基本情報

写真a

加古 真一郎

Shin'ichiro Kako


職名

助教

研究分野・キーワード

大気海洋相互作用, 混合層, 水塊, 数値モデル, 人工衛星データ, 漂着ゴミ.

ホームページ

http://oce.kagoshima-u.ac.jp/~kako/

プロフィール

大気海洋相互作用. 北太平洋における混合層の形成過程および変動特性に関する研究. 海岸漂着ゴミ問題. 人工衛星データセットの構築

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 海洋土木工学専攻,助教,2013年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本海洋学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 海洋物理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effectiveness of Using Multisatellite Wind Speed Estimates to Construct Hourly Wind Speed Datasets with Diurnal Variations,Journal of atmospheric and oceanic technology,34巻 (頁 631 ~ 642) ,2017年03月,Shin'ichiro Kako, Atsushi Okuro and Masahisa Kubota

    DOI:10.1175/JTECH-D-16-0179.1,研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,The potential of oceanic transport and onshore leaching of additive-derived lead by marine macro-plastic debris.,Marine Pollution Bulletin,2016年06月,E. Nakashima, A. Isobe, S. Kako, T. Itai, S. Takahashi, X. Guo

    DOI:10.1016/j.marpolbul.2016.03.038,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Impact of Changjiang River discharge on sea surface temperature in the East China Sea,Journal of Physical Oceanography,2016年05月,Shinichiro Kako, Tomofumi Nakagawa, Katsumi Takayama, Naoki Hirose, Atsuhiko Isobe

    DOI:10.1175/JPO-D-15-0167.1,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Decadal variations in wintertime mixed layer depth south of the Kuroshio Extension and its influence on winter mixed layer temperature.,J. Climate,,29巻 3号 (頁 1237 ~ 1252) ,2016年02月,Sugimoto, S., and S. Kako.

    DOI:10.1175/JCLI-D-15-0206.1,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Selective transport of microplastics and mesoplastics by drifting in coastal waters,Marine Pollution Bulletin,89巻 (頁 324 ~ 330) ,2014年12月,Isobe, A., K. Kubo, Y. Tamura, S. Kako, E. Nakashima, and N. Fujii

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Formation of leeway-drift velocities for sea-surface drifting objects based on a wind-wave flume experiments. Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Marine Environmental Modeling & Analysis,,Eds., K. Omori, X. Guo, N. Yoshie, N. Fujii, I. C. Handoh, A. Isobe and S. Tanabe, pp. 239-249. c by TERRAPUB, Feburary 2011.,2011年01月,Isobe, A., H. Hinata, S. Kako, and S. Yoshioka

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Toxic Metals in Polyethylene Modeling & Analyisis,,Eds., K. Omori, X. Guo, N. Yoshie, N. Fujii, I. C. Handoh, A. Isobe and S. Tanabe, pp. 239-249. c by TERRAPUB,2011年01月,Nakashima, E., A. Isobe, S. Kako, S. Magome, N. Deki, T. Itai, and S. Takahashi

    単行本(学術書),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2021年03月,長江希釈水が九州・中国地方周辺における集中豪雨の発生・発達に与える影響

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2019年03月,琉球海流の力学過程と物質輸送過程の解明,中村啓彦

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2017年03月,長江希釈水が励起する東シナ海の大気海洋相互作用とその東アジア縁辺海への波及効果

  • 新学術領域研究,2010年04月 ~ 2015年04月,縁辺海の海洋構造に励起される大気海洋相互作用と海洋生態系への影響,磯辺篤彦

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 複数衛星観測データを用いた全球海上風ベクトルデータセットの構築,加古真一郎,2016年04月 ~ 2018年03月,名古屋大学宇宙地球環境研究所,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本海洋学会西南支部・水産海洋学会合同シンポジウム,国内会議,2016年12月,複数衛星を用いた全球海上風ベクトルデータセットの構築とその有用性の検証,口頭(一般)

  • 2016 PICES Annual Meeting,国際会議,2016年11月,Sequential monitoring of marine debris washed ashore on a western US beach using a webcam system,口頭(一般)

  • 2016 PICES Annual Meeting,国際会議,2016年11月,An estimate of the tsunami-debris quantity washed ashore on the US and Canadian beaches, based on a webcam monitoring and a particle tracking model experiment,口頭(一般)

  • 日本海洋学会秋季大会,国内会議,2016年09月,FORA-WNP30を用いた琉球海流の時空間変動特性に関する研究,口頭(一般)

  • 日本海洋学会秋季大会,国際会議,2016年09月,複数衛星を用いた全球海上風格子データの構築,口頭(一般)

全件表示 >>