基本情報

写真a

池田 義之


職名

講師

研究分野・キーワード

オートファジー

特記事項

2014/04/01再雇用

プロフィール

・オートファジーやミトコンドリアダイナミクスと心臓血管系の老化・心不全・動脈硬化に関する研究・閉経に伴う心臓血管系の老化・動脈硬化進展の機序の解明および治療法の確立・レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系と心臓血管系の老化・動脈硬化に関する研究・高齢者高血圧患者に対する降圧治療に関する臨床研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 心臓血管・高血圧内科学,特任講師,2003年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 心臓血管・高血圧内科学,講師,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1996年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,1998年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,1998年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓リハビリテーション学会,2007年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本抗加齢医学会,2009年01月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高血圧

  • 老化

  • 動脈硬化

  • 心不全

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本心臓リハビリテーション学会 指導士

  • 日本抗加齢医学会 専門医

  • 日本循環器学会 専門医

  • 日本内科学会 指導医

  • 日本内科学会 総合内科専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Management instructions for elderly patients with hypertension. ,Clin Exp Hypertens,42巻 4号 (頁 295 ~ 301) ,2020年05月,Ikeda Y, Sasaki T, Kuwahata S, Imamura M, Tanoue K, Komaki S, Hashiguchi M, Kuroda A, Akasaki Y, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Use of proton pump inhibitors is associated with an increase in adverse cardiovascular events in patients with hemodialysis: insight from the KIDS Registry.,Eur J Intern Med,72巻 (頁 79 ~ 87) ,2020年02月,Kosedo I, Tokushige A, Takumi T, Yoshikawa A, Teraguchi K, Takenouchi K, Shiraishi K, Ikeda D, Imamura M, Sonoda T, Kanda D, Ikeda Y, Ido A, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Estrogen-SIRT1 axis plays a pivotal role in protecting arteries against menopause-induced senescence and atherosclerosis. ,J Atheroscler Thromb,27巻 1号 (頁 47 ~ 59) ,2020年01月,Sasaki Y, Ikeda Y, Miyauchi T, Uchikado Y, Akasaki Y, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Years of life lost analysis may promote governmental policy to prevent atherosclerotic cardiovascular disease. ,Circ J,83巻 5号 (頁 965 ~ 966) ,2019年04月,Ikeda Y, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Recruitment of RNA Polymerase II to Metabolic Gene Promoters Is Inhibited in the Failing Heart Possibly Through PGC-1α (Peroxisome Proliferator-Activated Receptor-γ Coactivator-1α) Dysregulation.,Circ Heart Fail. ,12巻 3号 (頁 e005529 ~ ) ,2019年03月,Bhat S, Chin A, Shirakabe A, Ikeda Y, Ikeda S, Zhai P, Hsu CP, Sayed D, Abdellatif M, Byun J, Schesing K, Tang F, Tian Y, Babu G, Ralda G, Warren JS, Cho J, Sadoshima J, Oka SI.

    DOI:10.1161/CIRCHEARTFAILURE.118.005529,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,循環器の高齢者診療“術”,南江堂,2019年,池田義之,大石 充

    単行本(学術書),フレイル高齢者の高血圧-どの降圧薬を選べばよい?血圧管理目標値はどれくらい?,共著

  • 日本語,プライマリケア医のための実践フレイル予防塾 めざせ健康長寿 (荒井秀典 編) ,日本医事新報社,2017年,池田義之, 大石 充.

    単行本(学術書),循環器疾患におけるフレイル予防.,共著

  • 日本語,フレイルハンドブック (ポケット版) (荒井秀典 編) ., ライフサイエンス,2016年,池田義之, 大石 充.

    単行本(学術書),循環器疾患とフレイル (心血管疾患リスク, 降圧療法, 歩行速度) .,共著

  • 日本語,EBM 循環器疾患の治療 2015-2016 (阿古潤哉, 坂田泰史, 池田隆徳, 長谷部直幸 編) ., 中外医学社,2015年,池田義之, 大石 充.

