2022/08/15 更新

写真a

ヒグチ コウジ
樋口 公嗣
Higuchi Koji
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 循環器センター 講師
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2012年8月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域鹿児島大学病院 鹿児島大学病院 循環器センター   講師

    2022年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   助教

    2018年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座   特任助教

    2015年4月 - 2018年3月

所属学協会

  • 日本循環器学会

    2003年1月 - 現在

  • 日本心臓病学会

    2003年1月 - 現在

  • 日本内科学会

    1999年12月 - 現在

取得資格

  • 日本循環器学会 循環器専門医

  • 日本内科学会 認定内科医

 

論文

  • Kubo T, Ochi Y, Baba Y, Hirota T, Tanioka K, Yamasaki N, Yoshimitsu M, Higuchi K, Takenaka T, Nakajima K, Togawa T, Tsukimura T, Sano S, Tei C, Sakuraba H, Kitaoka H. .  Prevalence and clinical features of Fabry disease in Japanese male patients with diagnosis of hypertrophic cardiomyopathy. .  J Cardiol69   302 - 307   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sun Z, Lee CJ, Mejia-Guerrero S, Zhang Y, Higuchi K, Li RK, Medin JA. .  Neonatal transfer of membrane-bound stem cell factor improves survival and heart function in aged mice after myocardial ischemia. .  Hum Gene Ther.23 ( 12 ) 1280 - 1289   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu M, Higuchi K, Miyata M, Devine S, Mattman A, Sirrs S, Medin JA, Tei C, Takenaka T. .  Identification of novel mutations in the α-galactosidase A gene in patients with Fabry disease: Pitfalls of mutation analyses in patients with low α-galactosidase A activity .  J cardiol.57 ( 3 ) 345 - 353   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Fan X, Guo X, Rasaiah VI, Yen J, Tei C, Takenak T, Medin JA. .  Alpha-galactosidase A-Tat fusion enhances storage reduction in hearts and kidneys of Fabry mice. .  Mol Med. 16 ( 42130 ) 216 - 221   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu M, Higuchi K, Fan X, Takao S, Medin JA, Tei C, Takenaka T. .  Sequencing and characterization of the porcine alpha-galactosidase A gene: towards the generation of a porcine model for Fabry disease. .  Mol Biol Rep.   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sato T, Ramsubir S, Higuchi K, Yanagisawa T, Medin JA. .  Vascular endothelial growth factor broadens lentivector distribution in the heart after neonatal injection. .  J Cardiol.54 ( 2 ) 245 - 254   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higuchi K, Ayach B, Sato T, Chen M, Devine SP, Rasaiah VI, Dawood F, Yanagisawa T, Tei C, Takenaka T, Liu PP, Medin JA. .  Direct injection of kit ligand-2 lentivirus improves cardiac repair and rescues mice post-myocardial infarction. .  Mol Ther. 17 ( 2 ) 262 - 268   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takenaka T, Teraguchi H, Yoshida A, Taguchi S, Ninomiya K, Umekita Y, Yoshida H, Horinouchi M, Tabata K, Yonezawa S, Yoshimitsu M, Higuchi K, Nakao S, Anan R, Minagoe S, Tei C. .  Terminal stage cardiac findings in patients with cardiac Fabry disease: an electrocardiographic, echocardiographic, and autopsy study. .  J Cardiol.51 ( 1 ) 50 - 59   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu M, Higuchi K, Ramsubir S, Nonaka t, Rasaiah VI, Siatskas C, Liang SB, Murray GJ, Brady RO, Medin JA. .  Efficient correction of Fabry mice and patient cells mediated by lentiviral transduction of hematopoietic stem/progenitor cells. .  Gene Ther.14 ( 3 ) 256 - 265   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu M, Higuchi K, Dawood F, Rasaiah VI, Ayach B, Chen M, Liu P, Medin JA. .  Correction of cardiac abnormalities in fabry mice by direct intraventricular injection of a recombinant lentiviral vector that engineers expression of alpha-galactosidase A. .  Circ J.70 ( 11 ) 1503 - 1508   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ayach BB, Yoshimitsu M, Dawood F, Sun M, Arab S, Chen M, Higuchi K, Siatskas C, Lee P, Lim H, Zhang J, Cukerman E, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  Stem cell factor receptor induces progenitor and natural killer cell-mediated cardiac survival and repair after myocardial infarction. .  Proc Natl Acad Sci USA.103 ( 7 ) 2304 - 2309   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higuchi K, Abe S, Matsuoka T, Nakajima H, Toda H, Akazaki Y, Torii H, Kuwahata S, Atsuchi Y, Mawatari K, Toyama Y, Saigo M, Ogawa M, Kawasaki T, Ootani T, Yamaguchi K, Mishima M, Tei C. .  Usefulness of rapid quantitative cardiac troponin T and myoglobin assays for the diagnosis of acute myocardial infarction. .  J Cardiol.41 ( 2 ) 55 - 62   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ファブリー病UpDate改訂第2版

