基本情報

写真a

網谷 東方

Haruka Amitani


職名

講師

プロフィール

心身相関, 食欲・摂食

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 呼吸器・ストレスケアセンター,講師,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本緩和学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経消化器学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本精神神経学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心身医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心療内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 代謝学

  • 心身医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Allantoin ameliorates chemically-induced pancreatic β-cell damage through activation of the imidazoline I3 receptors.,PeerJ.,3巻 (頁 e1105 ~ ) ,2015年08月,Amitani M, Cheng K, Asakawa A, Amitani H, Kairupan TS, Sameshima N, Shimizu T, Hashiguchi T, Inui A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Hydrogen-water enhances 5-fluorouracil-induced inhibition of colon cancer,PeerJ,3巻 (頁 e859 ~ ) ,2015年04月,Runtuwene J, Amitani H, Amitani M, Asakawa A, Cheng KC, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Rice koji reduced body weight gain, fat accumulation, and blood glucose level in high-fat diet-induced obese mice.,PeerJ,2巻 (頁 e540 ~ ) ,2014年08月,Yoshizaki Y, Kawasaki C, Cheng KC, Ushikai M, Amitani H, Asakawa A, Okutsu K, Sameshima Y, Takamine K, Inui A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of aging on the plasma levels of nesfatin-1 and adiponectin,Biomed Rep,2巻 (頁 152 ~ 156) ,2014年01月,Li JB, Nishida M, Kaimoto K, Asakawa A, Chaolu H, Cheng KC, Li YX, Terashi M, Koyama KI, Amitani H, Sakoguchi T, Ushikai M, Ikeda S, Aoyama K, Horiuchi M, Li JZ, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Silymarin Induces Insulin Resistance through an Increase of Phosphatase and Tensin Homolog in Wistar Rats,PLoS One,9巻 (頁 e84550 ~ ) ,2014年01月,Cheng KC, Asakawa A, Li YX, Chung HH, Amitani H, Ueki T, Cheng JT, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Plasma klotho levels decrease in both anorexia nervosa and obesity.,Nutrition,2013年09月,Amitani M, Asakawa A, Amitani H, Kaimoto K, Sameshima N, Koyama KI, Haruta I, Tsai M, Nakahara T, Ushikai M, Cheng KC, Hamada S, Inui A.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,がん緩和ケアにおける胸水・腹水管理,真興交易(株)医書出版部,2010年11月,網谷真理恵,小木曽和磨,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,The translational aspect of complementary and alternative medicine for cancer with particular emphasis on Kampo.,Front. Pharmacol.,6巻 (頁 150 ~ ) ,2015年08月,Amitani M, Amitani H, Sloan RA, Suzuki H, Sameshima N, Asakawa A, Nerome Y, Owaki T, Inui A, Hoshino E.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,卒前医学教育における心身医学教育の現状と普及への課題 心身医学教育を卒前教育に導入する際の問題点とその対策,心身医学,55巻 (頁 133 ~ 139) ,2015年02月,網谷真理恵, 鮫島奈々美, 網谷東方, 浅川明弘, 乾明夫

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,悪液質とサルコぺニア,Geriatric Medicine,52巻 (頁 393 ~ 396) ,2014年01月,網谷真理恵,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Control of food intake and muscle wasting in cachexia.,Int J Biochem Cell Biol,45巻 (頁 2179 ~ 2185) ,2013年10月,Amitani M, Asakawa A, Amitani H, Inui A.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,Cachexiaの新しい治療,栄養-評価と治療,30巻 (頁 45 ~ 49) ,2013年09月,網谷真理恵,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第56回日本心身医学会,国内会議,2015年06月,東京,悪液質と栄養学,その他

  • 第19回日本心療内科学会,国内会議,2014年11月,東京,神経性食欲不振症および肥満症患者におけるBMI と抗老化ホルモンKlothoの関連,その他

  • 第35回日本肥満学会,国内会議,2014年10月,宮崎,肥満者及び肥満マウスにおけるグレリンの摂食促進作用と抗グレリンIgGの関係,その他

  • 第91回日本生理学会,国内会議,2014年03月,鹿児島,神経性食欲不振症から見る摂食調節のメカニズム,その他

  • 7th Cachexia Conference,国際会議,2013年12月,Kobe, Japan,Association between nesfatin-1 and anorexia nervosa,その他

全件表示 >>