2021/05/31 更新

写真a

イノウエ ヒロマサ
井上 博雅
INOUE Hiromasa
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 教授
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 1992年5月   九州大学 )

研究キーワード

  • 気道炎症

  • 気道過敏性

  • シグナル伝達

  • 脂質メディエーター

  • サイトカイン

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

経歴

  • 鹿児島大学   呼吸器内科学   教授

    2010年6月 - 現在

所属学協会

  • 日本呼吸器学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本内科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本アレルギー学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本呼吸器内視鏡学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本肺癌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本免疫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本感染症学会

    - 現在

  • 日本リウマチ学会

    - 現在

  • 日本癌学会

    - 現在

  • 日本脂質生化学会

    - 現在

  • 日本炎症・再生医学会

    - 現在

  • 日本アレルギー協会

    - 現在

  • 日本喘息学会

    2000年 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Aizawa K. .  Electrical conductive fluid-rich zones and their influence on the earthquake initiation, growth, and arrest processes: observations from the 2016 Kumamoto earthquake sequence, Kyushu Island, Japan .  Earth, Planets and Space73 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    DOI: 10.1186/s40623-020-01340-w

    Scopus

  • Sakaue S. .  Genetic determinants of risk in autoimmune pulmonary alveolar proteinosis .  Nature Communications12 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-021-21011-y

    Scopus

  • Inoue H. .  Uncontrolled asthma: a retrospective cohort study in Japanese patients newly prescribed with medium-/high-dose ICS/LABA .  npj Primary Care Respiratory Medicine31 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:npj Primary Care Respiratory Medicine  

    DOI: 10.1038/s41533-021-00222-2

    Scopus

  • Misono S. .  Molecular signature of small cell lung cancer after treatment failure: The mcm complex as therapeutic target .  Cancers13 ( 6 ) 1 - 16   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13061187

    Scopus

  • Brightling C.E. .  Effectiveness of fevipiprant in reducing exacerbations in patients with severe asthma (LUSTER-1 and LUSTER-2): two phase 3 randomised controlled trials .  The Lancet Respiratory Medicine9 ( 1 ) 43 - 56   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Lancet Respiratory Medicine  

    DOI: 10.1016/S2213-2600(20)30412-4

    Scopus

  • Matsuyama T. .  Long-acting muscarinic antagonist regulates group 2 innate lymphoid cell-dependent airway eosinophilic inflammation .  Allergy: European Journal of Allergy and Clinical Immunology   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Allergy: European Journal of Allergy and Clinical Immunology  

    DOI: 10.1111/all.14836

    Scopus

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 八木 朋子, 福田 宏正, 武田 亜矢, 井上 博雅 .  肺実質への進展が確認された気管支内腔型肺過誤腫の1例 .  気管支学42 ( 6 ) 524 - 528   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景.肺過誤腫は肺良性腫瘍の中で最も多いが、そのほとんどが肺実質型であり、気管支内腔型は比較的稀である。症例.40歳男性。閉塞性肺炎を契機に当科に入院となり、胸部CTで左下葉支内に腫瘍を指摘された。気管支鏡検査で左下葉支より突出する表面平滑なポリープ状腫瘍を認めた。生検で確定診断に至らず、後日、高周波スネアによる内視鏡的切除を行い軟骨性過誤腫と病理診断した。左B6c内腔に腫瘍が残存したため、根治術目的で胸腔鏡補助下左肺下葉S6区域切除術を施行したところ、術後病理で気管支内腫瘍の一部が肺実質にも進展していた。結論.気管支内腫瘍に対し気管支鏡下切除術を施行したところ、肺実質への進展も確認された肺過誤腫の症例を経験した。気管支内腔型肺過誤腫の診断に際しては、肺実質への進展を伴う症例もあり、その治療には注意が必要である。(著者抄録)

  • Harada Y. .  Glycometabolic Regulation of the Biogenesis of Small Extracellular Vesicles .  Cell Reports33 ( 2 )   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cell Reports  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2020.108261

    Scopus

  • Mizuno K. .  FAM64A: A Novel Oncogenic Target of Lung Adenocarcinoma Regulated by Both Strands of miR-99a (miR-99a-5p and miR-99a-3p) .  Cells9 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cells  

    DOI: 10.3390/cells9092083

    Scopus

  • Nakamura D. .  Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area .  International Journal of Hematology111 ( 2 ) 234 - 240   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-019-02769-w

    Scopus

  • Furukawa Y. .  Successful treatment of an AIDS patient with prolonged Mycobacterium avium bacteremia, high HIV RNA, HBV infection, Kaposi's sarcoma and cytomegalovirus retinitis .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 2 ) 279 - 281   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.08.012

    Scopus

  • Furukawa Yoshitaka, Hamada Heiichiro, Kamikawaji Kazuto, Unoki Taiji, Inoue Hiromasa, Tashiro Yukie, Okamoto Mika, Baba Masanori, Hashiguchi Teruto .  Mycobacterium avium菌血症、HIV RNA高値、HBV感染症、カポジ肉腫、サイトメガロウイルス網膜炎が遷延化していたAIDS患者での治療成功(Successful treatment of an AIDS patient with prolonged Mycobacterium avium bacteremia, high HIV RNA, HBV infection, Kaposi's sarcoma and cytomegalovirus retinitis) .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 2 ) 279 - 281   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    症例は40歳代前半の男性で、HIVに感染しており、高熱、貧血、ALP高値、肺の嚢胞性病変、上胃部痛が持続していたため当院へ紹介され入院となった。当院の検査でMycobacterium avium菌血症、血漿中のHIV-1 RNAコピー数の高値、CD4陽性T細胞数の低値、血清中のB型肝炎ウイルス(HBV)のDNAおよびHBsAg陽性が示された。紹介元の医療施設で行われていた胃の腫瘍に対する生検の所見からはカポジ肉腫が示唆されていた。M.avium菌血症に対し抗抗酸菌治療を開始し、後には抗レトロウイルス療法(ART)を開始するも高熱は収まらなかった。ALP高値から胆管炎を疑いスルバクタム/セフォペラゾン配合剤を投与するも効果はみられなかった。その後も重症の炎症エピソードを繰り返し発症したが、投薬内容を特別に変えなくともそうした炎症エピソードは毎回自然消退していた。M.avium菌血症は当院初診から79日目まで間欠的に検出されており、治療を持続する必要性が示唆された。ART開始から5ヵ月後の時点ではHIV-1のRNAコピー数は依然として高値であったが11ヵ月後には著明に減少し、CD4陽性T細胞数にも回復が認められた。

  • Inoue H. .  Burden and long firing of premature atrial contraction early after catheter ablation predict late recurrence of atrial fibrillation .  Circulation Journal84 ( 6 ) 894 - 901   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0976

    Scopus

  • Inoue H. .  Does HLB disease prefer citrus growing in alkaline soil? .  Japan Agricultural Research Quarterly54 ( 1 ) 21 - 29   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japan Agricultural Research Quarterly  

    DOI: 10.6090/jarq.54.21

    Scopus

  • Wang K. .  Using fractional exhaled nitric oxide to guide step-down treatment decisions in patients with asthma: A systematic review and individual patient data meta-analysis .  European Respiratory Journal55 ( 5 )   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Respiratory Journal  

    DOI: 10.1183/13993003.02150-2019

    Scopus

  • Fujimoto Y. .  Serological survey of influenza A virus infection in Japanese wild boars (Sus scrofa leucomystax) .  Microbiology and Immunology63 ( 12 ) 517 - 522   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Microbiology and Immunology  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12750

    Scopus

  • Shimamoto S. .  Insulin acutely increases glucose transporter 1 on plasma membranes and glucose uptake in an AKT-dependent manner in chicken adipocytes .  General and Comparative Endocrinology283   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:General and Comparative Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2019.113232

    Scopus

  • Tanigawa K. .  Effect of bevacizumab on brain radiation necrosis in anaplastic lymphoma kinase-positive lung cancer .  Respirology Case Reports7 ( 7 )   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Respirology Case Reports  

    DOI: 10.1002/rcr2.454

    Scopus

  • Sanada H. .  Involvement of dual strands of miR-143 (miR-143-5p and miR-143-3p) and their target oncogenes in the molecular pathogenesis of lung adenocarcinoma .  International Journal of Molecular Sciences20 ( 18 )   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms20184482

    Scopus

  • 窪田 幸司, 水野 圭子, 安田 俊介, 福田 宏正, 井上 博雅 .  ニボルマブが奏効した進行肺癌と食道癌の同時性重複癌の1例 .  日本呼吸器学会誌8 ( 4 ) 273 - 277   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    症例は69歳、男性。左肺扁平上皮癌stage IIIBと胸部中部食道扁平上皮癌の同時性重複癌と診断し、化学療法を継続したが、病状は徐々に進行。6次治療ではあったが、performance status(PS)が良好であったので、ニボルマブ(nivolumab)投与を開始したところ、pseudoprogressionを経て肺癌と食道癌はいずれも縮小した。免疫チェックポイント阻害剤が奏効した同時性重複癌の報告は稀であり報告する。(著者抄録)

  • Fujimoto Y. .  Evaluation of the antiviral potential of the soluble forms of glycoprotein D receptors on ocular herpes caused by HSV-1 and HSV-2 infections in a transgenic mouse model .  Journal of Medical Virology91 ( 5 ) 820 - 828   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Medical Virology  

    DOI: 10.1002/jmv.25384

    Scopus

  • Harada, Y. Kizuka, Y. Tokoro, Y. Kondo, K. Yagi, H. Kato, K. Inoue, H. Taniguchi, N. Maruyama, I. .  N-glycome inheritance from cells to extracellular vesicles in B16 melanomas .  FEBS Lett593 ( 9 ) 942 - 951   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隈元 朋洋, 冨岡 勇也, 松山 洋美, 鵜木 泰自, 谷川 健悟, 堂嶽 洋一, 三山 英夫, 籾 博晃, 佐藤 雅美, 井上 博雅 .  若年男性に発症した気管支原発粘表皮癌の1例 .  気管支学41 ( 2 ) 193 - 197   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景. 気管支原発粘表皮癌は、唾液腺型肺癌に分類される稀な腫瘍である。症例. 26歳男性。血痰を契機に当院に入院となり、右上幹腫瘍および右上葉無気肺を指摘された。気管支鏡検査で右上幹入口部に表面平滑な結節を認め、自家蛍光気管支内視鏡画像ではマゼンタ色を呈していた。生検で確定診断に至らなかったが、悪性疾患の可能性が高いと判断した。当院呼吸器外科にて胸腔鏡補助下右上葉スリーブ切除を施行し、低悪性度気管支原発粘表皮癌の診断に至った。結論. 若年男性に発症し、右上葉スリーブ切除を行った気管支原発粘表皮癌の症例を経験した。完全切除された気管支原発低悪性度粘表皮癌は予後良好とされているが、再発の有無について注意深い経過観察が必要である。(著者抄録)

  • Inoue H. .  Effects of astaxanthin-rich dried cell powder from Paracoccus carotinifaciens on carotenoid composition and lipid peroxidation in skeletal muscle of broiler chickens under thermo-neutral or realistic high temperature conditions .  Animal Science Journal90 ( 2 ) 229 - 236   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Animal Science Journal  