    樋口公嗣, 大石 充, 竹中俊宏( 範囲: 心亜型ファブリー病の症例)

    診断と治療社  2021年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:317-321.  

  • 循環器疾患最新の治療2020-2021

    樋口公嗣, 大石 充.( 担当: 共著 ,  範囲: その他の二次性心筋症 (Fabry病) )

    南江堂  2020年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:231-232   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環器診療ザ・ベーシック 心筋症 (筒井裕之 編)

    樋口公嗣, 大石 充.( 担当: 共著 ,  範囲: 心Fabry病.)

    メジカルビュー社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:96-111   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環器研修ノート (改訂第2版) (永井良三, 伊藤 浩, 今井 靖, 尾崎行男, 筒井裕之, 廣井透雄, 福本義弘 編).

    樋口公嗣,大石 充.( 担当: 共著 ,  範囲: 代謝疾患に伴う心筋病変. )

    診断と治療社   2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:619-620   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環器研修ノート (改訂第2版) (永井良三, 伊藤 浩, 今井 靖, 尾崎行男, 筒井裕之, 廣井透雄, 福本義弘 編).

    樋口公嗣,大石 充.( 担当: 共著 ,  範囲: 神経筋疾患における心病変. )

    診断と治療社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:617-618   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • Hypertension, cardiovascular disease, and nocturia: a systematic review of the pathophysiological mechanisms

    Ohishi M, Kubozono T, Higuchi K, Akasaki Y.

    Hypertens Res.   44   733 - 739   2021年

  • 【夜間頻尿治療の最先端】循環器疾患と夜間頻尿・多尿

    大石 充, 赤崎 雄一, 樋口 公嗣, 窪薗 琢郎

    日本排尿機能学会誌   30 ( 2 )   370 - 373   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    夜間頻尿・多尿は畜尿障害だけではなく、夜間尿産生が亢進することによって発症することもある。尿産生にはNa利尿と水利尿があり、代表的な疾患として各々高血圧と心不全が考えられる。食塩感受性高血圧が塩分摂取過多となると昼間だけではNaを排泄することができずに夜間にNa排泄をせざるを得なくなる。そのため夜間高血圧によるNa排泄のための尿産生に導かれた夜間多尿を呈する。一方で心不全では夜間臥位により静脈還流が上昇するために水利尿をして心臓への負担軽減を促すような適応現象のために夜間尿産生亢進による夜間多尿を呈する。前者はサイアザイド系降圧利尿薬でNa排泄を促し、後者はループ利尿薬で水分排泄を促すことが夜間頻尿・多尿の治療となりうると考えられる。(著者抄録)

