基本情報

写真a

正谷 達謄

Tatsunori MASATANI


職名

准教授

研究分野・キーワード

原虫病学、寄生虫病学、人獣共通感染症

プロフィール

トキソプラズマ感染症に関する研究、節足動物媒介病原体(寄生虫、ウイルス)に関する研究、狂犬病ウイルスに関する研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  農学部  獣医学科

    大学,2008年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  連合獣医学研究科

    博士課程,2011年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),獣医学,岐阜大学,課程,2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 病態制御研究部門 監視診断システム研究分野,特任助教,2013年10月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 病態制御研究部門 監視診断システム研究分野,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 帯広畜産大学 原虫病研究センター,研究員,2011年08月 ~ 2013年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人獣共通感染症学

  • ウイルス学

  • 寄生虫学(含衛生動物学)

  • 獣医寄生虫病学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Transient transfection of intraerythrocytic Babesia gibsoni using elongation factor-1 alpha promoter,Molecular and Biochemical Parasitology,216巻 (頁 56 ~ 59) ,2017年09月,Mingming Liu, Masahito Asada, Shinuo Cao, Paul F. Moumouni, Patrick Vudriko, Artemis Efstratiou, Hassan Hakimi, Tatsunori Masatani, Fujiko Sunaga, Shin-ichiro Kawazu, Junya Yamagishi, Xuenan Xuan

    DOI:10.1016/j.molbiopara.2017.07.003,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan,Ticks and Tick borne Diseases,8巻 4号 (頁 581 ~ 587) ,2017年06月,Tatsunori Masatania, Kei Hayashi, Masako Andoh, Morihiro Tateno, Yasuyuki Endo, Masahito Asada, Kodai Kusakisako, Tetsuya Tanaka, Mutsuyo Gokuden, Nodoka Hozumi, Fumiko Nakadohzono, Tomohide Matsuo

    DOI:10.1016/j.ttbdis.2017.03.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Generation of a novel live rabies vaccine strain with a high level of safety by introducing attenuating mutations in the nucleoprotein and glycoprotein,Vaccine,2017年,Keisuke Nakagawa, Kento Nakagawa, Tsutomu Omatsu, Yukie Katayama, Mami Oba, Hiromichi Mitake, Kazuma Okada, Satoko Yamaoka, Yasuhiro Takashima, Tatsunori Masatani, Kota Okadera, Naoto Ito, Tetsuya Mizutani, Makoto Sugiyama

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Molecular epidemiological study of adenovirus infecting western lowland gorillas and humans in and around Moukalaba-Doudou National Park (Gabon) ,Virus Genes,52巻 5号 (頁 671 ~ 678) ,2016年10月,Chime`ne N. Nkogue, Masayuki Horie, Shiho Fujita, Michiko Ogino, Yuki Kobayashi, Keijiro Mizukami, Tatsunori Masatani, Sayeh Ezzikouri, Aya Matsuu, Tetsuya Mizutani, Makoto Ozawa, Osamu Yamato, Alfred Ngomanda, Juichi Yamagiwa, Kyoko Tsukiyama-Kohara

    DOI:10.1007/s11262-016-1360-8,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Improvement of the cryopreservation method for the Babesia gibsoni parasite by using commercial freezing media.,Parasitology International,65巻 5 Pt B号 (頁 532 ~ 535) ,2016年10月,Kodai Kusakisako, Tatsunori Masatani, Yurika Yada, Talactac M. Rio, Hernandez E.Pacia, Hiroki Maeda, Masami Mochizuki, Tetsuya Tanaka

    DOI:10.1016/j.parint.2016.02.012,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,原虫病学とウイルス学の融合的研究,獣医寄生虫学会誌,14巻 1号 (頁 31 ~ 38) ,2015年07月,正谷達謄

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回獣医寄生虫学会奨励賞,2014年09月09日,日本国,その他の賞,日本獣医寄生虫学会,正谷 達謄

  • 第151回日本獣医学会大会長賞,2011年03月30日,日本国,その他の賞,日本獣医学会,正谷 達謄

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 秋山記念生命科学振興財団研究助成,2013年04月 ~ 2014年03月,トキソプラズマ原虫潜伏ステージ虫体が誘導する抗ウイルス免疫応答の意義,正谷達謄

    トキソプラズマ原虫潜伏ステージ虫体が誘導する抗ウイルス免疫応答の意義

    秋山記念生命科学振興財団

  • 笹川科学研究助成,2012年04月 ~ 2013年03月,アピコンプレクサ門寄生性原虫におけるオートファジー機構の分子基盤の解明,正谷達謄

    アピコンプレクサ門寄生性原虫におけるオートファジー機構の分子基盤の解明

    日本財団

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第84回日本寄生虫学会大会,国内会議,2015年03月,東京,フタトゲチマダニ由来2-Cys 型ペルオキシレドキシン(HlPrx2)の抗酸化部位の検索,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,全国の馬における非霊長類由来ヘパシウイルスの感染状況,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,I nfectious disease assessment in wild gorillas in African rainforest( Gabon): caseof adenovirus,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,フタトゲチマダニ由来2-Cys型ペルオキシレドキシンの機能解析,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,DUAL-LUCIFERASEを利用したトキソプラズマ潜伏感染の高効率評価系,その他

全件表示 >>