    DOI: 10.1111/asj.13141

    Scopus

  • Uchida A, Seki N, Mizuno K, Misono S, Yamada Y, Kikkawa N, Sanada H, Kumamoto T, Suetsugu T, Inoue H .  Involvement of dual-strand of the miR-144 duplex and their targets in the pathogenesis of lung squamous cell carcinoma .  Cancer Sci110 ( 1 ) 420 - 432   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchida Akifumi, Seki Naohiko, Mizuno Keiko, Misono Shunsuke, Yamada Yasutaka, Kikkawa Naoko, Sanada Hiroki, Kumamoto Tomohiro, Suetsugu Takayuki, Inoue Hiromasa .  肺扁平上皮癌の発生機序におけるmiR-144 duplex二重鎖の関与とその標的(Involvement of dual-strand of the miR-144 duplex and their targets in the pathogenesis of lung squamous cell carcinoma) .  Cancer Science110 ( 1 ) 420 - 432   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    肺扁平上皮癌の発生機序の一端を明らかにする目的で、マイクロRNA(miR)-144-5pおよびmiR-144-3pが抗腫瘍機能を有しているか検証し、それらの標的の検索を試みた。肺扁平上皮癌もしくは癌ではない肺組織の切除検体で上記2種のmiR-144鎖の発現を調べたところ、癌組織ではいずれの鎖の発現も低下していた。癌ゲノムデータベースを利用した解析の結果、miR-144-5pが低発現であることは肺扁平上皮癌患者の予後不良を有意に予測していることが示された。肺扁平上皮癌細胞株で両miR-144鎖を異所性発現させると、細胞の増殖能、遊走能、浸潤能といった悪性形質を示す性質は有意に遮断された。両miR-144鎖によって制御を受ける遺伝子として、神経特異的カルシウムセンサー1遺伝子(NCS1)を含む3種が同定された。肺扁平上皮癌患者においてNCS1が高発現であることは予後不良を有意に予測し、またNCS1発現は独立した予後因子ともなっていた。さらに肺扁平上皮癌の臨床検体ではNCS1の過剰発現が認められ、細胞株でNCS1を異常発現させると悪性形質転換が亢進した。

  • 井上 博雅 .  1.重症喘息の診断と治療 .  日本内科学会雑誌108 ( 0 ) 143a - 143a   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.108.143a

  • Machida K. .  Imidafenacin, an orally active muscarinic receptor antagonist, improves pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease: A multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled 3×3 crossover phase II trial .  International Journal of COPD14   2175 - 2184   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of COPD  

    DOI: 10.2147/COPD.S223002

    Scopus

  • Shimono H. .  Left ventricular pseudo-aneurysm with ventricular septal rupture due to anterior ST-segment elevation myocardial infarction .  Internal Medicine58 ( 13 ) 1901 - 1905   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Internal Medicine  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2147-18

    Scopus

  • 坂上 公太, 高木 弘一, 井上 博雅 .  V.安定期の喘息治療の実際 .  日本内科学会雑誌108 ( 6 ) 1141 - 1148   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>喘息の管理においては,気道炎症の原因となる危険因子を回避・除去し,薬物治療により,気道炎症及びそれに伴う気道過敏性を抑制し,十分な気管支拡張を達成することが重要である.薬物療法では,重症度に応じた治療ステップを選択し,そのなかで種々の薬剤を単独もしくは組み合わせて長期管理を行う.近年,生物学的製剤をはじめとする新規の薬剤及び治療法も開発されており,個々の患者に応じた最適な治療を行うことが重要となっている.</p>

    DOI: 10.2169/naika.108.1141

  • Misono S, Seki N, Mizuno K, Yamada Y, Uchida A, Arai T, Kumamoto T, Sanada H, Suetsugu T, Inoue H .  Dual strands of the miR-145 duplex (miR-145-5p and miR-145-3p) regulate oncogenes in lung adenocarcinoma pathogenesis .  J Hum Genet63 ( 10 ) 1015 - 1028   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misono Shunsuke, Seki Naohiko, Mizuno Keiko, Yamada Yasutaka, Uchida Akifumi, Arai Takayuki, Kumamoto Tomohiro, Sanada Hiroki, Suetsugu Takayuki, Inoue Hiromasa .  miR-145二本鎖(miR-145-5pとmiR-145-3p)のdual strandは肺腺癌の病態形成において癌遺伝子を調節する(Dual strands of the miR-145 duplex(miR-145-5p and miR-145-3p) regulate oncogenes in lung adenocarcinoma pathogenesis) .  Journal of Human Genetics63 ( 10 ) 1015 - 1028   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    肺腺癌においてマイクロRNA(miR)-145-5pとmiR-145-3pによって制御される重要な癌遺伝子を同定し、肺腺癌の発症機序を調べた。肺手術施行患者から肺腺癌組織と正常組織を採取した。RNAを抽出して定量的リアルタイムRT-PCRを実施した。ヒト肺腺癌細胞株にmiRNAおよび低分子干渉RNAを遺伝子導入して培養し、細胞増殖、遊走、浸潤アッセイを実施した。肺腺癌細胞においてmiR-145-5pとmiR-145-3pが調節する標的遺伝子を同定し、肺腺癌におけるmiRNAとその標的遺伝子の臨床的意義を調べた。miR-145-5pとmiR-145-3pの発現は、非癌組織に比べて肺腺癌組織で減少していた。miR-145-5pとmiR-145-3pの発現に正の関連があった。miR-145-5pとmiR-145-3pでは細胞増殖、遊走活性、浸潤能が減少した。miR-145-3pの発現は抗腫瘍miRNAとして作用した。肺腺癌細胞で標的遺伝子として同定した4遺伝子のうち、LMNB2の高発現が肺腺癌患者の予後不良を有意に予測した。肺腺癌検体でLMNB2の過剰発現を検出し、その異常発現によって悪性転換が促進した。抗腫瘍miR-145-5pおよびmiR-145-3pが制御した遺伝子は肺腺癌の分子病態と密接に関連した。

  • Takeuchi K, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeshita T, Ogata H, Suma S, Shibata Y, Shimazaki Y, Hata J, Ninomiya T, Nakanishi Y, Inoue H, Yamashita Y .  Periodontal status and lung function decline in the community: the Hisayama study .  Sci Rep8 ( 1 ) 13354 - 13354   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suetsugu T, Koshizuka K, Seki N, Mizuno K, Okato A, Arai T, Misono S, Uchida A, Kumamoto T, Inoue H .  Downregulation of matrix metalloproteinase 14 by the antitumor miRNA, miR-150-5p, inhibits the aggressiveness of lung squamous cell carcinoma cells .  Int J Oncol52 ( 3 ) 913 - 924   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takagi K, Yamakuchi M, Matsuyama T, Kondo K, Uchida A, Misono S, Hashiguchi T, Inoue H .  IL-13 enhances mesenchymal transition of pulmonary artery endothelial cells via down-regulation of miR-424/503 in vitro .  Cell Signal42   270 - 280   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamura K. .  Frequency-dependent airway hyperresponsiveness in a mouse model of emphysema and allergic inflammation .  Physiological Reports6 ( 2 )   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Physiological Reports  

    DOI: 10.14814/phy2.13568

    Scopus

  • Uchida A, Samukawa T, Kumamoto T, Ohshige M, Hatanaka K, Nakamura Y, Mizuno K, Higashimoto I, Sato M, Inoue H .  Napsin A levels in epithelial lining fluid as a diagnostic biomarker of primary lung adenocarcinoma .  BMC Pulm Med17 ( 1 ) 195   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seki N, Kan-o K, Matsumoto K, Fukuyama S, Hamano S, Tonai K, Ota K, Inoue H, Nakanishi Y. .  Interleukin-22 attenuates double-stranded RNA-induced upregulation of PD-L1 in airway epithelial cells via a STAT3-dependent mechanism .  Biochem Biophys Res Commun494 ( 1-2 ) 242 - 248   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kudo, Kunihiro; MATSUMOTO, KOICHIRO; Hata, Jun; Shundo, Yuki; Fukuyama, Satoru; Inoue, Hiromasa; Kitazono, Takanari; Kiyohara, Yutaka; Ninomiya, Toshiharu; Nakanishi, Yoichi .  Association of Airflow Limitation With Carotid Atherosclerosis in a Japanese Community - The Hisayama Study .  Circ J81 ( 12 ) 1846 - 1853   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seki N, Kan-o K, Matsumoto K, Fukuyama S, Hamano S, Tonai K, Ota K, Inoue H, Nakanishi Y. .  Prognostic factors in patients with skeletal-related events at non-small-cell lung cancer diagnosis .  Mol Clin Oncol ( 5 ) 897 - 902   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kudo Kunihiro, Hata Jun, Matsumoto Koichiro, Shundo Yuki, Fukuyama Satoru, Inoue Hiromasa, Kitazono Takanari, Kiyohara Yutaka, Ninomiya Toshiharu, Nakanishi Yoichi .  日本の地域住民における頸動脈アテローム硬化と気流制限との関連性 久山町研究(Association of Airflow Limitation With Carotid Atherosclerosis in a Japanese Community: The Hisayama Study) .  Circulation Journal81 ( 12 ) 1846 - 1853   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    久山町研究の対象となった日本人一般住民2099名を対象に、気流制限と頸動脈内膜中膜厚(IMTO)との関連を評価した。2099名のうち、気流制限を認める被験者は352名(16.8%、男性59.1%、平均70±11歳)、認めない被験者は1747名(男性39.0%、平均63±11歳)であった。最大IMTおよび平均IMTの幾何平均値は、気流制限群の方が非気流制限群よりも有意に高値で、喫煙習慣および血清高感度C反応性蛋白質を含む従来のリスク因子に対して調整後、気流制限の重症度とともに増加した。これらの関連性の程度は中年群(40〜64歳)が高齢群(65歳以上)よりも大きかった。以上から、日本人一般集団の特に中年では、気流制限は頸動脈アテローム硬化の有意なリスク因子であることが示唆された。

  • Shimamoto S. .  β<inf>1</inf>- and β<inf>2</inf>-adrenergic receptor stimulation differ in their effects on PGC-1α and atrogin-1/MAFbx gene expression in chick skeletal muscle .  Comparative Biochemistry and Physiology -Part A : Molecular and Integrative Physiology211   1 - 6   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Comparative Biochemistry and Physiology -Part A : Molecular and Integrative Physiology  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2017.05.013

    Scopus

  • Ueno Y. .  WRKY45 phosphorylation at threonine 266 acts negatively on WRKY45-dependent blast resistance in rice .  Plant Signaling and Behavior12 ( 8 )   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plant Signaling and Behavior  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1356968

    Scopus

  • Mizuno Keiko, Mataki Hiroko, Arai Takayuki, Okato Atsushi, Kamikawaji Kazuto, Kumamoto Tomohiro, Hiraki Tsubasa, Hatanaka Kazuhito, Inoue Hiromasa, Seki Naohiko .  小細胞肺癌におけるマイクロRNA発現signature 腫瘍抑制因子としてのmiR-27a-5pとmiR-34b-3pおよびその標的癌遺伝子(The microRNA expression signature of small cell lung cancer: tumor suppressors of miR-27a-5p and miR-34b-3p and their targeted oncogenes) .  Journal of Human Genetics62 ( 7 ) 671 - 678   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    小細胞肺癌(SCLC)の再発、転移、薬剤耐性に関する分子メカニズムの検討に役立てるため、SCLCのmicroRNA(miRNA) signatureについて明らかにした。剖検標本からSCLCのマイクロRNA(miRNA) signature新たに作成し解析した。その結果、抗腫瘍性miRNAの候補として4種のmiRNA(miR-27a-5p、miR-485-3p、miR-34b-3p、miR-574-3p)が見つかった。これらの機能について検討したところ、SCLC臨床標本においてmiR-27a-5pとmiR-34b-3pが下方制御され、miR-27a-5pとmiR-34b-3の異所性発現によって癌細胞の侵襲性が有意に阻害されていた。in silico解析にて、miR-27a-5pとmiR-34b-3によって調節される遺伝子として、4種の遺伝子(トポイソメラーゼ2α(TOP2A)、maternal embryonic leucine zipper kinase(MELK)、セントロメア蛋白質F(CENPF)、SRY-ボックス1)が同定された。免疫組織化学分析の結果、TOP2A、MELK、CENPFがSCLCの発病に関与していると考えられた。

