基本情報

写真a

小谷 知也

KOTANI Tomonari


職名

教授

研究室住所

鹿児島市下荒田4丁目50番20号

研究分野・キーワード

生物餌料、ワムシ、カイアシ類、仔魚

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-286-4192

研究室FAX

099-286-4015

ホームページ

https://www.facebook.com/LarvalRearingLabo.fish.KagoshimaUniv

プロフィール

・海産ツボワムシ類の培養方法の違いが生物学的特性、生理活性および栄養強化成績におよぼす影響について
・海産カイアシ類大量培養法の開発・海産魚類種苗生産における餌料系列の見直し

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学  水産学部  水産学科

    大学,1994年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),水圏生産科学,長崎大学,課程,1999年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科,准教授,2010年10月 ~ 2018年09月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科,教授,2018年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 長崎県産業振興財団,研究員,2002年05月 ~ 2004年03月

  • 福山大学 生命工学部,准教授,2004年04月 ~ 2010年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Asian Fisheries Society,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • European Aquaculture Society,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • World Aquaculture Society,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本魚病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本プランクトン学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 種苗生産

  • 水圏生命科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effect of oil enrichment on Brachionus plicatilis rotifer and first feeding red sea bream (Pagrus major) and Japanese flounder (Paralichthys olivaceus),Aquaculture,510巻 (頁 73 ~ 83) ,2019年08月,Viliame Waqalevu,Akinobu Honda,Serge Dossou,Tran Nguyen Duy Khoa,Hideaki Matsui,Kumbukani Mzengereza,Hanlin Liu,Manabu Ishikawa,Kazuhiro Shiozaki,Tomonari Kotani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Enrichment effect on two Brachionus plicatilis sp. complex morphotypes fed three nutritional enrichment diets,Aquaculture Science,67巻 2号 (頁 139 ~ 155) ,2019年07月,Viliame Waqalevu,Hideaki Matsui,Akinobu Honda,Serge Dossou,Atsushi Yamamoto,Kazuhiro Shiozaki,Tomonari Kotani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Sex change in protogynous fish red-belted anthias Pseudanthias rubrizonatus (Serranidae) in Kagoshima Bay, Japan,Journal of Ichthyology,59巻 3号 (頁 366 ~ 371) ,2019年06月,Oki Hayasaka,Hideaki Matsui,Midori Matsuoka,Morihiko Yamada,Tomonari Kotani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Green light irradiation during sex differentiation induces female-to-male sex reversal in the medaka Oryzias latipes,Scientific Reports,9巻 (頁 2383 ~ ) ,2019年02月,Oki Hayasaka,Yutaka Takeuchi,Kazuhiro Shiozaki,Kazuhiko Anraku,Tomonari Kotani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Spectrophotometry can monitor changes in algal metabolism triggered by nutrient deficiency in Nannochloropsis oculata cultured under various light-emitting diode light regimes,Fisheries Science,85巻 1号 (頁 167 ~ 176) ,2019年01月,Hideaki Matsui,Kazuhiko Anraku,Tomonari Kotani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecotoxicology,Springer Singapore,2017年09月,Tomonari Kotani

    単行本(学術書),Enrichment of rotifers, and its effect on the growth and survival of fish larvae,単著

  • 英語,Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecotoxicology,Springer Singapore,2017年09月,Tomonari Kotani

    単行本(学術書),The current status of the morphological classification of rotifer strains used in aquaculture,単著

  • 英語,Early development and metabolism,Sparidae: Biology and Aquaculture of Gilthead Sea Bream and Other Species. Blackwell Publishing Ltd. UK.,2011年03月,Manuel Yufera, Luis E. C. Conceicao, Stephen Battaglene, Hiroshi Fushimi, Tomonari Kotani

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Intensive cultivation of a subtropical paracalanid copepod, Parvocalanus sp., as prey for small marine fish larvae,Copepods in Aquaculture. Blackwell Publishing. Ames, USA,2005年05月,Robin J. Shields, Tomonari Kotani, Augustin Molnar, Kimo Marion, Jon Kobashigawa, Larren Tang

    単行本(学術書),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,水棲動物用餌料の製造方法,小谷知也,永田兼大,垣内美由紀,松井英明,石堂博司

    出願番号( 2018-079526,2018年04月18日 ) ,日本国

  • 特許,魚類の性転換誘導方法、魚類の性転換誘導装置及び魚類の性統御方法,小谷知也,早坂央希,竹内裕

    出願番号( 2018-048113,2018年03月15日 ) ,日本国

  • 特許,水生生物の飼育システム及び水生生物の飼育方法,小谷知也,片山大祐,宮内翔二郎,中島潔,一ノ瀬武宏,藤田知一,深川光介

    出願番号( 2017-043542,2017年03月08日 ) ,日本国

  • 特許,ウナギ飼育方法,小谷知也,永田兼大

    出願番号( 2017-042392,2017年03月07日 ) ,日本国,あり

  • 特許,微細藻類の培養方法及びデータ解析装置,小谷知也,松井英明

    出願番号( 2017-038263,2017年03月01日 ) ,日本国

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 日本水産学会秋期大会,国内会議,2016年09月,有用微細藻類Nannochloropsis oculataとIsochrysis sp.タヒチ産株の吸光特性を用いた栄養塩利用形態の変化時期の推定,口頭(一般)

  • 平成28年度日本水産学会春季大会,国内会議,2016年03月,東京海洋大学,フィリピン産ウナギAnguilla bicolor bicolor飼育時に用いる照明光波長の違いによる成長への影響,ポスター(一般)

  • 平成28年度日本水産学会春季大会,国内会議,2016年03月,東京海洋大学,微細藻類Nannochloropsis oculataの増殖および生化学組成に対する光波長の影響,ポスター(一般)

  • 平成28年度日本水産学会春季大会,国内会議,2016年03月,東京海洋大学,培養した海産カイアシ類Pseudodiaptomus inopinusのみの給餌がマダイ仔魚に与える効果,ポスター(一般)

  • 平成25年度日本水産学会春季大会,国内会議,2013年03月,東京,海産ツボワムシ類極性脂質中n-3HUFAの強化方法の検討,その他

全件表示 >>