基本情報

写真a

横山 勢也

Seiya Yokoyama


職名

助教

研究分野・キーワード

癌 DNAメチル化 ムチン

プロフィール

最も難治性である膵胆管系癌の早期診断法ならびにリスク評価法の構築

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  連合農学研究科  応用生命科学専攻 生物機能化学連合講座

    博士課程,2008年03月,単位取得満期退学,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 人体がん病理学分野,研究員,2009年04月 ~ 2012年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 人体がん病理学分野,助教,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,2009年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病理学会,2009年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • エピジェネティクス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Association of Peroxiredoxin 4 with the Initiation and Progression of Hepatocellular Carcinoma.,Antioxidants & Redox Signaling,2018年04月,Guo X, Noguchi H, Ishii N, Homma T, Hamada T, Hiraki T, Zhang J, Matsuo K, Yokoyama S, Ishibashi H, Fukushige T, Kanekura T, Fujii J, Uramoto H, Tanimoto A, Yamada S

    DOI:doi.org/10.1089/ars.2017.7426,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,TET1-mediated DNA hypomethylation regulates the expression of MUC4 in lung cancer,Genes Cancer,8巻 3-4号 (頁 517 ~ 527) ,2017年,Seiya Yokoyama, Michiyo Higashi, Hideaki Tsutsumida, Jouji Wakimoto, Tomofumi Hamada, Edwin Wiest, Kei Matsuo, Ikumi Kitazono, Yuko Goto, Xin Guo, Taiji Hamada, Sohsuke Yamada, Tsubasa Hiraki, Suguru Yonezawa, Surinder K Batra, Michael A Hollingsworth, Akihide Tanimoto

    DOI:10.18632/genesandcancer.139.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Assessment of tumor characteristics based on glycoform analysis of membrane-tethered MUC1.,Laboratory Investigation,2017年,Atsushi Matsuda, Michiyo Higashi, Tomomi Nakagawa, Seiya Yokoyama, Atsushi Kuno, Suguru Yonezawa, Hisashi Narimatsu

    DOI:10.1038/labinvest.2017.53,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Immunohistochemical expression of mucin antigens in gallbladder adenocarcinoma: MUC1-positive and MUC2-negative expression Is associated with vessel invasion and shortened survival.,Histology and histopathology,2016年09月,Tsubasa Hiraki, Sohsuke Yamada, Michiyo Higashi, Kazuhito Hatanaka, Seiya Yokoyama, Ikumi Kitazono, Yuko Goto, Mari Kirishima, Surinder K. Batra, Suguru Yonezawa, Akihide Tanimoto

    DOI:10.14670/HH-11-824,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Aberrant methylation of MUC1 and MUC4 promoters are potential prognostic biomarkers for pancreatic ductal adenocarcinomas.,Oncotarget,2016年06月,Seiya Yokoyama, Michiyo Higashi, Sho Kitamoto, Monika Oeldorf, Uwe Knippschild, Marko Kornmann, Kosei Maemura, Hiroshi Kurahara, Edwin Wiest, Tomofumi Hamada, Ikumi Kitazono, Yuko Goto, Takashi Tasaki, Tsubasa Hiraki, Kazuhito Hatanaka, Yuko Mataki, Hiroki Taguchi, Shinichi Hashimoto, Surinder K. Batra, Akihide Tanimoto, Suguru Yonezawa, Michael A. Hollingsworth

    DOI:10.18632/oncotarget.9924,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新規DNAメチル化解析法による新しい予後マーカーの開発 (特集 革新的ライフサイエンスの展望),化學工業,2016年,横山勢也、東美千代

    単行本(一般書),共著

  • 日本語,新規DNAメチル化解析法の開発と応用,化學工業,2015年,横山勢也、北本祥、山田宗茂、東美智代、米澤傑

    単行本(一般書),共著

  • 日本語,第2部 病理診断医になじみのある疾患関連分子「MUC(腫瘍等)解説編・診断編」,病理と臨床 2011年臨時増刊号 病理診断に役立つ分子生物学,2011年,米澤 傑、山田宗茂、横山勢也、北本 祥、田畑和宏、東美智代

    単行本(学術書),共著

  • 英語,MUC2 (mucin 2, oligomeric mucus/gel-forming),Atlas of Genetics and Cytogenetics in Oncology and Haematology,2010年,35. Yonezawa S, Yamada N, Yokoyama S, Kitamoto S, Higashi M, Goto M

    その他,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,膵癌におけるメチル化によるムチン発現調節,アークメディア,肝胆膵,76巻 5号 ,2018年05月,横山勢也、東美智代、谷本昭英、米澤傑

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,特集「COPDを改めて問う」エピジェネティクスにおけるムチン発現制御.,THE LUNG perspectives,22巻 2号 (頁 77 ~ 82) ,2014年, 米澤傑, 横山勢也 , 山田宗茂 , 北本祥, 東美智代

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,特集:粘液産生性胆道系腫瘍の再出発-エビデンスとしての画像と病理 「胆道系腫瘍における粘液産生の組織学的側面」.,胆と膵.,34巻 5号 (頁 353 ~ 358) ,2013年05月,東美智代、 柴原弘明、後藤優子、平木 翼、横山勢也、米澤 傑

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,特集 胆膵病理II:胆膵共通のトピックス【胆膵共通疾患とトピックス】膵胆道腫瘍におけるMUC発現.,病理と臨床.,31巻 4号 (頁 399 ~ 408) ,2013年04月,米澤 傑、東美智代、横山勢也、後藤優子、北島信一.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,胆管内乳頭状腫瘍(IPNB):粘液,MUC発現からのアプローチ.,肝胆膵,65巻 3号 (頁 487 ~ 494) ,2012年09月,東美智代、横山勢也、北本 祥、米澤 傑.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,高感度DNAメチル化解析法を用いた胆管がん早期診断法構築に向けた基礎的研究,横山勢也

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,膵腫瘍悪性度診断モデルの予測力評価と早期診断への応用 研究課題

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,肺がんを標的とした早期診断・治療応用を目指した基礎的研究