  • ファブリー病の経口治療薬ミガーラスタット

    樋口 公嗣, 大石 充

    循環器内科   86 ( 6 )   808 - 811   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【心不全(第2版)下-最新の基礎・臨床研究の進歩-】心不全の原因疾患(基礎疾患) 病態、発症機序(心不全)、治療 心筋疾患 Fabry病

    樋口 公嗣, 大石 充

    日本臨床   77 ( 増刊2 心不全(下) )   322 - 326   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【新薬展望2019】(第III部)治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 高血圧治療薬

    樋口 公嗣, 大石 充

    医薬ジャーナル   55 ( 増刊 )   414 - 418   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    <文献概要>現在使用されている主な降圧薬は,カルシウム拮抗薬,レニン・アンジオテンシン系阻害薬(アンジオテンシン変換酵素[ACE]阻害薬,アンジオテンシンII受容体拮抗薬[ARB],直接的レニン阻害薬),利尿薬,β遮断薬などが知られている。しかし,最近は配合剤を除き,新規高血圧治療薬は上市されていない。現在,高血圧に対する開発中の薬剤は,非ステロイド型ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬とアンジオテンシンIIを標的とした高血圧治療ワクチンがある。欧米で心不全治療薬として使用されているARBとネプリライシン(NEP)阻害剤との合剤においても降圧効果の報告があり,本邦でも臨床試験が進められている。

  • 心筋疾患 Fabry病

    樋口公嗣,大石 充

    心不全(第2版)下 日本臨牀増刊号   77   322 - 326   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Fabry disease.

    Yuasa T, Takenaka T, Higuchi K, Uchiyama N, Horizoe Y, Cyaen H, Mizukami N, Takasaki K, Kisanuki A, Miyata M, Ohishi M.

    J Echocardiogr   15   151 - 157   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 心合併症の診断・治療.

    樋口公嗣, 竹中俊宏, 大石 充.

    腎・高血圧の最新治療   5   173 - 176   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 心Fabry病:治療可能な遺伝性心筋疾患.

    樋口公嗣, 大石 充

    Heart View   20   182 - 186   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 45歳未満成人における頸動脈内膜中膜複合体厚は心血管イベントに関連する.

    樋口公嗣, 大石 充.

    血圧   22   882 - 883   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Lentiviral vectors for gene therapy of the heart disease. 査読

    Higuchi K, Medin JA.

    J Cardiol.   49 ( 1 )   1 - 11   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 樋口公嗣. .  イブニングセミナー7.ファブリー病:早期診断・早期治療の重要性. .  第25回 日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • Akasaki Y, Kubozono T, Higuchi K, Ohishi M. .  Relationships between anti hypertensive drugs and nocturia: a systematic review .  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

  • 樋口公嗣, 大石 充. .  シンポジウム9. 心ファブリー病のupdate (ERT~最新治療まで) . 心ファブリー病. .  第24回 日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 樋口公嗣, 大石 充. .  シンポジウム28. コメディカル向け―治療ができる心筋症.治療可能な心筋症:ファブリー病. .  第24回 日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 樋口公嗣, 松永愛香, 米衛ちひろ, 大石 充. .  Fabry病に対する酵素補充療法後の酵素活性が持続していた一例. .  第6回 日本心筋症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 樋口公嗣. .  HCMと鑑別すべきファブリー病. .  東京HOCMフォーラム2019 in 浜松 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松  

