基本情報

写真a

安藤 匡子

Masako ANDOH


職名

准教授

研究分野・キーワード

人獣共通感染症学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  農学部  獣医学科

    大学,2000年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  連合獣医学研究科

    博士課程,2004年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科,准教授,2013年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 内閣府食品安全委員会 微生物・ウイルス専門調査会,専門委員,2015年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Society for Microbiology,2015年10月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • リケッチア研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本衛生動物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医師会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医公衆衛生学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Tick surveillance for Borrelia miyamotoi and phylogenetic analysis of isolates in Mongolia and Japan.,Ticks and Tick Borne Diseases,8巻 6号 (頁 850 ~ 857) ,2017年10月,Iwabu-Itoh Y, Bazartseren B, Naranbaatar O, Yondonjamts E, Furuno K, Lee K, Sato K, Kawabata H, Takada N, Andoh M, Kajita H, Oikawa Y, Nakao M, Ohnishi M, Watarai M, Shimoda H, Maeda K, Takano A

    DOI:10.1016/j.ttbdis.2017.06.011,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan,Ticks and Tick Borne Diseases,8巻 4号 (頁 581 ~ 587) ,2017年06月,Masatani T, Hayashi K, Andoh M, Tateno M, Endo Y, Asada M, Kusakisako K, Tanaka T, Gokuden M, Hozumi N, Nakadohzono F, Matsuo T

    DOI:10.1016/j.ttbdis.2017.03.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of climatic elements on Campylobacter colonization in broiler flocks reared in southern Japan from 2008 to 2012,Poultry Science,2016年10月,3. Ishihara K, Chuma T, Andoh M, Yamashita M, Asakura H, Yamamoto S

    DOI:10.3382/ps/pew354,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection of Francisella tularensis and analysis of bacterial growth in ticks in Japan,Letters in Applied Microbiology,63巻 4号 (頁 240 ~ 246) ,2016年,Suzuki J, Hashino M, Matsumoto S, Takano A, Kawabata H, Takada N, Andoh M, Oikawa Y, Kajita H, Uda A, Watanabe K, Shimizu T, Watarai M

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection of Rickettsia and Ehrlichia spp. in ticks associated with exotic reptiles andamphibians imported into Japan,PLoS One,9巻 8号 (頁 e104532 ~ ) ,2015年08月,Masako Andoh, Akiko Sakata, Ai Takano, Hiroki Kawabata, Hiromi Fujita, Yumi Une, Koichi Goka, Toshio Kishimoto, Shuji Ando

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,家畜のアナプラズマ科リケッチアおよびコクシエラ科細菌感染症,鹿児島県獣医師会,鹿児島県獣医師会会報55号 (頁 5 ~ 9) ,2015年03月,安藤匡子

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,人獣共通感染症の動向と対策 Q熱,臨床と微生物,42巻 1号 (頁 45 ~ 50) ,2015年01月,安藤匡子

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,Q熱,臨床と微生物,41巻 1号 (頁 39 ~ 44) ,2014年01月,安藤匡子,安藤秀二

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第24回リケッチア研究会,国内会議,2017年12月,東京(国立感染症研究所),Orientia tsutsugamushi7血清型のマウスに対する病原性比較,口頭(一般)

  • 第21回腸管出血性大腸菌感染症研究会,国内会議,2017年11月,鹿児島(県医師会館),鹿児島県の野生動物における志賀毒素産生性大腸菌保有状況,口頭(一般)

  • 第67回日本衛生動物学会南日本支部大会,国内会議,2017年11月,鹿児島(奄美市AiAi広場),トカラ列島口之島の野生動物およびマダニにおける病原性細菌保有調査,口頭(一般)

  • 第17回人と動物の共通感染症研究会,国内会議,2017年10月,国立感染症研究所,ニホンアナグマの志賀毒素産生性大腸菌およびサルモネラの保菌状況,口頭(一般)

  • 第160回日本獣医学会学術集会,国内会議,2017年09月,鹿児島大学,「古くて新しい〜節足動物媒介性感染症〜」:つつが虫病の理解にむけて,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>