  • Inoue H, Nagase T, Morita S, Yoshida A, Jinnai T, Ichinose M .  Prevalence and characteristics of asthma-COPD overlap syndrome identified by a stepwise approach .  Int J Chron Obstruct Pulmon Dis12   1803 - 1810   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue H. .  Prevalence and characteristics of asthma–COPD overlap syndrome identified by a stepwise approach .  International Journal of COPD12   1803 - 1810   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of COPD  

    DOI: 10.2147/COPD.S133859

    Scopus

  • Samukawa T, Matsumoto K, Tsukuya G, Koriyama C, Fukuyama S, Uchida A, Mizuno K, Miyahara H, Kiyohara Y, Ninomiya T, Inoue H .  Development of a self-scored persistent airflow obstruction screening questionnaire in a general Japanese population: the Hisayama study .  Int J Chron Obstruct Pulmon Dis15 ( 12 ) 1469 - 1481   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizuno K, Mataki H, Arai T, Okato A, Kamikawaji K, Kumamoto T, Hiraki T, Hatanaka K, Inoue H, Seki N .  The microRNA expression signature of small cell lung cancer: tumor suppressors of miR-27a-5p and miR-34b-3p and their targeted oncogenes .  J Hum Genet   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida M. .  Effects of tiotropium on lung function in current smokers and never smokers with bronchial asthma .  Pulmonary Pharmacology and Therapeutics42   7 - 12   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pulmonary Pharmacology and Therapeutics  

    DOI: 10.1016/j.pupt.2016.11.004

    Scopus

  • Yoshida M, Kanekoy, Ishimatshu A, Komori M, Iwanaga T, Inoue H .  Effects of tiotropium on lung function in current smokers and never smokers with bronchial asthma Pulm Pharmacol Ther. .  j.pupt ( 42 ) 7 - 12   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 井上 博雅 .  慢性閉塞性肺疾患(COPD)スクリーニングのための新規質問票の開発 .  医科学応用研究財団研究報告34   46 - 49   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団  

  • Hamano S. .  Effects of corticosteroid plus long-acting beta<inf>2</inf>-agonist on the expression of PD-L1 in double-stranded RNA-induced lung inflammation in mice .  Journal of Inflammation (United Kingdom)14 ( 1 )   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Inflammation (United Kingdom)  

    DOI: 10.1186/s12950-017-0149-4

    Scopus

  • Hamano S, Matsumoto K, Tonai K, Fukuyama S, Kan-O K, Seki N, Inoue H, Nakanishi Y .  Effects of corticosteroid plus long-acting beta2-agonist on the expression of PD-L1 in double-stranded RNA-induced lung inflammation in mice .  J Inflamm ( 17 ) 14 - 16   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 井上 博雅, 町田 健太朗 .  3)気管支喘息 .  日本内科学会雑誌106 ( 9 ) 1826 - 1831   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.106.1826

  • Kudo Kunihiro, Hata Jun, Matsumoto Koichiro, Shundo Yuki, Fukuyama Satoru, Inoue Hiromasa, Kitazono Takanari, Kiyohara Yutaka, Ninomiya Toshiharu, Nakanishi Yoichi .  Association of Airflow Limitation With Carotid Atherosclerosis in a Japanese Community ― The Hisayama Study ― .  日本循環器學誌81 ( 12 ) 1846 - 1853   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    <p><b><i>Background:</i></b>There has been no large-scale observational study examining the association between chronic obstructive pulmonary disease (COPD) or airflow limitation and carotid atherosclerosis in the general population across a wide range of generations in Asia. In the present study we assessed the association between airflow limitation and carotid intima-media thickness (IMT) in a general Japanese population, with consideration of a comprehensive array of cardiovascular risk factors.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>In all, 2,099 community-dwelling Japanese subjects were included in the study. Airflow limitation was defined by spirometry. Maximum and mean IMT values were measured using carotid ultrasonography. Among the subjects, 352 (16.8%) had airflow limitation. The geometric mean values of maximum IMT and mean IMT were significantly higher in subjects with than without airflow limitation (1.27 vs. 1.18 mm, respectively, for maximum IMT; 0.73 mm vs. 0.72 mm, respectively, for mean IMT) and increased with the severity of airflow limitation after adjustment for conventional risk factors, including smoking habits and serum high-sensitivity C-reactive protein. It should be noted that the magnitude of these associations was greater in the middle-aged (40–64 years) than elderly (≥65 years) subgroup.</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>The findings of the present study suggest that airflow limitation is a significant risk factor for carotid atherosclerosis, especially in midlife, in the general Japanese population.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1305

    Scopus

  • Ichiki T. .  Neurohumoral modulation during waon therapy in chronic heart failure: Subanalysis of Waon-CHF study .  Circulation Journal81 ( 5 ) 700 - 716   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1117

