2023/12/06 更新

写真a

ミズノ ケイコ
水野 圭子
Keiko Mizuno
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任准教授
職名
特任准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2019年5月   鹿児島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 呼吸器・ストレスケアセンター   講師

    2019年8月 - 2022年2月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   助教

    2016年2月 - 2019年7月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   特任准教授

    2022年3月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 呼吸器内科学講座   特任助教

    2015年4月 - 2016年1月

  • 埼玉医科大学   埼玉医科大学国際医療センター 臨床腫瘍科   助教

    2007年7月 - 2010年6月

 

論文

  • Matsuyama T, Oniwa M, Tsuruzono K, Yasuda S, Yone M, Tomioka Y, Uchida A, Mitsuyama H, Kubota S, Suetsugu T, Mizuno K, Inoue H .  Improving visual acuity with nivolumab plus ipilimumab plus two cycles of chemotherapy following a diagnosis of lung adenocarcinoma with choroidal metastasis: A case report and literature review. .  Respirology case reports12 ( 1 ) e01262   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/rcr2.1262

    PubMed

  • Hagihara Y, Suetsugu T, Uto H, Kozono T, Masada Y, Satozono Y, Shinmura M, Koreeda Y, Mizuno K, Inoue H .  Detecting acquired V-Raf murine sarcoma viral oncogene homolog B1 V600E mutation associated with osimertinib resistance in epidermal growth factor receptor-mutant lung adenocarcinoma: A case report. .  Respiratory investigation62 ( 1 ) 13 - 15   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2023.09.006

    PubMed

  • Tanigawa K, Tomioka Y, Misono S, Asai S, Kikkawa N, Hagihara Y, Suetsugu T, Inoue H, Mizuno K, Seki N .  Minichromosome maintenance proteins in lung adenocarcinoma: Clinical significance and therapeutic targets. .  FEBS open bio13 ( 9 ) 1737 - 1755   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13681

    PubMed

  • Tomioka Y, Suetsugu T, Seki N, Tanigawa K, Hagihara Y, Shinmura M, Asai S, Kikkawa N, Inoue H, Mizuno K .  The Molecular Pathogenesis of Tumor-Suppressive miR-486-5p and miR-486-3p Target Genes: GINS4 Facilitates Aggressiveness in Lung Adenocarcinoma. .  Cells12 ( 14 )   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/cells12141885

    PubMed

  • Matsuyama T, Machida K, Mizuno K, Matsuyama H, Dotake Y, Shinmura M, Takagi K, Inoue H .  The Functional Role of Group 2 Innate Lymphoid Cells in Asthma. .  Biomolecules13 ( 6 )   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/biom13060893

    PubMed

  • Asai S, Goto Y, Tanigawa K, Tomioka Y, Kato M, Mizuno K, Sakamoto S, Seki N .  MiR-15b-5p inhibits castration-resistant growth of prostate cancer cells by targeting the muscarinic cholinergic receptor CHRM3. .  FEBS letters597 ( 8 ) 1164 - 1175   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/1873-3468.14598

    PubMed

  • Tanigawa K, Misono S, Mizuno K, Asai S, Suetsugu T, Uchida A, Kawano M, Inoue H, Seki N .  MicroRNA signature of small-cell lung cancer after treatment failure: impact on oncogenic targets by miR-30a-3p control. .  Molecular oncology17 ( 2 ) 328 - 343   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/1878-0261.13339

    PubMed

  • Kurose K, Sakaeda K, Fukuda M, Sakai Y, Yamaguchi H, Takemoto S, Shimizu K, Masuda T, Nakatomi K, Kawase S, Tanaka R, Suetsugu T, Mizuno K, Hasegawa T, Atarashi Y, Irino Y, Sato T, Inoue H, Hattori N, Kanda E, Nakata M, Mukae H, Oga T, Oka M .  Immune checkpoint therapy and response biomarkers in non-small-cell lung cancer: Serum NY-ESO-1 and XAGE1 antibody as predictive and monitoring markers. .  Advances in clinical chemistry112   155 - 204   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/bs.acc.2022.09.004

