基本情報

写真a

赤﨑 雄一

AKASAKI Yuichi


職名

助教

プロフィール

高血圧 動脈硬化 加齢性筋肉減少症

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,助教,2013年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動脈硬化学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本高血圧学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本老年病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Questionnaire survey from the viewpoint of concordance in patient and physician satisfaction concerning hypertensive treatment in elderly patients - patients voice study.,Circ J,82巻 4号 (頁 1051 ~ 1061) ,2018年03月,Ikeda Y, Sasaki T, Kuwahata S, Imamura M, Tanoue K, Komaki S, Hashiguchi M, Kuroda A, Akasaki Y, Hamada C, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Metabolomic analysis of Akt1-mediated muscle hypertrophy in models of diet-induced obesity and age-related fat accumulation.,J Proteome Res. ,14巻 1号 (頁 342 ~ 352) ,2015年01月,Cheng KK, Akasaki Y, Lecommandeur E, Lindsay RT, Murfitt S, Walsh K, Griffin JL.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Glycolytic fast-twitch muscle fiber restoration counters adverse age-related changes in body composition and metabolism. , Aging Cell. ,13巻 1号 (頁 80 ~ 91) ,2014年02月,Akasaki Y, Ouchi N, Izumiya Y, Bernardo BL, Lebrasseur NK, Walsh K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Novel Therapy for Atherosclerosis Using Recombinant Immunotoxin Against Folate Receptor β-Expressing Macrophages. ,J Am Heart Assoc. ,1巻 (頁 e003079 ~ ) ,2012年01月,Furusho Y, Miyata M, Matsuyama T, Nagai T, Li H, Akasaki Y, Hamada N, Miyauchi T, Ikeda Y, Shirasawa T, Ide K, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Akt1-Mediated Skeletal Muscle Growth Attenuates Cardiac Dysfunction and Remodeling after Experimental Myocardial Infarction. ,Circ Heart Fail,5巻 (頁 116 ~ 125) ,2012年01月,Araki S, Izumiya Y, Hanatani S, Rokutanda T, Usuku H, Akasaki Y, Takeo T, Nakagata N, Walsh K, Ogawa H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,1336専門家による私の治療 2017 − 2018年度版 (下川宏明ほか 編) ,日本医事新報社,2017年,赤﨑雄一, 大石 充.

    単行本(学術書),本態性高血圧症.,共著

  • 日本語,日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-2017 (小室一成 編)., メディカルレビュ ー社,2016年,赤﨑雄一, 大石 充.

    単行本(学術書),高血圧.,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,血圧変動と臓器合併症のUpDate,血圧,25巻 (頁 682 ~ 685) ,2018年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,高齢者高血圧患者の高血圧治療の実際,カレントテラピー,36巻 (頁 52 ~ 58) ,2018年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,臓器障害のメカニズム研究の進歩.,心臓 ,50巻 (頁 506 ~ 510) ,2018年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ACE阻害薬 ARBではなくACE阻害薬を使う根拠は?,血圧,24巻 (頁 466 ~ 470) ,2017年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,カルシウム拮抗薬.,臨牀と研究,94巻 (頁 29 ~ 32) ,2017年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回 臨床脈波研究会 優秀賞.,2016年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,臨床脈波研究会,赤﨑雄一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,ミトコンドリアダイナミクスとオートファージを標的としたサルコペニアの新規治療法.

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,サルコペニアにおけるレニン・アンジオテンシン系の作用およびメカニズムの解明.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • American Heart Association Scientific Sessions 2018,国際会議,2018年11月,Chicago, USA,Metabolic stress evokes muscular mitochondrial dysfunction and sarcopenia via angiotensin II type I receptor signal induced mitochondrial fission.,口頭(一般)

  • ISH 2018,国際会議,2018年09月, Beijing, China,Questionnaire survey from the viewpoint of concordance in patient and physician satisfaction concerning hypertensive treatment in elderly patients (patients voice study).,口頭(一般)

  • The 2nd JCS Council Forum on Basic Cardiovascular Research,国際会議,2018年09月, Nara, Japan,Metabolic stress evokes mitochondrial dysfunction and vascular senescence via mitochondrial fission.,口頭(一般)

  • 第41回 日本高血圧学会総会,国内会議,2018年09月,北海道旭川市,シンポジウム2. 血圧変動評価と臓器障害. 高齢者における血圧変動と心血管疾患および身体機能の関係.,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第41回 日本高血圧学会総会,国内会議,2018年09月,北海道旭川市,超高齢化社会を迎えた鹿児島県垂水市における高齢者の血圧の現状.,口頭(一般)

全件表示 >>