基本情報

写真a

内匠 浩二

Koji Takumi


職名

助教

プロフィール

CT,MRI

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),放射線科学,鹿児島大学,課程,2017年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 放射線診療センター,助教,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経放射線学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児放射線学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本磁気共鳴医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本医学放射線学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Value of diffusion tensor imaging in differentiating malignant from benign parotid gland tumors,European Journal of Radiology,95巻 (頁 249 ~ 256) ,2017年10月,Koji Takumi, Yoshihiko Fukukura, Hiroto Hakamada, Junichi Ideue, Yuichi Kumagae, Takashi Yoshiura

    DOI:10.1016/j.ejrad.2017.08.013.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Pancreatic neuroendocrine tumors: Correlation between the contrast-enhanced computed tomography features and the pathological tumor grade,European Journal of Radiology,84巻 8号 (頁 1436 ~ 1443) ,2015年08月,Koji Takumi, Yoshihiko Fukukura, Michiyo Higashi, Junnichi Ideue, Tomokazu Umanodan, Hiroto Hakamada, Ichiro Kanetsuki, Takashi Yoshiura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Intrahepatic Bile Duct Adenoma Mimicking Hepatic Metastasis: Case Report and Review of the Literature.,Magnetic Resonance in Medical Sciences,12巻 2号 (頁 141 ~ 145) ,2013年06月,Koji Takumi, Yoshihiko Fukukura, Kohei Nagasato, Masayuki Nakajo, Shoji Natsugoe, Michiyo Higashi.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Feasibility of a fixed scan delay technique using a previous bolus tracking technique data for dynamic hepatic CT.,European Journal of Radiology,81巻 11号 (頁 2996 ~ 3001) ,2012年11月,Koji Takumi, Yoshihiko Fukukura, Toshikazu Shindo, Yuichi Kumagae, Akihiro Tateyama, Takuro Kamiyama, Masayuki Nakajo.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid gland: correlation of dynamic magnetic resonance imaging, (18)F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography, and pathological findings.,Japanese Journal of Radiology,28巻 8号 (頁 618 ~ 622) ,2010年10月,Koji Takumi,Yoshihiko Fukukura,Takuro Kamiyama,Masayuki Nakajo,Junichiro Ohori, Yuichi Kurono, Michiyo Higashi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,2層検出器CT(Spectral Detector CT)の特徴および胸部・頭頚部領域における使用経験とその可能性,メディカルアイ,Rad Fan,16巻 1号 ,2018年01月,内匠浩二、袴田裕人、長野広明、福倉良彦、徳安真一、吉浦 敬

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,肺がん診療におけるSpectral Detecor CTの使用経験,映像情報メディカル,2017年10月,内匠浩二,袴田裕人,長野広明,福倉良彦,徳安真一,吉浦敬

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,Dual layer dual energy CTの臨床経験,Multislice CT 2017 BOOK,2017年07月,内匠浩二,福倉良彦,袴田裕人,熊谷雄一,徳安真一,吉浦敬

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,泌尿器疾患のガイドライン -診療の流れと画像検査の位置づけ- 副腎腫瘍,画像診断,34巻 12号 (頁 1274 ~ 1284) ,2014年09月,内匠浩二,福倉良彦,馬ノ段智一,熊谷雄一,中條正豊,吉浦敬

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第30回頭頸部放射線研究会,国内会議,2017年09月,甲状腺結節診断におけるdual energy CTの有用性の検討,口頭(一般)

  • 第45回日本磁気共鳴医学会大会,国内会議,2017年09月,Feasibility of amide proton transfer imaging for diagnosing malignant from benign lesions in the head and neck.,口頭(一般)

  • 第76回日本医学放射線学会総会,国内会議,2017年04月,Diagnostic value of 3D pseudo-continuous arterial spin labeling: differentiation of benign and metastatic cervical lymph nodes in patients with head and neck squamous cell carcinoma.,口頭(一般)

  • 第44回日本磁気共鳴医学会大会,国内会議,2016年09月,Usefulness of volumetric interpolated breath-hold examination (VIBE) with radial data sampling for pharyngolaryngeal lesion: comparison with conventional VIBE.,口頭(一般)

  • 第29回頭頚部放射線研究会,国内会議,2016年09月,副甲状腺癌のCT画像所見の検討,口頭(一般)

全件表示 >>