2021/06/23 更新

写真a

ハヤシ サダオ
林 完勇
Hayashi Sadao
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 放射線診療センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2008年1月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   放射線科   助教

    2003年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本放射線学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Shimohira M. .  Natural history of unruptured visceral artery aneurysms due to segmental arterial mediolysis and efficacy of transcatheter arterial embolization: A retrospective multiinstitutional study in Japan .  American Journal of Roentgenology216 ( 3 ) 691 - 697   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Roentgenology  

    DOI: 10.2214/AJR.19.22547

    Scopus

    PubMed

  • 中川 俊輔, 岡本 康裕, 櫨木 大祐, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 江口 太助, 林 完勇, 河野 嘉文 .  経鼻胃管によって異所性右鎖骨下動脈-食道瘻を来したびまん性橋膠腫(Diffuse intrinsic pontine glioma with aberrant right subclavian artery-esophageal fistula induced by nasogastric tube) .  日本小児血液・がん学会雑誌57 ( 1 ) 20 - 23   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    異所性右鎖骨下動脈-食道瘻は稀だが,止血が困難で,致死的な疾患である.症例は4歳のびまん性橋膠腫の患児で,放射線治療と化学療法中に突然大量に吐血し,出血性ショックを来した.上部消化管内視鏡検査で経鼻胃管による食道潰瘍から出血を認めた.食道バルーンで応急的に止血し,造影CTで異所性右鎖骨下動脈-食道瘻を確認した.その後,経カテーテル的動脈塞栓術で完全に止血でき,救命できた.本症例は,小児がん患者が異所性右鎖骨下動脈-食道瘻を発症した点と,経カテーテル的動脈塞栓術で止血に成功した点のいずれにおいても最初の報告である.化学療法は粘膜障害を引き起こすため,胃管留置による潰瘍や瘻孔形成を増悪させる可能性がある.胃管を留置して化学療法を行う前には異所性右鎖骨下動脈の有無を評価する必要がある.経カテーテル的動脈塞栓術は異所性右鎖骨下動脈-食道瘻に対して有効な止血手段である.(著者抄録)

  • 中川 俊輔, 岡本 康裕, 櫨木 大祐, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 江口 太助, 林 完勇, 河野 嘉文 .  経鼻胃管によって異所性右鎖骨下動脈–食道瘻を来したびまん性橋膠腫 .  日本小児血液・がん学会雑誌57 ( 1 ) 20 - 23   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本小児血液・がん学会  

    <p>異所性右鎖骨下動脈–食道瘻は稀だが,止血が困難で,致死的な疾患である.症例は4歳のびまん性橋膠腫の患児で,放射線治療と化学療法中に突然大量に吐血し,出血性ショックを来した.上部消化管内視鏡検査で経鼻胃管による食道潰瘍から出血を認めた.食道バルーンで応急的に止血し,造影CTで異所性右鎖骨下動脈–食道瘻を確認した.その後,経カテーテル的動脈塞栓術で完全に止血でき,救命できた.本症例は,小児がん患者が異所性右鎖骨下動脈–食道瘻を発症した点と,経カテーテル的動脈塞栓術で止血に成功した点のいずれにおいても最初の報告である.化学療法は粘膜障害を引き起こすため,胃管留置による潰瘍や瘻孔形成を増悪させる可能性がある.胃管を留置して化学療法を行う前には異所性右鎖骨下動脈の有無を評価する必要がある.経カテーテル的動脈塞栓術は異所性右鎖骨下動脈–食道瘻に対して有効な止血手段である.</p>

    DOI: 10.11412/jspho.57.20

  • Baba Y. .  Oxidative stress induced by portal vein embolization in fatty liver: Experimental study of a nonalcoholic steatohepatitis model .  Biomedical Reports9 ( 4 ) 357 - 363   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biomedical Reports  

    DOI: 10.3892/br.2018.1141

    Scopus

    PubMed

  • Shinmura K. .  Comparison of conservative treatment versus transcatheter arterial embolisation for the treatment of spontaneously ruptured hepatocellular carcinoma .  Polish Journal of Radiology83   e311 - e318   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Polish Journal of Radiology  