    Scopus

  • Kamikawaji K, Seki N, Watanabe M, Mataki H, Kumamoto T, Takagi K, Mizuno K, Inoue H .  Regulation of LOXL2 and SERPINH1 by antitumor microRNA-29a in lung cancer with idiopathic pulmonary fibrosis. .  J Hum Genet7 ( 12 ) 985 - 993   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumamoto T, Seki N, Mataki H, Mizuno K, Kamikawaji K, Samukawa T, Koshizuka K, Goto Y, Inoue H .  Regulation of TPD52 by antitumor microRNA-218 suppresses cancer cell migration and invasion in lung squamous cell carcinoma. .  Int J Oncol49 ( 5 ) 1870 - 1880   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mataki H, Seki N, Mizuno K, Nohata N, Kamikawaji K, Kumamoto T, Koshizuka K, Goto Y, Inoue H .  Dual-strand tumor-suppressor microRNA-145 (miR-145-5p and miR-145-3p) coordinately targeted MTDH in lung squamous cell carcinoma. .  Oncotarget ( 44 ) 72084 - 72098   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Motokawa I, Endo M, Terada K, Horiguchi H, Miyata K, Kadomatsu T, Morinaga J, Sugizaki T, Ito T, Araki K, Morioka MS, Manabe I, Samukawa T, Watanabe M, Inoue H, Oike Y .  Interstitial pneumonia induced by bleomycin treatment is exacerbated in Angptl2-deficient mice. .  Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 311 ( 4 ) 704 - 713   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsukuya G, Samukawa T, Matsumoto K, Fukuyama S, Kumamoto T, Uchida A, Koriyama C, Ninomiya T, Inoue H .  Comparison of the COPD Population Screener and International Primary Care Airway Group questionnaires in a general Japanese population: the Hisayama study. .  Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 11   1903 - 1909   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukuchi Y, Tatsumi K, Inoue H, Sakata Y, Shibata K, Miyagishi H, Marukawa Y, Ichinose M .  Prevention of chronic obstructive pulmonary disease exacerbation by lysozyme: a double-blind, randomized, placebo-controlled study .  Int J Chron Obstruct Pulmon Dis   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Onoue A, Omori H, Katoh T, Kubota K, Nonami Y, Ogata Y, Inoue H .  Relationship of airflow limitation severity with work productivity reduction and sick leave in a Japanese working population. .  Int J Chron Obstruct Pulmon Dis   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizuno K, Seki N, Mataki H, Matsushita R, Kamikawaji K, Kumamoto T, Takagi K, Goto Y, Nishikawa R, Kato M, Enokida H, Nakagawa M, Inoue H. .  Tumor-suppressive microRNA-29 family inhibits cancer cell migration and invasion directly targeting LOXL2 in lung squamous cell carcinoma. .  Int J Oncol   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukuyama S, Matsumoto K, Kaneko Y, Kan-o K, Noda N, Tajiri-Asai Y, Nakano T, Ishii Y, Kiyohara Y, Nakanishi Y, Inoue H .  Prevalence of Airflow Limitation Defined by Pre- and Post- Bronchodilator Spirometry in a Community-Based Health Checkup: The Hisayama Study .  Tohoku J Exp Med   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kubota S, Watanabe M, Shirato M, Okuno T, Higashimoto I, Machida K, Yokomizo T, Inoue H .  An inhaled phosphodiesterase 4 inhibitor E6005 suppresses pulmonary inflammation in mice .  Eur J Pharmaco   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada T, Samukawa T, Kumamoto T, Hatanaka K, Tsukuya G, Yamamoto M, Machida K, Watanabe M, Mizuno K, Higashimoto I, Inoue Y, Inoue H .  Serum B cell-activating factor (BAFF) level in connective tissue disease associated interstitial lung disease. .  BMC Pulm Med15 ( 1 ) 110   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mataki H, Seki N, Chiyomaru T, Enokida H, Goto Y, Kumamoto T, Machida K, Mizuno K, Nakagawa M, Inoue H .  Tumor-suppressive microRNA-206 as a dual inhibitor of MET and EGFR oncogenic signaling in lung squamous cell carcinoma. .  Int J Oncol46 ( 3 ) 1039 - 1050   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mataki H, Enokida H, Chiyomaru T, Mizuno K, Matsushita R, Goto Y, Nishikawa R, Higashimoto I, Samukawa T, Nakagawa M, Inoue H, Seki N .  Downregulation of the microRNA-1/133a cluster enhances cancer cell migration and invasion in lung-squamous cell carcinoma via regulation of Coronin1C .  J Hum Genet60 ( 2 ) 53 - 61   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Seki N, Fukuyama S, Moriwaki A, Kan-O K, Matsunaga Y, Noda N, Yoshida M, Koto H, Takata S, Nakanishi Y, Kiyohara Y, Inoue H .  Prevalence of asthma with airflow limitation, COPD, and COPD with variable airflow limitation in older subjects in a general Japanese population: The Hisayama Study. .  Respir Investig53 ( 1 ) 22 - 29   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsukuya G, Matsumoto K, Fukuyama S, Crawford B, Nakanishi Y, Ichinose M, Machida K, Samukawa1 T, Ninomiya T, Kiyohara Y, Inoue H .  Validation of a COPD screening questionnaire and establishment of diagnostic cut-points in a Japanese general population: the Hisayama Study. .  Allergol Int64 ( 1 ) 49 - 53   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asai-Tajiri Y, Matsumoto K, Fukuyama S, Kan-o K, Nakano T, Ohno T, Azuma M, Inoue H, Nakanishi Y .  Small interfering RNA against CD86 during allergen challenge blocks experimental allergic asthma. .  Respir Res.15 ( 1 ) 132   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yonekawa A, Saijo S, Hoshino Y, Miyake Y, Ishikawa E, Suzukawa M, Inoue H, Tanaka M, Yoneyama M, Oh-Hora M, Akashi K, Yamasaki S .  Dectin-2 is a direct receptor for mannose-capped lipoarabinomannan of mycobacteria. .  Immunity41 ( 3 ) 402 - 413   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sadamura-Takenaka Y, Ito T, Noma S, Oyama Y, Yamada S, Kawahara K, Inoue H, Maruyama I .  HMGB1 promotes the development of pulmonary arterial hypertension in rats .  PLoS One9 ( 7 ) e102482   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shirai T, Kawayama T, Nagase H, Inoue H, Sato S, Asano K, Kume H .  Exhaled nitric oxide measurement may predict asthma exacerbation after stepping down formoterol/budesonide combination therapy in adult asthma. .  J Allergy Ther5 ( 3 ) 173   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noda N, Matsumoto K, Fukuyama S, Asai Y, Kitajima H, Seki N, Matsunaga Y, Kan-O K, Moriwaki A, Morimoto K, Inoue H, Nakanishi Y .  Cigarette smoke impairs phagocytosis of apoptotic neutrophils by alveolar macrophages via inhibition of the histone deacetylase/Rac/CD9 pathways .  Int Immunol25 ( 11 ) 643 - 650   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Aizawa H, Fukuyama S, Yoshida M, Komori M, Takata S, Koto H, Inoue H. .  Low-dose salbutamol suppresses airway responsiveness to histamine but not methacholine in subjects with asthma .  Respir Investig51 ( 3 ) 158 - 65   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamiya T, Ichiyama K, Kotani H, Fukaya T, Sekiya T, Shichita T, Honma K, Yui K, Matsuyama T, Nakao T, Fukuyama S, Inoue H, Nomura M, Yoshimura A. .  Smad2/3 and IRF4 play a cooperative role in IL-9-producing T cell induction. .  J Immunol191 ( 5 ) 2360 - 2371   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsunaga Y, Fukuyama S, Okuno T, Sasaki F, Matsunobu T, Asai Y, Matsumoto K, Saeki K, Oike M, Sadamura Y, Machida K, Nakanishi Y, Kubo M, Yokomizo T, Inoue H. .  Leukotriene B4 receptor BLT2 negatively regulates allergic airway eosinophilia. .  FASEB J27 ( 8 ) 3306 - 3314   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsui S,Hebisawa A,Sakai F,Yamamoto H,Terasaki Y,Kurihara Y,Waseda Y,Kawamura T,Miyashita T,Inoue H,Hata N,Masubuchi H,Sugino K,Kishi J,Kobayashi H,Usui Y,Komazaki Y,Kawabata Y,Ogura T .  Immunoglobulin G4-related lung disease:clinicoradiological and pathological features .  Respirology18 ( 3 ) 480 - 487   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kan-o K, Matsunaga Y, Fukuyama S, Moriwaki A, Hirai-Kitajima H, Yokomizo T, Aritake K, Urade Y, Nakanishi Y, Inoue H, Matsumoto K. .  Mast cells contribute to double-stranded RNA-induced augmentaion of airway eosinophilia in a murine model of asthma. .  Respir Res14   28   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kan-o K, Matsumoto K, Asai-Tajiri Y, Fukuyama S, Hamano S, Seki N, Nakanishi Y, Inoue H .  PI3K-delta mediates double-stranded RNA-induced upregulation of B7-H1 in BEAS-2B airway epithelial cells. .  Biochem Biophys Res Commun435 ( 2 ) 195 - 201   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida M,Nakano T,Fukuyama S,Matsumoto T,Eguchi M,Moriwaki A,Takata S,Machida K,Kanaya A,Matsumoto K,Nakanishi Y,Inoue H .  Effects of tiotropium on lung function in severe asthmatics with or without emphysematous changes. .  Pulm Pharmacol Ther26   159 - 166   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kato T,Koriyama C,Khan N,Samukawa T,Yanagi M,Hamada T,Yokomakura N,Otsuka T,Inoue H,Sato M,Natsugoe S,Akiba S .  EGFR mutations and human papillomavirus in lung cancer. .  Lung Cancer78 ( 2 ) 144 - 147   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Samukawa T,Hamada T,Uto H,Yanagi M,Tsukuya G,Nosaki T,Maeda M,Hirano T,Tsubouchi H,Inoue H. .  The elevation of serum napsin A in idiopathic pulmonary fibrosis,compared with KL-6,surfactant protein-A and surfactant protein-D. .  BMC Pulm Med12 ( 1 ) 55   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kan-O K,Matsumoto K,Inoue H,Fukuyama S,Asai Y,Watanabe W,Kurokawa M,Araya J,Kuwano K,Nakanishi Y .  Corticosteroids plus long-acting beta2-agonists prevent double-stranded RNA-induced upregulation of B7-H1 on airway epithelium .  Int Arch Allergy Immunol160 ( 1 ) 27 - 36   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Asai Y, Fukuyama S, Kan-o K, Matsunaga Y, Noda N, Kitajima H, Inoue H .  IL-6 induced by double-stranded RNA augments allergic inflammation via suppression of Foxp3+T cell/IL-10 axis .  Am J Respir Cell Mol Biol 46 ( 6 ) 740 - 747   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taira T,Ishii G,Nagai K,Yoh K,Takahashi Y,Matsumura Y,Kojima M,Ohmatsu H,Goto K,Niho S,Takashima H,Inoue H,Ohe Y,Ochiai A. .  Characterization of the immunophenotype of the tumor budding and its prognostic implications in squamous cell carcinoma of the lung. .  Lung Cancer76 ( 3 ) 423 - 430   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sawaguchi M,Tanaka S,Nakatani Y,Harada Y,Mukai K,Matsunaga Y,Ishiwata K,Oboki K,Kambayashi T,Watanabe N,Karasuyama H,Nakae S,Inoue H,Kubo M. .  Role of Mast Cells and Basophils in IgE Responses and in Allergic Airway Hyperresponsiveness. .  J Immunol188 ( 4 ) 1809 - 1818   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Harada Y,Tanaka S,Motomura Y,Harada Y,Ohno S,Yanagi Y,Inoue H,Kubo M. .  The 3' Enhancer CNS2 Is a Critical Regulator of Interleukin-4-Mediated Humoral Immunity in Follicular Helper T Cells. .  Immunity36 ( 2 ) 188 - 200   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida H,Kimura A,Fukaya T,Sekiya T,Morita R,Shichita T,Inoue H,Yoshimura A. .  Low dose CP-690,550(tofacitinib),a pan-JAK inhibitor,accelerates the onset of experimental autoimmune encephalomyelitis by potentiating Th17 differentiation. .  Biochem Biophys Res Commun418 ( 2 ) 234 - 240   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakagawa R,Yoshida H,Asakawa M,Tamiya T,Inoue N,Morita R,Inoue H,Nakao A,Yoshimura A. .  Pyridone 6,a pan-JAK inhibitor,ameliorates allergic skin inflammation of NC/Nga mice via suppression of Th2 and enhancement of Th17. .  J Immunol 87 ( 9 ) 4611 - 4620   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Kan-O K, Eguchi-Tsuda M, Fukuyama S, Asai Y, Matsumoto T, Moriwaki A, Matsunaga Y, Tsutsui H, Kawai T, Takeuchi O, Akira S, Yagita H, Azuma M, Nakanishi Y, Inoue H. .  Essential Role of B7-H1 in Double-stranded RNA-induced Augmentation of an Asthma Phenotype in Mice. .  Am J Respir Cell Mol Biol45 ( 1 ) 31 - 39   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Motomura Y,Kitamura H,Hijikata A,Matsunaga Y,Matsumoto K,Inoue H,Atarashi K,Hori S, Watarai H,Zhu J,Taniguchi M,Kubo M. .  The transcription factor E4BP4 regulates the production of IL-10 and IL-13 in CD4+T cells. .  Nat Immunol12 ( 5 ) 450 - 459   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sato Y,Suzuki S,Muraoka S, Kikuchi N,Noda N,Matsumoto T,Inoue H,Nagasawa H,Sakuda S. .  Preparation of allosamidin and demethylallosamidin photoaffinity probes and analysis of allosamidin-binding proteins in asthmatic mice. .  Bioorg Med Chem19 ( 10 ) 3054 - 3059   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moriwaki A, Inoue H, Nakano T, Matsunaga Y, Matsuno Y, Matsumoto T, Fukuyama S, Kan-O K, Matsumoto K, Tsuda-Eguchi M, Nagakubo D, Yoshie O, Yoshimura A, Kubo M, Nakanishi Y .  T cell treatment with small-interfering RNA for SOCS3 modulates allergic airway responses in a murine model of asthma. .  Am J Respir Cell Mol Biol44 ( 4 ) 448 - 455   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka S, Motomura Y, Suzuki Y, Yagi R, Inoue H, Miyatake S, Kubo M. .  The enhancer HS2 critically regulates GATA-3-mediated Il4 transcription in T(H)2 cells. .  Nat Immunol.12 ( 1 ) 77 - 85   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moriwaki A, Matsumoto K, Matsunaga Y, Fukuyama S, Matsumoto T, Kan-O K, Noda N, Asai Y, Nakanishi Y, Inoue H. .  IL-13 suppresses double-stranded RNA-induced IFN-λproduction in lung cells. .  Biochem Biophys Res Commun404 ( 4 ) 922 - 927   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsunaga Y, Inoue H, Fukuyama S, Yoshida H, Moriwaki A, Matsumoto T, Matsumoto K, Asai Y, Kubo M, Yoshimura A, Nakanishi Y. .  Effects of a Janus kinase inhibitor, pyridone 6, on airway responses in a murine model of asthma. .  Biochem Biophys Res Commun404 ( 1 ) 261 - 267   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsunaga Y,Inoue H,Fukuyama S,Yoshida H,Moriwaki A,Matsumoto T,Matsumoto K,Asai Y,Kubo M,Yoshimura A,Nakanishi Y. .  Effects of a Janus kinase inhibitor,pyridone 6,on airway responses in a murine model of asthma. .  Biochem Biophys Res Commun404 ( 1 ) 261 - 267   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukuyama S,Matsunaga Y,Zhanghui W,Noda N,Asai Y,Moriwaki A,Matsumoto T,Nakano T,Matsumoto K,Nakanishi Y,Inoue H. .  A zinc chelator TPEN attenuates airway hyperresponsiveness and airway inflammation in mice in vivo. .  Allergol Int60 ( 3 ) 259 - 266   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukuyama S, Nakano T, Matsumoto T, Oliver BGG, Burgess JK, Moriwaki A, Tanaka K, Kubo M, Hoshino T, Tanaka H, McKenzie ANJ, Matsumoto K, Aizawa H, Nakanishi Y, Yoshimura A, Black JL, Inoue H .  Pulmonary Suppressor of Cytokine Signaling-1 Induced by IL-13 Regulates Allergic Asthma Phenotype .  Am J Respir Crit Care Med 179 ( 11 ) 992 - 998   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 井上博雅、相澤久道、石坂彰敏、一ノ瀬正和、植木純、大田健、大森久光、小川浩正、金澤實、川山智隆、黒澤一、小林弘祐、榊原博樹、玉置淳、陳和夫、栂博久、南須原康行、飛田渉、藤本圭作、南方良章、工藤翔二 .  生活習慣病対策におけるCOPDの重要性:「特定健康診査・特定保健指導」への提言. .  日本呼吸器学会雑誌46 ( 7 ) 583 - 591   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Inoue H, Tsuda M, Nakano T, Komori M, Fukuyama S, Nakanishi Y .  Different Profiles of IL-10+IFN-gamma-IL-4-CD4+ T Cells in the PeripheralBlood in Atopic and Non-Atopic Asthmatics. .  Respiration75 ( 3 ) 281 - 287   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue H, Komori M, Matsumoto T, Fukuyama S, Matsumura M, Nakano T, Tsuda M, Matsumoto K, Kanaya A, Moriwaki A, Aizawa H, Yoshida M, Nakanishi Y .  Effects of salmeterol in patients with persistent asthma receiving inhaledcorticosteroid plus theophylline. .  Respiration74 ( 6 ) 611 - 616   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 黒澤一、安藤守秀、塩谷隆信、植木純、古藤洋、神辺眞之、榊原博樹、阿部直、井上博雅、川山智隆、陳和夫、東條尚子、栂博久、南須原康行、藤本圭作、宮本顕二、一ノ瀬正和、相澤久道 .  呼吸器機能障害認定の妥当性についての検討:「身体障害者福祉法」への提言. .  日本呼吸器学会雑誌44 ( 12 ) 1016 - 1024   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinjyo I, Inoue H, Hamano S, Fukuyama S, Yoshimura T, Koga K, Takaki H, Himeno K, Takaesu G, Kobayashi T, Yoshimura A .  Loss of SOCS3 in T helper cells resulted in reduced immune responses andhyperproduction of interleukin 10 and transforming growth factor-beta 1. .  JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE203 ( 4 ) 1021 - 1031   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyazaki Y, Inoue H, Matsumura M, Matsumoto K, Nakano T, Tsuda M, Hamano S, Yoshimura A, Yoshida H .  Exacerbation of experimental allergic asthma by augmented Th2 responses in WSX-1-deficient mice. .  JOURNAL OF IMMUNOLOGY175 ( 4 ) 2401 - 2407   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Machida K, Inoue H, Matsumoto K, Tsuda M, Fukuyama S, Koto H, Aizawa H, Kureishi Y, Hara N, Nakanishi Y .  Activation of PI3K-Akt pathway mediates antiapoptotic effects of beta-adrenergic agonist in airway eosinophils. .  AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY288 ( 5 ) L860 - L867   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue H, Kato R, Fukuyama S, Nonami A, Taniguchi KI, Matsunmoto K, Nakano T, Tsuda M, Matsumura M, Kubo M, Ishikawa F, Moon BG, Takatsu K, Nakanishi Y, Yoshimura A .  Spred-1 negatively regulates allergen-induced airway eosinophilia and hyperresponsiveness. .  JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE201 ( 1 ) 73 - 82   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jinnai N, Sakagami T, Sekigawa T, Kakihara M, Nakajima T, Yoshida K, Goto S, Hasegawa T, Koshino T, Hasegawa Y, Inoue H, Suzuki N, Sano Y, Inoue I .  Polymorphisms in the prostaglandin E2 receptor subtype 2 gene confer susceptibility to aspirin-intolerant asthma: a candidate gene approach. .  HUMAN MOLECULAR GENETICS13 ( 24 ) 3203 - 3217   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Inoue H, Nakano T, Tsuda M, Yoshiura Y, Fukuyama S, Tsushima F, Hoshino T, Aizawa H, Akiba H, Pardoll D, Hara N, Yagita H, Azuma M, Nakanishi Y .  B7-DC regulates asthmatic response by an IFN-gamma-dependent mechanism. .  JOURNAL OF IMMUNOLOGY172 ( 4 ) 2530 - 2541   2004年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seki Y, Inoue H, Nagata N, Hayashi K, Fukuyama S, Matsumoto K, Komine O, Hamano S, Himeno K, Inagaki-Ohara K, Cacalano N, O'Garra A, Oshida T, Saito H, Johnston JA, Yoshimura A, Kubo M .  SOCS-3 regulates onset and maintenance of T(H)2-mediated allergic responses. .  NATURE MEDICINE9 ( 8 ) 1047 - 1054   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kibe A, Inoue H, Fukuyama S, Machida K, Matsumoto K, Koto H, Ikegami T, Aizawa H, Hara N .  Differential regulation by glucocorticoid of interleukin-13-induced eosinophilia, hyperresponsiveness, and goblet cell hyperplasia in mouse airways. .  AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE167 ( 1 ) 50 - 56   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue H, Aizawa H, Fukuyama S, Takata S, Matsumoto K, Shigyo M, Koto H, Hara N .  Effect of inhaled glucocorticoid on the cellular profile and cytokine levels in induced sputum from asthmatic patients. .  LUNG177 ( 1 ) 53 - 62   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue H, Aizawa H, Matsumoto K, Shigyo M, Takata S, Hara M, Hara N .  Effect of beta 2-agonists on histamine-induced airway microvascular leakage in ozone-exposed guinea pigs. .  AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE156 ( 3 ) 723 - 727   1997年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MASSION PP, INOUE H, RICHMANEISENSTAT J, GRUNBERGER D, JORENS PG, HOUSSET B, PITTET JF, WIENERKRONISH JP, NADEL JA .  Novel Pseudomonas product stimulates interleukin-8 production in airway epithelial cells in vitro. .  JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION93 ( 1 ) 26 - 32   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • A Tokyo anthology : literature from Japan's modern metropolis, 1850-1920

