基本情報

写真a

神戸 悠輝

Yuki Kambe


職名

講師

研究分野・キーワード

神経細胞,アストロサイト, ミトコンドリア,PACAP,高次脳機能

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~pharmaco/

プロフィール

エネルギー代謝による高次脳機能の調節

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座,助教,2003年04月 ~ 2018年05月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座,講師,2018年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経精神薬理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 米国神経科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経薬理学

  • 分子薬理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor signaling evokes long-lasting nociceptive behaviors through the activation of spinal astrocytes in mice.,Journal of pharmacological sciences.,2016年02月,Ohnou, T., Yokai, M., Kurihara, T., Hasegawa-Moriyama, M., Shimizu, T., Inoue, K., Kambe, Y., Kanmura, Y. and Miyata, A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Mitochondrial c-Fos May Increase the Vulnerability of Neuro2a Cells to Cellular Stressors.,J. Mol. Neurosci.,2016年01月,Kambe, Y. and Miyata, A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Potential involvement of the mitochondrial unfolded protein response in depressive-like symptoms in mice.,Neuroscience letters ,2015年01月,Kambe, Y., and Miyata, A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier,J Cereb Blood Flow Metab,2014年01月,M. Bohara, Y. Kambe, T. Nagayama, H. Tokimura, K. Arita, and A. Miyata

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor (PAC1) gene is suppressed by transglutaminase 2 activation,J Biol Chem,2013年01月,A. Miura, Y. Kambe, K. Inoue, H. Tatsukawa, T. Kurihara, M. Griffin, S. Kojima, and A. Miyata

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Potential Involvement of Mitochondrial Dysfunction in Major Depressive Disorder: Recent Evidence.,Arch Depress Anxiety,1巻 1号 (頁 019 ~ 028) ,2015年10月,Y. Kambe and A. Miyata

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Crosstalk between brain-derived neurotrophic factor and n-methyl-d-aspartate receptor signaling in neurons,Biomed Rev ,2008年01月,Georgiev, D.D., Taniura, H., Kambe, Y., and Yoneda, Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,A mechanism for modulation of N-methyl-D-aspartate receptor channels by free ferrous ions in cultured rat cortical neurons,Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi ,2005年01月,Nakamichi, N., Oikawa, H., Kambe, Y., Ohno, Y., and Yoneda, Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Relevant modulation by ferrous ions of N-methyl-D-aspartate receptors in ischemic brain injuries.,Curr Neurovasc Res,2004年01月,Nakamichi, N., Oikawa, H., Kambe, Y., and Yoneda, Y

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会年会優秀発表賞,2016年03月09日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本薬理学会,神戸悠輝, 用皆正文, 前田辰則, 高﨑一朗, 宮田篤郎, 栗原 崇

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2015年03月,うつ病におけるミトコンドリア障害の病理学的な関与 ,神戸悠輝

    うつ病におけるミトコンドリア障害の病理学的な関与

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,虚血性神経細胞死における神経特異的ミトコンドリアの病態生理学的意義の解明,神戸悠輝

    虚血性神経細胞死における神経特異的ミトコンドリアの病態生理学的意義の解明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人サンケイ科学振興財団研究助成金,2016年04月 ~ 2017年03月,メタボリックシンドローム関連炎症に対する焼酎由来成分の抗炎症効果,神戸 悠輝

    民間財団等