基本情報

写真a

西川 拓朗

NISHIKAWA Takuro


職名

講師

研究室住所

鹿児島市桜ヶ丘8丁目35-1小児科医局内

研究分野・キーワード

発がん、造血細胞移植、前処置、シクロフォスファミド、ブスルファン、TDM、ベンゼン

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-5354

研究室FAX

099-265-7196

プロフィール

1)ベンゼン発がん研究
2)ブスルファン(BU)血中濃度測定による投与量調整およびグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
3)シクロフォスファミド(CY)代謝物測定およびチトクロームP450(CYP)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
4)シクロフォスファミドの心毒性の予防に関する研究
5)小児難治性白血病に対する移植後シクロフォスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植法の開発

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医科学研究科

    博士課程,2010年07月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),小児科学,鹿児島大学,課程,2010年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 小児診療センター,助教,2012年06月 ~ 2016年05月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 小児診療センター,講師,2016年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会(専門医、指導医),2003年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児血液・がん学会(専門医、評議員、指導医),2006年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血液学会(専門医・指導医),2007年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本造血細胞移植学会(認定医),2010年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本衛生学会(評議員),2009年12月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液腫瘍

  • TDM

  • 造血細胞移植

  • 発がん

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 小児科専門医

  • 血液専門医

  • 造血細胞移植認定医

  • 小児血液がん専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Gene expression ratio as a predictive determinant of nelarabine chemosensitivity in T-lymphoblastic leukemia/lymphoma.,Pediatric blood & cancer,2016年08月,Sripornsawan P, Okamoto Y, Nishikawa T, Kodama Y, Yamaki Y, Kurauchi K, Tanabe T, Nakagawa S, Shinkoda Y, Imuta N, Kawano Y

    DOI:10.1002/pbc.26214.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,DIC Complicating APL Successfully Treated With Recombinant Thrombomodulin Alfa.,Journal of pediatric hematology/oncology,2016年08月,Saito A, Okamoto Y, Seki Y, Matsunaga M, Nakagawa S, Kodama Y, Nishikawa T, Tanabe T, Kawano Y.

    DOI:10.1097/MPH.0000000000000585.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Central venous catheter-related blood stream infection with pyomyositis due to Stenotrophomonas maltophilia after allogeneic bone marrow transplantation in a patient with aplastic anemia.,Pediatric Transplantation,20巻 2号 (頁 329 ~ 332) ,2016年03月,Kodama Y, Okamoto Y, Tanabe T, Nishikawa T, Abematsu T, Nakagawa S, Kurauchi K, Shinkoda Y, Ikeda N, Seki S, Wakiguchi H, Miyazono A, Kawano Y.

    DOI:10.1111/petr.12665.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Central nervous system EBV lymphoproliferative disorder in a patient with rhabdomyosarcoma.,Pediatric international,2016年,Nakashima K, Kodama Y, Nishikawa T, Nishimura M, Ito N, Fukano R, Nomura Y, Ueba T, Inoue T, Oshima K, Okamura J, Inagaki J.

    DOI:10.1111/ped.12812.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,敗血症後の非寛解期に移植後シクロフォスファミドを用いたHLA半合致移植を施行した小児急性骨髄性白血病,日本造血細胞移植学会誌,5巻 3号 (頁 102 ~ 106) ,2016年,徳永美菜子、西川拓朗、棈松貴成、中川俊輔、倉内宏一郎、児玉祐一、田邊貴幸、新小田雄一、岡本康裕、河野嘉文

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,同種造血細胞移植の提供者となったきょうだいへの対応・支援,小児看護,32巻 10号 (頁 1364 ~ 1369) ,2009年01月,西川拓朗、河野嘉文

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,アルデヒド代謝からみたシクロフォスファミド心筋障害予防法の探索,西川 拓朗

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,シクロフォスファミドの心筋障害のメカニズムと発症予防法の探求 ,西川 拓朗

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,MPO阻害剤によるベンゼン・放射線誘導骨髄障害、AML発がんの予防 ,西川 拓朗

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 40th Annual Meeting of the EBMT (European Group for Blood and Marrow Transplantation),国際会議,2014年04月,ミラノ、イタリア,Validation of a test dose strategy for administering intravenous busulfan in the setting of pediatric myeloablative stem cell transplantation: Clinical and pharmacokinetic results.,その他

  • 40th Annual Meeting of the EBMT (European Group for Blood and Marrow Transplantation),国際会議,2014年04月,ミラノ、イタリア,Mechanisms and prevention of fatal cardiotoxicity following high-dose cyclophosphamide.,その他