基本情報

写真a

小澤 真

OZAWA Makoto


職名

准教授

生年

1979年

研究室住所

動物衛生学分野

研究分野・キーワード

ウイルス学、動物衛生学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-3651

研究室FAX

099-285-3651

ホームページ

http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-douei/douei/index.php

プロフィール

組換えインフルエンザウイルスを用いた基礎・応用研究
動物インフルエンザのサーベイランス
豚のウイルス性感染症

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  獣医学部

    大学,2004年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科

    博士課程,2008年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学,ウイルス学,東京大学,課程,2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 動物衛生学分野,准教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会,1998年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ウイルス学会,2012年05月 ~ 継続中,日本国

  • 環境省・鳥インフルエンザ等野鳥対策に係る専門家グループ会合,2014年08月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県・地域豚疾病緊急対策推進事業に係る地域推進会議,2017年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県・野生獣衛生体制整備推進確立対策事業に係る地域衛生技術連絡協議会,2017年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Development of a Model of Porcine Epidemic Diarrhea in Microminipigs,Vet Pathol,2019年04月,H. Kawaguchi, M. Horie, K. Onoue, M. Noguchi, K. Akioka, T. Masatani, N. Miura, M. Ozawa, A. Tanimoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Phylogenetic variations of highly pathogenic H5N6 avian influenza viruses isolated from wild birds in the Izumi plain, Japan, during the 2016-17 winter season,Transbound Emerg Dis,66巻 (頁 797 ~ 806) ,2019年03月,M. Ozawa, A. Matsuu, A. M. Khalil, N. Nishi, K. Tokorozaki, T. Masatani, M. Horie, K. Okuya, K. Ueno, M. Kuwahara, S. Toda

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Distribution of gene segments of the pandemic A(H1N1) 2009 virus lineage in pig populations,Transbound Emerg Dis,2018年12月,K. Okuya, A. Matsuu, T. Kawabata, F. Koike, M. Ito, T. Furuya, A. Taneno, S. Akimoto, E. Deguchi, M. Ozawa

    DOI:10.1111/tbed.12887,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Genetic characterization of low-pathogenic avian influenza viruses isolated on the Izumi plain in Japan: possible association of dynamic movements of wild birds with AIV evolution,Arch Virol,163巻 (頁 911 ~ 923) ,2018年04月,H. Nakagawa, K. Okuya, T. Kawabata, A. Matsuu, K. Takase, M. Kuwahara, S. Toda, M. Ozawa

    DOI:10.1007/s00705-017-3698-1,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Stimulation of alpha2-adrenergic receptors impairs influenza virus infection,Sci Rep,8巻 (頁 4631 ~ ) ,2018年03月,K. Matsui, M. Ozawa, M. Kiso, M. Yamashita, T. Maekawa, M. Kubota, S. Sugano, Y. Kawaoka

    DOI:10.1038/s41598-018-22927-0,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,獣医微生物学 第4版,文永堂出版,2018年07月,関崎 勉、 高井 伸二 他

    教科書,第10章 3. 細胞レベルでのウイルス相互作用、4. ウイルスの遺伝と進化,分担執筆

  • 日本語,理科年表2018年版,自然科学研究機構 国立天文台,2017年11月,小澤 真、河岡 義裕

    事典・辞書,ウイルスとウイルス感染症,共著

  • 日本語,月刊養豚界 臨時増刊号 養豚場の呼吸器疾病対策,緑書房,2017年07月,小澤 真

    単行本(学術書),豚インフルエンザ,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島県における鳥インフルエンザ防疫の官学連携体制(下),鶏の研究,93巻 10号 (頁 18 ~ 22) ,2018年10月,小澤 真

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,鹿児島県における鳥インフルエンザ防疫の官学連携体制(上),鶏の研究,93巻 9号 (頁 40 ~ 42) ,2018年09月,小澤 真

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,専門家に聞くインフルエンザウイルス講座 第11回 季節性インフルエンザに対するワクチン効果の評価法,メディカルレビュー,インフルエンザ,2017年10月,小澤 真、河岡 義裕、西浦 博

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,⼈⼯知能ロボットを活⽤したブロイラー養鶏飼養衛⽣管理システム,会員向けWebマガジンKey-Eye,33巻 ,2017年05月,小澤 真

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,専門家に聞くインフルエンザウイルス講座 第10回 インフルエンザ脳症の最新知見,インフルエンザ,18巻 1号 (頁 49 ~ 52) ,2017年01月,小澤 真、河岡 義裕

