基本情報

写真a

森山 孝宏

Takahiro Moriyama


職名

講師

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 麻酔全身管理センター,講師,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本集中治療医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本麻酔科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 集中治療医学

  • 麻酔・蘇生学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Comparison of three early biomarkers for acute kidney injury after cardiac surgery under cardiopulmonary bypass,Journal of Intesive Care,4:41巻 ,2016年06月,Moriyama T, Hagihara S, Shiramomo T, Nagaoka M, Iwakawa S, Kanmura Y

    DOI:10.1186/s40560-016-0164-1,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Continuous rocuronium administration method based on pharmacokinetic/pharmacodynamics model during propofol, sevoflurane, and desflurane anesthesia,Open Journal of Anesthesiology,6巻 5号 (頁 77 ~ 84) ,2016年05月,Moriyama T, Irie Y, Mukaihara K, Ishizuka K, Matsunaga A, Kanmura Y

    DOI:10.4236/ojanes.2016.65013 ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,麻酔科学

  • 英語,Effective method of continuous rocuronium administration based on effectsite concentrations using a pharmacokinetic/pharmacodynamic model during propofol-remifentanil anesthesia,Journal of Anesthesia,29巻 4号 (頁 593 ~ 599) ,2015年04月,Moriyama T, Matsunaga A, Nagata O, Enohata K, Kamikawaji T, Uchino E, Kanmura Y

    DOI: 10.1007/s00540-015-1991-2,研究論文(学術雑誌),査読無し,共著,麻酔科学

  • 日本語,【術後合併症を起こした患者の麻酔】冠動脈バイパス術後の再開胸 循環管理と並行して、早期の診断・治療,LiSA・メディカル・サイエンス・インターナショナル,17巻 5号 (頁 450 ~ 453) ,2010年05月,森山孝宏

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Effects of a Novel Benzodiazepine Derivative, JM-1232(-), on Human Gastroepiploic Artery In Vitro. ,Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia・ELSEVIER,2010年,Moriyama T. , Tsuneyoshi I. , Kanmura Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2018年03月,プロポフォール注入症候群発症の機序解明とカルニチンによる抑制効果,森山孝宏

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第43回日本集中治療医学会学術集会,国内会議,2016年02月,神戸国際展示場、神戸ポートピアホテル,プロポファールによる脂肪酸代謝抑制に対する糖・アミノ酸代謝の反応,口頭(一般),麻酔科学

  • Anesthesiology 2015,国際会議,2015年10月,San Diego Convention Center,Examination about the continuous administration method of rocuronium based on simulated effective concentration using pharmacokinetic/pharmacodynamic model,ポスター(一般),麻酔科学

  • (公社)日本麻酔科学会九州麻酔科学会第53回大会,国内会議,2015年09月,鹿児島,高度気管狭窄患者の自発呼吸下ステント挿入術,その他

  • 日本麻酔科学会第62回学術集会,国内会議,2015年05月,兵庫,薬物動態予測モデルによる予測効果部位濃度を指標としたロクロニウム持続投与法の検討,その他

  • 日本臨床麻酔学会第34回大会,国内会議,2014年11月,東京,全身麻酔下ロクロニウム持続投与における至適投与量の検討,その他

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第13回日本Awake Surgery学会,2015年09月