    Jones Sumie, Inoue Charles Shirō, 仮名垣 魯文, 万亭 応賀, 春錦亭 柳桜, 松林 伯円(二代目), 黒岩 涙香, 河竹 黙阿弥, 川上 音二郎, 松原 岩五郎, 谷崎 潤一郎, 岸田 俊子, 二葉亭 四迷, 石川 啄木, 田山 花袋, 泉 鏡花, 北村 透谷, 徳富 蘆花, 与謝野 晶子, 三遊亭 円朝, 尾崎 紅葉, 若松 賎子, 永井 荷風, 夏目 漱石

    University of Hawaiʻi Press  2017年  ( ISBN:9780824855901

     詳細を見る

  • 気管支喘息

    井上 博雅

    中山書店  2017年  ( ISBN:9784521745251

     詳細を見る

MISC

  • 【どんな薬剤・合併症・病態・患者背景にも対応できる 周術期の薬の使い方パーフェクトガイド】(第5章)病態に応じた周術期での注意点 喘息

    安田 俊介, 隈元 朋洋, 内田 章文, 井上 博雅

    薬事   63 ( 3 )   531 - 536   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)じほう  

    <Key Points>・コントロール良好な喘息は、周術期合併症のリスク増加にほとんど寄与しない。一方で、コントロール不良例は周術期合併症を起こしやすく、治療ステップのステップアップや経口ステロイドの短期投与などを行う。・喘息治療薬を手術当日まで継続することで、周術期合併症のリスクが下がる。ただし、テオフィリンは手術前日までに中止する。・術前6ヵ月間以内に2週間以上にわたり全身性ステロイドの投与を受けていた患者に対しては、副腎不全のリスクを考慮して、術前、術中にステロイド投与を行う。・アスピリン喘息はCOX-1阻害作用をもつNSAIDsの使用により強い気道症状を呈する非アレルギー性の過敏症である。NSAIDs使用による喘息発作の既往を問診することが重要であり、術後の鎮痛薬の選択に注意を要する。(著者抄録)

  • 【ER・ICUでの薬の使い方・考え方2021-'22-エキスパートが実践する秘訣(コツ)-】呼吸関連(Q14) 慢性閉塞性肺疾患

    亀之原 佑介, 町田 健太朗, 井上 博雅

    救急・集中治療   32 ( 3 )   701 - 707   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)総合医学社  

  • Regarding the role of F<inf>ENO</inf> in predicting failure after ICS reduction in mild-to-moderate asthma patients

    Wang K.

    European Respiratory Journal   56 ( 2 )   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Respiratory Journal  

    DOI: 10.1183/13993003.02375-2020

    Scopus

  • Correction to: Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area (International Journal of Hematology, (2020), 111, 2, (234-240), 10.1007/s12185-019-02769-w)

    Nakamura D.

    International Journal of Hematology   111 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-020-02850-9

    Scopus

  • Standardized epidemiological protocols for populations affected by volcanic eruptions

    Mueller W.

    Bulletin of the World Health Organization   98 ( 5 )   362 - 364   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bulletin of the World Health Organization  

    DOI: 10.2471/BLT.19.244509

    Scopus

  • 【アレルギー疾患の最新の治療】アレルギーと感染症

    町田 健太朗, 井上 博雅

    臨牀と研究   97 ( 3 )   341 - 344   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 【花粉症と周辺疾患】気管支喘息への影響と対策

    松山 崇弘, 高木 弘一, 町田 健太朗, 井上 博雅

    アレルギーの臨床   40 ( 2 )   95 - 98   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)北隆館  

    アレルギー性鼻炎は、"one airway、one disease"という概念のもと、気管支喘息と臨床的、病態生理学的に相互に関連している。季節性アレルギー性鼻炎である花粉症では、花粉の曝露が喘息の増悪を誘発することや喘息の増悪による入院が増加し、花粉症は喘息の独立したリスク因子になる。花粉症合併喘息患者では、ステロイド点鼻薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬などの薬物療法、アレルゲン免疫療法(Allergy immunotherapy:AIT)による花粉症に対する治療介入は、鼻炎症状の改善のみならず喘息症状のコントロール改善にもつながる。一方、喘息を合併しない花粉症患者に対するAITは、将来の喘息発症を予防することが報告されている。花粉症合併喘息患者では、喘息の治療に加えて花粉症に対する治療介入を考慮する必要がある。(著者抄録)

  • Type D lymphomatoid papulosis associated with chemotherapy/chemoradiotherapy-induced severe chronic lymphocytopenia

    Uchida Y.

    Journal of Dermatology   46 ( 11 )   e412 - e414   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1111/1346-8138.15019

    Scopus

  • 【免疫・アレルギー疾患における分子標的薬の使い方】気管支喘息における臨床治験中の分子標的薬

    坂上 公太, 町田 健太朗, 井上 博雅

    呼吸臨床   3 ( 9 )   1/9 - 9/9   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:COSMIC  

    近年,喘息の病態が分子レベルで明らかになるとともに,病態形成に重要な分子を標的とした生物学的製剤(ヒト化モノクローナル抗体)が開発され臨床に応用されてきている。現在,抗IgE抗体(Omalizumab),抗IL-5抗体(Mepolizumab),抗IL-5受容体α抗体(Benralizumab)が使用可能である。また,最近,抗IL-4受容体α抗体(dupilumab)が気管支喘息に対する適応追加承認を取得した。喘息の病態に関与する分子を標的とした治療薬が次々と開発され臨床試験が行われている。(著者抄録)

  • 重症喘息の診断と治療

    井上 博雅

    日本内科学会雑誌   108 ( 9 )   1860 - 1865   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  • 【今日の呼吸器診療と今後の展望】知っておきたい呼吸器疾患 喘息と慢性閉塞性肺疾患のオーバーラップ(ACO)

    三山 英夫, 籾 博晃, 中塩屋 二郎, 井上 博雅

    内科   124 ( 1 )   1467 - 1470   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>Summary ▼ACOは慢性の気流制限を呈し,喘息とCOPDのそれぞれの特徴を併せもつ疾患である.▼COPD単独あるいは喘息単独とは治療戦略が異なるため,的確な診断が重要である.▼喘息あるいはCOPD単独の病態と比較し増悪を起こしやすく,QOLが低下する.また,呼吸機能低下をきたすのも早いため,十分な治療が必要と考えられる.

