基本情報

写真a

藺牟田 直子

Naoko Imuta


職名

助教

研究室電話

099-275-5276

プロフィール

病原性大腸菌

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染制御学講座 微生物学分野,助教,2013年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本感染症学会,2003年03月 ~ 継続中,日本国

  • 小児感染症学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 感染症

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Phylogenetic anlysis of enteroaggregative Escherichia coli (EAEC) isolates from Japan reveals emergence of CTX-M-14-producing EAEC O25:H4 clones related to sequence type 131,Journal of Clinical Microbiology,54巻 8号 ,2016年08月,Naoko Imuta, Tadasuke Ooka, Kazuko Seto, Ryuji Kawahara, Toyoyasu Koriyama, Tsuyoshi Kojo, Atsushi Iguchi, Koichi Tokuda, Hideki Kawamura, Kiyotaka Yoshiie, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Junichiro Nishi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,BLNAR無莢膜株による細菌性髄膜炎を発症した1歳女児例,感染症学会雑誌,88巻 3号 (頁 291 ~ 295) ,2014年03月,阿部克昭、星野 直、藺牟田直子、西 順一郎、石和田稔彦

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,1. Prospective safety monitoring of Haemophilus influenzae type b and heptavalent pneumococcal conjugate vaccines in Kagoshima, Japan., Jpn J Infect Dis,66巻 3号 (頁 235 ~ 237) ,2013年03月, Nishi J, Tokuda K, Imuta N, Minami T, Kawano Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,11. Quantitative analysis of biofilm formation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains from patients with orthopaedic device-related infections.,FEMS Immunol Med Microbiol.,63巻 1号 (頁 10 ~ 15) ,2011年01月, Kawamura H, Nishi J, Imuta N. (他8名、3番目)

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Characterization of typical and atypical enteroaggregative Escherichia coli in Kagoshima, Japan: biofilm formation and acid resistance.,Microb Immunol ,54巻 6号 (頁 320 ~ 329) ,2010年06月,Tokuda K, Nishi J, Imuta N, Fujiyama R, Kamenosono A, Manago K, Yoshifumi K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第89回日本細菌学会祖総会,国内会議,2016年03月,大阪府大阪市,下痢症患児由来大腸菌における腸管凝集性大腸菌EAECとESBL産生大腸菌の動向(2011-2013),ポスター(一般)

  • 第89回日本細菌学会祖総会,国内会議,2016年03月,大阪府大阪市,新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのO抗原コード領域の多様性,ポスター(一般)

  • 第89回日本細菌学会祖総会,国内会議,2016年03月,大阪府大阪市,生活環境空気中の浮遊薬剤耐性菌,ポスター(一般)

  • 第12回日本消化管感染症研究会,国内会議,2016年02月,東京都,下痢症患児由来大腸菌におけるK1莢膜陽性株の頻度とその特徴,口頭(一般)

  • 第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会,国内会議,2015年10月,奈良県奈良市,ESBL(CTX=M)遺伝子を保有する腸管凝集性大腸菌EAEC O111の出現,口頭(一般)

全件表示 >>