基本情報

写真a

池永 隆徳

Takanori Ikenaga


職名

助教

研究分野・キーワード

脳、組織学、比較神経解剖学、ゼブラフィッシュ、X線イメージング

プロフィール

魚類における摂餌行動解発に関わる神経機構の解析
X線マイクロCT法を用いた中枢神経系の立体構造の解析

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  生物圏科学研究科

    博士課程,2004年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻,助教,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本比較生理生化学会,2000年06月 ~ 継続中,日本国

  • Society for Neuroscience,2004年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動物学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Distribution, innervation, and cellular organization of taste buds in the sea catfish, Plotosus japonicus ,Brain, Behavior and Evolution,89巻 3号 (頁 209 ~ 218) ,2017年06月,Tatsufumi Nakamura, Naoki Matsuyama, Masato Kirino, Masanori Kasai, Sadao Kiyohara, Takanori Ikenaga.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Suppression of Neu1 sialidase delays the absorption of yolk sac in medaka (Oryzias latipes) accompanied with the accumulation of α2-3 sialo-glycoproteins.,Biochimie,135巻 (頁 63 ~ 71) ,2017年04月,Sena Ryuzono, Ryo Takase, Yuko Kamada, Takanori Ikenaga, Petros Kingstone Chigwechokha, Masaharu Komatsu, Kazuhiro Shiozaki.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Identification of initially appearing glycine-immunoreactive neurons in the embryonic zebrafish brain,Developmental Neurobiology,74巻 6号 (頁 616 ~ 632) ,2014年06月,Pricila Khan Moly, Takanori Ikenaga, Chihiro Kamihagi, A.F.M Tariqul Islam, Kohei Hatta

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Acetylcholine receptors enable the transport of rapsyn from the Golgi complex to the plasma membrane,Journal of Neuroscience,32巻 21号 (頁 7356 ~ 7363) ,2012年05月,Jee-Young Park, Hiromi Ikeda, Takanori Ikenaga, Fumihito Ono

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Transgenic line with gal4 insertion useful to study morphogenesis of craniofacial perichondrium, vascular endothelium-associated cells, floor plate, and dorsal midline radial glia during zebrafish development,Development, Growth and Differentiation,54巻 2号 (頁 202 ~ 215) ,2012年02月,Sohei Nakayama, Takanori Ikenaga, Koichi Kawakami, Fumihito Ono, Kohei Hatta

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,The teleost fish,In: Gruol DL, Koibuchi N, Manto M, Molinari M, Schmahmann JD, Shen Y (Eds). Essentials of Cerebellum and Cerebellar Disorders,2016年07月,Takanori Ikenaga

    単行本(学術書),単著

  • 英語,The teleost fish,In: Manto M, Gruol DL, Schmahmann JD, Koibuchi N, Rossi F (eds) Handbook of the Cerebellum and Cerebellar Disorders. Springer,2013年,Takanori Ikenaga

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Central Mechanisms Underlying Fish Swimming,Brain, Behavior and Evolution,69巻 2号 (頁 142 ~ 150) ,2007年01月,Kazumasa Uematsu, Yoshihiko Baba, Yasuyuki Kake, Takanori Ikenaga, Soon-Ju Moon, Yuki Miyai, Masayuki Yoshida

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Cerebellar efferent neurons in teleost fish,Cerebellum,5巻 4号 (頁 268 ~ 274) ,2006年12月,Takanori Ikenaga, Masayuki Yoshida, Kazumasa Uematsu

    総説・解説(学術雑誌),共著