基本情報

写真a

國師 恵美子

KOKUSHI Emiko


職名

助教

研究分野・キーワード

生体内代謝、環境保全、魚類の健康、環境保全、石油汚染

プロフィール

環境汚染物質の生物影響評価法の開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター,助教,2013年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本環境毒性学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境化学

  • 生態毒性学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons on the early life stages of Japanese medaka,Environ. Sci. Pollut. Res,2016年,M. Kawano, S. Uno , J. Koyama, E. Kokushi, A. McElroy

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of 2,4-dichlorophenol exposure of Japanese medaka, Oryzias latipes, using a metabolomics approach,Environ. Sci. Pollut. Res,2016年,E. Kokushi, A. Shintoyo, J. Koyama, S. Uno

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,ゲンタマイシン腹腔内暴露により腎障害を誘発したコイの血漿中代謝物変動,環境毒性学会誌,18巻 (頁 25 ~ 37) ,2015年12月,河野真知、宇野誠一、國師恵美子、小山次朗

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,istribution of parent and alkylated PAHs in bivalves collected from Osaka Bay, Japan.,Japanese Journal of Environmental Toxicology,18巻 (頁 11 ~ 24) ,2015年12月,K Ito, S Uno, H Tanaka, S Miki, E Kokushi, M Yamamoto, J Koyama, N C Anasco

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of Dietary Contamination by Zearalenone and Its Metabolites on Serum Anti-Müllerian Hormone: Impact on the Reproductive Performance of Breeding Cows.,Reproduction in domestic animals,50巻 5号 (頁 834 ~ 9) ,2015年10月,Fushimi Y, Takagi M, Monniaux D, Uno S, Kokushi E, Shinya U, Kawashima C, Otoi T, Deguchi E, Fink-Gremmels J.

    DOI:10.1111/rda.12599.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,VIP/PACAPと関連疾患,医薬ジャーナル,47巻 8号 (頁 111 ~ 115) ,2011年,宮田篤郎、國師恵美子

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • SETAC North America 35th Annual Meeting,国際会議,2014年11月,アメリカ,Evaluation of chlorophenol effects on japanese medaka, Oryzias latipes using metabolomics approach,その他

  • Satelite symposium of the 20th Annual meeting of The Israel Society for Neuroscience, Basic and Clinical Research of GPCRs,国際会議,2011年12月,イスラエル,Lysophosphatidylserine promotes the secretion of growth hormone in rat pituitary cells via G protein-coupled receptor,その他

  • 第39回薬物活性シンポジウム,国内会議,2011年11月,福岡,リゾホスファチジルセリンのラット下垂体由来細胞における成長ホルモン分泌効果に関する研究,その他

  • International Conference on Environmental OMICS,国際会議,2011年11月,中国,Toxicity evaluations for individual and mixed exposures of phenanthrene and pyrene in medaka (Oryzias latipes) alevin with metabolomics and transcriptomics,その他

  • International Conference on Environmental OMICS,国際会議,2011年11月,中国,Transcriptomic and metabolomic changes caused by the effects of single and combined environmental stressors,その他

全件表示 >>