基本情報

写真a

玉井 努

Tsutomu Tamai


職名

特任講師

研究分野・キーワード

ウイルス性肝炎、肝硬変、肝がん

ホームページ

http://com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~kanennet/contents/index.php

プロフィール

消化器・肝臓分野

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 肝疾患相談センター,特任講師,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本IVR学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本放射線医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本超音波医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本肝臓学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器・肝臓分野

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Horizontal transmission of de novo hepatitis B between spouses: A case report.,Hepatol Res,2014年08月,Mawatari S, Uto H, Moriuchi A, Tabu K, Muromachi K, Tabu E, Oda K, Imanaka D, Oshige A, Nakazawa J, Kumagai K, Tamai T, Okamoto H, Tsubouchi H, Ido A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Endoscopic ultrasonography-guided transmural drainage of an infected hepatic cyst due to Edwardsiella tarda: a case report,Clinical Journal of Gastroenterology,2014年08月,Hiroki Taguchi・Tsutomu Tamai・Masatsugu Numata・Hitomi Maeda・Akihiko Ohshige・Hiromichi Iwaya・Shinichi Hashimoto・Shuji Kanmura・Hiroshi Fujita・Keita Funakawa・Akio Ido・Hirohito Tsubouchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage are associated with hepatic fibrosis in patients with chronic hepatitis C.,BMC Gastroenterol,2014年02月,Mera K, Uto H, Mawatari S, Ido A, Yoshimine Y, Nosaki T, Oda K, Tabu K, Kumagai K, Tamai T, Moriuchi A, Oketani M, Shimada Y, Hidaka M, Eguchi S, Tsubouchi H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Dietary fructose enhances the incidence of precancerous hepatocytes induced by administration of diethylnitrosamine in rat.,Eur J Med Res. ,2013年12月,Kumamoto R, Uto H, Oda K, Ibusuki R, Tanoue S, Arima S, Mawatari S, Kumagai K, Numata M, Tamai T, Moriuchi A, Fujita H, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Hepatitis C virus NS3/4A protease inhibits complement activation by cleaving complement component 4.,PLoS One,2013年12月,Mawatari S, Uto H, Ido A, Nakashima K, Suzuki T, Kanmura S, Kumagai K, Oda K, Tabu K, Tamai T, Moriuchi A, Oketani M, Shimada Y, Sudoh M, Shoji I, Tsubouchi H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会,国内会議,2014年04月,東京,切除不能な肝細胞癌に対するTACE施行後のSorafenib投与による安全性・有効性についての検討,その他

  • 日本肝臓学会,国内会議,2013年12月,岐阜,門脈内腫瘍栓合併進行肝癌に対する肝動注化学塞栓療法を中心とした集学的治療とその成績,その他

  • 日本肝臓学会西部会,国内会議,2013年12月,岐阜,C型慢性肝疾患に対するインターフェロン療法後の肝発癌についての検討,その他

  • AASLD,国際会議,2013年11月,Washington DC,Utility of percutaneous radiofrequency thermal ablation therapycombined with transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma,その他

  • 日本消化器病学会総会,国内会議,2013年03月,鹿児島,肝動注化学塞栓療法併用経皮的ラジオ波焼灼術の有用性,その他

全件表示 >>