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,豚インフルエンザウイルスの増殖性の分子基盤解明,小澤 真

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2016年03月,インフルエンザウイルスの遺伝子変異率を規定する分子基盤の解明

  • 挑戦的萌芽研究,2012年04月 ~ 2014年03月,インフルエンザウイルス感染動態解析用マウスの作出,小澤 真

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,エボラウイルス感染に関わる宿主因子の網羅的同定,小澤 真

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境研究総合推進費,2018年04月 ~ 2021年03月,希少鳥類における鳥インフルエンザウイルス感染対策の確立,山口 剛士

    環境省

  • 平成29年度 公益財団法人伊藤記念財団助成,2017年07月 ~ 2018年03月,感染性A型インフルエンザウイルスの迅速検出系の確立

    民間財団等

  • 「知」の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業,2017年02月 ~ 2020年03月,糖鎖ナノバイオテクノロジーを基盤とした家畜家禽ウイルスの迅速高感度検査法の確立・普及とワクチン製造技術開発,隅田 泰生

    農林水産省

  • 革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト),2016年10月 ~ 2019年09月,人工知能ロボットを活用したブロイラー養鶏飼養衛生管理システムの開発,小澤 真

    農林水産省

  • 革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究),2015年04月 ~ 2017年03月,ナノテクノロジーとラップトップ型PCR測定機による家禽・家畜ウイルスの正確・超高感度・簡便検出法の開発,隅田 泰生

    農林水産省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ツルの死亡原因調査及び糞便調査並びにねぐら等における水の病原微生物等調査業務,2018年11月 ~ 2019年03月,鹿児島県出水市,その他

  • ツルの死亡原因調査及び糞便調査並びにねぐら等における水の病原微生物等調査業務,2017年10月 ~ 2018年03月,鹿児島県出水市,その他

  • 平成29年度 野鳥における高病原性鳥インフルエンザ発生に係る対応の検討及び対応技術マニュアル改訂業務,2017年07月 ~ 2018年03月,環境省,一般受託研究

  • ツルの死亡原因調査及び糞便調査並びにねぐら等における水の病原微生物等調査業務,2016年09月 ~ 2017年03月,鹿児島県出水市,その他

  • 平成26年度戦略的監視・診断体制整備推進事業(家畜衛生菌株の収集),小澤 真,2015年04月 ~ 2016年03月,農林水産省,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 東京大学医科学研究所 共同研究拠点事業,小澤 真,2013年04月 ~ 2014年03月,東京大学医科学研究所,国内共同研究

  • 科学技術振興機構  共同研究費,小澤 真,2012年04月 ~ 2013年03月,ERATO河岡感染宿主応答ネットワークプロジェクト,国内共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 一般財団法人 松岡科学研究所 奨学寄附金,2016年07月

  • 公益財団法人サンケイ科学振興財団研究助成金,2014年04月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第66回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2018年10月,Transition of genetic composition of H3N8 and H4N6 low pathogenic avian influenza viruses from the Izumi plain over different seasons,ポスター(一般)

  • 第161回日本獣医学会学術集会,国内会議,2018年09月,鹿児島県内で検出された牛呼吸器合胞体ウイルスの遺伝的性状の解析,口頭(一般)

  • 第161回日本獣医学会学術集会,国内会議,2018年09月,豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルスに対する高感度な遺伝子検出法の確立,口頭(一般)

  • 順天湾ツル国際シンポジウム,国際会議,2018年04月,Avian influenza outbreaks in migratory waterfowl at the Izumi plain,口頭(招待・特別)

  • 第65回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2017年10月,Genetic composition of highly pathogenic H5N6 avian influenza viruses isolated at the Izumi plain, Kagoshima, Japan,口頭(一般)

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 病原体等安全管理委員会 委員長,2016年04月 ~ 継続中

  • 遺伝子組換え実験安全管理委員会 委員長,2014年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県ツル保護会,理事,2018年08月 ~ 2020年03月

  • 環境省・鳥インフルエンザ等野鳥対策に係る専門家グループ会合,専門家,2017年08月 ~ 継続中

  • 鹿児島県・地域豚疾病緊急対策推進事業に係る地域推進会議,専門家委員,2017年04月 ~ 2020年03月

  • 鹿児島県・野生獣衛生体制整備推進確立対策事業に係る地域衛生技術連絡協議会,委員,2017年04月 ~ 2020年03月