  • 川浪優,入來泰久,樋口公嗣,市來仁志,二宮雄一,湯淺敏典,大石 充. .  房室ブロックを契機に心ファブリー病を診断し植込型除細動器を必要とした 2 症例. .  第67回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 隈元健吾,樋口公嗣,小島聡子,窪薗琢郎,池田義之,大石 充. .  閉塞性肥大型心筋症に類似した心Fabry病の1例. .  第326回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 入來泰久,樋口公嗣,市來仁志,湯淺敏典,大石 充. .  房室ブロックの2年後に致死的心室性不整脈が出現した心ファブリー病の1例. .  第5回 日本心筋症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • Uchikado Y, Ikeda Y, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Ohishi M. .  Metabolic stress and angiotensin II causes vascular senescence via AT1R signal-mediate mitochondrial ?ssion. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Akasaki Y, Uchikado Y, Higuchi K, Ohishi M. .  Estrogen/Sirt1/LKB1/AMPK axis plays a crucial role in mediating Rab9-dependent mitophagy and retarding arterial senescence. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Akasaki Y, Ikeda Y, Uchikado Y, Sasaki Y, Higuchi K, Ohishi M. .  Metabolic stress causes sarcopenia via angiotensin II type I receptor signal-induced mitochondrial ?ssion. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 樋口公嗣. .  ランチョンセミナー27. 見逃していませんか?循環器疾患におけるファブリー病とムコ多糖類. 心症状から診断できるファブリー病. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 樋口公嗣. .  Morning Lecture9. 循環器内科医が知っておくべき全身疾患(リソソーム病). Fabry Cardiomyopathy. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Akasaki Y, Ikeda Y, Uchikado Y, Sasaki Y, Higuchi K, Ohishi M. .  Metabolic stress evokes muscular mitochondrial dysfunction and sarcopenia via angiotensin II type I receptor signal induced mitochondrial fission. .  American Heart Association Scientific Sessions 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, USA  

  • Higuchi K. .  JAPANESE CASE PRESENTATIONS. Japanese Case Presentation 3. .  2018 ICFD (International Conference on Fabry Disease)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka, Japan  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 赤﨑雄一, 内門義博, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  エストロゲンのRab9依存性マイトファジーを介した血管老化抑制効果. .  第50回 日本動脈硬化学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 赤﨑雄一, 内門義博, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  エストロゲンはrab9依存性マイトファジーを介して血管老化及び動脈硬化に保護的に働く. .  第124回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 小島聡子, 樋口公嗣, 窪薗琢郎, 大石 充. .  閉塞性肥大型心筋症として10年以上経過し完全房室ブロックを契機に心Fabry病の診断に至った一例. .  第4回 心筋症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  • 向井麟太郎, 小島聡子, 窪薗琢郎, 樋口公嗣, 市來仁志, 石塚賢治, 大石 充. .  下腿浮腫を主訴に診断に至ったPOEMS症候群の一例. .  第124回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 赤﨑雄一, 内門義博, 樋口公嗣, 大石 充. .  エストロゲンはRab9依存性マイトファジーを介して細胞老化を抑制する .  第22回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Inhibition of angiotensin II type 1 receptor retards development of cellular senescence and atherosclerosis via augmentation of Rab9-dependent mitophagy. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Estrogen maintains mitochondrial function and retards vascular senescence via Rab9-dependent mitophagy. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Miyauchi T, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Estrogen-induced alternative autophagy plays a crucial role in maintaining mitochondrial function and retarding vascular senescence. .  第1回 日本循環器学会基礎フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 宮内孝浩, 岩林正明, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  選択的エストロゲン作動薬 (SERM) は, 閉経モデルマウスにおける血管老化および動脈硬化の進展を抑制する. .  第21回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M .  Estrogen-induced alternative autophagy plays a crucial role in protecting artery from senescence and atherosclerosis. .  American Heart Asociation 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Anaheim, USA  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  ミトコンドリアダイナミクス不均衡は, アンギオテンシIIによる血管障害に対する有効な治療 ターゲットとなる. .  第53回 高血圧関連疾患モデル学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Miyauchi T, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Selective estrogen receptor modulator retards arterial senescence and atherosclerosis via upregulation of eNOS/Sirt-1 pathway in post-menopause model mouse. .  The 8th Congress of the International Society for Gender Medicine  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ikeda Y, Iwabayashi M, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Renin-angiotensin signal develops arterial senescence and atherosclerosis via modulation of mitochondrial dynamics. .  AHA Council on Hypertension 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA  

