基本情報

写真a

網谷 真理恵

Marie Amitani


職名

講師

特記事項

2014/04/01再雇用

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター,特任助教,2003年04月 ~ 2017年05月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 国際島嶼医療学講座(プロジェクト講座),講師,2017年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心療内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心身医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本東洋医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本医学教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域医療

  • 漢方医学

  • 心身医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A Role of Ginseng and Its Constituents in the Treatment of Central Nervous System Disorders. ,Evid Based Complement Alternat Med,2016年,Rokot NT, Kairupan TS, Cheng KC, Runtuwene J, Kapantow NH, Amitani M, Morinaga A, Amitani H, Asakawa A, Inui A. A Role of Ginseng and Its Constituents in the Treatment of Central Nervous System Disorders.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Increased ghrelin signaling prolongs survival in mouse models of human aging through activation of sirtuin1. Mol Psychiatry.,Mol Psychiatry. ,2016年,Fujitsuka N, Asakawa A, Morinaga A, Amitani MS, Amitani H, Katsuura G, Sawada Y, Sudo Y, Uezono Y, Mochiki E, Sakata I, Sakai T, Hanazaki K, Yada T, Yakabi K, Sakuma E, Ueki T, Niijima A, Nakagawa K, Okubo N, Takeda H, Asaka M, Inui A,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Good appearance of food gives an appetizing impression and increases cerebral blood flow of frontal pole in healthy subjects., Int J Food Sci Nutr.,2016年,Koyama KI, Amitani H, Adachi R, Morimoto T, Kido M, Taruno Y, Ogata K, Amitani M, Asakawa A, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Rosmarinic acid ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity in diabetic rats, potentially by modulating the expression of PEPCK and GLUT4. ,Drug Des Devel Ther. ,2016年,Runtuwene J, Cheng KC, Asalawa A, Amitani H, Amitani M, Morinaga A, Takimoto Y, Kairupan BH, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,One-year intranasal application of growth hormone releasing peptide-2 improves body weight and hypoglycemia in a severely emaciated anorexia nervosa patient.,Journal of Cachexia Sarcopenia Muscle,2015年09月,Haruta I, Fuku Y, Kinoshita K, Yoneda K, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Asakawa A, Sugawara H, Takeda Y, Bowers CY, Inui A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,悪液質とサルコペニア ,悪液質とサルコペニア リハビリテーション栄養アプローチ 医歯薬出版株式会社,2014年02月,網谷真理恵、乾明夫

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,心療内科からみた心身相関,こころと身体の相互作用 脳とこころのプライマリケア (株)シナジー,2013年03月,網谷真理恵、浅川明弘、乾明夫

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,がん緩和ケアにおける胸水・腹水管理 ,真興交易(株)医書出版部,2010年01月,網谷真理恵、小木曽和磨、網谷東方、浅川明弘、乾明夫

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Role of Ghrelin and Ghrelin Signaling in Aging.,Int J Mol Sci,18巻 7号 ,2017年07月,Amitani M, Amitani H, Cheng KC, Kairupan TS, Sameshima N, Shimoshikiryo I, Mizuma K, Rokot NT, Nerome Y, Owaki T, Asakawa A, Inui A

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,治療的自己, 全人的医療を学びとして得る - フィールドワークを用いた医学教育の取り組み -,日本心療内科学会誌 ,21巻 3号 (頁 105 ~ 110) ,2017年,網谷 真理恵, 下敷領 一平, 水間 喜美子, 指宿りえ、嶽崎俊郎、大脇哲洋

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,理論から検討するプライマリ・ケア領域での心身医学の重要性,心身医学,2016年,網谷真理恵,浅川明弘,網谷東方,根路銘安仁,大脇哲洋,乾明夫

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,鹿児島大学における漢方医学の臨床,研究,教育の展開,心身医学,2016年,網谷真理恵,網谷東方,森永明倫,園田拓郎,沖利通,山口考二郎,浅川明弘,乾明夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,ストレスで悪化する内科疾患①肥満症,Modern Physician,2016年,網谷真理恵,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,シミュレーション試験を用いた漢方教育評価法の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第22回日本医療内科学会学術大会,国内会議,2017年11月,鹿児島,「心療内科のこれから」を考える,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第49回 日本医学教育学会大会,国内会議,2017年08月,PBL、シミュレーション教育、漢方煎じ体験などを組み合わせた漢方医学教育の学習方略と学生の意識について,口頭(一般)

  • 第49回医学教育学会大会,国内会議,2017年08月,北海道,経験的学習サイクルに基づいた全人的医療を学ぶ地域体験実習の取り組み,口頭(一般)

  • 第58回日本心身医学総会,国内会議,2017年06月,北海道,卒前の心身医学教育 行動医学をどう教育するか シミュレーションやロールプレイを用いた行動医学、心身医学の教育について,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第8回プライマリ・ケア連合学会学術大会,国内会議,2017年05月,香川,学校連携・親子関係を含めたBio-Psycho-Social modelを学ぶロールプレイ教育の試み,口頭(一般)

全件表示 >>