    PubMed

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 安田 俊介, 松山 崇弘, 濱崎 哲郎, 井上 博雅 .  アテゾリズマブ投与後に抗リカバリン抗体陽性の網膜症を発症した小細胞肺癌の1例 .  日本呼吸器学会誌11 ( 6 ) 345 - 349   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    症例は86歳,男性.進展型小細胞肺癌と診断し,カルボプラチン(carboplatin)+エトポシド(etoposide)+アテゾリズマブ(atezolizumab)による1次治療を開始した.4コースの化学療法終了後,両眼の急速な視力低下が出現した.精査の結果,抗リカバリン抗体陽性の網膜症と診断した.アテゾリズマブの中止とステロイド治療により,視力障害は軽快した.肺癌の治療開始後に自己免疫機序の網膜症が発症することは稀であり,免疫チェックポイント阻害剤が関連している可能性が考えられた.(著者抄録)

  • Sakae H, Mawatari S, Oda K, Tabu K, Kumagai K, Mizuno K, Nozuma S, Kitazono I, Kanmura S, Ido A .  A case of autoimmune hepatitis with thymoma and myasthenia gravis. .  Clinical journal of gastroenterology15 ( 4 ) 765 - 770   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s12328-022-01641-5

    PubMed

  • Kondo K, Harada Y, Nakano M, Suzuki T, Fukushige T, Hanzawa K, Yagi H, Takagi K, Mizuno K, Miyamoto Y, Taniguchi N, Kato K, Kanekura T, Dohmae N, Machida K, Maruyama I, Inoue H .  Identification of distinct N-glycosylation patterns on extracellular vesicles from small-cell and non-small-cell lung cancer cells. .  The Journal of biological chemistry298 ( 6 ) 101950   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2022.101950

    PubMed

  • Kawahira M, Kanmura S, Mizuno K, Machida K, Ohtsuka T, Sato M, Enokida H, Yamashita M, Kanekura T, Arima S, Nakamura N, Sugiura T, Yoshimoto K, Kobayashi H, Ishitsuka K, Suzuki S, Ueno S, Ido A .  Effects of immune checkpoint inhibitor therapy resumption in patients with malignant tumors after moderate-to-severe immune-related adverse events. .  PloS one17 ( 4 ) e0267572   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0267572

    PubMed

  • Mizuno K, Tanigawa K, Misono S, Suetsugu T, Sanada H, Uchida A, Kawano M, Machida K, Asai S, Moriya S, Inoue H, Seki N .  Regulation of Oncogenic Targets by Tumor-Suppressive miR-150-3p in Lung Squamous Cell Carcinoma. .  Biomedicines9 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/biomedicines9121883

    PubMed

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 藤崎 志郎, 大脇 一人, 安田 俊介, 亀之原 佑介, 上川路 和人, 井上 博雅 .  舌扁平上皮癌の縦隔リンパ節転移巣に結核を合併した1例 .  気管支学43 ( 6 ) 614 - 618   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    <p><b>背景.</b>同一リンパ節病巣内に活動性結核と悪性腫瘍の転移を同時に認めることは稀である.超音波気管支鏡ガイド下針生検(endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration:EBUS-TBNA)の普及および技術向上により胸腔内のリンパ節病変に対する高い正診率が得られている.<b>症例.</b>78歳男性.舌扁平上皮癌と膵原発悪性リンパ腫の治療歴がある.嗄声を契機に造影CTで内部に低吸収域を伴う左縦隔および肺門リンパ節腫大を指摘され,当科に入院となった.腫大した左下部気管傍リンパ節(#4L)に対してEBUS-TBNAを施行した結果,病理組織検査で舌扁平上皮癌のリンパ節転移と診断し,さらに細菌学的検査で結核菌を検出した.<b>結論.</b>舌扁平上皮癌の縦隔リンパ節転移再発の同一病巣内にリンパ節結核を合併した症例を経験した.画像所見が類似する両疾患が胸腔内リンパ節に合併した報告はこれまでになく,低侵襲であるEBUS-TBNAにより診断し得た.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.43.6_614

