基本情報

写真a

樋口 公嗣

Higuchi Koji


職名

助教

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座,特任助教,2015年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座,助教,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1999年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器学会 循環器専門医

  • 日本内科学会 認定内科医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Prevalence and clinical features of Fabry disease in Japanese male patients with diagnosis of hypertrophic cardiomyopathy.,J Cardiol,69巻 (頁 302 ~ 307) ,2017年, Kubo T, Ochi Y, Baba Y, Hirota T, Tanioka K, Yamasaki N, Yoshimitsu M, Higuchi K, Takenaka T, Nakajima K, Togawa T, Tsukimura T, Sano S, Tei C, Sakuraba H, Kitaoka H.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Neonatal transfer of membrane-bound stem cell factor improves survival and heart function in aged mice after myocardial ischemia.,Hum Gene Ther.,23巻 12号 (頁 1280 ~ 1289) ,2012年12月,Sun Z, Lee CJ, Mejia-Guerrero S, Zhang Y, Higuchi K, Li RK, Medin JA.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Identification of novel mutations in the α-galactosidase A gene in patients with Fabry disease: Pitfalls of mutation analyses in patients with low α-galactosidase A activity,J cardiol.,57巻 3号 (頁 345 ~ 353) ,2011年05月,Yoshimitsu M, Higuchi K, Miyata M, Devine S, Mattman A, Sirrs S, Medin JA, Tei C, Takenaka T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Alpha-galactosidase A-Tat fusion enhances storage reduction in hearts and kidneys of Fabry mice.,Mol Med. ,16巻 42130号 (頁 216 ~ 221) ,2010年05月,Higuchi K, Yoshimitsu M, Fan X, Guo X, Rasaiah VI, Yen J, Tei C, Takenak T, Medin JA.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Sequencing and characterization of the porcine alpha-galactosidase A gene: towards the generation of a porcine model for Fabry disease.,Mol Biol Rep.,2010年02月,Yoshimitsu M, Higuchi K, Fan X, Takao S, Medin JA, Tei C, Takenaka T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,循環器診療ザ・ベーシック 心筋症 (筒井裕之 編),メジカルビュー社,2017年,樋口公嗣, 大石 充.

    単行本(学術書),心Fabry病.,共著

  • 日本語,循環器研修ノート (改訂第2版) (永井良三, 伊藤 浩, 今井 靖, 尾崎行男, 筒井裕之, 廣井透雄, 福本義弘 編)., 診断と治療社 ,2016年,樋口公嗣,大石 充.

    単行本(学術書),代謝疾患に伴う心筋病変. ,共著

  • 日本語,循環器研修ノート (改訂第2版) (永井良三, 伊藤 浩, 今井 靖, 尾崎行男, 筒井裕之, 廣井透雄, 福本義弘 編)., 診断と治療社,2016年,樋口公嗣,大石 充.

    単行本(学術書),神経筋疾患における心病変. ,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Fabry disease.,J Echocardiogr ,15巻 (頁 151 ~ 157) ,2017年,Yuasa T, Takenaka T, Higuchi K, Uchiyama N, Horizoe Y, Cyaen H, Mizukami N, Takasaki K, Kisanuki A, Miyata M, Ohishi M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,心Fabry病:治療可能な遺伝性心筋疾患.,Heart View,20巻 (頁 182 ~ 186) ,2016年,樋口公嗣, 大石 充

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,心合併症の診断・治療.,腎・高血圧の最新治療,5巻 (頁 173 ~ 176) ,2016年,樋口公嗣, 竹中俊宏, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,45歳未満成人における頸動脈内膜中膜複合体厚は心血管イベントに関連する.,血圧,22巻 (頁 882 ~ 883) ,2015年,樋口公嗣, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,45歳未満成人における頸動脈内膜中膜複合体厚は心血管イベントに関連する.,血圧,22巻 (頁 882 ~ 883) ,2015年,樋口公嗣, 大石 充.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,Fabry病の新規αガラクトシダーゼ遺伝子変異による酵素の生体内動態に関する研究.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • American Heart Association Scientific Sessions 2018,国際会議,2018年11月,Chicago, USA,Metabolic stress evokes muscular mitochondrial dysfunction and sarcopenia via angiotensin II type I receptor signal induced mitochondrial fission.,口頭(一般)

  • 第50回 日本動脈硬化学会総会・学術集会,国内会議,2018年07月,大阪,エストロゲンのRab9依存性マイトファジーを介した血管老化抑制効果.,口頭(一般)

  • 第22回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会,国内会議,2018年04月,宮崎,エストロゲンはRab9依存性マイトファジーを介して細胞老化を抑制する,口頭(一般)

  • 第82回 日本循環器学会学術集会,国内会議,2018年03月,大阪,Inhibition of angiotensin II type 1 receptor retards development of cellular senescence and atherosclerosis via augmentation of Rab9-dependent mitophagy.,口頭(一般)

  • 第82回 日本循環器学会学術集会,国内会議,2018年03月,大阪,Estrogen maintains mitochondrial function and retards vascular senescence via Rab9-dependent mitophagy.,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第3回 心ファブリー病スクリーニング研究会,2017年08月

    ファブリー病の遺伝子治療.

  • 2nd Fabry Next Generation Meeting,2017年04月

    女性ファブリー病患者の診断と治療.

  • Fukuoka Fabry Meeting 2016,2016年09月

    Fabry病の遺伝子治療.

  • 第3回 Fabry病フォーラムin鹿児島,2016年08月

    Fabry病女性患者の診断と治療.

  • 第10回 神奈川酵素補充療法研究会,2016年07月

    Fabry病の遺伝子治療.

全件表示 >>