    DOI: 10.5114/pjr.2018.77024

    Scopus

    PubMed

  • 保坂 優斗, 蔵原 弘, 川崎 洋太, 南 幸次, 又木 雄弘, 迫田 雅彦, 前村 公成, 永里 耕平, 林 完勇, 吉浦 敬, 新地 洋之, 夏越 祥次 .  膵頭部癌術後の難治性リンパ漏に対して経皮経肝リピオドールリンパ管造影が著効した1例 .  日本消化器外科学会雑誌50 ( 9 ) 721 - 727   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    リンパ漏は比較的まれな術後合併症であるが,悪性腫瘍に対する膵切除術後では発症率は高い傾向にあることが報告されている.我々は78歳の男性の膵頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術後にリンパ漏を発症した症例を経験した.絶食,中心静脈栄養,オクトレオチド皮下注による保存的治療を行ったが,症状の改善を認めない難治性症例であった.まず傍大動脈リンパ節サンプリング部位からのリンパ漏の可能性を考え,両側鼠径部から経皮的リピオドールリンパ管造影を施行したが,傍大動脈リンパ節領域にリンパ漏出部分を認めず症状の改善も認めなかった.次に,経皮経肝リピオドールリンパ管造影を施行した.胆管空腸吻合部周囲に広範囲にリピオドールの漏出を認め,5日後にはリンパ漏は完全に消失した.その後リンパ漏の再燃を認めず,術後7ヵ月の現在まで無再発生存中である.(著者抄録)

  • Baba Y. .  Preliminary experimental study on splenic hemodynamics of radiofrequency ablation for the spleen .  Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies26 ( 4 ) 193 - 199   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies  

    DOI: 10.1080/13645706.2017.1281315

    Scopus

    PubMed

  • Yamakado K. .  Radiofrequency Ablation Combined with Hepatic Arterial Chemoembolization Using Degradable Starch Microsphere Mixed with Mitomycin C for the Treatment of Liver Metastasis from Colorectal Cancer: A Prospective Multicenter Study .  CardioVascular and Interventional Radiology40 ( 4 ) 560 - 567   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:CardioVascular and Interventional Radiology  

    DOI: 10.1007/s00270-016-1547-3

    Scopus

    PubMed

  • 保坂 優斗, 吉浦 敬, 新地 洋之, 夏越 祥次, 蔵原 弘, 川崎 洋太, 南 幸次, 又木 雄弘, 迫田 雅彦, 前村 公成, 永里 耕平, 林 完勇 .  膵頭部癌術後の難治性リンパ漏に対して経皮経肝リピオドールリンパ管造影が著効した1例 .  日本消化器外科学会雑誌50 ( 9 ) 721 - 727   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p> リンパ漏は比較的まれな術後合併症であるが,悪性腫瘍に対する膵切除術後では発症率は高い傾向にあることが報告されている.我々は78歳の男性の膵頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術後にリンパ漏を発症した症例を経験した.絶食,中心静脈栄養,オクトレオチド皮下注による保存的治療を行ったが,症状の改善を認めない難治性症例であった.まず傍大動脈リンパ節サンプリング部位からのリンパ漏の可能性を考え,両側鼠径部から経皮的リピオドールリンパ管造影を施行したが,傍大動脈リンパ節領域にリンパ漏出部分を認めず症状の改善も認めなかった.次に,経皮経肝リピオドールリンパ管造影を施行した.胆管空腸吻合部周囲に広範囲にリピオドールの漏出を認め,5日後にはリンパ漏は完全に消失した.その後リンパ漏の再燃を認めず,術後7か月の現在まで無再発生存中である.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0028