  • 山口 聡, 小島聡子, 窪薗琢郎, 樋口公嗣, 奥井英樹, 宮田昌明, 大石 充. .  三尖弁弁尖離解を伴った右心不全にトルバプタンが有効であった1例 .  日本内科学会 第318回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 池田義之, 岩林正明, 佐々木雄一, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  ミトコンドリアダイナミクスの動脈硬化や血管老化に及ぼす影響に関する検討. .  第59回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 樋口公嗣. .  ランチョンセミナー2. 肥大型心筋症に潜むファブリー病. ファブリー病の診断と治療. .  第3回 日本心筋症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岐阜  

  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Miyauchi T, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Featured research session 9. Estrogen retards arterial senescence and atherosclerosis through sirt1-mediated alternative autophagy. .  第81回 日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川  

  • Ikeda Y, Iwabayashi M, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Mitochondrial dynamics plays a role in the effect of renin-angiotensin signal on arterial senescence and atherosclerosis. .  第81回 日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 宮内孝浩, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  閉経に伴う血管老化進展にeNOS-Sirt1系低下が関与している:閉経モデルマウスを用いた検討. .  第121回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 樋口公嗣 .  ランチョンセミナー8. ファブリー病診断と治療のポイント:これまでの経験を踏まえて. .  CVMW2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 宮内孝浩, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  閉経に伴う血管老化進展にeNOS-Sirt1系低下が関与している:閉経モデルマウスを用いた検討. .  第121回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

  • Ikeda Y, Iwabayashi M, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Mitochondrial fusion plays a crucial role in the effect of renin-angiotensin signal inhibition on retarding arterial senescence and atherosclerosis. .  AHA Scientific Sessions 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語  

    開催地: New Orleands, USA  

  • Ikeda Y, Iwabayashi M, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Inhibition of renin-angiotensin signal retards arterial senescence and development of atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice via induction of alternative autophagy. .  International Hypertension Conference (ISH) 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 宮内孝浩, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  閉経に伴う血管老化進展にオートファジーは重要な役割を果たしている. .  第48回 日本動脈硬化学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  • Ikeda Y, Iwabayashi M, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M. .  Alternative autophagy plays a role in the effect of ras-inhibition on arterial senescence and arteriosclerosis. .  America Heart Association Basic Cardiovascular Science 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Phoenix, USA  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 宮内孝浩, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  閉経に伴う血管老化進展にオートファジーは重要な役割を果たしている. .  第48回 日本動脈硬化学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 岩林正明, 宮内孝浩, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  オートファジーは閉経に伴う血管老化進展に重要な役割を果たしている:閉経モデルマウスを 用いた検討. .  第58回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

  • 池田義之, 岩林正明, 佐々木雄一, 赤﨑雄一, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  アンギオテンシンII Type1受容体阻害によるミトコンドリアダイナミクスを介した抗血管 老化作用. .  第16回 日本抗加齢医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

  • 樋口公嗣. .  シンポジウム1. 治療可能な二次性心筋症:Fabry病. .  第2回 日本心筋症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

  • 宇佐美 環, 小島聡子, 川添 晋, 窪薗琢郎, 入來泰久, 桶谷直也, 窪田佳代子, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充. .  同胞で異なる左室機能障害の進行を示したベッカー型筋ジストロフィー症例. .  第113回 日本内科学会総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  • Higuchi K, Takenaka T, Yoshimitsu M, Tei C .  Diagnosis and Treatment for Fabry Cardiomyopathy .  第76回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 樋口公嗣, 吉満 誠, 竹中俊宏, 鄭 忠和 .  急性心筋梗塞モデルマウスにおけるkit ligand およびc-kit発現の検討 .  第59回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 樋口公嗣, 吉満 誠, 竹中俊宏, Jeffrey A. Medin, 鄭 忠和 .  心Fabry病の遺伝子治療:a-galactosidase A-TAT融合蛋白の有用性 .  第58回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Fan X, Guo X, Rasaiah VI, Takenaka T, Tei C, Medin JA .  Enhanced Storage Reduction in Hearts of Fabry mice Mediated by Expression of an Alpha-galactosidase A-Tat Fusion Enzyme. .  American College of Cardiology 59th Annual Scientific Session.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Atlanta  

