基本情報

写真a

小原 恭子

Kyoko (Tsukiyama-)Kohara


職名

教授

研究分野・キーワード

ウイルス(肝炎、インフルエンザ他)、ツパイ

プロフィール

ヒト及び動物ウイルスの病原性解析と診断法の確立

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学,ウイルス学,熊本大学,論文,2014年09月

  • 農学,獣医学,東京大学,論文,1989年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター,教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • ウイルス学

  • 獣医学

  • ウイルス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Identification and molecular characterization of novel primate bocaparvoviruses from wild western lowland gorillas of Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.,Infect Genet Evol.,53巻 (頁 30 ~ 37) ,2017年09月,Nze-Nkogue C, Horie M, Fujita S, Inoue E, Akomo-Okoue EF, Ozawa M, Ngomanda A, Yamagiwa J, Tsukiyama-Kohara K.

    DOI:10.1016/j.meegid.2017.05.004. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Oxidative Stress and Immune Responses During Hepatitis C Virus Infection in Tupaia belangeri. ,Scientific Reports,7巻 1号 (頁 9848 ~ 9861) ,2017年08月,Kayesh MEH, Ezzikouri S, Chi H, Sanada T, Hayashi, Y., Rebbani, K., Kitab, B., Matuu, A., Miyoshi, N., Hishima, T., Kohara, M., Tsukiyama-Kohara, K.

    DOI:10.1038/s41598-017-10329-7.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Susceptibility of tupaia cells to dengue virus infection and their initial immune response.,Infection Genetics and Evolution,51巻 (頁 203 ~ 210) ,2017年07月,Kayesh ME*, Kitab B*, Sanada T, Hayasaka D, Morita K, Kohara M, Tsukiyama-Kohara K

    DOI:10.1016/j.meegid.2017.04.003.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Interferon-β response is impaired by hepatitis B virus infection in Tupaia belangeri. ,VIRUS RESEARCH,237巻 (頁 47 ~ 57) ,2017年06月,KAYESH MEH, EZZIKOURI S, CHI H, SANADA T, YAMAMOTO N, KITAB B, HARAGUCHI T, MATUYAMA R, NKOGUE CN, HATAI H, MIYOSHI N, MURAKAMI S, TANAKA Y, TAKANO J, SHIOGAMA Y, YASUTOMI Y, KOHARA M, TSUKIYAMA-KOHARA K.

    DOI:10.1016/j.virusres.2017.05.013.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Selective inhibitor of Wnt/β-catenin/CBP signaling ameliorates hepatitis C virus-induced liver fibrosis in mouse model.,Sci Rep.,7巻 1号 (頁 325 ~ ) ,2017年03月,Tokunaga Y, Osawa Y, Ohtsuki T, Hayashi Y, Yamaji K, Yamane D, Hara M, Munekata K, Tsukiyama-Kohara K, Hishima T, Kojima S, Kimura K, Kohara M.

    DOI:10.1038/s41598-017-00282-w.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,C型肝炎ウイルスによる肝がん発症機構,北隆館,別冊BioClinica,5巻 1号 (頁 14 ~ 18) ,2016年02月,小原道法、小原恭子

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,C型肝炎ウイルス感染動物モデル,日本ウイルス学会,ウイルス,65巻 2号 (頁 255 ~ 262) ,2015年12月,小原恭子、小原道法

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 英語,Role of Oxidative stress in hepatocarcinogenesis induced by hepatitis C virus. ,Int. J. Mol. Sci.,13巻 (頁 15271 ~ 15278) ,2012年11月,*K. Tsukiyama-Kohara.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,肝炎ウイルスモデル,Animal Models がん(中村卓郎編) (頁 346 ~ 355) ,2012年10月,小原道法、木村公則、小原恭子

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,C型肝炎ウイルス感染モデル,Animal Models 感染症(野本明男、喜多正和編) (頁 188-197 ~ ) ,2012年07月,小原道法、木村公則、小原恭子

    総説・解説(学術雑誌),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,経鼻B型肝炎ワクチン組成物およびその製造方法,上下泰造、宮崎隆、小原道法、真田崇裕、日浅陽一、吉田理、小原恭子、長谷川秀樹

    出願番号( 特願2017-195262,2017年10月05日 ) ,日本国,あり

  • 特許,HBs-L抗原を用いたB型肝炎予防および治療ワクチン,小原道法、真田崇裕、日浅陽一、小原恭子、郷保正、織田康則

    出願番号( 特願2017-138047,2017年07月14日 ) ,公財)東京都医学総合研究所、愛媛大学、鹿児島大学、株)ビークル,日本国,あり,ウイルス学,実験動物学

  • 特許,口蹄疫ウイルスIRES発現細胞,小原 恭子

    出願番号( 特願2017-134178,2017年07月07日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国,あり,獣医学,ウイルス学

  • 特許,抗DHCR24自己抗体検出による病態診断系,小原恭子、小原道法、木村公則、金子周一

    出願番号( 特願2015-142360,2015年07月16日 ) ,鹿児島大学、金沢大学,日本国,あり,ウイルス学,実験動物学,獣医学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 21st International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses. ,国際会議,2015年10月, Strasboug (フランス),Serum DHCR24 auto-antibody as a new biomarker for progression of hepatitis C,ポスター(一般)

  • 2015 International Meeting on the Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, ,国際会議,2015年10月,Doce Bad Nauheim(ドイツ),Horizontal and vertical transmission model of hepatitis B virus in Tupaia belangeri,ポスター(一般)

  • 第74回日本癌学会総会,国内会議,2015年09月,DHCR24 on the Surface of HCV-related Hepatocellular Carcinoma Cells can be a Target for Molecular Targeting Therapy,口頭(一般)

  • 第158回日本獣医学会学術集会,国内会議,2015年09月,Infectious disease assessment in wild gorillas in African rainforest (Gabon): case of adenovirus,口頭(一般)

  • 第158回日本獣医学会学術集会,国内会議,2015年09月,2014-15年冬季に鹿児島県出水平野で分離されたH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの解析と感染野鳥における特徴,口頭(一般)

全件表示 >>