  • 【COPD早期発見の試み】COPD早期発見をめざしたスクリーニングツール

    堂嶽 洋一, 窪田 幸司, 籾 博晃, 井上 博雅

    日本医事新報   ( 4962 )   18 - 22   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

    <Point>▼未診断・未治療の慢性閉塞性肺疾患(COPD)が多数潜在していることが指摘されており、喫煙者の診療ではプライマリケアにおいても常にCOPDを疑うことが重要である▼COPDの診断の基本はスパイロメトリーであり、気管支拡張薬吸入後の1秒率が必要である。COPD-Qなどの質問票によるスクリーニングを行い、COPDが疑われる例にスパイロメトリーを含めた精査が有用と考えられる▼診療室でも検査が可能な簡易型スパイロメーターも、スパイロメトリーを行うかどうかの判断に有用であると考えられる(著者抄録)

  • 【喘息管理のUp-Date】安定期の喘息治療の実際

    坂上 公太, 高木 弘一, 井上 博雅

    日本内科学会雑誌   108 ( 6 )   1141 - 1148   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  • 【各科診療におけるステロイドの上手な使い方】各科におけるステロイド療法のノウハウ 呼吸器内科

    新村 昌弘, 籾 博晃, 井上 博雅

    臨牀と研究   96 ( 4 )   412 - 416   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 【喘息とCOPDの合併(ACO)】ACOの概念、疫学

    籾 博晃, 井上 博雅

    日本医事新報   ( 4938 )   28 - 33   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

    <Point>▼喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO)は、慢性の気流制限を呈し、喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)のそれぞれの特徴を併せ持つ疾患である▼ACOは喘息、あるいはCOPD単独の病態と比較し増悪を起こしやすく、QOLが低下し、呼吸機能低下も速く、死亡率も高いと考えられる▼COPD単独、あるいは喘息単独とは治療戦略が異なるため、的確な診断が重要である(著者抄録)

  • 【診断と治療のABC[140]慢性閉塞性肺疾患(COPD)】(第4章)管理・治療 経過・予後

    町田 健太朗, 井上 博雅

    最新医学   別冊 ( 慢性閉塞性肺疾患(COPD) )   211 - 218   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    非喫煙健常者においても呼吸機能は加齢に伴って低下していくが、COPDの最大の危険因子である喫煙は、呼吸機能の経年的低下をより加速させることが知られている。COPDによる死亡率は1995年以降増加傾向にあるが、高齢化の影響を強く反映しており、年齢調整死亡率は近年低下傾向にある。気流閉塞の程度、低酸素血症、身体活動性、増悪の頻度などが予後因子として重要であり、体重、気流閉塞、呼吸困難、運動耐容能の4つの指標をスコア化したBODE Indexなど、複数の因子を用いた複合予測がCOPDの予後予測に有用であると考えられている。禁煙、ワクチンの接種、気管支拡張薬による薬物療法、在宅酸素療法や換気補助療法など、適切な治療を行うことで予後を改善することが期待できる。(著者抄録)

  • 喘息をめぐる最新のトピックス 喘息病態の新理解

    井上 博雅

    アレルギア   ( 47 )   6 - 8   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)日本アレルギー協会  

  • 【薬剤性肺障害-病態・診断・治療のUpdate-】糖尿病、脂質異常症の治療における薬剤性肺障害

    隈元 朋洋, 鵜木 泰自, 籾 博晃, 井上 博雅

    最新医学   73 ( 7 )   955 - 961   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    2型糖尿病、脂質異常症に対する治療薬のうち、dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬、hydroxymethylglutaryl-CoA(HMG-CoA)還元酵素阻害薬による薬剤性肺障害の報告は比較的多く、厚生労働省から注意喚起されている。薬剤性肺障害はときに致死的になることもあり、発熱、咳嗽、呼吸困難などの症状出現時、胸部聴診で異常所見(特に捻髪音)を聴取するとき、胸部X線写真で変化が見られるときは、薬剤性肺障害を含めた鑑別を行い、対応する必要がある。(著者抄録)

  • 喘息とCOPDの併存例(asthma-COPD overlap;ACO)の診断と治療

    松山 洋美, 内田 章文, 福田 宏正, 坂上 公太, 井上 博雅

    呼吸器内科   34 ( 1 )   55 - 65   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【診断と治療のABC[135]喘息】(第2章)病理・病態生理 病態生理

    松山 崇弘, 町田 健太朗, 井上 博雅

    最新医学   別冊 ( 喘息 )   56 - 63   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    気管支喘息は慢性の気道炎症と気道過敏性の亢進を特徴とする疾患である。気道炎症の誘導には、獲得免疫細胞や自然免疫細胞から産生されるサイトカインやケモカインが、重要な役割を担っている。慢性の気道炎症により気道の傷害と修復が繰り返されると、気道リモデリングが生じ、不可逆性の気流制限を来す。気道リモデリングは喘息の重症化難治化の要因となる。気道過敏性亢進には、気道炎症、リモデリングなど、さまざまな要因が関与していると考えられる。(著者抄録)

  • Clinical significance of cutaneous adverse reaction to mogamulizumab in relapsed or refractory adult T-cell leukaemia-lymphoma

    Tokunaga M.

    British Journal of Haematology   181 ( 4 )   539 - 542   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.14634

    Scopus

  • Epidemiology of asthma-chronic obstructive pulmonary disease overlap (ACO) 査読

    Uchida A, Sakaue K, Inoue H

    Allergol Int   67 ( 2 )   165 - 171   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息-慢性閉塞性肺疾患オーバーラップ(ACO)の疫学(Epidemiology of asthma-chronic obstructive pulmonary disease overlap(ACO))

    Uchida Akifumi, Sakaue Kohta, Inoue Hiromasa

    Allergology International   67 ( 2 )   165 - 171   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本アレルギー学会  

  • 【気管支喘息・COPD診療に強くなる】気管支喘息・COPDの慢性期コントロール 気管支喘息・COPDの治療に用いられる薬剤とその使い方

    上川路 和人, 籾 博晃, 井上 博雅

    Medicina   55 ( 1 )   94 - 97   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <Point>喘息,COPDの重要な治療薬は,吸入薬である.吸入薬を処方する場合は,適切な吸入指導が重要である.喘息では,新しい作用機序の抗体製剤により,喘息コントロールの改善が得られる可能性がある.(著者抄録)

  • 日本人を対象としたCOPDスクリーニング質問票

    寒川 卓哉, 井上 博雅

    『呼吸』eレポート   1 ( 2 )   66 - 72   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)呼吸研究  

    2012年の世界保健機構(WHO)の調査では、COPDは死因の第3位に位置づけられ、本邦における死因順位は2016年度「厚生労働省人口動態調査」において男性で第8位に位置し、今後も増加すると予想されている。本邦の大規模疫学調査(NICE study)において、日本人のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と推定されたが、COPDであるにもかかわらず未受診あるいは診断されていない患者が相当数いると推察されている。一方、COPDは予防や治療が可能な疾患であり、潜在患者の早期発見が重要で、そのシステムの確立は急務である。プライマリケアにおけるCOPDの患者早期発見方法の効果についてハイリスク者を対象にスクリーニング質問票を用いることが有益であると報告されている。欧米で開発されたCOPDスクリーニング質問票を本邦の一般住民に用いるには、文化や生活様式の相違、人種差の影響もあり、課題が指摘されている。そこで我々は、日本人を対象とした独自のCOPDスクリーニング質問票(COPD-Q:COPD Screening Questionnaire)を開発した。先行研究で発表されたCOPDスクリーニング質問票とCOPD-Qについて比較検討する。(著者抄録)

  • 【COPDと喘息の最新治療】COPDの診療 薬物療法

    堂嶽 洋一, 籾 博晃, 井上 博雅

    臨牀と研究   94 ( 11 )   1329 - 1333   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • アレルギー学からみた内科疾患 病態解明から新規治療の開発へ 気管支喘息

    井上 博雅, 町田 健太朗

    日本内科学会雑誌   106 ( 9 )   1826 - 1831   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  • 【重症喘息-基礎から臨床まで-】重症喘息診療up-to-date

    井上 博雅, 長瀬 洋之, 浅野 浩一郎

    最新医学   72 ( 7 )   931 - 942   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

  • 【重症喘息-基礎から臨床まで-】重症喘息の新規治療 抗IL-4/IL-13薬

    三山 英夫, 井上 博雅

    最新医学   72 ( 7 )   1017 - 1024   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    IL-4とIL-13は,喘息の病態に中心的な役割を担っているタイプ2サイトカインである.両者の受容体やシグナル伝達経路は共通性が見られ,生物活性も類似している.IL-4/IL-13は活性化されたCD4陽性ヘルパーT細胞のTh2サブセット(Th2細胞)から産生され,2型自然リンパ球(ILC2)もIL-13を産生する.IL-4はTh2細胞の分化を促進し,B細胞に作用してIgEへのクラススイッチを誘導する.IL-13は気道上皮における杯細胞過形成,気道粘液の産生,気道過敏性亢進に関与する.IL-13/IL-4をターゲットにした抗IL-13抗体や抗IL-4受容体抗体などの喘息治療薬が開発され,臨床試験でも呼吸機能の改善などその有効性が示されつつある.ただし,これらの薬剤はすべての喘息患者に有効性を示すわけではなく,バイオマーカーによってその効果が予測できる可能性も示されている.従来の治療に抵抗性を示す重症喘息症例に対する個別化・層別化治療に道を開く第一歩であるとともに,フェノタイプやエンドタイプの理解につながる可能性がある.(著者抄録)

  • Medical Pictures 全身性エリテマトーデスの治療経過中に発症した播種性ノカルジア症の1例

    大脇 一人, 隈元 朋洋, 岩川 純, 井上 博雅

    THE LUNG-perspectives   25 ( 2 )   117 - 117   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • 【喘息・COPD吸入治療の新しい展開】有効性の高い吸入指導とは?

    東元 一晃, 井上 博雅

    医学のあゆみ   261 ( 3 )   248 - 252   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    吸入薬を有効に使用するためには、適切な吸入手技と良好なアドヒアランスの保持が重要である。喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者においては吸入手技、アドヒアランスとも不十分である割合が非常に高く、これらは救急受診や入院などの増悪リスクを増大させる。吸入手技の改善にはまず最適な吸入薬を選択し、その薬剤(デバイス)の特性に応じた指導をteach-backアプローチなどを用いて医療者が直接指導するのがもっとも効果的で、繰り返しのチェックと修正を行うことが必要である。また、アドヒアランスは、障壁となる要因を的確に判断したうえで疾患病態や薬効に関する丁寧な説明を行い、患者とともに治療方針を決定する。また、可能なかぎり単純化した薬物療法、治療に関するフィードバックを行うなど、患者と医療者の十分なパートナーシップ形成が求められる。今後、より効果的な指導・支援を担う医療者を養成するための教育システムの構築が望まれる。(著者抄録)

  • 成人喘息に関する日本版ガイドライン2017(Japanese guidelines for adult asthma 2017)

    Ichinose Masakazu, Sugiura Hisatoshi, Nagase Hiroyuki, Yamaguchi Masao, Inoue Hiromasa, Sagara Hironori, Tamaoki Jun, Tohda Yuji, Munakata Mitsuru, Yamauchi Kohei, Ohta Ken, The Japanese Society of Allergology

    Allergology International   66 ( 2 )   163 - 189   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本アレルギー学会  

  • Revisiting Type 2-high and Type 2-low airway inflammation in asthma: current knowledge and therapeutic implications 査読

    Robinson D*, Humbert, Buhl R, Cruz A, Inoue H, Korom S, Hanania N, Parameswaran N

    Clin Exp Allergy   47 ( 2 )   161 - 175   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • MicroRNAs in non-small cell lung cancer and idiopathic pulmonary fibrosis 査読

    Mizuno K, Mataki H, Seki N, Kumamoto T, Kamikawaji K, Inoue H

    J Hum Genet   62 ( 1 )   57 - 65   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【異常制御されたノンコーディングRNAとヒトの疾患 微調整が撹乱因子となる】非小細胞肺癌および特発性肺線維症におけるmicroRNA(【Dysregulated Non-coding RNAs and Human Diseases: A Fine-Tuner Changes into a Confuser】MicroRNAs in non-small cell lung cancer and idiopathic pulmonary fibrosis)

    Mizuno Keiko, Mataki Hiroko, Seki Naohiko, Kumamoto Tomohiro, Kamikawaji Kazuto, Inoue Hiromasa

    Journal of Human Genetics   62 ( 1 )   57 - 65   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Publishing Group  

  • Japanese Society of Allergology:Japanese guidelines for adult asthma 2017 査読

    Ichinose M, Sugiura H, Nagase H, Yamaguchi M, Inoue H, Sagara H, Tamaoki J, Tohda Y, Munakata M, Yamauchi K, Ohta K

    Clin Exp Allergy   66   163 - 189   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Japanese guidelines for adult asthma 2017 査読

    Ichinose M, Sugiura H, Nagase H, Yamaguchi M, Inoue H, Sagara H, Tamaoki J, Tohda Y, Munakata M, Yamauchi K, Ohta K; Japanese Society of Allergology

    Allergol Int   66   163 - 189   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A turn on and a turn off: BLT1 and BLT2 mechanisms in the lung 査読

    Watanabe M, Machida K, Inoue H

    Expert Rev Respir Med   8 ( 4 )   381 - 383   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Viral infection in asthma and COPD 査読

