基本情報

写真a

伊藤 隆史

Takashi Ito


職名

講師

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学総合研究科 寄附講座 システム血栓制御学講座,特任講師,2011年01月 ~ 2014年12月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 救命救急センター,講師,2015年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血栓止血学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本集中治療医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Cleavage of host cytokeratin-6 by lysine-specific gingipain induces gingival inflammation in periodontitis patients.,PLoS One,10巻 2号 (頁 e0117775 ~ ) ,2015年02月,Tancharoen S, Matsuyama T, Kawahara K, Tanaka K, Lee LJ, Machigashira M, Noguchi K, Ito T, Imamura T, Potempa J, Kikuchi K,Maruyama I.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Hyaluronan protection of corneal endothelial cells against extracellular histones after phacoemulsification,Journal of Cataract & Refractive Surgery,40巻 11号 (頁 1885 ~ 1893) ,2014年11月,Kawano H, Sakamoto T, Ito T, Miyata K, Hashiguchi T, Maruyama I

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,HMGB1 Promotes the Development of Pulmonary Arterial Hypertension in Rats.,PLoS One,9巻 7号 (頁 e102482 ~ ) ,2014年07月,Sadamura-Takenaka Y, Ito T, Noma S, Oyama Y, Yamada S, Kawahara K, Inoue H, Maruyama I.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Toxic effects of extracellular histones and their neutralization by vitreous in retinal detachment.,Lab Invest.,94巻 5号 (頁 569 ~ 585) ,2014年05月,Kawano H, Ito T, Yamada S, Hashiguchi T, Maruyama I, Hisatomi T, Nakamura M, Sakamoto T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recombinant Thrombomodulin Protects Mice against Histone-Induced Lethal Thromboembolism.,PLoS One.,8巻 9号 (頁 e75961 ~ ) ,2013年09月,Nakahara M, Ito T, Kawahara K, Yamamoto M, Nagasato T, Shrestha B, Yamada S, Miyauchi T, Higuchi K, Takenaka T, Yasuda T, Matsunaga A, Kakihana Y, Hashiguchi T, Kanmura Y, Maruyama I.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,麻酔・手術後の患者管理,克誠堂出版,2016年03月,伊藤隆史・垣花泰之

    単行本(学術書),4. F e. 肺血栓塞栓症,共著

  • 日本語,新・血栓止血血管学「凝固と炎症」,金芳堂,2015年09月,伊藤隆史

    単行本(学術書),19 炎症に伴う血液凝固異常,共著

  • 日本語,新・血栓止血血管学「血管と血小板」,金芳堂,2015年08月,伊藤隆史

    単行本(学術書),26 感染症と血小板,共著

  • 日本語,ファーマナビゲーターDIC編,メディカルレビュー社,2014年11月,伊藤隆史

    単行本(学術書),Chapter 5 PAMPs/DAMPs,共著

  • 英語,Pathogenesis and Treatment of Periodontitis,InTech,2012年01月,Yoko Morimoto-Yamashita, Masayuki Tokuda, Takashi Ito, Kiyoshi Kikuchi, Ikuro Maruyama, Mitsuo Torii and Ko-ichi Kawahara.

    単行本(学術書),Chapter 9 Japanese Apricot (Ume): A Novel Therapeutic Approach for the Treatment of Periodontitis,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,DAMP and DIC: The role of extracellular DNA and DNA-binding proteins in the pathogenesis of DIC,Blood Rev.,30巻 4号 (頁 257 ~ 261) ,2016年07月,Liaw P, Ito T, Iba T, Thachil J, Zeerleder S

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,敗血症性DICにおけるトロンボモジュリンの位置づけ,臨床血液,57巻 4号 (頁 405 ~ 411) ,2016年04月,伊藤隆史

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Sepsis-induced myocardial dysfunction: pathophysiology and management,J Intensive Care,4巻 (頁 22 ~ ) ,2016年03月,Kakihana Y, Ito T, Nakahara M, Yamaguchi K, Yasuda T

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Potential diagnostic markers for disseminated intravascular coagulation of sepsis,Blood Rev.,30巻 2号 (頁 149 ~ 155) ,2016年03月,Iba T, Ito T, Maruyama I, Jilma B, Brenner T, Müller MC, Juffermans NP, Thachil J.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Thrombomodulin as an intravascular safeguard against inflammatory and thrombotic diseases,Expert Opin Ther Targets,20巻 2号 (頁 151 ~ 158) ,2016年02月,Ito T, Kakihana Y, Maruyama I.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第44回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2017年03月,北海道,本邦ICUにおけるHIT発症頻度の解析ならびに新規検査法の展望,口頭(一般)

  • 第44回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2017年03月,北海道,敗血症の病態と定義を再考する,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第44回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2017年03月,北海道,敗血症性DICにおける血栓形成の生理と病理,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第11回日本血栓止血学会SSCシンポジウム,国内会議,2017年01月,東京,敗血症の病態を形づくるもの,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第44回日本救急医学会総会・学術集会,国内会議,2016年11月,東京,好中球→NETs→ヒストンと敗血症性臓器障害,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>