基本情報

写真a

小橋 乃子

KOHASHI Naoko


職名

特任助教

プロフィール

沿岸生態系の数値シミュレーション

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 海洋土木工学専攻,特任助教,2013年07月 ~ 2018年09月

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 海洋土木工学専攻,特任助教,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本海洋学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 土木学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境流体力学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,藻類組成とDOCの簡易推定を目的とした多波長励起蛍光光度計の活用,土木学会論文集B2(海岸工学),2019年10月,小橋乃子,安達貴浩

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,北薩豪雨時の降雨の時空間分布が水位上昇速度に与えた影響の検討,土木学会論文集B1(水工学),73巻 4号 (頁 I_157 ~ I_162) ,2017年02月,齋田倫範,安達貴浩,小橋乃子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,北薩豪雨災害における住民の避難行動意識の調査,土木学会論文集B1(水工学),72巻 4号 (頁 I-1321 ~ I-1326) ,2016年02月,安達貴浩,小橋乃子,齋田倫範,加治賢祐,安部剛

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,大槌湾の養殖海域における底質環境特性,土木学会論文集B2(海岸工学),71巻 2号 (頁 I-1393 ~ I-1398) ,2015年11月,安達貴浩,小橋乃子,坂口幸太

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,鹿児島湾・重富干潟におけるアサリ資源量の減少要因の検討,土木学会論文集B2(海岸工学),71巻 2号 (頁 I-1345 ~ I-1350) ,2015年11月,小橋乃子,安達貴浩

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,養殖海域の環境収容力,恒星社厚生閣,2006年03月,小橋乃子,高木 稔

    単行本(学術書),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,簡便で高精度な植物プランクトングループの組成推定法と連続モニタリング手法の確立,小橋乃子

  • 特別研究員奨励費,2000年04月 ~ 2003年03月,海底ブロックを用いた水質改善技術に関する研究,小橋乃子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 土木学会西部支部研究発表会,国内会議,2020年03月,多波長励起蛍光光度計を用いた植物プランクトングループの推定,その他

  • 土木学会西部支部研究発表会,国内会議,2020年03月,2台の光量子計を用いた水中PAR計測の基礎的検討,その他

  • 土木学会西部支部研究発表会,国内会議,2020年03月,栄養塩の短期変動に伴った珪藻の増殖特性に関する検討,その他

  • 海岸工学講演会,国内会議,2019年10月,藻類組成とDOCの簡易推定を目的とした多波長励起蛍光光度計の活用,口頭(一般)

  • 土木学会西部支部研究発表会,国内会議,2019年03月,長崎大学文教キャンパス,多波長励起蛍光光度計を用いた藻類組成とDOCの推定,口頭(一般)

全件表示 >>