基本情報

写真a

藤田 志歩

Shiho FUJITA


職名

准教授

研究室住所

鹿児島市郡元1丁目21−30

研究分野・キーワード

霊長類、生態、動物行動、保全、鳥獣管理

研究室電話

099-285-7574

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科,准教授,2012年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 初年次教育・教養教育部門,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本霊長類学会,1994年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本哺乳類学会,2003年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生態学会,2004年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会 ,2006年07月 ~ 2017年03月,日本国

  • International Primatological Society,2009年01月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 自然人類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,自動撮影カメラによる奄美群島の哺乳類・鳥類の分布調査,南太平洋海域調査研究報告,59巻 (頁 33 ~ 34) ,2018年03月,藤田志歩, 鈴木真理子

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 英語,Identification and molecular characterization of novel primate bocaparvoviruses from wild western lowland gorillas of Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.,Infection, Genetics and Evolution,53巻 (頁 30 ~ 37) ,2017年09月,Nze-Nkogue C, Horie M, Fujita S, Inoue E, Akomo-Okoue EF, Ozawa M, Ngomanda A, Yamagiwa J, Tsukiyama-Kohara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Molecular features of hookworm larvae (Necator spp.) raised by coproculture from Ugandan chimpanzees and Gabonese gorillas and humans,Parasitology International,66巻 2号 (頁 12 ~ 15) ,2017年04月,Hasegawa H, Shigyo M, Yanai Y, McLennan MR, Fujita S, Makouloutou P, Tsuchida S, Ando C, Sato H, Huffman MA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Molecular epidemiological study of adenovirus infecting western lowland gorillas and humans in and around Moukalaba-Doudou National Park (Gabon),Virus Genes,52巻 5号 (頁 671 ~ 678) ,2016年10月,Nze-Nkogue C, Horie M, Fujita S, Ogino M, Kobayashi Y, Mizukami K, Masatani T, Ezzikouri S, Matsuu A, Mizutani T, Ozawa M, Yamato O, Ngomanda A, Yamagiwa J, Tsukiyama-Kohara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Isolation of multiple drug-resistant enteric bacteria from feces of wild Western Lowland Gorilla (Gorilla gorilla gorilla) in Gabon.,Journal of Veterinary Medical Science,77巻 5号 (頁 619 ~ 623) ,2015年05月,Mbehang-Nguema PP, Okubo T, Tsuchida S, Fujita S, Yamagiwa J, Tamura Y, Ushida K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,奄美群島の外来生物,南方新社,2017年03月,藤田志歩 他

    単行本(学術書),分担執筆

  • 英語,The Amami Islands-Culture, Society, Industry,北斗書房,2016年03月,Fujita S, 他

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,生物多様性と保全ー奄美群島を例にー(上)陸上植物・陸上動物・基礎編,北斗書房,2016年03月,Fujita S, 他

    単行本(一般書),共著

  • 英語,Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, Cambridge University Press,2015年,Fujita S, 他

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,日本のサル学のあした─霊長類研究という「人間学」の可能性,京都通信社,2012年12月,藤田志歩

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,屋久島に棲むニホンザル,鹿児島大学総合研究博物館 News Letter,33巻 (頁 28 ~ 31) ,2015年10月,藤田志歩

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,大隅半島に生息する野生ニホンザルの群れサイズ−屋久島との比較—,南太平洋海域調査研究報告,56巻 (頁 33 ~ 35) ,2015年03月,藤田志歩,座馬耕一郎,竹ノ下祐二,和田一雄,市来よし子

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,A群の特徴と今後の展望,宮城県のニホンザル,29巻 (頁 3 ~ 14) ,2015年,藤田志歩

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,防鹿柵の有刺鉄線に引っかかったアカンボウ,宮城県のニホンザル,28巻 (頁 36 ~ 39) ,2015年,藤田志歩

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,ゴリラのオスの「移出」における意思決定プロセス:社会的および生理的要因

  • 基盤研究(A),2012年04月 ~ 2017年03月,アフリカ類人猿のコミュニティの構造と進化

  • 基盤研究(S),2007年04月 ~ 2012年03月,資源利用と闘争回避に関する進化人類学的研究,山極寿一

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 世界自然遺産候補地奄美群島の森林生態系に関する基礎的研究,相場慎一郎,2017年10月 ~ 2018年09月,公益財団法人自然保護助成基金,一般受託研究

  • 世界自然遺産候補地奄美群島の山地森林生態系に関する基礎的研究,相場慎一郎,2016年10月 ~ 2017年09月,公益財団法人自然保護助成基金,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県大隅半島の環境史と中・大型哺乳類動物の生息状況,座馬耕一郎,2018年04月 ~ 2019年03月,京都大学野生動物研究センター,国内共同研究

  • 鹿児島県大隈半島に生息する中・大型哺乳類動物の生息調査,座馬耕一郎,2017年04月 ~ 2018年03月,京都大学野生動物研究センター,国内共同研究

  • 鹿児島県大隈半島に生息する中・大型哺乳類動物のモニタリング,座馬耕一郎,2016年04月 ~ 2017年03月,京都大学野生動物研究センター,国内共同研究

  • 児島県大隈半島に生息するニホンザル群れサイズの年変動,竹ノ下祐二,2015年04月 ~ 2016年03月,京都大学野生動物研究センター,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本哺乳類学会2018年大会,国内会議,2018年09月,上伊那,アマミノクロウサギの林道出没の季節変化とその要因,ポスター(一般)

  • XXVIIth International Primatological Society Congress,国際会議,2018年08月,ナイロビ,Life-history strategies in wild male western lowland gorillas (gorilla gorilla gorilla): does stress trigger emigration from natal group?,口頭(一般)

  • XXVIIth International Primatological Society Congress,国際会議,2018年08月,ナイロビ,Loss of a leading silverback male and resulting group dispersion of western lowland gorillas (gorilla gorilla gorilla) in moukalaba-doudou national park, gabon.,口頭(一般)

  • 第34回日本霊長類学会大会,国内会議,2018年07月,東京,野生ニシローランドゴリラのオスにおけるストレスレベルの評価—ストレスは出自群からの移出を誘発するか—,ポスター(一般)

  • 第34回日本霊長類学会大会,国内会議,2018年07月,東京,長期観察による屋久島における野生ニホンザルの密度変化,ポスター(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第32回日本霊長類学会大会,実行委員長,2016年07月

  • 日本哺乳類学会大会2008年大会,実行委員,2008年09月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 広報委員会,2018年04月 ~ 継続中

  • 実験科目分科会委員,2017年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 姶良市環境審議会,委員,2018年03月 ~ 3020年02月

  • 日本霊長類学会,自然保護委員会幹事,2017年05月 ~ 2019年04月

  • 鹿児島県自然環境保全協会,理事,2016年05月 ~ 継続中

  • 鹿児島市文化財審議会,委員,2015年11月 ~ 2019年10月

  • 日本人類学会進化人類学分科会,監査,2015年10月 ~ 2019年09月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度中山間地域等直接支払交付金制度研修会,2017年02月

  • かごしま国際ノネコシンポジウム,2016年10月

  • 第32回日本霊長類学会公開シンポジウム,2016年07月

  • 出前授業,2016年01月

  • 熊本県人吉市鳥獣被害防止対策研修会 ,2015年12月

全件表示 >>