基本情報

写真a

信友 建志

Kenji NOBUTOMO


職名

准教授

研究分野・キーワード

思想史、精神分析、ジャック・ラカン、医療哲学

プロフィール

思想史的研究を基盤にした社会・哲学・精神の配置構成病と人間との関係の思想史的・精神分析的研究フランスの精神分析家、ジャック・ラカンの思想史的研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,准教授,2013年09月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 思想史

  • 医療哲学

  • 精神分析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,哲学の犯罪計画--ヘーゲル『精神現象学』を読む,法政大学出版,2013年05月,ジャン=クレ・マルタン

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

  • 日本語,ラカン、すべてに抗って,河出書房新社,2012年07月,エリザベート・ルディネスコ

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

  • 日本語,関係性の実在論--- 享楽の自存性としてのペルソナ,「表象」(表象文化論学会)6号 (頁 59 ~ 68) ,2012年03月,信友建志

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,スピノザとわたしたち,水声社 ,2011年11月,アントニオ・ネグリ

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

  • 日本語,百人の哲学者百の哲学, ,2010年12月,ジャン=クレ・マルタン

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,メディアと無意識-夢語りの場の探求,弘文堂,2007年05月,信友建志

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,講談社選書メチエ『フロイト・ラカン』,講談社,2005年01月,信友建志

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,言語臨床の「人間交差点」(シリーズ言語臨床事例集第8巻),学苑社,2004年01月,信友建志

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,宇宙の驚異よりも犯罪を,ジャン=クレ・マルタン著「哲学の犯罪計画--ヘーゲル『精神現象学』を読む」(法政大学出版局) (頁 327 ~ 349) ,2013年05月,信友建志

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,精神分析と民主主義,エリザベート・ルディネスコ著「ラカン、すべてに抗って」(河出書房新社) (頁 189 ~ 204) ,2012年07月,信友建志

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,成功への希望は反乱への傾向を生じさせる,アントニオ・ネグリ著「スピノザとわたしたち」(水声社) (頁 175 ~ 217) ,2011年11月,信友建志

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,訳者解説---ステファヌ・ナドー「アンチ・オイディプスの使用マニュアル」への解説論文,ステファヌ・ナドー「アンチ・オイディプスの使用マニュアル」(水声社),2010年04月,信友建志

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,欲望の空虚と痕跡:立ち止まるアルチュセール,ルイ・アルチュセール著「精神分析講義」(作品社) (頁 223 ~ 251) ,2009年01月,信友建志

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 表象文化論学会,国内会議,2011年07月,京都,関係性の実在論--- 享楽の自存性としてのペルソナ,その他

  • 若手研究者フォーラム「イメージ(論)の 臨界」,その他,2010年08月,京都,「in/consistant――「想像的なもの」の変容と《他者》の享楽」,その他

  • 日本社会情報学会,国内会議,2005年07月,京都,「データベースの中の「個人」」,その他

  • 日本コミュニケーション学会,国内会議,2005年06月,大阪,「内的な異文化葛藤の精神分析的考察」,その他

  • 日本社会情報学会,国内会議,2003年10月,熊本,「監視社会の知と享楽」,その他

全件表示 >>