基本情報

写真a

松尾 智英

MATSUO Tomohide


職名

准教授

研究分野・キーワード

Cryptosporidium/Eimeria/tick/porotozoa/piroplasma

プロフィール

コクシジウムの感染メカニズムに関する研究
マダニにおける原虫病媒介メカニズムの解明

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科,准教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ダニ学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生動物学

  • 寄生虫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Atypical virulence in a type III Toxoplasma gondii strain isolated in Japan.,Parasitology International,67巻 5号 (頁 587 ~ 592) ,2018年10月,Tanigichi, Y., C. Appiah-Kwarteng, M. Murakami, J. Fukumoto, K. Nagamune, T. Matsuo, T. Masatani, H. Kanuka, T. Hoshina, K. Kitoh, Y. Takashima

    DOI:10.1016/j.parint.2018.05.010,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The development of oocytes in the ovary of a parthenogenetic tick, Haemaphysalis longicornis.,Parasitology International,67巻 4号 (頁 465 ~ 471) ,2018年08月,Mihara, R., R. Umemiya-Shirafuji, Y. Abe, T. Matsuo, N. Horiuchi, S. Kawano, K. Fujisaki and H. Sizuki

    DOI:10.1016/j.parint.2018.04.006,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,First detection and molecular identification of Entamoeba bovis from Japanese cattle.,Parasitology Research,117巻 (頁 339 ~ 342) ,2018年01月,Matsubayashi, M., Y. Matsuura, S. Nukata, Y. Daizi, T. Shibahara, I. Teramoto, T. Matsuo, S. Uni, T. Hatta, A. Kaneko, N. Tsuji and K. Sasai

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan.,Ticks and Tick-borne Diseases,8巻 (頁 581 ~ 587) ,2017年02月,Masatani, T., K. Hayashi, M. Andoh, M. Tateno, Y. Endo, M. Asada, K. Kusakisako, T. Tanaka, M. Gokuden, N. Hozumi, F. Nakadohzono, T. Matsuo

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Development of in vivo and in vitro assays to test the susceptibility of Eimeria krijgsmanni to anti-parasitic agents.,Acta Parasitologica,60巻 2号 (頁 190 ~ 195) ,2015年06月,Takeo, T., T. Tanaka, M. Matsubayashi, M. Tsujio, R. Umemiya-Shirafuji, N. Tsuji, K. Fujisaki, T. Matsui and T. Matsuo

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Autophagy and its physiological relevance in arthropods: Current knowledge and perspectives.,Autophagy,6巻 (頁 575 ~ 588) ,2010年07月,Malagoli, D., F. C. Abdalla, Y. Cao, Q. Feng, K. Fujisaki, A. Gregorc, T. Matsuo, I. P. Nezis, I. S. Papassideri, M. Sass, E. C. Silva-Zacarin, G. Tettamanti and R. Umemiya-Shirafuji

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Tick reproduction in a male tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae).,Journal of Protozoology Research,13巻 (頁 1 ~ 9) ,2003年04月,Matsuo, T. and K. Fujisaki

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの生活環に関する形態学的観察,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会,国内会議,2014年09月,北海道,フタトゲチマダニ由来TNF Receptor Associated Factor (TRAF) の同定とその役割について,その他

  • 第66回日本寄生虫学会南日本支部大会・第63回日本衛生動物学会南日本支部会合同大会,国内会議,2013年11月,大分,マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの宿主特異性と感染性に関する研究,その他

  • 第156回日本獣医学会学術集会,国内会議,2013年09月,岐阜,マウス腸管寄生性Eimeria krijgsmanniの薬剤感受性,その他

  • 第156回日本獣医学会学術集会,国内会議,2013年09月,岐阜,フタトゲチマダニ体内におけるB. microtiの検出,その他

全件表示 >>