    単行本(学術書),虚弱高齢者の高血圧治療は不要か?,共著

  • 日本語,高齢者高血圧の治療と管理 (樂木宏美 編). ,先端医学社,2014年,池田義之, 大石 充.

    単行本(学術書),加齢に伴う血圧調整脳の変化. ,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Years of Life Lost Analysis May Promote Governmental Policy to Prevent Atherosclerotic Cardiovascular Disease.,Circ J. ,2019年04月,Ikeda Y, Ohishi M.

    DOI:10.1253/circj.CJ-19-0253.,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,若年期の体重変化と血管老化,血圧,26巻 (頁 256 ~ 257) ,2019年,内門義博,池田義之,大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,心疾患・血管疾患とサルコペニア・フレイル,日本医師会雑誌,148巻 (頁 1493 ~ 1495) ,2019年,池田義之,大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,アドヒアランス・コンコーダンスを意識した高齢者高血圧診療,Modern Physician,39巻 (頁 412 ~ ) ,2019年,池田義之,大石 充

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,合併症を有する患者での高血圧(ガイドライン9章).,佐々木雄一,池田義之,大石 充.,25巻 (頁 106 ~ 111) ,2018年,佐々木雄一,池田義之,大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • International Hypertension Conference 2016 Travel Grant.,2016年09月,大韓民国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,International Hypertension Conference,池田 義之

  • 第16回日本抗加齢医学会総会 最優秀演題賞,2016年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,一般社団法人日本抗加齢医学会,池田 義之

  • 第15回 日本抗加齢医学会総会 優秀演題賞,2015年05月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本抗加齢医学会,池田 義之

  • Circulation Journal Award 1st Prize,2006年03月24日,日本国,その他の賞,Japanese Circulation Society,池田 義之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2023年03月,オルタナティブオートファジーとマクロファージを標的としたサルコペニア治療法の確立.

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,血管老化・動脈硬化に対するオルタナティブオートファジーを軸とした治療法の開発.,池田義之

  • 研究活動スタート支援,2014年04月 ~ 2016年03月,ミトコンドリアダイナミクスを標的とした心臓老化に対する新しい治療法の開発.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第23回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会,国内会議,2019年12月,神戸,エストロゲンはSirt1/LKB1/AMPK軸活性化によるRab9依存性マイトファジーを介して血管老化を抑制する.,口頭(一般)

  • 第27回 日本血管生物医学会学術集会,国内会議,2019年12月,神戸,ox-LDLやAGEはAngiotensinⅡTypeⅠreceptor signalによるmitochondrial fissionを介して血管老化を来す.,口頭(一般)

  • 第327回 日本内科学会九州地方会,国内会議,2019年11月,佐賀市,心房静止を診断しペースメーカ設定変更が有用であった 1 例.,口頭(一般)

  • 第327回 日本内科学会九州地方会,国内会議,2019年11月,佐賀市,心房静止を診断しペースメーカ設定変更が有用であった1例.,口頭(一般)

  • American Heart Association Resuscitation Science Symposium 2019,国際会議,2019年11月,Philadelphia, USA,Metabolic stress causes mitochondrial dysfunction and vascular senescence via angiotensin II type I receptor signal / Rho kinase induced mitochondrial fission.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第一回 高齢者トータルケアセミナー,2017年11月

    コンコーダンスに留意した高齢者降圧治療-Patients-Voice Studyから学ぶ-.

  • 第18回 Atherosclerosis and Biolipid Conference ,2017年08月

    ミトコンドリアダイナミクスを標的とした動脈硬化治療の検討.

  • TAKE ABI in Kagoshima 2016,2016年09月

  • TAKE ABI in Kagoshima 2015,2015年09月

  • 鹿児島実地臨床高血圧セミナー2014,2014年04月

    心血管系の老化とオートファジー.