    Matsumoto K, Inoue H

    Respir Invest   52 ( 2 )   6952 - 6968   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 井上博雅 .  教育講演 Asthma-COPD overlap(ACO)の概念の変化 .  第8回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会九州・沖縄支部学術集会  第8回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会九州・沖縄支部学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 井上博雅 .  EL-1 成人喘息治療の新展開: GINA改訂のポイント .  JSA/WAO Joint Congress 2020 (第69回日本アレルギー学会学術大会)  第69回日本アレルギー学会学術大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 井上博雅 .  重症喘息と診断と治療 .  第116回日本内科学会総会・講演会  第116回日本内科学会総会・講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋  

    教育講演

  • 井上博雅 .  重症喘息の分子病態と制御 .  第59回日本呼吸器学会学術講演会  第59回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋  

    教育講演

  • 井上博雅 .  COPD診断の進歩 .  第324回日本内科学会九州地方会  第63回日本内科学会 九州支部生涯教育講演会  第324回日本内科学会九州地方会  第63回日本内科学会 九州支部生涯教育講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:福岡  

  • 一ノ瀬正和(座長)、井上博雅 .  COPDガイドライン改訂と今後の行方 4 増悪,予後 .  第58回日本呼吸器学会学術講演会  第58回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 井上博雅 .  喘息、COPD,喘息とCOPDのオーバーラップの考え方 .  第80回日本呼吸器学会結核病学会九州支部 春季学術講演会  第80回日本呼吸器学会結核病学会九州支部 春季学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 井上博雅 .  10-1 重症喘息の定義・分類 .  第66回日本アレルギー学会学術大会  第66回日本アレルギー学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 一ノ瀬正和(座長)、堀口孝彦(座長)、井上博雅、杉浦久敏、花岡正幸、須田隆文 .  免疫・炎症細胞からみた重症呼吸器疾患の病態と治療の展望/重症喘息 .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 内田章文、寒川卓哉、坂上公太、上川路和人、隈元朋洋、渡辺正樹、水野圭子、東元一晃、井上博雅 .  坑ARS抗体症候群におけるBAFF(Bcell-activating factor belonging to the TNF family)値の検討 .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 田上あさ子、武富芳隆、町田健太朗、松山崇弘、村上誠、井上博雅 .  Ⅲ型分泌性ホスホリパーゼA2は気管支喘息を抑制する .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 美園俊祐、籾博晃、隈元朋洋、岩川純、東元一晃、井上博雅 .  肝肺症候群の診断と臨床像に関する検討 .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 坂上公太,寒川卓哉,籾博晃,岩川純,内田章文,渡辺正樹,水野圭子,東元一晃,井上博雅 .  びまん性肺疾患におけるBALF中の総細胞数・リンパ球数・B細胞数とBAFF (B cell-activating factor belonging to the TNF family) に関する検討 .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 東元一晃,井上博雅 .  地域レベルでの呼吸器診療ネットワーク 離島診療の現状と課題 (会長特別企画シンポジウム4) .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 本川郁代,渡辺正樹,寒川卓也,井上博雅,遠藤元誉,尾池雄一 .  Angptl2と肺繊維化に関する検討 .  第57回日本呼吸器学会学術講演会  第57回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 井上博雅 .  アレルギー学から見た内科疾患:病態解明から新規治療の開発へ 3)気管支喘息 .  第114回日本内科学会総会・講演会  第114回日本内科学会総会・講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 谷川健吾、末次隆行、本川郁代、井上博雅 .  当科における肺癌の癌性髄膜炎の検討 .  第114回日本内科学会総会・講演会  第114回日本内科学会総会・講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 井上博雅 .  イブニングセミナー Asthma-COPD Overlap Syndrome(ACOS)へのアプローチ .  第55回日本呼吸器学会学術講演会  第55回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:奈良県   国名:日本国  

    国内学会

  • 井上博雅 .  基調講演 GINA2014において喘息の長期管理はどのように変わったか .  第55回日本呼吸器学会学術講演会  第55回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:奈良県   国名:日本国  

    国内学会

  • 井上博雅 .  イブニングセミナー「実地臨床からみた気管支喘息診療:Real World からの発信」大学病院と実地医家の喘息診療におけるギャップ .  呼吸器内視鏡学会  呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム「創薬を視野に入れた呼吸器疾患の病態解明」COPDの創薬ターゲット .  第54回日本呼吸器学会学術講演会  第54回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム 「COPDの啓蒙にむけて」早期治療の有用性 .  第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会  第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良市  

    国内学会

  • Inoue H. .  Leukotriene B4 receptors in asthma .  Asia Pacific Congress of Allergy, Asthma and Clinical Immunology (APCAACI 2013)  Asia Pacific Congress of Allergy, Asthma and Clinical Immunology (APCAACI 2013)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    国際学会

  • Inoue H, Kumamoto T, Tsukuya G, Fukuyama S, Samukawa T, Kiyohara Y, Crawford B, Nakanishi Y, Ichinose M, Matsumoto K. .  Validation of a Japanese version of the COPD diagnostic questionnaire in the general Asian population: The Hisayama study .  European Respiratory Society Annual Congress 2013  European Respiratory Society Annual Congress 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Barcelona, Spain  

    国際学会

  • Inoue H, Matsunaga Y, Fukuyama S, Okuno T, Matsumoto K, Saek K, Sadamura Y, Machida K, Nakanishi Y, Yokomizo T .  Workshop 1: Molecular Regulation of AllergicResponses - Role of Leukotriene B4 Receptor BLT2 in Allergic Airway Inflammation .  Keystone Symposia Conferenc - Pathogenic Processes in Asthma and COPD  Keystone Symposia Conferenc - Pathogenic Processes in Asthma and COPD国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Santa Fe, New Mexico, USA  

    国際学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム1「重症気管支喘息の病態解明と治療戦略」重症気管支喘息の病態:炎症細胞と炎症性サイトカイン .  第62 回日本アレルギー学会秋季学術大会  第62 回日本アレルギー学会秋季学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム「リモデリングの新視点」 .  第24回日本アレルギー学会春季臨床大会  第24回日本アレルギー学会春季臨床大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム4/COPD病態における新視点 .  第52回日本呼吸器学会学術講演会  第52回日本呼吸器学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウムBLT1&BLT2気管支喘息の病態機序解明の新展開LTB4受容体 .  第61回日本アレルギー学会秋季学術大会  第61回日本アレルギー学会秋季学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム;アレルギー病態におけるレギュラトリーT細胞の役割をめぐって「気管支喘息病態とTreg」 .  第60回日本アレルギー学会秋季学術大会  第60回日本アレルギー学会秋季学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム「ガイドライン・マススタディの功罪:患者個人の臨床経過から得られるエビデンスによる診療を含めて」COPD .  第65回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季講演会  第65回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 井上博雅 .  教育セミナー「喘息・COPDにおける類似点と相違点」 .  第60回日本アレルギー学会秋季学術大会  第60回日本アレルギー学会秋季学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Inoue H .  Steroids and beyond: Novel treatments for asthma and allergy "Suppressor of cytokine signaling in asthma" .  WorldPharma2010  WorldPharma2010国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Copenhagen, Denmark  

    国際学会

  • 井上博雅 .  シンポジウム4「シグナル伝達分子:ベンチからベッドサイドへ、ベッドサイドからベンチへ」 .  第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会  第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州市  

    国内学会

  • Inoue H, Moriwaki A, Matsumoto K, Matsunaga Y, Fukuyama S, Matsumoto T, Kan-o K, Noda N, Asai Y, Akira S, Nakanishi Y. .  IL-13 Suppresses Double-Stranded RNA-Induced IFN-lambda Production in Respiratory Cells .  American Thoracic Society International Conference 2010  American Thoracic Society International Conference 2010国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, Louisiana, USA  

    国際学会

  • 今村 信宏, 俣木 浩子, 亀之原 佑介, 坂上 公太, 萩原 陽子, 籾 博晃, 岩川 純, 水野 圭子, 井上 博雅 .  6次治療としてニボルマブを投与し、良好な治療効果がえられた肺多型癌術後再発の1例 .  肺癌  2017年4月  (NPO)日本肺癌学会

  • 園木 一男, 村岡 宏祐, 辻澤 利行, 井上 博雅, 引地 尚子 .  AGEは培養血管内皮細胞における歯周病菌由来LPSによる単球走化因子MCP-1の発現を増強した .  糖尿病  2017年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 本川 郁代, 遠藤 元誉, 渡辺 正樹, 寒川 卓哉, 尾池 雄一, 井上 博雅 .  Angptl2と肺線維化に関する検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 長瀬 洋之, 岩永 賢司, 田中 明彦, 増子 裕典, 斎藤 純平, 鈴川 真穂, 町田 健太朗, 釣木澤 尚実, 小泉 佑太, 杉本 直也, 井上 博雅, 相良 博典, 檜澤 伸之, 谷口 正実, 中村 裕之, 東田 有智, 大田 健, 環境再生保全機構気管支喘息の動向に関する調査研究班 .  成人喘息:疫学・実態調査 多施設喘息コホートにおける喘息増悪因子の同定と増悪予測スコアの作成 .  アレルギー  2019年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • 是枝 快泉, 川畠 寿史, 濱田 美奈子, 是枝 快房, 川畑 政治, 井上 博雅 .  後期高齢者肺結核患者における胸部陰影の影響因子および予後との関連 .  結核  2019年3月  (一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会

  • 田村 浩子, 松山 崇弘, 坂上 公太, 高木 弘一, 籾 博晃, 町田 健太朗, 井上 博雅 .  当院のサルコイドーシス長期経過観察による増悪因子の検討 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 八木 朋子, 俣木 浩子, 美園 俊祐, 籾 博晃, 岩川 純, 浜崎 哲郎, 是枝 快房, 川畠 寿史, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院における進行非小細胞肺癌に対するニボルマブ使用症例の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 黒岩 大俊, 松山 崇弘, 亀之原 佑介, 坂上 公太, 新村 昌弘, 高木 弘一, 三山 英夫, 籾 博晃, 町田 健太朗, 井上 博雅 .  当院におけるCOPDおよびACO患者の臨床的特徴に関する検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 里薗 弥々, 鵜木 泰自, 新村 昌弘, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当院におけるALK遺伝子転座陽性肺癌の後方視的検討 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 宮田 真里奈, 末次 隆行, 福田 宏正, 砂永 祐介, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当科における非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 政田 豊, 堂嶽 洋一, 新村 昌弘, 隈元 朋洋, 内田 章文, 三山 英夫, 籾 博晃, 渡辺 正樹, 井上 博雅 .  当科におけるニンテダニブの使用経験 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 高木 弘一, 松山 崇弘, 坂上 公太, 町田 健太朗, 井上 博雅 .  好酸球性胸水を契機に診断された好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例 .  アレルギー  2021年2月  (一社)日本アレルギー学会

  • Ogata Hiroaki, Hirakawa Yoichiro, Matsumoto Koichiro, Fukuyama Satoru, Inoue Hiromasa, Kitazono Takanari, Ninomiya Toshiharu, Nakanishi Yoichi .  地域在住日本人被験者における気流制限有病率の変化 久山町研究(Changes in the Prevalence of Airflow Limitation in Community-Dwelling Japanese Subjects: The Hisayama Study) .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 緒方 大聡, 平川 洋一郎, 松元 幸一郎, 秦 淳, 吉田 大悟, 福山 聡, 井上 博雅, 北園 孝成, 二宮 利治, 中西 洋一 .  地域一般住民における気流制限の有病率の時代的変化 久山町研究 .  日本未病システム学会学術総会抄録集  2018年10月  (一社)日本未病学会

