基本情報

写真a

山口 武志

YAMAGUCHI Takeshi


職名

教授

研究分野・キーワード

算数・数学教育

プロフィール

数学教育における社会的相互作用に関する認識論的・記号論的研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士,教科教育学,広島大学,課程,1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(数学教育),教授,2010年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 教育学部附属中学校,校長,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学教育学会,1990年08月 ~ 継続中,日本国

  • 全国数学教育学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 九州数学教育学会,1995年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本科学教育学会,1997年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本教科教育学会,1999年03月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,多世界パラダイムに基づくわり算概念の構成とその学習指導の改善に関する研究,『環太平洋大学研究紀要』12号 (頁 237 ~ 249) ,2018年03月,中原忠男,前田一誠,山口武志,岡崎正和,影山和也

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 日本語,「等分除とその拡張」に関わるわり算問題の調査結果の考察,全国数学教育学会,『数学教育学研究』,23巻 1号 (頁 1 ~ 20) ,2017年01月,山口武志,影山和也,中原忠男,岡崎正和,前田一誠

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,算数・数学教育における社会的相互作用に関する認識論的・記号論的研究-「数学的意味と数学的表現の相互発達」の視座からの小学校第2学年「たし算」に関する授業改善-,全国数学教育学会,『数学教育学研究』,22巻 1号 (頁 115 ~ 147) ,2016年01月,山口武志

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,算数・数学教育における創発の捉え方に関する解釈的研究-創発を生み出す授業の活性化を目指して-,日本教科教育学会,『日本教科教育学会誌』,38巻 2号 (頁 47 ~ 56) ,2015年09月,吉村直道,山口武志,中原忠男,小山正孝,岡崎正和,加藤久恵,前田一誠,宮崎理恵

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,教科教育学

  • 日本語,多世界パラダイムに基づく算数授業における社会的相互作用の規範的モデルの開発研究(Ⅲ)-第4学年「分数」の授業による検証-,全国数学教育学会,『数学教育学研究』,20巻 2号 (頁 93 ~ 112) ,2014年06月,山口武志,中原忠男,小山正孝,岡崎正和,吉村直道,加藤久恵,脇坂郁文,沢村優治

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,講座 算数授業の新展開(新算数教育研究会編)〔第1学年,第3学年〕「コメント(第1学年 5.加法の意味:数量の関係に着目し,加法の計算の意味を考える)」(p.81),「コメント(第3学年 4.整数の除法:見方・考え方を働かせる数学的活動で意味を理解する-等分除(1つ分の大きさを求める除法)」(p.75),東洋館出版社,2019年07月,山口武志

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,新訂 算数科教育の研究と実践(九州算数教育研究会編),「第5章 数と計算」,「§1 指導内容の概観」(pp.77-79)及び「§2 整数とその計算」(pp.80-88),日本教育研究センター,2019年04月,山口武志

    教科書,共著

  • 日本語,『拡張的学習の挑戦と可能性:いまだここにないものを学ぶ』〔翻訳担当:第5章「学習環境と実行から活動システムと拡張的学習へ」(pp.103-118)〕,新曜社,2018年04月,ユーリア・エンゲストローム著,山住勝広監訳

    単行本(学術書),共訳

  • 日本語,中学校新学習指導要領の展開・数学編(永田潤一郎編著),明治図書,2017年10月,山口武志

    単行本(学術書),「第2章 第1学年・関数」(pp.44-49),「第2章 第2学年・関数」(pp.84-89),「第2章 第3学年・関数」(pp.126-129),単著

  • 日本語,教科教育研究ハンドブック-今日から役立つ研究手引き-(日本教科教育学会編),教育出版,2017年03月,山口武志

    単行本(学術書),「第2部第2章 質的研究としての教科教育研究」(pp.50-55),単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本数学教育学会・2018年度学会賞(学術研究部門),2018年11月17日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本数学教育学会,山口武志

  • 全国数学教育学会・2017年度学会奨励賞,2018年01月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,全国数学教育学会,山口武志・影山和也・中原忠男・岡崎正和・前田一誠(共同受賞)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,中等教育における「相互発達モデル」に基づく数学科授業に関する開発的研究,山口武志

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,「相互発達モデル」に基づく算数・数学科の授業改善に関する認識論的・記号論的研究,山口武志

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,社会的相互作用に基づく「数学的意味と表現の相互発達」に関する授業構成の研究,山口武志

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,社会的相互作用に基づく算数・数学の授業構成に関する認識論的・記号論的研究,山口武志

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2010年03月,社会的相互作用に基づく数学的意味の構成に関する認識論的・記号論的研究,山口武志

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 全国数学教育学会,国内会議,2019年06月,埼玉,記号論による数学における考察対象の分析-平方根の導入を通して-,口頭(一般)

  • 全国数学教育学会,国内会議,2019年02月,東広島,数学における考察対象の存在論的様相-オイラーによる「無限解析」の記号論的分析-,口頭(一般)

  • 全国数学教育学会,国内会議,2018年06月,東広島,数学教育における活動の対象を捉える記号論的枠組み-対象の存在論的様相及びその学習への影響の明確化に向けて-,口頭(一般)

  • 日本数学教育学会・第6回春期研究大会,国内会議,2018年06月,千葉,学校教育における設計科学的視座に基づく数理科学教育に関する研究-数理科学教育の基本的枠組みに関する考察-,口頭(一般)

  • 日本数学教育学会・第49回秋期研究大会,国内会議,2016年10月,弘前,倍に関わるわり算の位置づけに関する研究-小学5年から中学1年に対するわり算調査をもとにして-,口頭(一般)

全件表示 >>