基本情報

写真a

伊藤 隆史

Takashi Ito


職名

特任准教授

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学総合研究科 寄附講座 システム血栓制御学講座,特任講師,2011年01月 ~ 2014年12月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 救命救急センター,講師,2015年01月 ~ 2019年12月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 システム血栓制御学講座,特任准教授,2020年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血栓止血学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 救急医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Leukocyte- derived extracellular DNA contributes to abnormal pressure elevation in the extracorporeal circulation circuit.,Sci Rep.,10巻 1号 (頁 474 ~ ) ,2020年01月,Yashima N, Ito T, Kajiyama K, Maeda H, Kakihana Y, Maruyama I.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Serum histone H3 levels and platelet counts are potential markers for coagulopathy with high risk of death in septic patients: a single-center observational study.,J Intensive Care.,7巻 (頁 63 ~ ) ,2019年12月,Ito T, Totoki T, Yokoyama Y, Yasuda T, Furubeppu H, Yamada S, Maruyama I, Kakihana Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recombinant Thrombomodulin Suppresses Histone-Induced Neutrophil Extracellular Trap Formation.,Front Immunol.,10巻 (頁 2535 ~ ) ,2019年10月,Shrestha B, Ito T, Kakuuchi M, Totoki T, Nagasato T, Yamamoto M, Maruyama I.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of glycemic control and hypoglycemia on Thrombus formation assessed using automated microchip flow chamber system: an exploratory observational study.,Thromb J.,17巻 (頁 17 ~ ) ,2019年09月,Yamamoto K, Ito T, Nagasato T, Shinnakasu A, Kurano M, Arimura A, Arimura H, Hashiguchi H, Deguchi T, Maruyama I, Nishio Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Fulminant myocarditis associated with severe fever with thrombocytopenia syndrome: a case report.,BMC Infect Dis.,19巻 1号 (頁 266 ~ ) ,2019年03月,Miyamoto S, Ito T, Terada S, Eguchi T, Furubeppu H, Kawamura H, Yasuda T, Kakihana Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,臨床に直結する血栓止血学,中外医学社,2018年10月,伊藤隆史

    単行本(学術書),PAMPs/DAMPsとDICの臨床,共著

  • 日本語,麻酔・手術後の患者管理,克誠堂出版,2016年03月,伊藤隆史・垣花泰之

    単行本(学術書),4. F e. 肺血栓塞栓症,共著

  • 日本語,新・血栓止血血管学「凝固と炎症」,金芳堂,2015年09月,伊藤隆史

    単行本(学術書),19 炎症に伴う血液凝固異常,共著

  • 日本語,新・血栓止血血管学「血管と血小板」,金芳堂,2015年08月,伊藤隆史

    単行本(学術書),26 感染症と血小板,共著

  • 日本語,ファーマナビゲーターDIC編,メディカルレビュー社,2014年11月,伊藤隆史

    単行本(学術書),Chapter 5 PAMPs/DAMPs,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,CRASH試験を紐解き、トラネキサム酸の有用性に迫る,日本血栓止血学会誌,31巻 3号 (頁 325 ~ 333) ,2020年06月,伊藤隆史・和中敬子・Ian Roberts

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Thrombomodulin in disseminated intravascular coagulation and other critical conditions-a multi-faceted anticoagulant protein with therapeutic potential.,Crit Care.,23巻 1号 (頁 280 ~ ) ,2019年,Ito T, Thachil J, Asakura H, Levy JH, Iba T.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,敗血症における血栓形成の生理と病理,日本外科感染症学会雑誌,14巻 6号 (頁 705 ~ 711) ,2017年12月,八島望, 伊藤隆史, 垣花泰之, 丸山征郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,DAMP and DIC: The role of extracellular DNA and DNA-binding proteins in the pathogenesis of DIC,Blood Rev.,30巻 4号 (頁 257 ~ 261) ,2016年07月,Liaw P, Ito T, Iba T, Thachil J, Zeerleder S

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,敗血症性DICにおけるトロンボモジュリンの位置づけ,臨床血液,57巻 4号 (頁 405 ~ 411) ,2016年04月,伊藤隆史

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第47回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2020年03月,Mechanism-based anticoagulant strategy in sepsis-associated DIC,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第47回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2020年03月,目で視て考える、侵襲に対する宿主応答と臓器障害,口頭(招待・特別)

  • 第14回日本血栓止血学会学術集会SSCシンポジウム,国内会議,2020年02月,HIT部会 4. 代替抗凝固薬をどのように使用すべきか?,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 9th International DAMPs and Alarmins Symposium (9th iDEAs),国際会議,2019年11月,岡山,Circulating histone H3 as an indicator/inducer of DIC and organ failure,口頭(一般)

  • 第120回近畿救急医学研究会,国内会議,2019年07月,大阪,図解 敗血症学,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>