態解明と新規治療法開発,1997年04月 ~ 継続中

    ,国際共同研究,経常研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Hypertrophic Cardiomyopathy Accompanied by Spinocerebellar Atrophy With a Novel Mutation in Troponin I Gene.,Int Heart J,57巻 4号 (頁 507 ~ 510) ,2016年07月,Kawai Hideki, Morimoto Shin-Ichiro, Takakuwa Yoko, Ueda Akihiro, Inada Ken-Ichi, Sarai Masayoshi, Arimura Takuro, Mutoh Tatsuro, Kimura Akinori, Ozaki Yukio

    DOI:10.1536/ihj.15-444,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Genetic defects in a His-Purkinje system transcription factor, IRX3, cause lethal cardiac arrhythmias.,Eur Heart J,37巻 18号 (頁 1469 ~ 1475) ,2016年05月,Koizumi Akiko, Sasano Tetsuo, Kimura Wataru, Miyamoto Yoshihiro, Aiba Takeshi, Ishikawa Taisuke, Nogami Akihiko, Fukamizu Seiji, Sakurada Harumizu, Takahashi Yoshihide, Nakamura Hiroaki, Ishikura Tomoyuki, Koseki Haruhiko, Arimura Takuro, Kimura Akinori, Hirao Kenzo, Isobe Mitsuaki, Shimizu Wataru, Miura Naoyuki, Furukawa Tetsushi

    DOI:10.1093/eurheartj/ehv449,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Screening of sarcomere gene mutations in young athletes with abnormal findings in electrocardiography: identification of a MYH7 mutation and MYBPC3 mutations.,J Hum Genet,60巻 10号 (頁 641 ~ 645) ,2015年10月,Kadota C, Arimura T, Hayashi T, Naruse TK, Kawai S, Kimura A

    DOI:10.1038/jhg.2015.81,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Novel mutation in the alpha-myosin heavy chain gene is associated with sick sinus syndrome.,Circ Arrhythm Electrophysiol,8巻 2号 (頁 400 ~ 408) ,2015年04月,Ishikawa T, Jou CJ, Nogami A, Kowase S, Arrington CB, Barnett SM, Harrell DT, Arimura T, Tsuji Y, Kimura A, Makita N

    DOI:10.1161/CIRCEP.114.002534,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Endothelin-1 induces myofibrillar disarray and contractile vector variability in hypertrophic cardiomyopathy-induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes.,J Am Heart Assoc,3巻 6号 (頁 e001263) ,2014年12月,Tanaka A, Yuasa S, Mearini G, Egashira T, Seki T, Kodaira M, Kusumoto D, Kuroda Y, Okata S, Suzuki T, Inohara T, Arimura T, Makino S, Kimura K, Kimura A, Furukawa T, Carrier L, Node K, Fukuda K

    DOI:10.1161/JAHA.114.001263,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Molecular etiology of idiopathic cardiomyopathy: Identification of novel disease genes for hypertrophic cardiomyopathy and dilated cardiomyopathy.,Cardiomyopathies and Heart Failure; Biomolecular, Infectious and Immune Mechanisms, Klumer Academic Publishers.,2003年,Kimura A, Hayashi T, Itoh-Satoh M, Arimura T, Lee WH, Lee SY, Park JE

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Mutational profiles and molecular pathogenesis of hypertrophic cardiomyopathy and dilated cardiomyopathy in Asian populations.,Frontiers in Cardiovascular Health, Klumer Academic Publishers.,2003年,Kimura A, Itoh-Satoh M, Hayashi T, Takahashi M, Arimura T, Yasunami M, Lee SY, Hwang TH, Lee WH, Park JE

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Molecular etiology of idiopathic cardiomyopathy.,Acta Myol.,26巻 3号 (頁 153 ~ 8) ,2007年12月,Arimura T, Hayashi T, Kimura A

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Genetics of laminopathies.,Novartis Found. Symp.,264巻 (頁 81 ~ 97) ,2005年,Ben Yaou R, Muchir A, Arimura T, Massart C, Demay L, Richard P, Bonne G

    総説・解説(学術雑誌),共著