基本情報

写真a

正谷 達謄

Tatsunori MASATANI


職名

准教授

研究分野・キーワード

原虫病学、ウイルス学、人獣共通感染症

プロフィール

トキソプラズマ感染症に関する研究、節足動物媒介病原体(寄生虫、ウイルス)に関する研究、狂犬病ウイルスに関する研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  農学部  獣医学科

    大学,2008年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  連合獣医学研究科

    博士課程,2011年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),獣医学,岐阜大学,課程,2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 病態制御研究部門 監視診断システム研究分野,特任助教,2013年10月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 病態制御研究部門 監視診断システム研究分野,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 帯広畜産大学 原虫病研究センター,研究員,2011年08月 ~ 2013年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人獣共通感染症学

  • ウイルス学

  • 寄生虫学(含衛生動物学)

  • 獣医寄生虫病学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Seroprevalence of Toxoplasma gondii in free-ranging and feral domestic cats on Amami Oshima Island, Japan,Journal of Veterinary Medical Science,79巻 11号 (頁 1853 ~ 1856) ,2017年11月,Aya Matsuu, Shin-ichi Yokota, Keiko Ito, Tatsunori Masatani

    DOI:10.1292/jvms.17-0359,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Genetic characterization of an avian H4N6 influenza virus isolated from the Izumi plain, Japan,Microbiology and Immunology,61巻 11号 (頁 513 ~ 518) ,2017年11月,Kosuke Okuya, Norihiro Kanazawa, Takehiro Kanda, Masakazu Kuwahara, Aya Matsuu, Masayuki Horie, Tatsunori Masatani, Shigehisa Toda, Makoto Ozawa

    DOI:10.1111/1348-0421.12545,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Transient transfection of intraerythrocytic Babesia gibsoni using elongation factor-1 alpha promoter,Molecular and Biochemical Parasitology,216巻 (頁 56 ~ 59) ,2017年09月,Mingming Liu, Masahito Asada, Shinuo Cao, Paul F. Moumouni, Patrick Vudriko, Artemis Efstratiou, Hassan Hakimi, Tatsunori Masatani, Fujiko Sunaga, Shin-ichiro Kawazu, Junya Yamagishi, Xuenan Xuan

    DOI:10.1016/j.molbiopara.2017.07.003,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Generation of a novel live rabies vaccine strain with a high level of safety by introducing attenuating mutations in the nucleoprotein and glycoprotein,Vaccine,35巻 (頁 5622 ~ 5628) ,2017年09月,Keisuke Nakagawa, Kento Nakagawa, Tsutomu Omatsu, Yukie Katayama, Mami Oba, Hiromichi Mitake, Kazuma Okada, Satoko Yamaoka, Yasuhiro Takashima, Tatsunori Masatani, Kota Okadera, Naoto Ito, Tetsuya Mizutani, Makoto Sugiyama

    DOI:10.1016/j.vaccine.2017.08.050,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan,Ticks and Tick borne Diseases,8巻 4号 (頁 581 ~ 587) ,2017年06月,Tatsunori Masatania, Kei Hayashi, Masako Andoh, Morihiro Tateno, Yasuyuki Endo, Masahito Asada, Kodai Kusakisako, Tetsuya Tanaka, Mutsuyo Gokuden, Nodoka Hozumi, Fumiko Nakadohzono, Tomohide Matsuo

    DOI:10.1016/j.ttbdis.2017.03.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,トキソプラズマ症,鹿児島県獣医師会会報59号 (頁 1 ~ 3) ,2017年03月,正谷達謄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,原虫病学とウイルス学の融合的研究,獣医寄生虫学会誌,14巻 1号 (頁 31 ~ 38) ,2015年07月,正谷達謄

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回獣医寄生虫学会奨励賞,2014年09月09日,日本国,その他の賞,日本獣医寄生虫学会,正谷 達謄

  • 第151回日本獣医学会大会長賞,2011年03月30日,日本国,その他の賞,日本獣医学会,正谷 達謄

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 秋山記念生命科学振興財団研究助成,2013年04月 ~ 2014年03月,トキソプラズマ原虫潜伏ステージ虫体が誘導する抗ウイルス免疫応答の意義,正谷達謄

    トキソプラズマ原虫潜伏ステージ虫体が誘導する抗ウイルス免疫応答の意義

    秋山記念生命科学振興財団

  • 笹川科学研究助成,2012年04月 ~ 2013年03月,アピコンプレクサ門寄生性原虫におけるオートファジー機構の分子基盤の解明,正谷達謄

    アピコンプレクサ門寄生性原虫におけるオートファジー機構の分子基盤の解明

    日本財団

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第65回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2017年10月,大阪,Rabies virus matrix protein is involved in formation of antiviral stress granules in infected cells,ポスター(一般)

  • 第65回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2017年10月,大阪,Genetic composition of highly pathogenic H5N6 avian influenza viruses isolated at the Izumi plain, Kagoshima, Japan,口頭(一般)

  • 第160回日本獣医学会学術集会,国内会議,2017年09月,鹿児島,マダニペルオキシレドキシンの特性解明(-ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵に果たす役割について-),口頭(招待・特別)

  • 第86回日本寄生虫学会大会,国内会議,2017年05月,札幌,日本におけるトキソプラズマのタイピングと病原性,口頭(一般)

  • 第86回日本寄生虫学会大会,国内会議,2017年05月,札幌,Transient transfection of intraerythrocytic Babesia gibsoni by elongation factor-1 alpha promoter,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学動物病院セミナー,2017年03月