基本情報

写真a

有上 貴明

TAKAAKI ARIGAMI


職名

特任准教授

研究分野・キーワード

リンパ行性転移、リンパ節微小転移、血中遊離癌細胞、センチネルノードナビゲーション手術、免疫逃避機構

プロフィール

リンパ節微小転移診断システムの構築と臨床応用、消化器癌に対するセンチネルノードナビゲーション手術の臨床応用、血中遊離癌細胞の検出と臨床への展開、癌免疫逃避機構メカニズムの解明

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 消化器センター,助教,2003年04月 ~ 2017年06月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 がん病態外科学講座,特任准教授,2017年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Association for Cancer Research,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内視鏡外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本胃癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器内視鏡学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡外科

  • 消化器外科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Clinical significance of primary tumor score determined by tumor depth and size in patients with resectable gastric cancer,Oncotarget,2018年,Naoto Haraguchi, Takaaki Arigami, Yoshikazu Uenosono, Shigehiro Yanagita, Yasuto Uchikado, Shinichiro Mori, Hiroshi Kurahara, Yuko Kijima, Akihiro Nakajo, Kosei Maemura, Sumiya Ishigami, Shoji Natsugoe

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Clinical significance of circulating tumor cells in blood from patients with gastric cancer,Ann Gastroenterol Surg,1巻 (頁 1457 ~ 1462) ,2017年,Arigami T, Uenosono Y, Yanagita S, Okubo K, Kijima T, Matsushita D, Amatatsu M, Kurahara H, Maemura K, Natsugoe S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Clinical application and outcomes of sentinel node navigation surgery in patients with early gastric cancer,Oncotarget,8巻 (頁 75607 ~ 75616) ,2017年,Arigami T, Uenosono Y, Yanagita S, Okubo K, Kijima T, Matsushita D, Amatatsu M, Hagihara T, Haraguchi N, Mataki Y, Ehi K, Ishigami S, Natsugoe S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Combined fibrinogen concentration and neutrophil-lymphocyte ratio as a prognostic marker of gastric cancer,Oncol Lett,11巻 (頁 1537 ~ 1544) ,2016年,Arigami T, Uenosono Y, Matsushita D, Yanagita S, Uchikado Y, Kita Y, Mori S, Kijima Y, Okumura H, Maemura K, Ishigami S, Natsugoe S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Clinical Significance of the Glasgow Prognostic Score in Patients with Gastrointestinal Stromal Tumors,Anticancer Res,2016年,Arigami T, Uenosono Y, Ishigami S, Yanagita S, Okubo K, Uchikado Y, Kita Y, Mori S, Kurahara H, Maemura K, Natsugoe S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,手術手技 Sentinel node conceptに基づいた残胃早期癌に対するリンパ節郭清,手術,2017年,有上貴明, 上之園芳一, 柳田茂寛, 大久保啓史, 貴島孝, 夏越祥次

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,特集 TNM分類第8版を読み解く II. 各論 胃・小腸・大腸のカルチノイド腫瘍,外科,2017年,有上貴明, 上之園芳一, 夏越祥次

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,エキスパートの治療法―症例から考える―食道浸潤を有する残胃癌の術式について,胃がんperspective,2016年,有上貴明, 夏越祥次

    単行本(学術書),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,免疫チェックポイント分子の機能解析とその制御を標的とした新しい治療法の開発,有上貴明

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,消化器癌における免疫回避機構の解明とその制御に関する基礎的研究,有上貴明

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,消化器癌の癌免疫機構における免疫補助刺激分子の臨床的意義と新たな臨床応用への展開,有上貴明

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第79回日本臨床外科学会総会,国内会議,2017年11月,胃癌に対する次世代の免疫療法ターゲットとしてのB7-H3およびB7-H4免疫チェックポイント分子―Liquid biopsyとしての血液検体を用いた個別化治療への応用―,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 47th World Congress of Surgery 2017,国際会議,2017年08月,Clinical Impact of Stomach-partitioning Gastrojejunostomy with Braun Enteroenterostomy for Patients with Gastric Outlet Obstruction Caused by Unresectable Gastric Cancer,ポスター(一般)

  • 第41回日本リンパ学会総会,国内会議,2017年06月,胃癌とリンパ節転移―リンパ行性微小転移の臨床的意義を中心に―,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 第38回癌免疫外科研究会,国内会議,2017年05月,切除不能進行・再発胃癌における炎症と宿主免疫機能の関係:C-reactive proteinとNeutrophil-Lymphocyte Ratioの観点から,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 12th International Gastric Cancer Congress,国際会議,2017年04月,Clinical Application and Long-term Outcomes of Sentinel Node Navigation Surgery in Patients with Early Gastric Cancer,口頭(一般)

全件表示 >>