基本情報

写真a

永野 聡

Satoshi Nagano


職名

准教授

研究分野・キーワード

骨軟部腫瘍、遺伝子治療

プロフィール

骨軟部腫瘍の新しい治療遺伝子治療ベクターの開発、有効性の向上

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座 運動機能修復学講座 整形外科学,准教授,2016年03月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座 整形外科学,講師,2003年04月 ~ 2016年02月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 骨軟部腫瘍学

  • 骨軟部腫瘍学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Differentiation of lipoma and atypical lipomatous tumor by a scoring system: implication of increased vascularity on pathogenesis of liposarcoma,BMC Musculoskeletal Disorders,16巻 36号 ,2015年01月,S Nagano, M Yokouchi, T Setoguchi, Y Ishidou, H Sasaki, H Shimada and S Komiya

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Elastofibroma dorsi: Surgical indications and complications of a rare soft tissue tumor. ,Mol Clin Oncol.,2巻 (頁 421 ~ 424) ,2014年02月,Nagano S, Yokouchi M, Setoyama T, Sasaki H, Shimada H, Kawamura I, Ishidou Y, Setoguchi T, Komiya S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Analysis of surgical site infection after musculoskeletal tumor surgery: risk assessment using a new scoring system. ,Sarcoma,64巻 (頁 645496 ~ ) ,2014年01月,Nagano S, Yokouchi M, Setoguchi T, Sasaki H, Shimada H, Kawamura I, Ishidou Y, Kamizono J, Yamamoto T, Kawamura H, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Paget Disease of Bone: Clinico-pathological Features and Efficacy of Bisphosphonates in Three Japanese Cases of the Rare Entity in Eastern Countries.,J Orthop Surg. ,21巻 3号 (頁 375 ~ 379) ,2013年12月,Nagano S, Yokouchi M, Nagayoshi R, Sasaki H, Shimada H, Setoguchi T, Ijiri K, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Arsenic trioxide prevents osteosarcoma growth by inhibition of GLI transcription via DNA damage accumulation.,PLoS One.,8巻 7号 ,2013年07月,Nakamura S, Nagano S, Nagao H, Ishidou Y, Yokouchi M, Abematsu M, Yamamoto T, Komiya S, Setoguchi T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>