基本情報

写真a

内匠 拓朗

Takuro Takumi


職名

助教

プロフィール

冠微小循環障害と血小板機能の関連についてスタチンの造影剤腎症抑制効果について

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター 心臓血管・高血圧内科学,助教,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1999年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2001年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心血管インターベンション治療学会,2008年05月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 虚血性心疾患

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Angiotensin-converting enzyme inhibitor prevents the worsening of renal function in the late phase after percutaneous coronary intervention.,J Atheroscler Thromb,23巻 2号 (頁 233 ~ 240) ,2016年,Kanda D, Takumi T, Miyata M, Tokushige A, Sonoda T, Yoshino S, Saihara K, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Plaque characteristics and arterial remodeling in coronary and peripheral arterial systems,Atherosclerosis,223巻 2号 (頁 365 ~ 371) ,2012年08月,Yoshiki Matsuo, Takuro Takumi, Verghese Mathew, Woo-Young Chung, Gregory W. Barsness, Charanjit S. Rihal, Rajiv Gulati, Eric T. McCue, David R. Holmes, Eric Eeckhout, Ryan J. Lennon,Lilach O. Lerman c, Amir Lerman a,*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The Association Between Renal Atherosclerotic Plaque Characteristics and Renal Function Before and After Renal Artery Intervention,Mayo Clinic Proceedings,86巻 12号 (頁 1165 ~ 1172) ,2011年12月,Takuro Takumi, Verghese Mathew, Gregory W. Barsness, etsuro Kataoka, Ronen Rubinshtein, Charanjit S. Rihal, Rajiv Gulati, Eric Eeckhout, Ryan J. Lennon, Lilach O. Lerman, Amir Lerman,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Coronary endothelial dysfunction is associated with a reduction in coronary artery compliance and an increase in wall shear stress,Heart,96巻 10号 (頁 773 ~ 778) ,2010年05月,Takuro Takumi, Eric H Yang, Verghese Mathew, Charanjit S Rihal, Rajiv Gulati, Lilach O Lerman, Amir Lerman

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Limitation of Angiography to Identify the Culprit Plaque in Acute Myocardial Infarction With Coronary Total Occlusion: Utility of Coronary Plaque Temperature Measurement to Identify the Culprit Plaque,Journal of the American College of Cardiology,50巻 23号 (頁 2197 ~ 2203) ,2007年12月,Takuro Takumi, Souki Lee, Shuichi Hamasaki, Kouichi Toyonaga, Daisuke Kanda, Keisuke Kusumoto, Hitoshi Toda, oshihiro Takenaka, Masaaki Miyata, Ryuichiro Anan, Yutaka Otsuji, Chuwa Tei,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Physiological assessment in peripheral artery disease: going beyond angiography. (Editorial),J Atheroscler Thromb,23巻 (頁 44 ~ 45) ,2016年,Takumi T, Miyata M, Ohishi M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,高齢者冠動脈疾患降圧療法の留意点. ,血圧,23巻 (頁 502 ~ 505) ,2016年,内匠拓朗, 宮田昌明, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,高齢者の急性冠症候群.,レジデント,8巻 (頁 20 ~ 26) ,2015年06月,内匠拓朗, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • AHA Scientific Sessions 2016,国際会議,2016年11月,New Orleands, USA,The preventive effect of angiotensin-converting enzyme inhibitor on renal function in the late phase fter percutaneous coronary intervention in patients with statin.,その他

  • 第64回 日本心臓病学会学術集会,国内会議,2016年09月,東京,透析患者における末梢動脈疾患合併症の検討.,その他

  • European Society of Cardiology (ESC) Congress 2016,国際会議,2016年08月, Roma, Italy,Left atrial global longitudinal strain is useful for predicting pulmonary capillary wedge pressure in patients with heart disease. ,その他

  • 第25回 日本心血管インターベンション治療学術集会,国内会議,2016年07月,東京,スタチン服用患者におけるPCI後慢性期腎機能障害に対するACE阻害薬の予防効果.,口頭(一般)

  • 第58回 日本老年医学会学術集会,国内会議,2016年06月,金沢,LDL-C値管理は経皮的冠動脈インターベンション (PCI) 術慢性期の血行再建に重要な役割を果たす.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 積極的脂質低下療法を考える会 ~心血管イベントリスク低減への新たな挑戦~,2016年06月

    虚血性心疾患患者における脂質低下療法

  • 第2回桜ケ丘循環器カンファレンス,2016年04月

    無症候性の冠動脈病変症例~早期発見の為の冠動脈CTの活用~

  • 心疾患 NEXT STAGEセミナー,2015年06月

    PCI治療における抗血小板剤の現状~新規抗血小板剤への期待~

  • 第1回桜ケ丘循環器カンファレンス,2015年04月

    無症候性の冠動脈病変症例~早期発見の為の冠動脈CTの活用~