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 藤崎 志郎, 大脇 一人, 安田 俊介, 亀之原 佑介, 上川路 和人, 井上 博雅 .  舌扁平上皮癌の縦隔リンパ節転移巣に結核を合併した1例 .  気管支学43 ( 6 ) 614 - 618   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景.同一リンパ節病巣内に活動性結核と悪性腫瘍の転移を同時に認めることは稀である.超音波気管支鏡ガイド下針生検(endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration:EBUS-TBNA)の普及および技術向上により胸腔内のリンパ節病変に対する高い正診率が得られている.症例.78歳男性.舌扁平上皮癌と膵原発悪性リンパ腫の治療歴がある.嗄声を契機に造影CTで内部に低吸収域を伴う左縦隔および肺門リンパ節腫大を指摘され,当科に入院となった.腫大した左下部気管傍リンパ節(#4L)に対してEBUS-TBNAを施行した結果,病理組織検査で舌扁平上皮癌のリンパ節転移と診断し,さらに細菌学的検査で結核菌を検出した.結論.舌扁平上皮癌の縦隔リンパ節転移再発の同一病巣内にリンパ節結核を合併した症例を経験した.画像所見が類似する両疾患が胸腔内リンパ節に合併した報告はこれまでになく,低侵襲であるEBUS-TBNAにより診断し得た.(著者抄録)

  • Takahashi T, Terazono H, Suetsugu T, Sugawara H, Arima J, Nitta M, Tanabe T, Okutsu K, Ikeda R, Mizuno K, Inoue H, Takeda Y .  High-Trough Plasma Concentration of Afatinib Is Associated with Dose Reduction. .  Cancers13 ( 14 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/cancers13143425

    PubMed

  • Kirishima M, Kato I, Hisaoka M, Nakatani Y, Takeda AH, Mizuno K, Tanimoto A .  Solid endobronchial tumor with EWSR1-FLI1 fusion gene - A diagnostically challenging case of the Ewing sarcoma. .  Pathology international71 ( 7 ) 488 - 490   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/pin.13109

    PubMed

  • Matsuyama T, Machida K, Motomura Y, Takagi K, Doutake Y, Tanoue-Hamu A, Kondo K, Mizuno K, Moro K, Inoue H .  Long-acting muscarinic antagonist regulates group 2 innate lymphoid cell-dependent airway eosinophilic inflammation. .  Allergy76 ( 9 ) 2785 - 2796   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/all.14836

    PubMed

  • Misono S, Mizuno K, Suetsugu T, Tanigawa K, Nohata N, Uchida A, Sanada H, Okada R, Moriya S, Inoue H, Seki N .  Molecular Signature of Small Cell Lung Cancer after Treatment Failure: The <i>MCM</i> Complex as Therapeutic Target. .  Cancers13 ( 6 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/cancers13061187

    PubMed

  • 高橋 毅行, 寺薗 英之, 末次 隆行, 菅原 英輝, 有馬 純子, 新田 美奈, 田邉 徹, 奥津 果優, 水野 圭子, 井上 博雅, 武田 泰生 .  第二世代上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬アファチニブ血中濃度の適正使用に向けて .  日本臨床薬理学会学術総会抄録集42 ( 0 ) 1-S17-1   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本臨床薬理学会  

