基本情報

写真a

稲田 絵美

Inada Emi


職名

講師

プロフィール

小児の顎顔面領域の形態と機能の3次元解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター 小児歯科学分野,助教,2003年04月 ~ 2018年09月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター 小児歯科学分野,講師,2018年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,2004年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎口腔機能学会,2006年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本障害者歯科学会,2010年10月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2012年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臓器保存生物医学会,2012年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児の形態と機能

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Repeated human deciduous tooth-derived dental pulp cell reprogramming factor transfection yields multipotent intermediate cells with enhanced iPS cell formation capability.,Scientific Report,2019年,Soda M, Saitoh I, Murakami T, Inada E, Iwase Y, Noguchi H, Shibasaki S, Kurosawa M, Sawami T, Terunuma M, Kubota N, Terao Y, Ohshima H, Hayasaki H, Sato M

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,An exploratory study of the factors related to mouth breathing syndrome in primary school children.,Arch Oral Biol,92巻 (頁 57 ~ 61) ,2018年,An exploratory study of the factors related to mouth breathing syndrome in primary school children.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Timing of CRISPR/Cas9-related mRNA microinjection after activation as an important factor affecting genome editing efficiency in porcine oocytes.,Theriogenology,108巻 (頁 29 ~ 38) ,2018年,Sato M, Kosuke M, Koriyama M, Inada E, Saitoh I, Ohtsuka M, Nakamura S, Sakurai T, Watanabe S, Miyoshi K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Pilot Study of Visual and Quantitative Image Analysis of Facial Surface Asymmetry in Unilateral Complete Cleft Lip and Palate.,Cleft Palate Craniofac J,2018年,Kimura N, Kim H, Okawachi T, Fuchigami T, Tezuka M, Kibe T, Amir MS, Inada E, Ishihata K, Nozoe E, Nakamura N

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Evaluation and comparison of arm-joint and toothbrush motion between pen grip and palm grip during tooth brushing.,Journal of oral hygiene and health,2018年,Inada E, Saitoh I, Yu Y, Tomiyama D, Murakami D, Takemoto Y, Morizono K, Iwasaki T, Iwase Y, Yamasaki Y

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,歯科医師のための睡眠医学 その実践的概要(Sleep Medicine for Dentists: A Practical Overview, 編集 Gilles J Lavigne, Peter A. Cistulli, Michael T. Smith)(監訳 古谷野 潔),第16章 小児の睡眠時ブラキシズム(16. Sleep Bruxism in children, 著者 Nelly Huynh, Christian Guilleminault),クインテッセンス出版,2010年01月,山崎要一,稲田絵美.

    単行本(学術書),編著

  • 日本語,乳歯列期の片側性交叉咬合治療に伴う顎運動の改善,鹿児島県歯科医師会会報,2004年01月,山崎要一,稲田絵美

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,頭部エックス線規格写真と歯列模型を用いた顎顔面形態と歯軸傾斜角度の3次元解析,小児歯科学雑誌,51巻 3号 (頁 326 ~ 332) ,2013年07月,稲田絵美

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,小児科医が知っておきたい歯科・口腔のケアと対応 9.歯並びや噛み合わせの異常とその対応(Effective management for malocclusion of infants),小児科診療 ,74巻 7号 ,2011年06月,山崎要一,齊藤一誠,長谷川大子,稲田絵美

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,乳歯冠を再考する.歯冠の海外事情―審美性に配慮した乳歯冠を中心として―,,小児歯科臨床, Vol.16, No.2, (2011).,26巻 2号 ,2011年01月,早崎治明, 大島邦子, 齊藤一誠, 稲田絵美, 山崎要一:

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会 松風アワード,2017年05月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本小児歯科学会,稲田絵美

  • 日本小児歯科学会 優秀発表賞,2017年05月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本小児歯科学会,稲田絵美

  • 日本障害者歯科学会 優秀論文賞(臨床部門),2016年09月,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本障害者歯科学会,稲田絵美

  • 日本小児歯科学会 町田賞研究奨励賞,2016年05月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本小児歯科学会,稲田絵美

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第56回日本小児歯科学会,国内会議,2018年05月,初期胚特異的糖鎖抗原SSEA-1は乳歯歯髄細胞由来iPS細胞の高度未分化状態を特定するマーカーとして有用である,ポスター(一般)

  • 第56回日本小児歯科学会,国内会議,2018年05月,小児の咬合面の成長変化に関する研究,ポスター(一般)

  • 第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会,国内会議,2018年04月,口腔内の汚染唾液の吸引と口腔清掃を片手で同時に可能にする吸引歯ブラシの開発,ポスター(一般)

  • 第40回日本分子生物学会年会,国内会議,2017年12月,少数個の増殖性細胞の体内増殖を可能とする新規マウス膵臓内細胞移植法,ポスター(一般)

  • 第55回日本小児歯科学会学術大会,国内会議,2017年05月,未就学小児における三次元顔面軟組織の年齢間比較に関する形態学的研究,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本顎口腔機能学会,副会長幹事,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 日本顎口腔機能学会,会計幹事,2012年04月 ~ 2014年03月