    Scopus

  • Yasutaka Baba, Masayuki Nakajo, Sadao Hayashi .  Adrenal venous catecholamine concentrations in patients with adrenal masses other than pheochromocytoma .  Endocrine43 ( 1 ) 219 - 24   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sadao Hayashi, Yasutaka Baba, Terutoshi Senokuchi, Masayuki Nakajo .  Efficacy of Venous Sac Emobolization for Pulmonary Arteriovanous Malformations: Comparison with Feeding Artery Embolization .  J Vasc Interv Radiol23 ( 12 ) 1566 - 1577   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 林 完勇,馬場康貴,瀬之口輝寿,池田俊一郎,永里耕平,中條政敬,前之原茂穂鐘撞一郎 .  PDAコイルによるアンカー法が塞栓に有用であった巨大脾動脈瘤の1例 .  IVR会誌 Jpn J Intervent Radiol. 27 ( 2 ) 171 - 174   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terutoshi Senokuchi,Yasutaka Baba,Sadao Hayashi,Masayuki Nakajo .  Embolization of hepatic arteriovenous shunt with absolute ethanol in a patient with hepatocellular Carcinoma. .  Cardiovasc Intervent Radiol34 ( suppl2 ) S154 - 456   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y Baba,S Hayashi,T Srnokuchi,M Nakajo .  Which indexes are appropriate among those derived from selective arterial calcium stimulation and venous sampling(ASVS)for diagnosing pancreatic insulinomas ? Evaluation using receiver operating characteristic analyses. .  Pancreas40 ( 2 ) 308 - 310   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terutoshi Senokuchi,Yasutaka Baba,Sadao Hayashi,Masayuki Nakajo,Teruo Komokata .  Multicystic biliary hamartoma mimicking intrahepatic bile duct cancer. .  European Journal of Radiology77   13 - 15   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新村耕平,馬場康貴,林 完勇,瀬之口輝寿,中條政敬,松葉智之,福枝幹雄,菰方輝夫 .  下大静脈フィルター以下に広範な静脈血栓症を併発したペパリン起因性血小板減少症(HIT)Ⅱ型の1例. .  臨床放射線56 ( 4 ) 525 - 529   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasutaka Baba,S Hayashi,K Ueno,M Nakajo,S Ueno,F Kubo,Y Baba,M Hamanoue,S Hasegawa,H Tsubouchi,Y Komorizono .  Comparison of survival rates between patients treated with transcatheter arterialchemoembolization and hepatic resection for solitary hepatocellular carcinoma. .  Oncology Letters ( 1 ) 905 - 911   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terutoshi Senokuchi,Yasutaka Baba,Sadao Hayashi,Kazuto Ueno,Koji Takumi,Masayuki Nakajo .  Coil embolization of a celiac artery aneurysm using the neck remodeling technique. .  Jpn J Radiol.28   767 - 770   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場康貴、新村耕平、林 完勇、瀬之口輝寿、日野祐一、中條政敬 .  肝悪性腫瘍に対するリザーバー肝動脈療法における合併症とそれらの処置と予防策. .  臨床放射線55 ( 3 ) 403 - 410   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S Hayashi,Y Baba,T Senokuchi,K Ueno,M Nakajo .  Successful portal-systemic shunt occlusion of a direct shunt between the inferior mesenteric vein and inferior vena cava with balloon-occluded retrograde transvenous obliteration following recanalization after placing a covered stent in the portal and surperior mesenteric veins. .  Jpn J Radiol27   180 - 184   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場康貴,林 完勇,瀬之口輝寿,中條政敬,山本裕之,井畔能文,坂田隆造 .  当院における腕頭鎖骨下動脈領域におけるstent-graft挿入術の経験について .  IVR会誌suppl   10 - 11   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場康貴,林 完勇,瀬之口輝寿,中條政敬,山本裕之,井畔能文,坂田隆造 .  当院における腕頭鎖骨下動脈領域におけるstentgraft挿入術の経験について. .  IVR誌24 ( supplement ) 10 - 11   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場康貴,林 完勇,瀬之口輝寿,中條政敬,柳 正和 .  切除不能肺癌に対する肺ラジオ波焼灼療法:腫瘍制御率と関連因子並びに合併症に関する検討. .  鹿児島大学医学雑誌61 ( 2 ) 29 - 33   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場康貴,林 完勇,瀬之口輝寿,中條政敬 .  腹部アンギナに対する血管内治療の経験 .  臨床放射線54 ( 9 ) 1125 - 1129   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池田俊一郎,林 完勇,馬場康貴,瀬之口輝寿,中條政敬,久保文武,上野真一,北島信一 .  動注CTと造影超音波検査で特異な所見を呈した肝類上皮血管皮腫の1例 .  臨床放射線54 ( 6 ) 783 - 786   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Ikenoue,Y Baba,S Hayashi,H Tanabe,M Nakajo .  Fortuitous hormonal ablation of adrenal aldosteronoma due to a complication,adrenal venous infarction by adrenal venography during adrenal vein sampling:case report. .  