    <p>【目的】</p><p> 第二世代上皮成長因子受容体 (EGFR) チロシンキナーゼ阻害薬 (EGFR-TKI<sub>s</sub>) であるアファチニブ (AFT) は、EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌患者に対する第一選択薬の一つである。初期投与路用は多くの患者が固定用量40 mgから開始されるが、血中濃度は個体差が大きいことが知られている。また、AFT投与中の患者の多くは、副作用の発現により減量あるいは休薬を経験する。そこで、本研究ではAFT血中濃度と副作用発現との関係や、患者背景や臨床検査値の中に血中濃度と相関性を示す項目を見つけ出すことで適切な投与量が設計可能かを検討した。</p><p>【方法】</p><p> 鹿児島大学病院臨床研究倫理委員会の承認と対象患者より文面での同意を取得し、AFTでの治療が開始となったEGFR-TKIs未治療のEGFR変異陽性非小細胞患者を対象に、液体クロマトグラフィー質量分析法 (LC-MS/MS) を用いてday8-14におけるAFTトラフ血中濃度測定を行った。AFTトラフ血中濃度と臨床検査値、有害事象、AFTの減量、無増悪生存期間について相関分析、ロジスティック解析、ログ・ランク検定を用いて統計解析を行った。</p><p>【結果・考察】</p><p> 臨床検査値の中にAFT血中濃度と強い相関性を示す項目はなかった。一方、AFT血中濃度が高い患者では減量となった症例がより多く、ロジスティック解析によりAFT血中濃度が高いことと投与量減量には有意な関連があることが示され、その血中濃度カットオフ値は21.4 ng/mLであった。また、減量あり群と減量なし群の無増悪生存期間はぞれぞれ415日と446日で違いはみられなかった。</p><p>【結論】</p><p> AFT治療患者において、血中濃度のモニタリングを行うことは、副作用発現の予測ができ、患者のQOLの確保につながると考えられる。</p>

    DOI: 10.50993/jsptsuppl.42.0_1-s17-1

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 八木 朋子, 福田 宏正, 武田 亜矢, 井上 博雅 .  肺実質への進展が確認された気管支内腔型肺過誤腫の1例 .  気管支学42 ( 6 ) 524 - 528   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景.肺過誤腫は肺良性腫瘍の中で最も多いが、そのほとんどが肺実質型であり、気管支内腔型は比較的稀である。症例.40歳男性。閉塞性肺炎を契機に当科に入院となり、胸部CTで左下葉支内に腫瘍を指摘された。気管支鏡検査で左下葉支より突出する表面平滑なポリープ状腫瘍を認めた。生検で確定診断に至らず、後日、高周波スネアによる内視鏡的切除を行い軟骨性過誤腫と病理診断した。左B6c内腔に腫瘍が残存したため、根治術目的で胸腔鏡補助下左肺下葉S6区域切除術を施行したところ、術後病理で気管支内腫瘍の一部が肺実質にも進展していた。結論.気管支内腫瘍に対し気管支鏡下切除術を施行したところ、肺実質への進展も確認された肺過誤腫の症例を経験した。気管支内腔型肺過誤腫の診断に際しては、肺実質への進展を伴う症例もあり、その治療には注意が必要である。(著者抄録)

  • Mizuno K, Tanigawa K, Nohata N, Misono S, Okada R, Asai S, Moriya S, Suetsugu T, Inoue H, Seki N .  <i>FAM64A</i>: A Novel Oncogenic Target of Lung Adenocarcinoma Regulated by Both Strands of <i>miR-99a</i> (<i>miR-99a-5p</i> and <i>miR-99a-3p</i>). .  Cells9 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

  • Okishio K, Morita R, Shimizu J, Saito H, Sakai H, Kim YH, Hataji O, Yomota M, Nishio M, Aoe K, Kanai O, Kumagai T, Kibata K, Tsukamoto H, Oizumi S, Fujimoto D, Tanaka H, Mizuno K, Masuda T, Kozuki T, Haku T, Suzuki H, Okamoto I, Hoshiyama H, Yada N, Ohe Y .  Nivolumab treatment of elderly Japanese patients with non-small cell lung cancer: subanalysis of a real-world retrospective observational study (CA209-9CR). .  ESMO open5 ( 4 )   2020年7月

