基本情報

写真a

湯淺 敏典


職名

講師

プロフィール

心臓超音波学・ドプラ法を用いた心機能評価・3Dエコー

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座,講師,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1996年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,1998年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心エコー図学会,1999年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本超音波医学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本肺循環学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 超音波

  • 循環器

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Correlation of right ventricular wall stress with plasma B-type natriuretic peptide levels in patients with pulmonary hypertension. ,Circ J,83巻 6号 (頁 1278 ~ 1285) ,2019年05月,Uchiyama N, Yuasa T, Miyata M, Horizoe Y, Chaen H, Kubota K, Takasaki K, Mizukami N, Kisanuki A, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Analysis of biphasic right ventricular outflow doppler waveform in patients with pulmonary hypertension. ,International Heart Journal,60巻 1号 (頁 108 ~ 114) ,2019年01月,Horizoe Y, Takasaki K, Miyata M, Chaen H, Kubota K, Mizukami N, Yuasa T, Kisanuki A, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Validity of a novel method for estimating low-density lipoprotein cholesterol levels in diabetic patients.,J Atheroscler Thromb,23巻 (頁 1355 ~ 1364) ,2016年,Chaen H, Kinchiku S, Miyata M, Kajiya S, Uenomachi H, Yuasa T, Takasaki K, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Attenuated early diastolic interventricular septum bulging by pulmonary hypertension due to later developed aortic regurgitation.,J Echocardiogr,13巻 (頁 110 ~ 112) ,2015年,Nomoto Y, Tsurugida M, Kihara K, Miyauchi E, Kosedo I, Yuasa T, Otsuji Y, Ohishi M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Angle between the common and internal carotid arteries detected by ultrasound is related to intima-media thickness among those with atherosclerotic disease. ,Environ Health Prev Med ,20巻 (頁 216 ~ 223) ,2015年,Daitoku S, Yuasa T, Tsunenari H, Maenohara S, Mine K, Tamatsu Y, Shimada K, Koriyama C, Ohishi M, Horiuchi M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,医局紹介 鹿児島大学医歯学総合研究科心臓血管・高血圧内科学.,姶良地区医師会報 7月号,2014年07月,湯淺敏典.

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,研究室紹介 鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学.,血圧,2014年02月,湯淺敏典.

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,実践 3D心エコー図法 大動脈弁逆流,南江堂,2014年01月,湯淺敏典, 鄭 忠和

    単行本(学術書),単著

  • 日本語, 新しい診断と治療のABC 76 弁膜疾患 第4章 心機能評価 三尖弁膜症.,最新医学 別冊 最新医学社 ,2013年01月,湯浅敏典

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,特集 臨床検査値をどう読むか 機能検査- 心機能 ,臨床と研究,2013年01月,湯淺敏典, 濱崎秀一, 大石 充

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,糖尿病と高血圧.,月刊 糖尿病ライフ「さかえ」,50巻 (頁 506 ~ 510) ,2018年,湯淺敏典, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Fabry disease.,J Echocardiogr ,15巻 (頁 151 ~ 157) ,2017年,Yuasa T, Takenaka T, Higuchi K, Uchiyama N, Horizoe Y, Cyaen H, Mizukami N, Takasaki K, Kisanuki A, Miyata M, Ohishi M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,大気汚染と血圧.,血圧,23巻 (頁 178 ~ 179) ,2016年,湯淺敏典

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,心Fabry病.,心エコー,10巻 (頁 974 ~ 979) ,2015年,湯淺敏典, 大石 充, 竹中俊宏.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,心Fabry病.,心エコー,15巻 (頁 1134 ~ 1139) ,2014年,湯淺敏典, 竹中俊宏, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第67回 日本心臓病学会学術集会,国内会議,2019年09月,名古屋,房室ブロックを契機に心ファブリー病を診断し植込型除細動器を必要とした 2 症例.,口頭(一般)

  • 日本内科学会 第323回 九州地方会,国内会議,2018年11月,福岡,心房細動アブレーション術前に右房中隔腫瘤を認めた1例.,口頭(一般)

  • Asian Pacific Heart Rhythm Society (APHRS) 2018,国際会議,2018年10月,Taipei, Taiwan,Total atrial conduction time may be the predictor of atrial fibrillation recurrence after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation: Relationship between the time-course of electrical atrial remodeling and structural atrial remodeling.,口頭(一般)

  • 日本超音波医学会 第28回 九州地方会学術集会,国内会議,2018年10月,福岡,僧帽弁逆流の増悪と僧帽弁形態変化を経時的に観察しえた僧帽弁逸脱症の1例,口頭(一般)

  • Asian Pacific Heart Rhythm Society (APHRS) 2018,国際会議,2018年10月,Taipei, Taiwan,Inflammation and left atrial function.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第2回ファブリー病フォーラム in 鹿児島,2015年11月

    ファブリー病診療における心エコー検査の役割.

  • 先天性心疾患談話会,2015年09月

    ファロー四徴症術後の重症肺動脈弁逆流に伴う高度右心不全の1例.