基本情報

写真a

髙﨑 州亜

Kunitsugu Takasaki


職名

講師

プロフィール

心時相解析を用いた心疾患の心機能評価

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター,講師,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本超音波学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心エコー図学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 心エコー

  • 循環器

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Validity of a novel method for estimating low-density lipoprotein cholesterol levels in diabetic patients.,J Atheroscler Thromb ,23巻 12号 (頁 1355 ~ 1364) ,2016年12月,Chaen H, Kinchiku S, Miyata M, Kajiya S, Uenomachi H, Yuasa T, Takasaki K, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 日本語,RAS研究 - ラボの最前線 -.鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学教室.,Angiotensin Research.,12巻 (頁 60 ~ 62) ,2015年01月,髙﨑州亜, 大石 充.

    研究論文(その他学術会議資料等),査読有り,共著

  • 英語,Prosthetic tricuspid valve dysfunction assessed by three-dimensional transthracic and transesophageal echocardiography.,J Echocardiogr,11巻 (頁 97 ~ 99) ,2013年,Yuasa T, Takasaki K, Mizukami N, Ueya N, Kubota K, Horizoe Y, Chaen H, Kuwahara E, Kisanuki A, Hamasaki S.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Left ventricular dysfunction assessed by cardiac time interval analysis among different geometric patterns in untreated hypertension.,Circ J.,76巻 6号 (頁 1409 ~ 1414) ,2012年03月,Takasaki K, Miyata M, Imamura M, Yuasa T, Kuwahara E, Kubota K, Kono M, Ueya N, Horizoe Y, Chaen H, Mizukami N, Kisanuki A, Hamasaki S, Tei C

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Left ventricular dysfunction assessed by cardiac time interval analysis among different geometric patterns in untreated hypertension.,Circ J.,76巻 6号 (頁 1409 ~ 1414) ,2012年01月,Takasaki K, Miyata M, Imamura M, Yuasa T, Kuwahara E, Kubota K, Kono M, Ueya N, Horizoe Y, Chaen H, Mizukami N, Kisanuki A, Hamasaki S, Tei C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「今日の心臓手術の適応と至適時期」(吉川純一 監修) Ⅱ 弁膜疾患の手術適応と至適時期 4. 僧帽弁逆流:内科 , 文光堂,2011年01月,高崎州亜、鄭忠和

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「診療に活かす心機能評価」(北風政史 編) 第二部 心機能評価のモダリティを使いこなす 3. 心エコーから判ること ⑧臨床に使用されるエコーのインデックス (Tei index), 羊土社,2010年01月,高崎州亜、鄭忠和

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「拡張期学 Diastologyのすべて」(大木崇、竹中克 編) Ⅱ 左室拡張不全の診断 2. 心エコー・ドプラ検査 2)パルスドプラ法 ④Tei index ,文光堂,2010年01月,高崎州亜、鄭忠和

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,心エコー図を活用した心不全の一次予防.,日本循環器病予防学会誌,49巻 (頁 26 ~ 30) ,2014年,宮田昌明, 髙﨑州亜, 湯淺敏典, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,肥大型心筋症, medicina,44巻 (頁 169 ~ 174) ,2007年01月,高崎州亜、鄭忠和

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,総合的心機能の評価. Tei indexによる左室全体の機能評価., 心エコー,7巻 (頁 998 ~ 1005) ,2006年01月,高崎州亜、鄭忠和

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語, 総合的心機能の評価. Tei indexによる左室全体の機能評価., 心エコー,7巻 (頁 998 ~ 1005) ,2006年01月,高崎州亜、鄭忠和

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語, 心エコーの実際 (Ⅷ) 心エコーによる心機能評価. 左室収縮能・左室拡張能, 総合臨床,51巻 (頁 160 ~ 168) ,2002年01月,高崎州亜、尾辻豊、鄭忠和

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第20回 日本心不全学会学術集会,国内会議,2016年10月,札幌,A case of pleuritis due to left ventricular aneurysm in the Legion of overlapping cardiac volume reduction operation.,その他

  • 第64回 日本心臓病学会学術集会,国内会議,2016年09月,東京,心疾患患者において単一定量負荷時の酸素摂取量立ち上がり時定数は拡張早期僧帽弁輪移動速度と関連する.,その他

  • 第64回 日本心臓病学会学術集会,国内会議,2016年09月,東京,大動脈弁置換術後に形成されたmitral-aortic intervalvular fibrosaの仮性瘤を3Dエコーで評価しえた1例.,その他

  • European Society of Cardiology (ESC) Congress 2016,国際会議,2016年08月,イタリア, ローマ,Left atrial global longitudinal strain is useful for predicting pulmonary capillary wedge pressure in patients with heart disease. ,その他

  • European Society of Cardiology (ESC) Congress 2016,国際会議,2016年08月,イタリア, ローマ,The validity of a novel method for estimating low-density lipoprotein cholesterol levels in diabetic patients.,その他

全件表示 >>