  • Yamada Y, Nohata N, Uchida A, Kato M, Arai T, Moriya S, Mizuno K, Kojima S, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N .  Replisome genes regulation by antitumor miR-101-5p in clear cell renal cell carcinoma. .  Cancer science111 ( 4 ) 1392 - 1406   2020年4月

     詳細を見る

  • Morita R, Okishio K, Shimizu J, Saito H, Sakai H, Kim YH, Hataji O, Yomota M, Nishio M, Aoe K, Kanai O, Kumagai T, Kibata K, Tsukamoto H, Oizumi S, Fujimoto D, Tanaka H, Mizuno K, Masuda T, Kozuki T, Haku T, Suzuki H, Okamoto I, Hoshiyama H, Ueda J, Ohe Y .  Real-world effectiveness and safety of nivolumab in patients with non-small cell lung cancer: A multicenter retrospective observational study in Japan. .  Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)140   8 - 18   2020年2月

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 八木 朋子, 福田 宏正, 武田 亜矢, 井上 博雅 .  肺実質への進展が確認された気管支内腔型肺過誤腫の1例 .  気管支学42 ( 6 ) 524 - 528   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    <p><b>背景.</b>肺過誤腫は肺良性腫瘍の中で最も多いが,そのほとんどが肺実質型であり,気管支内腔型は比較的稀である.<b>症例.</b>40歳男性.閉塞性肺炎を契機に当科に入院となり,胸部CTで左下葉支内に腫瘍を指摘された.気管支鏡検査で左下葉支より突出する表面平滑なポリープ状腫瘍を認めた.生検で確定診断に至らず,後日,高周波スネアによる内視鏡的切除を行い軟骨性過誤腫と病理診断した.左B<sup>6</sup>c内腔に腫瘍が残存したため,根治術目的で胸腔鏡補助下左肺下葉S<sup>6</sup>区域切除術を施行したところ,術後病理で気管支内腫瘍の一部が肺実質にも進展していた.<b>結論.</b>気管支内腫瘍に対し気管支鏡下切除術を施行したところ,肺実質への進展も確認された肺過誤腫の症例を経験した.気管支内腔型肺過誤腫の診断に際しては,肺実質への進展を伴う症例もあり,その治療には注意が必要である.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.42.6_524

  • Tanigawa K, Mizuno K, Kamenohara Y, Unoki T, Misono S, Inoue H .  Effect of bevacizumab on brain radiation necrosis in anaplastic lymphoma kinase-positive lung cancer. .  Respirology case reports7 ( 7 ) e00454   2019年10月

     詳細を見る

  • Sanada H, Seki N, Mizuno K, Misono S, Uchida A, Yamada Y, Moriya S, Kikkawa N, Machida K, Kumamoto T, Suetsugu T, Inoue H .  Involvement of Dual Strands of <i>miR-143</i> (<i>miR-143-5p</i> and <i>miR-143-3p</i>) and Their Target Oncogenes in the Molecular Pathogenesis of Lung Adenocarcinoma. .  International journal of molecular sciences20 ( 18 )   2019年9月

     詳細を見る

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 安田 俊介, 福田 宏正, 井上 博雅 .  ニボルマブが奏効した進行肺癌と食道癌の同時性重複癌の1例 .  日本呼吸器学会誌8 ( 4 ) 273 - 277   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    症例は69歳、男性。左肺扁平上皮癌stage IIIBと胸部中部食道扁平上皮癌の同時性重複癌と診断し、化学療法を継続したが、病状は徐々に進行。6次治療ではあったが、performance status(PS)が良好であったので、ニボルマブ(nivolumab)投与を開始したところ、pseudoprogressionを経て肺癌と食道癌はいずれも縮小した。免疫チェックポイント阻害剤が奏効した同時性重複癌の報告は稀であり報告する。(著者抄録)