鹿児島大学医学雑誌60 ( 3 ) 65 - 71   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S Hayashi,Y Baba,K Ueno,M Nakajo .  Small arteriovenous malformation of the common bile duct causing hemobilia in a patient with hereditary hemorrhagic telangiectasia. .  Cardiovasc Intervent Radiol31   131 - 134   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y Baba,S Hayashi,K Ueno,M Nakajo .  Superselective arterial embolization for patients with high-flow priapism:Results of follow-up five or more years. .  ACTA RADIOLOGICA48 ( 3 ) 351 - 354   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y Baba,S Hayashi,K Ueno,M Nakajo .  Bone cement used as an embolic agent for active bleeding in vertebroplasty of metastatic lesions .  ACTA RADIOLOGICA48 ( 9 ) 1024 - 1027   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 林 完勇,馬場康貴,上野和人,池之上 彩,中山博史,神山拓郎,中條政敬,今村也寸志 .  ガンサイトアプローチにてTIPS(経内頸静脈的肝内門脈静脈短絡)に成功した1例. .  IVR会誌23 ( 3 ) 359 - 362   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 林 完勇, 永里 耕平, 吉浦 敬, 馬場 康貴, 池田 俊一郎 .  関節内型類骨骨腫に対する経皮的RFAが奏功した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Hayashi Sadao, Senokuchi Terutoshi, Yoshiura Takashi .  膵頭十二指腸切除術後の経カテーテル動脈塞栓術 死亡と関連する危険因子(Transcatheter arterial embolization after pnacreaticoduodenectomy: Risk factor associated with mortality) .  IVR: Interventional Radiology  2018年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 長谷川 知仁, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 永里 耕平, 熊谷 雄一, 神宮司 メグミ, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  肝外門脈静脈短絡による繰り返す肝性脳症に対してコイルアシスト逆行性経静脈的塞栓が有用であった1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 市原 正道, 川原 浩, 若松 重良, 西田 崇友, 西郷 康正, 林 完勇 .  ハイブリッド手術室における空間散乱線量の把握 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 惠島 史貴, 鮎川 卓朗, 藤崎 陽介, 中村 信哉, 林 完勇, 吉浦 敬 .  内痔核切除後の肛門部出血をTAEにて止血し得た1例 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 中村 信哉, 林 完勇, 鮎川 卓朗, 藤崎 陽介, 永里 耕平, 瀬之口 輝寿, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 赤崎 雄一, 有村 愛子, 有村 洋, 西尾 善彦 .  副腎静脈サンプリングにおける術中cone-beam CTの有用性についての検討 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 長野 広明, 中村 信哉, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  巨大動脈瘤を合併したaneurysmal type腎動静脈瘻に対してステント併用塞栓術を施行した1例 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2019年5月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 中村 信哉, 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 吉浦 敬 .  当院におけるVIABAHNの初期使用経験 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中野 翼, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 吉浦 敬, 豊川 健二, 山本 裕之, 藤崎 陽介 .  急性大動脈解離後の腹腔動脈狭窄により生じた膵十二指腸動脈瘤の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 吉浦 敬, 川津 祥和, 山本 裕之 .  気管支動脈引き抜き損傷に対して、血管塞栓術とステントグラフト内挿術を施行した1例 .  IVR: Interventional Radiology  2017年10月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 馬場 康貴, 東 美智代, 吉浦 敬 .  液状止血剤puramatrixの血管塞栓剤としての基礎的検討 .  IVR: Interventional Radiology  2017年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 鮎川 卓朗, 林 完勇, 永里 耕平, 中條 正典, 内匠 浩二, 東 龍太郎, 吉浦 敬, 中川 俊輔, 江口 太助, 川野 嘉文 .  異所性右鎖骨下動脈出血に対してマイクロバルーン閉塞下にコイル塞栓を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中村 幸美, 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 前之園 隆一, 野口 慶久, 堀添 善尚, 湯浅 敏典, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 大石 充, 橋口 照人 .  Aneurysmal typeの腎動静脈瘤の2症例 .  脈管学  2018年9月  (一社)日本脈管学会

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 中野 翼, 吉浦 敬 .  Double catheter techniqueが有用であった総肝動脈偽性瘤の1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 長谷川 知仁, 吉浦 敬, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  Dual catheter techniqueを用いて塞栓術を行った先天性肝内門脈体静脈短絡の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 馬場 康貴, 林 完勇, 永里 耕平, 吉浦 敬, 粟井 和夫 .  NASH(nonalcoholic steatohepatitis)において門脈塞栓術が酸化ストレス産生を促進するか? 兎実験モデルを用いて .  日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年8月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

  • 藤崎 陽介, 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 中山 博史, 南立 亮, 加治屋 より子, 吉浦 敬 .  TAE後に再出血を来したSegmental Arterial Mediolysisの1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

▼全件表示