  • 福山 聡, 松元 幸一郎, 竹内 研時, 緒方 大聡, 竹下 徹, 古田 美智子, 須磨 紫乃, 秦 淳, 二宮 利治, 山下 喜久, 井上 博雅, 中西 洋一 .  地域一般住民における呼吸機能低下に及ぼす歯周病の影響の解析 久山町研究 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 東元 一晃, 井上 博雅 .  地域レベルでの呼吸器診療ネットワーク 離島診療の現状と課題 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 吉田 誠, 金子 靖子, 石松 明子, 岩永 知秋, 井上 博雅 .  喫煙および非喫煙気管支喘息患者におけるチオトロピウムの効果 .  アレルギー  2017年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • 東元 一晃, 田上 あさ子, 松山 崇弘, 井上 博雅 .  喘息吸入指導教育(ロールプレイを含む)がもたらす薬剤師自己評価への効果と相互評価の検討 .  アレルギー  2017年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • Shirai Toshihiro, Hirai Keita, Gon Yasuhiro, Inoue Hiromasa, Hashimoto Shu .  喘息と喘息-COPDオーバーラップでは血清ペリオスチン濃度は同程度だがCOPD単独では程度が異なる(Comparable serum periostin levels between asthma and asthma-COPD overlap, but not COPD) .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 稲葉 洋平, 緒方 裕光, 井上 博雅, 黒澤 一, 寒川 卓哉, 町田 健太郎, 欅田 尚樹, 水野 雄二, 尾上 あゆみ, 大森 久光 .  加熱式たばこ喫煙者と紙巻たばこ喫煙者のたばこ煙曝露マーカーの比較 .  日本衛生学雑誌  2020年3月  (一社)日本衛生学会

  • 松山 崇弘, 福田 宏正, 坂上 公太, 高木 弘一, 三山 英夫, 末次 隆行, 町田 健太朗, 井上 博雅 .  全身性エリテマトーデスの治療中に好酸球性肺炎を発症した1例 .  アレルギー  2021年2月  (一社)日本アレルギー学会

  • 井上 博雅 .  免疫・炎症細胞からみた重症呼吸器疾患の病態と治療の展望 重症喘息 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • Yoshisue Hajime, Inoue Hiromasa, Milligan Ki L., McConnon Aine, Loefroth Emil, McSharry Martin, Yokoyama Akihito, Ichinose Masakazu .  中用量または高用量ICS/LABAによる喘息のsub-optimal control 日本のレセプトデータを用いた後向きコホート研究(Sub-optimal Asthma Control With Medium- or High-dose ICS/LABA: A Retrospective Cohort Study From Japan Claims Database) .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 田村 浩子, 松山 洋美, 堂嶽 洋一, 眞田 宏樹, 美園 俊祐, 隈元 朋洋, 内田 章文, 籾 博晃, 井上 博雅 .  不妊治療中の肺炎を契機に診断に至った肺原発Ewing肉腫の1例 .  気管支学  2020年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 冨岡 勇也, 萩原 陽子, 堂嶽 洋一, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  ペムブロリズマブの投与を行なった進行非小細胞肺癌症例の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 長瀬 洋之, 岩永 賢司, 田中 明彦, 増子 裕典, 斎藤 純平, 鈴川 真穂, 町田 健太朗, 相良 博典, 檜澤 伸之, 中村 裕之, 井上 博雅, 谷口 正実, 東田 有智, 大田 健, 独立行政法人環境再生保全機構喘息の動向等に関する調査研究班 .  フェノタイプ別の喘息増悪因子の同定 多施設共同前向きコホート研究 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 前田 聡子, 有村 洋, 上野 尚子, 川出 茂, 山神 大, 児島 奈弥, 長友 理笑, 中 沙枝子, 伊集院 太生, 小木曽 和磨, 新中須 敦, 有村 愛子, 内田 章文, 隈元 朋洋, 橋口 裕, 出口 尚寿, 井上 博雅, 西尾 善彦 .  ニボルマブ投与中に中枢性副腎不全を発症しその後に原発性甲状腺機能低下症を来した1例 .  日本内分泌学会雑誌  2018年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 鵜木 泰自, 籾 博晃, 上川路 和人, 三山 英夫, 水野 圭子, 井上 博雅 .  オシメルチニブを投与したEGFR T790M変異陽性非小細胞肺癌の臨床経過 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 冨岡 勇也, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 籾 博晃, 岩川 純, 水野 圭子, 東元 一晃, 井上 博雅 .  オシメルチニブによる薬剤性肺障害の1例 .  肺癌  2017年4月  (NPO)日本肺癌学会

  • 井上 博雅 .  アレルギー学からみた内科疾患 病態解明から新規治療の開発へ 気管支喘息 .  日本内科学会雑誌  2017年2月  (一社)日本内科学会

  • Tanoue Asako, Taketomi Yoshitaka, Uchida Akifumi, Matsuyama Takahiro, Murakami Makoto, Inoue Hiromasa .  アレルギー(1) 下気道アレルギー性炎症 アレルギー喘息におけるIII型分泌性phospholipase A2の役割(Allergy: Lower airway allergic inflammation The role of group III secreted phospholipase A2 in allergic asthma) .  日本免疫学会総会・学術集会記録  2017年12月  (NPO)日本免疫学会

  • 松山 洋美, 寒川 卓哉, 大重 雅寛, 三山 英夫, 籾 博晃, 内田 章文, 坂上 公太, 窪田 幸司, 渡辺 正樹, 町田 健太朗, 水野 圭子, 井上 博雅 .  びまん性肺疾患におけるBALF中の総細胞数・リンパ球数・B細胞数・BAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)と血清BAFF値の検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • Matsuyama Takahiro, Machida Kentaro, Doutake Yoichi, Takagi Koichi, Inoue Hiromasa .  TRPA1 channel mediates cold air-induced aggravation of airway inflammation(和訳中) .  アレルギー  2020年10月  (一社)日本アレルギー学会

  • 山口 宗一, 高木 弘一, 松山 崇弘, 近藤 清貴, 内田 章文, 大山 陽子, 清水 利昭, 竹之内 和則, 井上 博雅, 橋口 照人 .  IL-13はmiR-424/503を介して肺動脈血管内皮細胞の遊走能を亢進する .  臨床病理  2017年10月  (一社)日本臨床検査医学会

  • 田上 あさ子, 武富 芳隆, 町田 健太朗, 松山 崇弘, 村上 誠, 井上 博雅 .  III型分泌性ホスホリパーゼA2は気管支喘息を抑制する .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 美園 俊祐, 眞田 宏樹, 新村 昌弘, 隈元 朋洋, 籾 博晃, 井上 博雅 .  EML4-ALK融合遺伝子陽性肺腺癌に合併した気管支平滑筋腫の1例 .  気管支学  2020年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 末次 隆行, 水野 圭子, 下大田 さと子, 井上 博雅, 高橋 毅行, 寺薗 英之, 新田 美奈 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるAfatinib血中濃度についての検討 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 末次 隆行, 谷川 健悟, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 田村 誠也, 水野 圭子, 岩川 純, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるafatinib投与の観察研究 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 大脇 一人, 隈元 朋洋, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 籾 博晃, 岩川 純, 太良 哲彦, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌におけるT790M変異発現に影響する因子の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 井上 博雅 .  COPDガイドライン改訂と今後の行方 増悪、予後 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 吉田 誠, 森脇 篤史, 恐田 尚幸, 平本 哲哉, 岩永 知秋, 井上 博雅 .  COPDの併存症が身体活動性に及ぼす影響 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 井上 博雅 .  成人喘息治療の新展開 GINA改訂のポイント .  アレルギー  2020年8月  (一社)日本アレルギー学会

  • 東元 一晃, 町田 健太朗, 金澤 裕信, 岩川 純, 濱崎 哲郎, 末次 隆行, 是枝 快泉, 窪田 幸司, 佃屋 剛, 松山 崇弘, 田上 あさ子, 井上 博雅 .  鹿児島県内の呼吸器学会認定/関連施設における重症喘息の実態 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 高木 弘一, 町田 健太朗, 松山 崇弘, 坂上 公太, 福田 宏正, 窪田 幸司, 岩川 純, 井上 博雅 .  鹿児島大学病院における難治性喘息の実態 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 河路 広大, 末次 隆行, 金澤 裕信, 八木 朋子, 砂永 祐介, 本川 郁代, 中塩屋 二郎, 坂木 由宗, 副島 賢忠, 井上 博雅 .  高齢者進行肺癌のカルボプラチン併用化学療法時における制吐療法の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 是枝 快泉, 太良 哲彦, 是枝 快房, 川畑 政治, 井上 博雅 .  高齢者結核患者における予後と嚥下障害との関連 .  結核  2018年4月  (一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会

  • 井上 博雅 .  重症喘息の診断と治療 .  日本内科学会雑誌  2019年2月  (一社)日本内科学会

  • 井上 博雅 .  重症喘息の定義・分類と治療戦略 専門医の腕が試される 重症喘息の定義・分類 .  アレルギー  2017年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • 谷川 健悟, 水野 圭子, 松山 洋美, 鵜木 泰自, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 隈元 朋洋, 内田 章文, 井上 博雅 .  転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療後の放射線脳壊死に対してベバシズマブが奏功したALK陽性肺癌の4例 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 宇都 寛高, 松山 洋美, 堂嶽 洋一, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  腫瘍 薬物療法 当院におけるROS1遺伝子転座陽性肺癌の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2019年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 下馬場 健一, 高木 弘一, 坂上 公太, 新村 昌弘, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  肺線維症の病因・病態 びまん性肺疾患の病態におけるTET遺伝子の関わり .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 籾 博晃, 谷川 健悟, 冨岡 勇也, 松山 洋美, 鵜木 泰自, 堂嶽 洋一, 上川路 和人, 三山 英夫, 井上 博雅 .  縦隔リンパ節のEBUS-TBNA後に気管内腫瘤が出現した大細胞肺癌の一例 .  気管支学  2018年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 大脇 一人, 太良 哲彦, 坂上 公太, 濱田 美奈子, 是枝 快泉, 富山 由美子, 是枝 快房, 川畑 政治, 井上 博雅 .  経気管支超音波内視鏡下吸引針生検(EBUS-TBNA)中に肺水腫を来した1例 .  気管支学  2018年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 寺薗 英之, 高橋 毅行, 菅原 英輝, 新田 美奈, 中嶋 洋生, 水野 圭子, 井上 博雅, 武田 泰生 .  第3回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 薬剤師の科学的視点から臨床情報を活用する 分子標的薬アファチニブの血中濃度測定による個別化医療 .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 松山 崇弘, 東元 一晃, 田上 あさ子, 井上 博雅 .  気管支喘息(成人)管理 環境・吸入指導 吸入デバイス説明媒体は手技習得にどれくらい有用か .  アレルギー  2017年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • 尾上 あゆみ, 大森 久光, 窪田 健一, 林 俊成, 津田 徹, 井上 博雅 .  気流閉塞とpresenteeism(労働生産性)、absenteeism(病欠)との関連 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 永田 雄大, 福田 宏正, 砂永 祐介, 隈元 朋洋, 三山 英夫, 久保田 真吾, 末次 隆行, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  日常臨床におけるdurvalumabの安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 内田 章文, 寒川 卓哉, 坂上 公太, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 渡辺 正樹, 水野 圭子, 東元 一晃, 井上 博雅 .  抗ARS抗体症候群におけるBAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)値の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 大重 雅寛, 寒川 卓哉, 松山 洋美, 三山 英夫, 籾 博晃, 内田 章文, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 渡辺 正樹, 水野 圭子, 井上 博雅 .  抗ARS抗体症候群と慢性線維性間質性肺炎(CFIP)における血清およびBALF中BAFF(B cell-activating factor belonging to the TNF family)値の解析 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

▼全件表示