  • Misono S, Seki N, Mizuno K, Yamada Y, Uchida A, Sanada H, Moriya S, Kikkawa N, Kumamoto T, Suetsugu T, Inoue H .  Molecular Pathogenesis of Gene Regulation by the <i>miR-150</i> Duplex: <i>miR-150-3p</i> Regulates <i>TNS4</i> in Lung Adenocarcinoma. .  Cancers11 ( 5 )   2019年4月

     詳細を見る

  • Uchida A, Seki N, Mizuno K, Yamada Y, Misono S, Sanada H, Kikkawa N, Kumamoto T, Suetsugu T, Inoue H .  Regulation of <i>KIF2A</i> by Antitumor <i>miR-451a</i> Inhibits Cancer Cell Aggressiveness Features in Lung Squamous Cell Carcinoma. .  Cancers11 ( 2 )   2019年2月

     詳細を見る

  • Uchida A, Seki N, Mizuno K, Misono S, Yamada Y, Kikkawa N, Sanada H, Kumamoto T, Suetsugu T, Inoue H .  Involvement of dual-strand of the miR-144 duplex and their targets in the pathogenesis of lung squamous cell carcinoma. .  Cancer science110 ( 1 ) 420 - 432   2019年1月

     詳細を見る

  • Misono S, Seki N, Mizuno K, Yamada Y, Uchida A, Arai T, Kumamoto T, Sanada H, Suetsugu T, Inoue H .  Dual strands of the miR-145 duplex (miR-145-5p and miR-145-3p) regulate oncogenes in lung adenocarcinoma pathogenesis. .  Journal of human genetics63 ( 10 ) 1015 - 1028   2018年10月

     詳細を見る

  • Suetsugu T, Koshizuka K, Seki N, Mizuno K, Okato A, Arai T, Misono S, Uchida A, Kumamoto T, Inoue H .  Downregulation of matrix metalloproteinase 14 by the antitumor miRNA, miR-150-5p, inhibits the aggressiveness of lung squamous cell carcinoma cells. .  International journal of oncology52 ( 3 ) 913 - 924   2018年3月

     詳細を見る

  • Uchida A, Samukawa T, Kumamoto T, Ohshige M, Hatanaka K, Nakamura Y, Mizuno K, Higashimoto I, Sato M, Inoue H .  Napsin A levels in epithelial lining fluid as a diagnostic biomarker of primary lung adenocarcinoma. .  BMC pulmonary medicine17 ( 1 ) 195   2017年12月

     詳細を見る

  • Tominaga H, Setoguchi T, Shimada H, Nagano S, Sasaki H, Ishidou Y, Sato M, Mizuno K, Inoue H, Komiya S .  Prognostic factors in patients with skeletal-related events at non-small-cell lung cancer diagnosis. .  Molecular and clinical oncology7 ( 5 ) 897 - 902   2017年11月

     詳細を見る

  • Koshizuka K, Hanazawa T, Fukumoto I, Kikkawa N, Matsushita R, Mataki H, Mizuno K, Okamoto Y, Seki N .  Dual-receptor (EGFR and c-MET) inhibition by tumor-suppressive miR-1 and miR-206 in head and neck squamous cell carcinoma. .  Journal of human genetics62 ( 1 ) 113 - 121   2017年1月

