基本情報

写真a

赤﨑 雄一

AKASAKI Yuichi


職名

助教

プロフィール

高血圧 動脈硬化 加齢性筋肉減少症

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,助教,2013年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動脈硬化学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本高血圧学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本老年病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Metabolomic analysis of Akt1-mediated muscle hypertrophy in models of diet-induced obesity and age-related fat accumulation.,J Proteome Res. ,14巻 1号 (頁 342 ~ 352) ,2015年01月,Cheng KK, Akasaki Y, Lecommandeur E, Lindsay RT, Murfitt S, Walsh K, Griffin JL.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Glycolytic fast-twitch muscle fiber restoration counters adverse age-related changes in body composition and metabolism. , Aging Cell. ,13巻 1号 (頁 80 ~ 91) ,2014年02月,Akasaki Y, Ouchi N, Izumiya Y, Bernardo BL, Lebrasseur NK, Walsh K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Waon Therapy Upregulates Hsp90 and Leads to Angiogenesis Through the Akt-Endothelial Nitric Oxide Synthase Pathway in Mouse Hindlimb Ischemia., Circ J.,76巻 7号 (頁 1712 ~ 1721) ,2012年01月,Miyauchi T, Miyata M, Ikeda Y, Akasaki Y, Hamada N, Shirasawa T, Furusho Y, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Novel Therapy for Atherosclerosis Using Recombinant Immunotoxin Against Folate Receptor β-Expressing Macrophages. ,J Am Heart Assoc. ,1巻 (頁 e003079 ~ ) ,2012年01月,Furusho Y, Miyata M, Matsuyama T, Nagai T, Li H, Akasaki Y, Hamada N, Miyauchi T, Ikeda Y, Shirasawa T, Ide K, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Akt1-Mediated Skeletal Muscle Growth Attenuates Cardiac Dysfunction and Remodeling after Experimental Myocardial Infarction. ,Circ Heart Fail,5巻 (頁 116 ~ 125) ,2012年01月,Araki S, Izumiya Y, Hanatani S, Rokutanda T, Usuku H, Akasaki Y, Takeo T, Nakagata N, Walsh K, Ogawa H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,高齢者の高血圧.,心臓,47巻 (頁 420 ~ 424) ,2015年,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,家庭血圧-白衣高血圧(低リスクと高リスク)の治療. ,カレントテラピー,ライフメディコム,32巻 3号 (頁 52 ~ 56) ,2014年01月,赤崎雄一, 大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,JNC8の9つの推奨.,血圧,21巻 (頁 10 ~ 14) ,2014年01月,赤﨑雄一, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,高血圧コントロールへの効果的なアプローチ-AHA/ACC/CDCの科学的勧告. ,血圧,先端医学社,21巻 6号 (頁 4 ~ 5) ,2014年01月,赤崎雄一, 大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,血圧サーカディアンリズム-Dipper, non-Dipper型,日本臨床,日本臨牀社,72巻 8号 (頁 1400 ~ 1403) ,2014年01月,赤崎雄一, 大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回 臨床脈波研究会 優秀賞.,2016年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,臨床脈波研究会,赤﨑雄一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,サルコペニアにおけるレニン・アンジオテンシン系の作用およびメカニズムの解明.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第121回 日本循環器学会九州地方会,国内会議,2016年12月,鹿児島,閉経に伴う血管老化進展にeNOS-Sirt1系低下が関与している:閉経モデルマウスを用いた検討.,その他

  • AHA Scientific Sessions 2016,国際会議,2016年11月,New Orleands, USA,Mitochondrial fusion plays a crucial role in the effect of renin-angiotensin signal inhibition on retarding arterial senescence and atherosclerosis. ,その他

  • International Hypertension Conference (ISH) 2016,国際会議,2016年09月,Seoul, Korea,Inhibition of renin-angiotensin signal retards arterial senescence and development of atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice via induction of alternative autophagy.,その他

  • 第39回 日本高血圧学会総会,国内会議,2016年09月,宮城,排尿時の嘔気嘔吐発作を認めた悪性褐色細胞腫の一例.,その他

  • 第48回 日本動脈硬化学会総会・学術集会,国内会議,2016年07月,東京,閉経に伴う血管老化進展にオートファジーは重要な役割を果たしている.,その他

全件表示 >>