    国際学会

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Takenaka T, Tei C. .  Generation of Fabry Mouse-Derived Induced Pluripotent Stem Cells. .  第26回国際心臓研究学会日本部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Takenaka T, Sato M, Kitajima S, Yonezawa S, Takao S, Tei C. .  Generation of Cardiomyocytes from Fabry Mouse-Derived Induced Pluripotent Stem Cells. .  82th American Heart Association Scientific Session 2009  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Orlando  

    国際学会

  • 樋口公嗣, 吉満 誠, 竹中俊宏, 佐藤正宏, 鄭 忠和 .  Fabry病モデルマウスからのiPS細胞の樹立 .  第57回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 樋口公嗣, 吉満 誠, 竹中俊宏, Jeffrey A. Medin, 鄭 忠和 .  心Fabry病の遺伝子治療:新生児Fabryマウスを用いた検討 .  第56回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Takenaka T, Tei C. .  Novel Mutations in Alpha-Galactosidase A Gene Detected in Fabry Patients with Left Ventricular Hypertrophy. .  第72回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Higuchi K, Yoshimitsu M, Takenaka T, Medin JA, Tei C. .  Enzymatic correction in heart of Fabry mice by neonatal injection of a recombinant lentiviral vector that engineers expression of alpha-galactosidase A. .  American College of Cardiology 57th Annual Scientific Session.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago  

    国際学会

  • 樋口公嗣、吉満誠、竹中俊宏、濱崎秀一、鄭忠和 .  著名な左室肥大を呈するFabry病患者に検出されたalpha-galactosidase Aの新たなスプライシング変異 .  第103回日本循環器学会九州地方会  第103回日本循環器学会九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 樋口公嗣、吉満誠、竹中俊宏、Peter Liu、Jeffrey Medin .  レンチベクターを用いたkit ligand-2過剰発現はマウス心筋梗塞モデルにおける生命予後を改善させる .  第55回日本心臓病学会学術集会  第55回日本心臓病学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Ayach B, Higuchi K, Bansal T, Dawood F, Lam K, Chen M, Tata N, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  CXCR4 improves cardiac remodeling and neovascularization, and regulated inflammatory and progenitor stem cell mobilization post-myocardial infarction. .  79th American Heart Association Scientific Session 2006  79th American Heart Association Scientific Session 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago  

    国際学会

  • Ayach B, Dawood F, Higuchi K, Lam K, Bansal T, Chen M, Medin JA, Stanford WL, Liu PP. .  SCF/C-KIT compensates for FL/FLT3 deficiency to mediate myocardial rescue and repair post-MI. .  79th American Heart Association Scientific Session 2006  79th American Heart Association Scientific Session 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago  

    国際学会

  • Higuchi K, Ayach B, Dawood F, Chen M, Bansal T, Liu PP, Medin JA. .  Overexpression of kit ligand-2 by direct cardiac injection of recombinant Lentiviruses improves cardiac repair and rescues mice post-myocardial infarction. .  79th American Heart Association Scientific Session 2006  79th American Heart Association Scientific Session 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago  

    国際学会

  • Maekawa Y, Ayach B, Dawood F, Chen M, Higuchi K, Bansal T, Lam K, Medin JA, Liu PP. .  MRL mice prevent incidence of cardiac rupture by a unique collagen synthesis and degradation after myocardial infarction. .  79th American Heart Association Scientific Session 2006  79th American Heart Association Scientific Session 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago  