     詳細を見る

  • Samukawa T, Matsumoto K, Tsukuya G, Koriyama C, Fukuyama S, Uchida A, Mizuno K, Miyahara H, Kiyohara Y, Ninomiya T, Inoue H .  Development of a self-scored persistent airflow obstruction screening questionnaire in a general Japanese population: the Hisayama study. .  International journal of chronic obstructive pulmonary disease12   1469 - 1481   2017年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 谷川 健悟, 水野 圭子, 松山 洋美, 鵜木 泰自, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 隈元 朋洋, 内田 章文, 井上 博雅 .  転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療後の放射線脳壊死に対してベバシズマブが奏功したALK陽性肺癌の4例 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 宇都 寛高, 松山 洋美, 堂嶽 洋一, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  腫瘍 薬物療法 当院におけるROS1遺伝子転座陽性肺癌の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 今村 信宏, 俣木 浩子, 亀之原 佑介, 坂上 公太, 萩原 陽子, 籾 博晃, 岩川 純, 水野 圭子, 井上 博雅 .  6次治療としてニボルマブを投与し、良好な治療効果がえられた肺多型癌術後再発の1例 .  肺癌  2017年4月  (NPO)日本肺癌学会

  • 大脇 一人, 隈元 朋洋, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 籾 博晃, 岩川 純, 太良 哲彦, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌におけるT790M変異発現に影響する因子の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 末次 隆行, 谷川 健悟, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 田村 誠也, 水野 圭子, 岩川 純, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるafatinib投与の観察研究 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 末次 隆行, 水野 圭子, 下大田 さと子, 井上 博雅, 高橋 毅行, 寺薗 英之, 新田 美奈 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるAfatinib血中濃度についての検討 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 坂上 公太, 寒川 卓哉, 籾 博晃, 岩川 純, 内田 章文, 窪田 幸司, 渡辺 正樹, 水野 圭子, 東元 一晃, 井上 博雅 .  びまん性肺疾患におけるBALF中の総細胞数・リンパ球数・B細胞数とBAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)に関する検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 松山 洋美, 寒川 卓哉, 大重 雅寛, 三山 英夫, 籾 博晃, 内田 章文, 坂上 公太, 窪田 幸司, 渡辺 正樹, 町田 健太朗, 水野 圭子, 井上 博雅 .  びまん性肺疾患におけるBALF中の総細胞数・リンパ球数・B細胞数・BAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)と血清BAFF値の検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 冨岡 勇也, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 籾 博晃, 岩川 純, 水野 圭子, 東元 一晃, 井上 博雅 .  オシメルチニブによる薬剤性肺障害の1例 .  肺癌  2017年4月  (NPO)日本肺癌学会

