基本情報

写真a

髙橋 玄一郎

TAKAHASHI Gen-ichiro


職名

教授

研究分野・キーワード

英語学、英語教育、言語学(意味論、語用論、文体論)、応用言語学

プロフィール

英語の意味構造の把握とそれを踏まえた言語教育への応用。エドワード・サピア(1884-1939)の言語、文化、パーソナリティに係る一連の諸論考における現代的意義について。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 学内共同教育研究学域学内共同教育研究学系 教育センター 外国語教育推進部,教授,2009年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 外国語教育部門,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本エドワード・サピア協会,1987年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本英語学会,1990年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本言語学会,1990年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本プラグマティクス学会,1991年03月 ~ 2016年03月,日本国

  • 九州英語教育学会,2002年11月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 英語学

  • 言語学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,新共通教育(平成28導入)における2年目―英語に係る概況と課題―,九州地区大学教育研究協議会議事録66号 (頁 62 ~ 69) ,2018年03月,髙橋 玄一郎, 村山 陽平

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),未設定,共著

  • 日本語,内容・理解志向の教授法への応用に向けた英語文体論的考察 ― Barack Obama 氏による広島スピーチ(2016)を題材に ―,鹿児島大学言語文化論集 VERBA41号 (頁 33 ~ 54) ,2018年03月,髙橋 玄一郎

    研究論文(大学,研究機関紀要),未設定,単著

  • 日本語,現代英語の語形成からみたAcademic Word Listの意味論的考察―名詞、動詞、形容詞間の転換(Conversion)事象を中心に―,鹿児島大学総合教育機構紀要創刊号 ,2018年03月,髙橋 玄一郎

    研究論文(大学,研究機関紀要),未設定,単著

  • 日本語,「外国語教育の取り組みと課題:鹿児島大学の場合」,第65回九州地区大学教育研究協議会65号 (頁 70 ~ 77) ,2017年03月,髙橋 玄一郎, 大野 克彦

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),未設定,共著,外国語教育

  • 日本語,「運用としての英語文法力 ― 時に係る表現について―」,九州地区大学教育研究協議会議事録64号 (頁 77 ~ 82) ,2016年03月,髙橋 玄一郎, 原 隆幸

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),未設定,共著,英語学,言語学,外国語教育

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,『鹿児島大学平成28(2016)年度 共通教育 英語教育活動報告書』,鹿児島大学総合教育機構共通教育センター外国語教育部門(既修外国語系),2017年09月,J. Nevara, 金岡正夫, 髙橋玄一郎, 原隆幸, 村山陽平, 藏本真衣,日髙佑郁, 他

    単行本(学術書),共編著

  • 日本語,『鹿児島大学英語教育改革報告書Ⅳ<平成24年度ー平成25年度>』,鹿児島大学 教育センター 外国語教育推進部,2014年03月,髙橋 玄一郎・金岡 正夫・John Tremarco・Anne Brasier・原 隆幸

    調査報告書,編著

  • 日本語,『鹿児島大学英語教育改革報告書Ⅲ<平成23年度―平成24年度>』,鹿児島大学教育センター外国語教育推進部,2013年03月,髙橋玄一郎、金岡正夫、原隆幸、John Tremarco、Anne Brasier

    調査報告書,編著

  • 日本語,『鹿児島大学 英語教育改革報告書Ⅱ<平成21年度ー平成22年度>』,鹿児島大学教育センター 外国語教育推進部,2011年03月,富岡龍明*、高橋玄一郎*、金岡正夫、村山陽平*、John Tremarco、Anne Brasier (*編集担当)

    調査報告書,編著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 九州地区大学教育研究協議会,国内会議,2017年09月,福岡工業大学(福岡県),「新共通教育(平成28導入)における2年目―英語に係る概況と課題―」,口頭(一般)

  • 鹿児島大学障がい学生支援シンポジウム,国内会議,2017年09月,鹿児島大学学習交流プラザ2階学習交流ホール,「大学生の支援について」,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 九州地区大学教育研究協議会,国内会議,2016年09月,鹿児島大学,外国語教育の取り組みと課題:鹿児島大学の場合,口頭(一般),英語学,言語学,外国語教育

  • 日本プラグマティックス学会,国内会議,2015年10月,神奈川県相模原市淵野辺北公民館,「Pragmaticsと英語教育―時に係る表現について―」,口頭(一般)

  • 九州英語教育学会,国内会議,2014年12月,大分,「大学共通実力テストの活用と展望ー大学初年次における文法力をめぐってー,その他

全件表示 >>