基本情報

写真a

金 娟鏡

KIM Yeonkyeong


職名

准教授

研究分野・キーワード

育児ネットワーク、遊び、親役割、絵本

研究室電話

099-285-7912

プロフィール

1. 育児ネットワークの機能に関する国際比較2. 遊びにおけるインフォーマルな空間3. 小学校教科書に描かれた親役割の国際比較4. 絵本セラピーを通した育児支援

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 釜山大学  教育学部  幼児教育

    大学,1997年02月,卒業,大韓民国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),教育心理学,東京学芸大学,課程,2011年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(家政教育),准教授,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児教育学会,2017年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本家政学会,2013年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本発達心理学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本保育学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本教育心理学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 幼児教育・保育学

  • 発達心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,青年期のための「子育て」ガイドブック作りへの提案ー生活者としての視点を取り入れて-,鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編,71巻 ,2020年03月,金 娟鏡・永迫彩花

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 日本語,大学と地域の連携による「絵本の読み聞かせ」授業-保育実践力の基礎を育むために-,鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編,70巻 (頁 67 ~ 82) ,2019年03月,金 娟鏡・堀之内さち子・黒瀬圭子

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 日本語,奄美大島における学校環境観察実習の歩み-20年目を迎えて-,教育実践研究紀要,27巻 (頁 329 ~ 338) ,2018年03月,山元卓也・錦織 寿・金 娟鏡

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 日本語,子どもをもつことについての養護性・ふれあい体験・乳幼児との関わり感の影響ー家庭科「保育」領域への示唆ー,児童学研究41号 (頁 3 ~ 11) ,2017年03月,金 娟鏡・元松 涼

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,萌芽的読書としての幼児の自発的な絵本読み-5歳児クラスのエピソード記述による探索的研究-,教育実践研究紀要特別号6号 (頁 197 ~ 204) ,2016年03月,金 娟鏡

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「乳幼児期の学びを支えるために,保育者はどのような役割を果たせばよいのでしょうか」,浅井拓久也編 『子どもの発達を支える保育の心理学』,教育情報出版,2019年05月,金 娟鏡

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「乳幼児は生活の中で何を、どのように学ぶのでしょうか」,浅井拓久也編 『子どもの発達を支える保育の心理学』,教育情報出版,2019年05月,金 娟鏡

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「新要領・指針等で,保育・教育をマネジメントする」,池田幸代・田中 謙編『マネジメントする保育・教育カリキュラム』,教育情報出版,2018年09月,金 娟鏡

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「特別な配慮を必要とする子どもたちへの支援」,浦田雅夫編『成長し続ける教育・保育実習』,教育情報出版,2018年03月,金 娟鏡

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「12. 子どもの研究法:量的研究(2)質問紙法」,日本家政学会児童学部会 編『児童学事典』,丸善,2016年01月,金 娟鏡

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,私にとっての「文化比較」の課題,日本発達心理学会ニューズレター 70号 (頁 7 ~ 8) ,2013年10月,金 娟鏡

    その他記事,単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2019年04月 ~ 2022年03月,幼い子どもをもつ母親における「育児への感情転換モデル」の実証研究

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2019年03月,幼児の生活、親の育児変容の日韓比較と幼児教育・子育て支援施策への活用

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度鶴丸優美子研究助成寄附金,2018年04月 ~ 2019年03月,育児ネットワークの規範機能が母親役割満足感に及ぼす影響過程と教育への応用可能性

    鹿児島大学教育学部

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 九州保育研究会第12回大会「保育シンポジウム」,国内会議,2019年02月,九州女子短期大学,小学校との接続・連携―何をどこまで育てるのか・どう育てるのか―,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本乳幼児教育学会第27回大会「国際シンポジウム」,国内会議,2017年11月,保育カリキュラムガイドラインの実施ー実践者の視点から-,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本発達心理学会第28回大会,国内会議,2017年03月, 小学校児童における「遊び」の様相についてー学年・性別および生活満足度との関連からー,ポスター(一般)

  • 日本保育学会九州地区主催「保育の質を高めるための養成校教員と実践者との連携ー研修における研究者の役割ー」,国内会議,2017年03月,地域の実情や特性を踏まえた研修の在り方ー園から研究者へ・研究者から園へー,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • The 31st International Congress of Psychology,国際会議,2016年07月,Yokohama (Japan),Comparison of Japan and Korea on the Supportive Functions of Child-Rearing Network : Focusing on the Psychological Distances between Mothers and Child-Rearing Network Members,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 世話人,2019年04月 ~ 継続中

  • 学系運営委員会委員 ,2019年04月 ~ 継続中

  • 学部運営会議構成員,2019年04月 ~ 継続中

  • 教育実践総合専攻運営委員会委員,2018年04月 ~ 継続中

  • ネットワーク委員会委員,2018年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県保育連合会「保育事業研究大会」分科会指導助言,2020年02月

  • 錦江湾高等学校「高大連携」による出前講義,2019年12月

  • 鹿児島県教育委員会「保育技術協議会」講演,2019年08月

  • 九州保育三団体協議会「第6回九州保育三団体研究大会」分科会指導助言,2019年07月

  • 鹿児島市教育委員会「鹿児島市公私立幼稚園保育研究会」講演,2018年11月

全件表示 >>