    国際学会

  • Ayach B, Dawood F, Higuchi K, Lam K, Bansal T, Chen M, Medin JA, Stanford WL, Liu PP. .  SCF/C-KIT compensates for FL/FLT3 defficiency to mediate myocardial rescue and repair post-MI. .  Canadian Cardiovascular Congress 2008  Canadian Cardiovascular Congress 2008国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Vancouver  

    国際学会

  • Ayach B, Higuchi K, Bansal T, Dawood F, Lam K, Chen M, Tata N, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  CXCR4 improves cardiac remodeling and Neovascularization, and regulated inflammatory and progenitor stem cell mobilization post-myocardial infarction. .  Canadian Cardiovascular Congress 2007  Canadian Cardiovascular Congress 2007国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Vancouver  

    国際学会

  • Ayach B, Lam K, Higuchi K, Dawood F, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  C-KIT receptor regulates cell mobilization and cytokine production post-myocardial infarction. .  Canadian Cardiovascular Congress 2006  Canadian Cardiovascular Congress 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Vancouver  

    国際学会

  • Ayach B, Dawood F, Higuchi K, Lam K, Bansal T, Chen M, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  SCF/C-KIT compensates for FL/FLT3 deficiency to mediate myocardial rescue and repair post-MI. .  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Seattle  

    国際学会

  • Maekawa Y, Ayach B, Dawood F, Higuchi K, Chen M, Lam K, Bansal T, Medin JA, Liu PP. .  Female MRL cardiac rescue is considerably worst compared to male MRL mice post-myocardial infarction: No evidence of mobilized stem/progenitor cells. .  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Seattle  

    国際学会

  • Ayach B, Higuchi K, Bansal T, Dawood F, Lam K, Chen M, Tata N, Stanford WL, Medin JA, Liu PP. .  CXCR4 improves cardiac remodeling and Neovascularization, and regulated inflammatory and progenitor stem cell mobilization post-myocardial infarction. .  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America  10th Annual Scientific Meeting of the Heart Failure Society of America国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Seattle  

    国際学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Fabry病の新規αガラクトシダーゼ遺伝子変異による酵素の生体内動態に関する研究.

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    樋口公嗣、吉満 誠

  • 乳がんにおける心臓合併症の画像診断を用いた新たなリスク因子探索と心機能評価法標準化に関する研究:cardio-oncologyの実践.

    2017年4月 - 2020年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • The biokinetics of the enzyme by an alpha-galactosidase gene mutation in Fabry disease

    Amicus Academic Support 2021年度 

      詳細を見る

    配分額:500000円

 

社会貢献活動

  • 第41回 日本心臓病学会 教育セミナー アドバンスコース

    役割:編集

    大阪市  2019年2月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    心ファブリー病へのアプローチ.

  • 全国ファブリー病患者と家族の会 (ふくろうの会) 九州ブロック福岡オープンセミナー2018

    役割:講師

    福岡県福岡市  2018年4月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    ファブリー病の心病変.

  • 第3回 心ファブリー病スクリーニング研究会

    役割:講師

    東京  2017年8月

     詳細を見る

    ファブリー病の遺伝子治療.

  • 2nd Fabry Next Generation Meeting

    役割:講師

    宮城  2017年4月

     詳細を見る

    女性ファブリー病患者の診断と治療.

  • Fukuoka Fabry Meeting 2016

    役割:講師

    福岡  2016年9月

     詳細を見る

    Fabry病の遺伝子治療.

  • 第3回 Fabry病フォーラムin鹿児島

    役割:講師

    鹿児島市  2016年8月

     詳細を見る

    Fabry病女性患者の診断と治療.

  • 第10回 神奈川酵素補充療法研究会

    役割:講師

    2016年7月

     詳細を見る

    Fabry病の遺伝子治療.

  • 鹿児島Fabry病セミナー

    役割:講師

    鹿児島市  2016年2月

     詳細を見る

    Fabry病に対する当院での取り組み.

▼全件表示