基本情報

写真a

根路銘 安仁

Nerome Yasuhito


職名

教授

研究室住所

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号

研究分野・キーワード

小児保健、地域医療、医学教育

研究室電話

099-275-6750

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ma-chi/

プロフィール

地域医療(学生教育、医療体制)小児保健(HTLV-I母子感染、子ども死亡調査)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター 地域医療学分野,准教授,2013年01月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部 保健学科 母性・小児看護学,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会,1995年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児保健学会,1995年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児リウマチ学会,1995年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本医学教育学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本プライマリ・ケア連合学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

  • 生涯発達看護学

  • 疫学・予防医学

  • 医学教育

  • 地域医療

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島における小児死亡登録検証制度導入の課題(後編),鹿児島県医師会報,790巻 (頁 62 ~ 66) ,2017年04月,根路銘安仁、河野嘉文

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,共著

  • 日本語,鹿児島における小児死亡登録検証制度導入の課題(前編),鹿児島県医師会報,789巻 (頁 49 ~ 52) ,2017年03月,根路銘安仁、河野嘉文

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,共著

  • 英語,Failure to prevent HTLV-1 mother-to-child transmission in Japan,Pediatr Int,,59巻 2号 (頁 227 ~ 228) ,2017年02月,Nerome Y, Kawano Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The safety and effectiveness of HBV vaccination in patients with juvenile idiopathic arthritis controlled by treatment.,Modern Rheumatology,26巻 3号 (頁 368 ~ 371) ,2016年05月,Nerome Y, Akaike H, Nonaka Y, Takezaki T, Kubota T, Yamato T, Yamasaki Y, Imanaka H, Kawano Y, Takei S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,HTLV-1キャリア妊産婦からの相談内容-鹿児島県の保健師および助産師への調査結果から,インターナショナル Nursing Care Research,15巻 2号 (頁 73 ~ 82) ,2016年05月,谷口光代、根路銘安仁、北村愛、下敷領須美子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,今日の治療指針2016,医学書院,2016年01月,根路銘安仁

    単行本(学術書),母子感染予防,分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,【クローズアップ 小児リウマチ・膠原病】 <小児リウマチ性疾患の診断へのアプローチ> 問診のしかた(解説/特集),小児内科,44巻 1号 (頁 12 ~ 14) ,2012年01月,根路銘安仁

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,【小児疾患の診断治療基準(第4版)】 (第2部)疾患 アレルギー性疾患、自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 全身性エリテマトーデス(解説/特集),小児内科,44巻 増刊号 (頁 268 ~ 269) ,2012年01月,根路銘安仁

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,JIAに対するアダリムマブの有用性,Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology1,4巻 (頁 32 ~ 36) ,2010年02月,根路銘安仁

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,【小児におけるリウマチ・免疫疾患と生物学的製剤】 生物学的製剤の特徴と有用性・安全性のエビデンス サイトカインを標的とする生物学的製剤 TNF阻害薬 可溶性TNF受容体IgGキメラ(エタネルセプト),アレルギー・免疫,17巻 (頁 208 ~ 215) ,2010年02月,根路銘安仁

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,小児膠原病における眼科的検査の重要性,小児科,45巻 2号 (頁 143 ~ 147) ,2004年02月,根路銘安仁 武井修治

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第30回鹿児島県母性衛生学会,国内会議,2017年08月,社会的に結論がでていないHPVワクチンに対する学習前後の医学部1年生の認識変化,口頭(一般)

  • 第64回日本小児保健協会学術集会,国内会議,2017年06月,鹿児島県における子どもの死亡症例全数把握のための体制づくり,口頭(一般)

  • 第165回日本小児科学会鹿児島地方会,国内会議,2017年06月,鹿児島県における子どもの死亡症例全数把握のための体制づくり,口頭(一般)

  • 第8回日本プライマリケア連合学会,国内会議,2017年05月,医学部1年生のHPVワクチンに対する講義前後での変化,ポスター(一般)

  • 第3回日本HTLV-1学会学術集会,国内会議,2016年08月,HTLV-1母子感染対策,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児リウマチ学会,運営委員,2013年10月 ~ 継続中

  • 日本小児科学会,子どもの死亡登録・検証委員会 委員,2013年04月 ~ 継続中

  • 日本プライマリ・ケア連合学会,代議員,2012年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • NPO法人 親子ネットワーク「がじゅまるの家」従事者講演会,2017年08月

  • NPO法人 親子ネットワーク「がじゅまるの家」広場利用者への講演会,2017年08月

    「あの子は発達障害なのかしら?」  
       と思った時に

  • 助産師講習会,2017年08月

  • 平成29年度南さつま市ふるさとの宝・子どもの笑顔・命輝け!講演会,2017年06月

  • 鹿児島県准看護師試験委員,2017年06月 ~ 2019年05月

全件表示 >>