  • 鵜木 泰自, 籾 博晃, 上川路 和人, 三山 英夫, 水野 圭子, 井上 博雅 .  オシメルチニブを投与したEGFR T790M変異陽性非小細胞肺癌の臨床経過 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 堂嶽 洋一, 新村 昌弘, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  クリゾチニブの投与を行ったROS1遺伝子転座陽性肺腺癌の2症例 .  気管支学  2019年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 堂嶽 洋一, 新村 昌弘, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  クリゾチニブの投与を行ったROS1遺伝子転座陽性肺腺癌の2症例 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 冨岡 勇也, 萩原 陽子, 堂嶽 洋一, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  ペムブロリズマブの投与を行なった進行非小細胞肺癌症例の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 宮田 真里奈, 末次 隆行, 福田 宏正, 砂永 祐介, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当科における非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 里薗 弥々, 鵜木 泰自, 新村 昌弘, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院におけるALK遺伝子転座陽性肺癌の後方視的検討 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 八木 朋子, 俣木 浩子, 美園 俊祐, 籾 博晃, 岩川 純, 浜崎 哲郎, 是枝 快房, 川畠 寿史, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院における進行非小細胞肺癌に対するニボルマブ使用症例の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 大重 雅寛, 寒川 卓哉, 松山 洋美, 三山 英夫, 籾 博晃, 内田 章文, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 渡辺 正樹, 水野 圭子, 井上 博雅 .  抗ARS抗体症候群と慢性線維性間質性肺炎(CFIP)における血清およびBALF中BAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)値の解析 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 内田 章文, 寒川 卓哉, 坂上 公太, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 渡辺 正樹, 水野 圭子, 東元 一晃, 井上 博雅 .  抗ARS抗体症候群におけるBAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)値の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 永田 雄大, 福田 宏正, 砂永 祐介, 隈元 朋洋, 三山 英夫, 久保田 真吾, 末次 隆行, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  日常臨床におけるdurvalumabの安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 寺薗 英之, 高橋 毅行, 菅原 英輝, 新田 美奈, 中嶋 洋生, 水野 圭子, 井上 博雅, 武田 泰生 .  第3回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 薬剤師の科学的視点から臨床情報を活用する 分子標的薬アファチニブの血中濃度測定による個別化医療 .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 下馬場 健一, 高木 弘一, 坂上 公太, 新村 昌弘, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  肺線維症の病因・病態 びまん性肺疾患の病態におけるTET遺伝子の関わり .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 冨岡 勇也, 谷川 健悟, 美園 俊祐, 萩原 陽子, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  RNAシークエンスに基づくマイクロRNA発現プロファイルの作成 治療性抵抗性小細胞肺癌での解析 .  日本呼吸器学会誌  2023年3月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松山 洋美, 松山 崇弘, 安田 俊介, 冨岡 勇也, 大脇 一人, 美園 俊祐, 近藤 清貴, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  経気管支肺生検で診断し得た軟骨肉腫肺転移の一例 .  気管支学  2022年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 近藤 清貴, 原田 陽一郎, 水野 圭子, 谷口 直之, 金蔵 拓郎, 堂前 直, 中ノ 三弥子, 井上 博雅 .  細胞外小胞のN結合型糖鎖構修飾されたタンパクの解析により肺癌の組織型を診断できる .  日本癌学会総会記事  2021年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 高橋 毅行, 寺薗 英之, 末次 隆行, 菅原 英輝, 有馬 純子, 新田 美奈, 田邉 徹, 奥津 果優, 水野 圭子, 井上 博雅, 武田 泰生 .  第二世代上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬アファチニブ血中濃度の適正使用に向けて .  日本臨床薬理学会学術総会抄録集  2021年12月  (一社)日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 鶴薗 健太郎, 冨岡 勇也, 大脇 一人, 谷川 健悟, 美園 俊祐, 近藤 清貴, 内田 章文, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院の進行肺腺癌症例におけるTTF-1発現とペメトレキセド(PEM)の治療反応性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2022年4月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 米 未紀子, 安田 俊介, 里村 緑, 谷川 健悟, 美園 俊祐, 内田 章文, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院で経験した胸腺癌症例の検討 .  日本呼吸器学会誌  2022年4月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 藤崎 志郎, 上川路 和人, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当科における大細胞神経内分泌癌の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2021年4月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 森田 薫, 美園 俊祐, 宇都 寛高, 里薗 弥々, 政田 豊, 近藤 清貴, 久保田 真吾, 町田 健太朗, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当科におけるMET遺伝子exon14 skipping陽性肺癌に対する治療経験 .  日本呼吸器学会誌  2023年3月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 冨岡 勇也, 松山 崇弘, 安田 俊介, 大脇 一人, 美園 俊祐, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  妊娠中に気管内に静脈瘤が観察されたKlippel-Trenaunay-Weber症候群の1例 .  気管支学  2022年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小園 智樹, 萩原 陽子, 宇都 寛高, 里薗 弥々, 政田 豊, 新村 昌弘, 久保田 真吾, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  ニボルマブ+イピリムマブ併用療法を行った悪性胸膜中皮腫の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2023年3月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大庭 優士, 安田 俊介, 鶴薗 健太郎, 冨岡 勇也, 松山 崇弘, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅, 田畑 和宏, 谷本 昭英 .  イピリムマブ+ニボルマブ+カルボプラチン+ペメトレキセド併用療法で視力の改善が得られた脈絡膜転移を有する肺腺癌の1例 .  肺癌  2022年4月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示